慢性骨髄性白血病 長生き。 白血病(2)慢性骨髄性白血病、いまは9割が長期生存:朝日新聞デジタル

慢性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

慢性骨髄性白血病 長生き

慢性骨髄性白血病患者・家族の会「いずみの会」代表の田村英人さん 09年10月、乳がんの母(77歳)が慢性骨髄性白血病の娘(53歳)を刺殺するという事件が起きた。 話を聞いたがん患者さんの中には、「もしやきっかけはグリベック!? 」と考えた人が少なからずいたという。 今日、長期にわたって高価な治療薬を必要とするがん患者さんは増える一方だが、グリベックはその象徴のような薬だ。 グリベック(一般名イマチニブ)は、慢性骨髄性白血病の標準治療の第1選択薬として使われる。 効果が高く、副作用が少なめで、錠剤を飲むだけで過ごせるため、通院回数も少なくてすむ。 そのため、「グリベックが登場して、慢性骨髄性白血病の治療は根本から変わった」ともいわれるほどだ。 日本では01年12月に健康保険で使えるようになったが、薬価( *)は1錠3128円。 薬価の見直し改定によって、今年4月から1錠2749円に値下げされたが、多くの患者さんは1日に4錠服用する。 つまり、健康保険の3割負担でも、4週間分で9万2000円、1年間で110万円もの支払いとなる。 慢性骨髄性白血病患者・家族の会「いずみの会」の代表、田村英人さんは語る。 「私自身、最初に薬局で精算するとき、10万円以上(当時)の請求書を見て腰を抜かしました。 持ち合わせがなく、あとで払いに来るからと、薬局に借金して帰りましたね」 その後、高額療養費制度のことを知り、これを最大限に利用することにした。 *薬価=国によって決定される医療用医薬品の公定価格のこと 必死で働いたお金もすべて医療費に…… 年齢、収入などにより差はあるが、一般的に1カ月に自己負担分を超える高額な医療費が年に4回以上かかると、4回目から自己負担金が8万100円から4万4400円に減額される。 「医師によっては健康保険組合に配慮して、処方をいやがる方もいます。 でも、多くの医師はお願いすれば3カ月まとめて処方してくれますよ」 高額療養費制度について知らないと、前述したように3割負担で年に110万円も払わなければならない。 また、高額療養費制度を利用しても、1カ月分ずつ支払っていると1カ月につき4万4400円の自己負担になるので、年64万円もかかってしまうのだ。 「グリベックは効果がある間は、一生ずっと飲み続けなければなりません。 病気になった当初は、『これでがんが抑え込める』と頑張れるのですが、これが長期にわたると現実の生活がのしかかってきます。 子どもを抱え、家のローンを抱える働き盛りの患者さんは、せっかく寛解(体内のがん細胞が極限まで減った状態)になっても、高い薬代のことで家族に引け目を感じています。 年金生活の人は『薬代を払うため、ほかのすべてを我慢している』と嘆きます。 若くて未婚の人は、『今後結婚できないかもしれない』という不安を訴えます。 病気を抱えているだけでも大きなマイナスと感じるのに、さらに高額な医療費を払い続けるなんて、とてもパートナーの理解は得られないと考えてしまいます。 まして、最近は景気が悪く、収入は減る一方。 事件が起きるといった深刻な状況にならなくても、治療費の問題は患者さんに重くのしかかっています」 慢性期から移行期、急性期になると治療が厳しくなる 10年5月には、長妻昭厚生労働大臣あてに高額療養費制度をはじめとした、保険医療制度の見直しを求める要望書を提出した あるがん患者会関係者は、「静かな自殺を選ぶ人が増えている」と語る。 というのも、グリベックをやめると移行期、急性期に移ってしまうことが心配される。 だから、やめられないはずなのだが、経済事情でやめてしまう人がいるというのだ。 それは一種の自殺といってもいい。 田村さんもいう。 「私自身はグリベックをやめた人の話をほとんど聞きませんが、少なからずいると思います。 そう決断される方は患者会に参加されることが少ないため、表面に出ないのだと思います」 田村さんが数人の仲間と「いずみの会」を立ち上げたのは07年。 もともと、血液疾患の患者を支える『NPO法人血液情報広場・つばさ』のイベントに参加していたが、「慢性骨髄性白血病の患者会を作って」と頼んだら、「ぜひあなたが」といわれて創設。 代表に就任した。 正直、病気を抱えて充実して生きることを考える会にしたかった。 だから、お金のことにはふれたくなかった。 しかし、「本当に困っている」という声がどんどん大きくなり、09年12月、「いずみの会」と「つばさ」ほか全4団体で「高額医療費削減連絡会」を結成。 厚生労働省に要望書を提出したり、患者向けフォーラムを開催するなどの活動を行ってきた。 今回、薬価が下がったのはその1つの成果。 しかし、田村さんはいう。 「下がったといってもほんの少し。 また、グリベックの薬価さえ下がればいいという考え方ではだめだと思います。 分子標的薬が次々開発され、長く生きられる患者さんが増えている今日、高額医療費の問題は国民だれにも起こりうる問題です。 そして、現行の高額療養費制度は、手術や入院など一時的な窮状を救うのが目的。 高価な薬を飲んで長く生きることは想定されていないので、ある意味機能しない。 ですから、ほかの病気の患者さんとも協力し、制度そのものを変える必要があると思います」 現在、グリベックが効かなくなった場合に効果が得られるタシグナ(一般名ニロチニブ)、スプリセル(一般名ダサチニブ)も承認されている。 「第2世代薬は効果が高い分、薬価はさらに高い。 これらの薬も4月から下がりましたが、それでもタシグナが1錠4608円(1日2~4錠)、スプリセル50ミリグラムが9217円(1日100ミリグラム)です。 幸い、活動の甲斐があって、この4月には厚労省保険局が今後の組織目標を発表し、『高額療養費のあり方の検討』という項目を入れていただきました。 まだ実働していませんが、『平成23年度予算案に必要な反映を行う』と明記されていますので、関心をもって見守っていきたいと思います」.

次の

慢性骨髄性白血病 (まんせいこつずいせいはっけつびょう)

慢性骨髄性白血病 長生き

白血病は、急性骨髄性白血病・慢性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病・慢性リンパ性白血病の4種類に分類されます。 急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病はどちらも急性白血病で、病状が急激に進 むため 、一般的ながんの進行度を示すステージ 病期 という指標がありません。 慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病の場合には、慢性白血病に分類され、比較的ゆっくりと病状が進行します。 ただし、慢性骨髄性白血病の場合には、数年以内に急性骨髄性白血病へ移行 することがある 急性転化 ため 、慢性の うち に治すことが重要 と なります。 いずれの白血病であっても、白血病の怖いところは合併症です。 白血病にかかると、免疫力が低下し肺炎や敗血症などを発症することで、死に至るケース もありま す。 白血病のステージ・進行度 白血病のステージ 進行度 は、慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病のそれぞれで分類されます。 慢性骨髄性白血病では、慢性期・移行期・急性転化期に分類され、慢性リンパ性白血病では、0~IV期に分類されます。 慢性骨髄性白血病 ステージ 状態 慢性期 白血球数は増加していますが、未成熟な白血球 芽球 の割合は少ない です。 数か月~数年はこの状態が続きます。 移行期 慢性期から急性へと転化する移行期です。 未成熟な白血球 芽球 の割合が増加し、薬によ る 白血球数のコントロールが難しくなり、脾 (ひ) 臓が腫れてきます。 貧血・出血傾向・発熱がみられることもあります。 急性転化期 慢性骨髄性白血病が急性へと転化した状態です。 薬によるコントロールが不可能になり、未成熟な白血球 芽球 の割合が増加します。 全身にさまざまな症状が現れ、白血病細胞が、骨やリンパ節に腫瘍をつくることもあります。 慢性リンパ性白血病 ステージ 状態 ステージ0 リンパ球が増加しているが、他に身体の異常はみられない ステージI リンパ球が増加しており、リンパ節の腫れがみられる ステージII リンパ球が増加しており、脾腫・肝臓・リンパ節の腫れがみられる ステージIII リンパ球が増加しており、脾腫・肝臓・リンパ節の腫れがみられる。 または、貧血症状が認められる ステージIV リンパ球が増加しており、脾腫・肝臓・リンパ節の腫れ 、 貧血がみられ、血小板が減少してきている 慢性リンパ性白血病の病期分類 慢性リンパ性白血病の病 期 分類には、上記のRai分類に加えて、「Binet分類」も使用されています。 急性リンパ性白血病と急性骨髄性白血病 上記の ように、急性リンパ性白血病と急性骨髄性白血病には、一般的ながんの進行度を示すステージ(病期)という指標がありません。 しかし、治療法を選択する上で必要となる分類は、それぞれに次のように分類されています。 急性白血病 の状態による分類 (1) 未治療(初発) 未治療(初発)の急性リンパ性白血病とは、白血病に対する根本的な治療が、まだ行われていない状態のことをいいます。 症状に対する対症療法(発熱に対する解熱剤や貧血・血小板減少に対する輸血など)の有無については関係ありません。 (2) 寛解 化学療法(抗がん剤治療)により血液や骨髄の血液細胞の数値が正常となり、検査で確認できる範囲内で白血病細胞がほぼ消失した状態のことをいいます。 当然ながら、白血病に関連した症状もすべて消失します。 (3) 再発 治療によりいったん寛解になった状態から、白血病がまた出現することをいいます。 大部分は骨髄で再発しますが、中枢神経系(脳や髄液など)などの骨髄以外にも再発が み られる場合があります。 (4) 不応性 治療を行っても変化がなく、寛解にならない状態、つまり白血病細胞が残存した状態のことをいいます。 急性 白血病の形態による分類 急性骨髄性白血病では病期分類はないものの、治療方針を決定する上で重要となる分類 として 国際的に「FAB分類」と「WHO分類」の2種類が使用されています。 最近ではWHO分類が主流となりつつあります。 FAB分類 骨髄穿刺によって骨髄細胞を採取し、骨髄の中の芽球が30%以上であ れば 急性白血病と診断し、芽球の3%以上がMPO(ミエロペルオキシダーゼ)染色陽性であれば急性骨髄性白血病 、陰性であれば急性リンパ性白血病 と診断します。 急性骨髄性白血病はそれぞれの特徴からM0~M7までの8つの病型に 、急性リンパ性白血病はL1~L3の3つの病型に 分類されます。 値 分類 M0 最未分化型骨髄芽球白血病 M1 未分化型骨髄芽球白血病 M2 分化型骨髄芽球白血病 M3 急性前骨髄球性白血病 M4 急性骨髄単球性白血病 M5 急性単球性白血病 M6 赤白血病 M7 急性巨核芽球性白血病 L1 急性リンパ性白血病(未熟型) L2 〃(やや分化型) L3 〃(バーキット型) WHO分類 特徴的な染色体や遺伝子変異を有する病型が存在し、それが治療の予後にも関わることが分かってきたことから、2000年 代 に提唱されるようになったのがWHO分類です。 ANC(骨髄全有核細胞)中の芽球が20%以上である場合は急性白血病と診断しますが、ANC中の50%以上が赤芽球である場合は、赤芽球以外の細胞中の20%以上が芽球であ る場合に 急性赤白血病と診断します。 また、染色体異常を伴う場合は、芽球がANCの20%未満であっても急性骨髄性白血病と定義されます。 急性と慢性の比率は、日本では8:2となっています。 つまり、多くが急性の白血病です。 白血病の進行を み ていくうえで、急性の白血病と慢性の白血病はどういった位置づけになる の でしょうか。 一般的ながんと同じような進行をたどる慢性白血病を確認したうえで、急性白血病を位置付けましょう。 慢性の白血病は、他のがんと同じように進行していきます。 急性白血病は急激に進行するため、放置していれば死亡し てしまい ます。 慢性の白血病にも急性転化という現象が起こります。 これは慢性の白血病が急性の白血病に変わるというものです。 こう考えると、慢性、急性にかかわらず、できるだけ早く治療することが重要です。 白血病は赤血球、白血球、血小板といった血液の成分が正常に機能しなくなってしまうことで症状が現れます。 もっとも恐れるべきなのは、白血球など免疫機能が壊れるために他の病気にかかってしまう こと です。

次の

慢性骨髄性白血病 概要

慢性骨髄性白血病 長生き

かつては発病から1カ月程度で死に至る病気だったが…… 急性骨髄性白血病の一種に、「急性前骨髄球性白血病」とよばれるタイプの病気がある。 骨髄にある血液の種(これを造血幹細胞と呼ぶ)が血液細胞に成長していく際、白血球の中にある好中球という免疫細胞が作られる時に「前骨髄球」という細胞ができるのだが、これが異常に増えるのが急性前骨髄球性白血病だ。 この病気になると血小板と血液凝固因子が減ってしまい、ちょっとしたことで出血を招く。 かつてはすべてのあらゆる白血病の中でももっともたちの悪い病気とされていたが、1988年に中国人医師がビタミンA誘導体の飲み薬を使って行う「分化誘導療法」を開発したことで、治療成績は劇的に向上した。 「『ATRA』という薬を使うのですが、今でいう分子標的薬の走りです。 かつては発病から1カ月程度で死に至る病気だったのが、この治療によって現在は5年生存率が70%を超えるまでになっています」(小松医師) さらに治療成績が向上している白血病も 慢性骨髄性白血病については、さらに治療成績が向上している。 病気の初期は「慢性期」と言って、ほとんど症状もなく安定した状態が続く。 しかし、ゆっくりとはいえ病気は進行するので、ある一定ラインを超えると一気に悪化する。 そして急性骨髄性白血病に似た状態に至り(これを「急性転化」と呼ぶ)、こうなると造血幹細胞移植などの治療が必要になることが多い。 ただ、慢性期のうちに有効性の高い薬を使うことで、病気の進行を抑え、急性転化をさせないことが可能になってきているのだ。 「慢性期のうちに薬を使い続けることで、がん細胞がほぼ消えた状態を維持できるようになりました。 com 従来型の抗がん剤を大量に使う 一方、急性リンパ性白血病はどうか。 この病気は、造血幹細胞から血液細胞が分化される過程で、いずれ成長するとリンパ球になるはずの細胞ががん化していく病気だ。 これも以前は太刀打ちできない病気の一つとされていたが、やはり新薬の開発のおかげで治療成績は向上している。 ただし、急性リンパ性白血病の治療は、分子標的薬ではなく、従来型の抗がん剤を比較的大量に使うことが多く、治療そのものは決して楽ではないという。 「急性リンパ性白血病は、小児と成人で治療法が異なります。 子供のほうが強い抗がん剤を使えるので治療成績がよく、9割程度は治るようになりました。 成人でも比較的若いAYA世代(15歳~30代)であれば、それに近い強力な抗がん剤を使えるので、やはり7割程度はいい結果が得られるようになっています。 しかし、それ以上の年齢になると、体力的にこうした強力な抗がん剤治療は危険になってくるのが実情です」(小松医師).

次の