テレビ朝日 給料。 朝日放送の給料年収【20歳30歳40歳】や役職階級(主任・課長・部長)の年収推移、理想の年収プラン

弘中綾香アナ:初密着 給料の半分を美容に 結婚観明かす

テレビ朝日 給料

年 従業員数 平均年齢 勤続年数 年収 2018年 1257人 42. 5歳 16. 1年 1376万7000円 2017年 1244人 42. 3歳 16. 2年 1373万9000円 2016年 1196人 42. 2歳 16. 0年 1334万9000円 2015年 1166人 42. 1歳 15. 8年 1433万7161円 2014年 1130人 42. 1歳 15. 8年 1395万4000円 2013年 1124人 41. 6歳 15. 3年 1303万7000円 2012年 1111人 41. 6歳 15. 5年 1303万7000円 2011年 1148人 41. 6歳 15. 5年 1275万円 2010年 1153人 41. 4歳 15. 9年 1213万円 2009年 1147人 41. 5歳 16. 5年 1325万9000円 テレビ朝日ホールディングスの年収偏差値 3000社以上の上場企業におけるテレビ朝日ホールディングスの年収偏差値を算出いたしました。 このデータによって、テレビ朝日ホールディングスの年収が上場企業内、業界内、都道府県内においてどれほどの位置にあるのか相対的な状況を知ることができます。 都道府県別での 年収偏差値 90. 1 1895社中 テレビ朝日ホールディングスの年収偏差値は95. 9でした。 日本の中でも異次元の収入状況です。 偏差値80以上は全体の0. 1%程度。 間違いなく日本のトップ企業といえます。 全国を対象とする上場企業全体の年収偏差値よりも、業種内や都道府県別の年収偏差値に注目した方が良いケースもあります。 全企業を含めてしまうとコンサル系や銀行業など高収入体質の業界も含めて対比することになり、その企業の実態を把握しにくくなるためです。 サービス業や小売り系は総じて低収入だったり、東京や大阪には年収2000万円に近い企業があったりと企業を取り巻く状況は様々であることを加味して判断すると適切な企業状況を知ることができます。 テレビ朝日ホールディングスの全上場企業中の年収ランキング 3000社以上ある上場企業の中でのテレビ朝日ホールディングスのデータを上場企業別・業種別・都道府県別にランク付けしました。 テレビ朝日ホールディングスの平均年収 1376万7000円、生涯年収 4億8635万5304円のランキングは以下の結果となりました。 年齢 月額給与 給与 年間 ボーナス 年間 年収 30歳 67万2704円 807万2451円 179万2062円 986万4513円 31歳 69万4242円 833万906円 189万7303円 1022万8209円 32歳 71万5780円 858万9361円 200万2542円 1059万1905円 33歳 73万5476円 882万5715円 209万7152円 1092万2867円 34歳 75万2409円 902万8913円 217万5817円 1120万4731円 35歳 76万9342円 923万2112円 225万4482円 1148万6595円 36歳 78万6275円 943万5310円 233万3148円 1176万8458円 37歳 80万3209円 963万8508円 241万1813円 1205万322円 38歳 82万599円 984万7190円 249万8569円 1234万5759円 39歳 83万8674円 1006万4097円 259万7460円 1266万1559円 40歳 85万6750円 1028万1004円 269万6353円 1297万7357円 41歳 87万4826円 1049万7912円 279万5243円 1329万3157円 42歳 89万2901円 1071万4819円 289万4136円 1360万8955円 43歳 91万1753円 1094万1037円 299万4139円 1393万5176円 44歳 93万1380円 1117万6565円 309万5253円 1427万1818円 45歳 95万1007円 1141万2095円 319万6367円 1460万8462円 46歳 97万635円 1164万7622円 329万7481円 1494万5104円 47歳 99万262円 1188万3150円 339万8595円 1528万1746円 48歳 100万8544円 1210万2536円 350万7547円 1561万84円 49歳 102万5929円 1231万1159円 362万1723円 1593万2883円 50歳 104万3315円 1251万9783円 373万5899円 1625万5682円 51歳 106万700円 1272万8406円 385万75円 1657万8482円 52歳 107万8085円 1293万7030円 396万4251円 1690万1281円 53歳 108万6324円 1303万5892円 399万9132円 1703万5025円 54歳 108万8465円 1306万1580円 398万1151円 1704万2731円 55歳 109万605円 1308万7267円 396万3170円 1705万437円 56歳 109万2746円 1311万2955円 394万5189円 1705万8144円 57歳 109万4886円 1313万8642円 392万7207円 1706万5850円 58歳 102万5495円 1230万5944円 354万9416円 1585万5360円 59歳 93万8220円 1125万8648円 308万1673円 1434万322円 生涯賃金・生涯年収:4億8635万5304円 30歳から55歳の年収推移を今一度確認してみましょう。 30歳の年収は986万4513円 35歳の年収は1148万6595円 40歳の年収は1297万7357円 45歳の年収は1460万8462円 50歳の年収は1625万5682円 55歳の年収は1705万437円 30歳から順調に伸びて50代前半で最高年収に達した後は定年に向けてゆるやかに減少していきます。

次の

女子アナ年収ランキング|アナウンサー給料・月給一覧

テレビ朝日 給料

テレビ朝日の年収は1362万円でした!(有価証券報告書調べ) テレビ朝日の年収の平均は、 1362万円でした。 (調べ) 年度別の年収は 平成29年:1377万円 平成28年:1374万円 平成27年:1335万円 26年:1433万円 25年:1395万円 24年:1303万円 23年:1303万円 22年:1275万円 ここ数年での年収推移は 1275万円(最低)~1433万円(最高)となっています。 給料:約 88万円 テレビ朝日とは:関東広域を放送の地域としている放送事業者のこと 本社所在地:東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日の設立時期:1957年11月1日 テレビ朝日の新卒初任給・採用・面接情報を解説 新卒の初任給は 24万3千30円(大卒) 24万3千30円円(院卒) となってました。 (平成27年度) テレビ朝日の30代・40代・50代の年代別年収 テレビ朝日の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 1,065万円~(推定) 40代で 1,238万円~(推定) 50代で 1,486万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 383万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 テレビ朝日の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 53,236万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が16,221万円なので、平均生涯賃金からの増減は 33,647万円です。 仕事内容・企業ランキング・関連企業 【仕事内容】 テレビ朝日の仕事内容は、各部署によって異なります。 部署は、編成局・報道局・スポーツ局が実際の番組制作に関わる仕事をしています。 事業局・コンテンツビジネス局・営業局は、テレビ朝日の「ビジネス」の部分を担う仕事。 経理局・人事局がテレビ朝日が会社としての体裁を守っていけるように、会社として生きていけるように支える仕事をしています。 以上のような、さまざまな仕事内容が合わさってテレビ朝日の仕事を作っているわけです。 他には・・・マスコットキャラクターのゴーエクスパンダのゴーちゃんというパンダ王子も、ダンスをしたりギターを弾いたり広報的な活動をしたりと、さまざまな仕事をしています。 具体的に述べるのであれば、編成局はテレビ番組の企画やタイムテーブル作成などがその業務内容です。 報道局は報道番組をつくっていく仕事。 現場取材をして原稿を書いたりする記者が所属している、出稿部と、報道ステーションなどニュース番組の制作に取り組む人が所属しているニュースセンターなどがあります。 そのような感じで、各自仕事に取り組んでいるわけです。 【企業ランキング】 2ch企業偏差値ランキングでは66で、他グループではNHK、TBS、三井物産などがありました。 【テレビ朝日のグループ企業や関連企業】 ・株式会社BS朝日 ・テレビ朝日映像株式会社 ・株式会社テレビ朝日ミュージック 【面接で聞かれること】 ・30秒で自己紹介 ・アピールポイント・自分の持ち味 ・辛かったこと ・二次面接は議論 【求めてる人物像】 テレビ朝日が求めている人物像として、まず最初にあげられるのが「熱意のある人」です。 その熱意は、自分ひとりが持っていても意味がありません。 人事部に客観的に判断される「熱意」がなければならないのです。 倍率の高いインターンシップに応募するということはもちろんのことですが、自分がこれまでの学生生活や人生で何か熱意を持って取り組んだことがあるのかを、まず振り返りましょう。 そうして、自分自身が客観的に「熱意がある人間だと判断される」ようなアピールポイントを作るのです。 また、仕事を通して成長できる人物というのも、テレビ朝日は求めています。 それは採用後に発覚することではありますが、「この人は成長できそう」と思わせる努力は必要ですね。 あとは、人から任された仕事を、その仕事の裏の意味や意図にまで考えをめぐらせて仕事ができる人物というのを求めているようです。 【採用(内定)の条件】 採用の条件としては、まず最初に「テレビが好き」だということを挙げなければなりません。 テレビ朝日の仕事は、さまざまな仕事があると述べましたが、その全てがテレビ作りに繋がっています。 放送事業者なので当然ですが、経理や人事などといった事務的な仕事をしている人であっても、その仕事は放送事業つまりテレビに繋がっているのです。 そのため、テレビが好きだというのはまず第一条件。 口だけではなく、本当にテレビが好きかどうかというのは、面接ですぐにバレます。 テレビ朝日のものでなくても良いですが、たくさんテレビを見ましょう。 テレビ朝日の評判はどう?(待遇や社風) テレビ朝日の社風は、自由で風通しが良いと評判が高めです。 若い人材であっても、能力さえあればどんどん活躍することができます。 休日出勤は、他の放送事業者に比べると少なくなっているようです。 過酷で忙しい環境ということには変わりありませんが、待遇が比較的良いことから、目をつぶって働いている人が多いところがあります。 新しいことをやる人が評価されている風潮があるため、様々なことをチャレンジできる環境があるという評判もあり、テレビが好きであれば、とても良い環境が整っていると言えるでしょう。 テレビ朝日の強みは何? テレビ朝日の強みは、先ほども述べたように、仕事ができる人は若者であっても評価されるところにあります。 男女差というのもほとんどないため、女性にとっても面白い職場であると言えるでしょう。 大企業で、なおかつキー局という比較的安定した地盤に甘んじず、新しいことにもどんどんチャレンジしていく精神も、強みと言えます。 単にキー局だということも強みですね。 視聴率が高く、落ち込む年があったとしても比較的安定して売上を伸ばしているというのも強みになっています。 26年度(最新データ)で平均年収がここ数年よりも上がっているというのが、その証拠でしょう。 テレビ朝日社員だというと、社会的なステータスも高く、個人としての強みにもなります。 テレビ朝日は、そういった強みを持っていると言えますね。 逆に、弱みはテレビ業界全体の先行きの不安です。 テレビ朝日で働く面白み・将来性 テレビ朝日の仕事の面白さは、誰もが知っているような番組を制作できることにあります。 自分も見ていたような番組に携わることになったり、自分が新しい番組の企画を立てたりと刺激的な仕事です。 自分の作った番組が「誰もが知っている番組」に成長することもあり、長期的な面白さがあるというのもポイントですね。 放送後に良い評価や反響があったときなどには、モチベーションにも繋がります。 やりたいことがやれる環境が整っている会社なので、やりたいことをしっかりと突き詰めてやることができるというのも面白さと言えるでしょう。 そうしてやりたいことで成果が上がれば、自分自身の給料にも反映されます。 給料に仕事が反映されやすいというのも、面白さであり、モチベーションにも繋がるポイントになっているのです。 テレビ朝日には、そのような「刺激的」な面白さがあると言えるでしょう。 毎日毎日同じ仕事をするということは、決してありません。 毎日違う仕事、毎日新しいことの連続です。 元テレビ朝日社員のクチコミ年収 30代 業種:代理店営業 年収:1000万円 他の同業者と比べれば歴史が浅く、そこまで福利厚生が良いというわけではありませんが、十分に福利厚生が満たされていると言えます。 社内環境もきっちりと整備されてはいますが、それでも非効率的な部分があるので、改善の声が常に上がっている状況です。 良い面も悪い面も多々ありますが、この仕事が好きなので、働いていて苦になるようなことはありません。 ただ、付き合い程度に会食などもあるので、家庭を持っている人は配偶者や子供の理解が必要になります。 私個人も、家族に理解してもらうのには苦労しました。 30代 業種:制作(ディレクター) 年収:1000万円 制作部署の仕事というのは、残業が大量発生してしまうため、若い人であっても高収入を得ることが可能です。 残業が比較的少なかったとしても、年齢が上がるにつれて給料も高水準でどんどん上がっていきます。 ただ、その伸び幅がここ近年減少しつつあるのが気になりますね。 それでも待遇面で不満を感じることはあまりありませんし、そういう声もあまり耳にしません。 大変な仕事ですが、なんだかんだで皆この仕事が好きなので、満足しているのでしょう。

次の

女子アナ年収ランキング|アナウンサー給料・月給一覧|テレビ朝日

テレビ朝日 給料

アナウンサーの年収ランキング テレビ局に在籍する「局アナウンサー」は各局とも女子アナという局を代表する看板アナウンサーを抱えています。 一方、個人や芸能事務所に所属して活動する「フリーアナウンサー」は局を問わず幅広くタレント活動をする人達を指します。 アナウンサーには「局アナウンサー」と「フリーアナウンサー」とありますが、年収の高さに関しては圧倒的に後者が上だとされています。 特に局を退社してフリーに転向した女子アナなどが顕著ですが、ニュース番組のキャスター以外にバラエティー番組やCMなど単価の高い仕事をこなして億単位の額の年収を誇るフリーアナウンサーも数多くいます。 では早速、アナウンサー全体の年収ランキングをチェックしていきましょう。 第1位 古舘伊知郎 氏 推定年収:6億5,000万円 出身地:東京都北区 所属:古舘プロジェクト 職歴:元テレビ朝日アナウンサー 第2位 みのもんた 氏 推定年収:5億円 出身地:東京都世田谷区 所属:ニッコク 職歴:元ニッポン放送アナウンサー 第3位 宮根誠司 氏 推定年収:3億円 出身地:島根県大田市 所属:テイクオフ 職歴:元朝日放送アナウンサー 第4位 小倉智昭 氏 推定年収:3億円 出身地:秋田県秋田市 所属:オールラウンド 職歴:元テレビ東京アナウンサー 第5位 徳光和夫 氏 推定年収:2億5,000万円 出身地:東京都目黒区 所属:オフィス ラ・メール 職歴:元日本テレビアナウンサー 第6位 羽鳥慎一 氏 推定年収:2億円 出身地:埼玉県上尾市 所属:テイクオフ 職歴:元日本テレビアナウンサー 第7位 加藤綾子 氏 推定年収:2億円 出身地:埼玉県三郷市 所属:ジャパン・ミュージックエンターテインメント 職歴:元フジテレビアナウンサー 第8位 夏目三久 氏 推定年収:2億円 出身地:大阪府箕面市 所属:田辺エージェンシー 職歴:元日本テレビアナウンサー 第9位 高橋真麻 氏 推定年収:1億7,000万円 出身地:東京都 所属:アイウエオ企画 職歴:元フジテレビアナウンサー 第10位 福澤朗 氏 推定年収:1億5,000万円 出身地:東京都新宿区 所属:ノースプロダクション 職歴:元日本テレビアナウンサー 男性アナウンサーの平均年収、給料の相場 局アナウンサーの年収や給料 一般的に放送局は高給といわれますが、キー局や準キー局クラスでは新卒の初任給で22万円~26万円程度となっています。 30代で年収1,000万円を超えることも珍しくなく、一般的な会社員と比べてかなりの高収入といえます。 ただし、局アナウンサーはテレビに出演する以外にも社員としての業務や、昼夜問わず働いて残業という概念はほとんど無いに等しい職場環境ですから、仕事量やかかるプレッシャーは相当です。 現在ではそれが割に合わないと考え、フリーに転向する局アナウンサーが後を絶たないとも言われています。 フリーアナウンサーの年収や給料 フリーアナウンサーの世界はタレントと同様に歩合制で、働いたら働いた分だけ収入になり、また局で知名度やアナウンス技術を上げたうえでフリーとなっている人がほとんどなので局時代よりも年収が大幅に上昇することは間違いありません。 局アナウンサーではキー局でもせいぜい最高で年収2,000万円程度が限界ですが、フリーアナウンサーともなれば局時代以上の年収はまず確実で、レギュラー番組などを獲得できれば年収1億円以上はザラとも言われています。 また、女性アナウンサーに関しては「女子アナ」というブランドがあるので、フリーになればドラマやCMなど多方面での活躍も期待でき、男性アナウンサー以上のステータスを得ることも可能です。

次の