メンデル の 法則 血液 型。 メンデルの法則

メンデル遺伝の法則|血液型の具体例と優性・分離・独立の法則

メンデル の 法則 血液 型

メンデル (1822-1884) 理科の時間に勉強するメンデルの法則。 その昔、オーストリアの修道士が発見した遺伝に関する法則。 発見者のメンデルの名前を取って 、メンデルの法則と呼ばれています。 メンデルは、 しわのある種子と ない丸い種子ができるエンドウを交配させ、 できるエンドウの種子を観察しました。 メンデルはさらに実験を重ね、この しわのある種子と ない丸い種子の 子どもにあたるエンドウを 自家受粉させ、 もとのエンドウたちの孫にあたるエンドウの種子を観察しました。 しかも、その割合は、何度実験を行っても、1:4になったのです。 このことから、メンデルは、 丸い種子のなかにも しわのある種子の遺伝子が 入り込んでいるのではないかと考えました。 このとき、発現する 丸い形質を 優性の形質、 しわの形質を 劣性の形質と呼びます。 詳しくは、教科書を見ましょう。 中学3年の理科です。 ヒトの血液型と遺伝子 さて、ヒトの遺伝子で、一番わかりやすいのは、血液型を決定する遺伝子です。 ヒトの血液型を決定する遺伝子には、 A型、 B型、 O型の3つあります。 あれ? AB型は?と思った方、それをこれから説明します。 あくまでも、ヒトの血液型を決定する遺伝子が3種類ということです。 生物の遺伝子は、2つでワンセットです。 つまり、この3種類の中の2つが私たちの体の中にあるということになります。 例えば、 A型の遺伝子と A型の遺伝子、 A型の遺伝子と O型の遺伝子・・・・といった具合です。 このように考えていくと、人の血液型を決定する遺伝子の組み合わせは、次のようになります。 A型と A型• A型と B型• A型と O型• B型と B型• B型と O型• O型と O型 ところで話は変わりますが、 献血に行くと、血液型の簡易検査を目の前で行ってくれます。 ABO方式の血液型の分類は、により発見された、最も古い血液型の分類方法だそうで、 A型の遺伝子を持っていると、 A抗原という抗原が発現し、 B型の遺伝子を持っていると、 B抗原という抗原が発現します。 この検査は、いたって簡単で、2種類の試薬の入った試験管にそれぞれ血液を数滴たらすだけ。 試薬Aで変化が起こった場合は、 A抗原を持っている、 試薬Bに変化が起こった場合は、 B抗原を持っている、と判断されます。 仮に、 Aのみで変化が起こった場合は、 A型と判断され、 Bのみで変化が起こった場合は、 B型と判断されます。 そして、両方ともに反応があった場合、 AB型と判断されるわけです。 せめて1度は献血に行きましょう。 ちなみに、2回目からは、献血手帳があるので、してくれません。 ヒトの血液型と遺伝の法則 さて、このようにしてヒトの血液型は決まるのですが、勘のいい人は、気づいていると思います。 A型と B型は優性ですが、 O型は劣性の形質ということになります。 抗原があれば A型や B型になるので、 O型の遺伝子を持っていても、 同時に A型や B型の遺伝子を持っていると、そちらの抗原が反応してしまい、 O型の ないというのは、簡易検査では判断できません。 つまり、遺伝子の組み合わせは、上記の6通りあるのですが、 実際に目に見える血液型は、以下のように4通りになります。 A型と A型・・・・ AA型・・・文句なしの A型• A型と B型・・・・ AB型• A型と O型・・・・ AO型・・・ Oが劣性のため A型• B型と B型・・・・ BB型・・・文句なしの B型• B型と O型・・・・ BO型・・・ Oが劣性のため B型• O型と O型・・・・ OO型・・・文句なしの O型 そのため、単純に考えると、 A型や B型よりも、 AB型や O型の方が珍しい血液型と言えます。 まぁ、そう単純なものでもないんですが・・・ では、実際に血液型をメンデルの法則に当てはめていきたいと思います。 1 まずは、 O型の父と AB型の母の子どもを考えます。 父が AO型の場合 父 A O 母 B AB BO O AO OO 等しい確率で全ての血液型の 子どもが生まれる O型の子どもが生まれた場合、父、母ともに、 O型の遺伝子を持っていることがわかる。 A型の子どもが生まれた場合。 母は、必ず O型の遺伝子を持っている。 B型の子どもが生まれた場合。 父は、必ず O型の遺伝子を持っている。 どの血液型が生まれても、子どもの遺伝子は2種類とも決定する。 まだまだいろんな組み合わせが考えられますが、あとは、自分で考えてみましょう。 さて、気が付いた人もいると思いますが、 O型の遺伝子を持っていることを証明するのは、上記のように考えると、比較的簡単なんですが、 AA型であること、 BB型であることを、血縁関係から証明することは、ほぼ不可能です。 これが、メンデルの法則なんです。 あれ?と思ったあなた それと、こんなことを考えていると、 「 あれ?オレもしかして橋の下で拾われた?」とか思うこともあるかもしれませんが、 世の中には、ごくまれに、 シスA型とか、 亜型A型とかと呼ばれる、 試薬に反応しない A型や B型もあるようです。 試薬に反応しないため、 A型や B型の遺伝子を持っていても、その人たちは、O型と判断されてしまいます。 10年くらい前に、「科捜研の女」などで、この 亜型A型をテーマにしたドラマが数本作られました。 ですので、無条件に悲観するのは、止めましょう。 あなたのご両親や、あなた自身がこういった特殊な血液型である可能性もあります。 こちらもチェック• 愛媛県今治市新谷甲1327-5.

次の

ABO式血液型

メンデル の 法則 血液 型

上の図説のように すべてAO型(=A型)となります。 上の図説のように すべてBO型(=B型)となります。 上の図説のように、 すべてAB型となります。 上の図説のように、 生まれてくる子供の血液型の確率は、 A型が100%となります。 上の図説のように、 A型が100%という確率になります。 上の図説のように 両親がどちらもOがたの場合、 生まれてくる子供の血液型は、 O型が100%になります。 この法則は、中学校の時に習った、メンデルの法則というものです。 メンデルの法則とは? メンデルの法則を覚えていますか? あれ、でも、うる覚え・・・ どんなのだったかな? メンデルは、緑色と黄色のえんどう豆を交配させることによって、 どのように遺伝が伝わるか見つけました。 エンドウ豆は、表面的には、緑色と黄色の2種類ですが、 実は、 緑色は優性形質、黄色は劣性形質なので、実は次の 3種類あるということになります。 そして、それぞれを以下のように組み合わせて、 遺伝でどちらの色が現れるか発見した人がメンデルという方だったので、 メンデルの法則という名前になりました。

次の

メンデルの法則と検定交雑と遺伝子型の決定

メンデル の 法則 血液 型

よぉ、桜木建二だ。 今回のテーマは遺伝を学ぶうえで欠かせない、「メンデルの法則」だ。 親子には同じような特徴が現れる。 例えば血液型、髪の生え際、耳垢のタイプなどだ。 しかし親子で必ず特徴が一致するわけではなく、祖父母と同じ特徴が現れる場合もある。 また、同じ親から生まれた兄弟なら特徴が一致するかといえば、そうでもない。 兄弟同士でも特徴の出方は異なる。 この親子と遺伝の関係はヒトだけのものではなく、動物でも植物でも観察されているんだ。 ハエやエンドウ豆で観察されているし、さらにハツカネズミやかわいいハムスターでもみることができる。 そこで今回は「メンデルの法則」についてハムスター飼いのリケジョ、たかはしふみかが説明していくぞ。

次の