陰毛 剃る チクチク かゆい。 知っておきたい、チクチクしないムダ毛処理 5つの方法

アンダーヘア(陰毛)部分の赤み炎症トラブルを防止するには

陰毛 剃る チクチク かゆい

アンダーヘアを剃る時は左右対称のバランスが条件。 しかし、アソコの毛の処理に不慣れな方は、左右が同じバランスに整わず不自然なカタチになってしまい「右側だけ剃りすぎてバランスがおかしい…」「左右のカタチを合わせるうちに片方の毛だけ剃りすぎた…」なんて失敗もよくあることです。 女子がアソコの毛を剃る時は、実際にムダ毛を処理するラインに沿って水性の「ペン」で印をつけたり、アンダーヘアを処理するための「型紙」を使うこともあります。 もし自分でアンダーヘアの処理をする場合は、剃る前に一度水性ペンで印をつけるなど、完成時のカタチをイメージしてから剃り始めると失敗も少なくなります。 少し伸びた毛が肌に触れるとチクチクとトゲが刺さったような感覚に襲われます。 また時には痒み(かゆみ)の症状がでる場合もあります。 その原因は、剃った毛の尖った断面にあります。 自然に生えた毛は、先端が細く自然と丸みを帯びているものですが、カミソリで剃ったりハサミなどで切ると、毛の断面が鋭利なカタチに仕上がり、その断面が肌に触れるとチクチクとした違和感を覚えます。 このチクチクの原因を解決するには、毛が伸びるまで我慢して待つか、常にアソコの毛を剃った状態に保つしか方法はありません。 例えカミソリで深剃りしても、毛根の黒い毛がポツポツと残ってしまうことがあります。 さらに、陰部の肌は基本的に日焼けをしないため、アソコの毛穴も目立ちやすく剃った跡が丸分かり…なんていう危険な状態になりやすくなります。 また本来はアソコの毛をキレイにする目的から処理したはずが、気がつけば「剃った後の方が汚く見える」「毛を無くしたいのに逆に目立つ!」などと散々な結果を招くこともあります。 「ならば毛抜きのピンで抜いちゃえ!」とブチブチ抜くと、今度は毛穴に炎症を起こしたり、埋没毛(皮膚の中に毛が生えること)などになることもありますので、おすすめはできません。 剃るための体勢を取ることも、アンダーに手を回すのも一苦労…。 少し気を抜けば、毛に混ざって皮膚を傷つけてしまう失敗も多々あります。 特に陰部の皮膚は、他の部位に比べて、弛み(たるみ)があったり凸凹もあるため、カミソリが皮膚を巻き込んでしまうことも多いのです。 陰部の箇所を上手に剃るには、片方の手で陰部の皮膚を伸ばしてからカミソリを当てると、比較的安全に剃ることができます。 さらに細かい箇所は、主に女性が使用する眉毛専用のコンパクトな「I字カミソリ」などが使いやすいと思います。 【方法1】 ヒートカッターで毛を焼き切る ヒートカッターは、毛を焼き切ることで先端を丸く処理でき、チクチクしにくくなります。 毛をゼロにすることはできませんが短くカットすることで、アソコのモジャモジャ感を解消することができます。 【方法2】ブラジリアンワックスを使う 肌にワックスを塗り固め、ベリっと一気に剥がして毛を抜く方法です。 想像通り痛みを伴う方法ですが、剃り跡も残らずスベスベで、生えてきてもチクチクしません。 しかし、肌が弱い人は皮膚や毛穴を傷めてしまうことがありますので、くれぐれもご注意ください。 【方法3】 脱毛サロンに行ってみる アンダーヘアを一番キレイに、そして確実に処理できる方法は脱毛サロンです。 最近ではメンズ専用の脱毛サロンも増え、男性が脱毛サロンに通う光景も珍しくありません。 失敗を避けたいのであれば、脱毛サロンがおすすめです。

次の

脇毛、陰毛(アンダーヘア)を剃った後、チクチクして痒くなった時の対策を紹介

陰毛 剃る チクチク かゆい

Contents• デリケートゾーンの毛がかゆい!白い粉やフケが出る場合は毛じらみの可能性・・・!? 「陰毛部分がかゆい」という悩みを抱えている女性は、意外と多いものです。 しかし、かゆみに加えて 「白い粉がでる」「フケのようなものがでる」場合は、注意が必要です。 その場合 「毛じらみ」にかかっている可能性があります。 毛じらみとは? 毛じらみとは、デリケートゾーンの毛にシラミが寄生すること。 毛じらみは成虫で約0. 8㎜~1. 2㎜ほどの大きさであり、人間の血液を栄養とし、生息しています。 はさみを持った蟹のような足をしているため、足が肌に触れることでかゆみが生じるのです。 また、卵を毛の根本近くに産み付け、7日後くらいに孵化し、約3~4週間後に成虫に成長します。 成虫は3~4週間住み着き、その間に新たな卵を産み付けるため、適切な処置をしなければ、消えることはありません。 性器周辺には「アポクリン腺」という汗腺が密集しており、毛じらみはそこから出る汗を好むため、性器周辺に集まりやすいのです。 毛じらみは白色のため、フケのように見えるの。 毛じらみになる原因(感染経路)は? 多くの感染経路は 「セックス」によるものであり、陰毛同士が直接触れることによって感染します。 しかし、同居する家族が毛じらみを持っていた場合、毛布、寝具、タオルといったものから、間接的に感染する場合もあります。 そのため 「セックスをしていないから、毛じらみではない」とは決して言い切れないのです。 毛じらみの対策・予防法 毛じらみに感染している疑いがある場合は、すぐに病院に行き、お医者さんに適切な処置をしてもらって下さい。 何科に行けばいいのかわからないという方は、まずは「婦人科」を受診するようにしましょう。 また「病院に行く」以外の対処方法としては、主に以下3つです。 1、毛を剃る(なくす) 毛じらみというのは、毛がある部分に生息するため、最も安価に処置できるのは 「毛をなくす」ことです。 しかし、デリケートゾーンの毛を全てなくすわけにはいかない・・・ という方も多いかと思いますので、余分な部分をカットして、処理をしたりするのでもよいでしょう。 2、シラミを殺虫する専用パウダーやソープを使用する シラミをなくすため市販品でも専用の殺虫パウダー(スミスリンパウダー)や、ソープ(スミスリンシャンプー)も販売されています。 こういったものを使用して、シラミを無くすのもありでしょう。 しかし、 卵には効果はないと言われていますので、やはりお医者さんに一度診てもらうことをおすすめします。 3、衣類や寝具、タオルなどを熱処理する デリケートゾーンに生息するシラミを殺虫できたとしても、衣類や寝具、タオルなどに卵や成虫がいれば、またすぐに感染してしまいます。 衣類や寝具、タオルなど肌に直接触れるものを熱処理して、シラミを徹底的になくすようにしましょう。 他の感染症の疑いも・・・ 毛じらみに感染している場合「HIV」「梅毒」「クラミジア」といった、他の感染症と同時に感染している場合が多いと言われています。 専門機関での検査を受けることをおすすめしますが、事前にチェックしたいという方は、検査キットを使うことで、病院に行かずに調べることもできます。 毛じらみを調べる検査キットはありませんが、「HIV」「梅毒」「クラミジア」といった病気の検査は受けることができます。 こういった検査キットを使って事前に確認してみるのもありでしょう。 最近は「梅毒」が増えているとニュースにもなっていますよね。 梅毒は症状がないことも多いため、気づかないうちに進行し、パートナーにうつしてしまう可能性もあります。 早期発見が大事ですので、心配な方は一度チェックしてみましょう。 白い粉やフケはないけど、毛がかゆい場合の原因は? 「白い粉」や「フケ」はないけど、陰毛の部分がかゆい・・・ そういった方は別の原因が考えられます。 考えられる原因としては、主に以下2つです。 1、ヒートカッターで処理する ヒートカッターとは、毛を熱で焼いて切るものです。 熱を加えて切っていくので、毛先が尖らずに丸くなり、チクチクするのを防いでくれます。 ライターや線香などを、使って処理している人もいますが、温度調節が難しく毛がチリチリになったり、皮膚に接触して火傷をしてしまったりと、トラブルを起こす危険性があります。 そのため、こういった専用のものを使った方が、きれいにかつ安全に処理することができます。 おすすめなのはラブコスメから販売されている「アンダーヘアはじめてセット」です。 「アンダーヘアはじめてセット」 ヒートカッターと、アソコの毛をふわふわにしてくれるトリートメンがついたセットです。 ヒートカッターは、先端をきちんと丸く焼き切ってくれるため、チクチクせずパンツから毛が突き出してしまうのを防いでくれます。 コームタイプになっているので、初心者の方でも簡単にかつ均等に処理することができるでしょう。 コスパよくヒートカッターをゲットしたい方におすすめです。 2、脱毛ワックスを使う IラインやOライン周りの毛をすっきりキレイにしたい方におすすめなのは 「脱毛ワックス」を使って処理することです。 VIOラインの脱毛をする方も増えたため、様々な除毛クリームや脱毛ワックスが販売されています。 しかし、よくチェックしてみると、実はデリケートゾーンへの使用がNGのものも多いのです。 デリケートゾーンへ使用しても大丈夫な成分で作られているものを選ばなければ、皮膚トラブルや、その他ニオイなど、別のトラブルを引き起こす可能性があります。 デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いため、できるだけデリケートゾーンにも使用OKの、優しい成分で作られている専用のものを選ぶようにしましょう。 脱毛ワックスでおすすめなのは、VIOライン全てに使える です。 専門サロンでも使用されており、口に入れても大丈夫なほど安全な成分で作られているため、デリケートゾーンにも安心して使うことができます。 きちんとアンダーヘアを処理することは、見た目だけでなく、デリケートゾーンのムレや雑菌の繁殖を防ぐことにもつながります。 2、デリケートゾーンが乾燥している デリケートゾーンは、まぶたよりも皮膚が薄く、保湿力も弱い場所です。 そのため、他の部分よりも乾燥しやすく、カサカサになりかゆみが発生します。 またかゆみだけでなく、乾燥することで、デリケートゾーンにシワができます。 シワができると、その間に汚れが溜まりやすくなり、雑菌が繁殖し、その結果かゆみを引き起こす場合もあるのです。 年齢と共にデリケートゾーンも乾燥しがちになるため、お風呂からあがったら保湿をするようにしましょう。 いつもと同じ日常が過ぎていく 私は一ミたりとも疑っていなかった。 しかし、悲劇は何の前触れもなく訪れた。 お気に入りのスカートが履けなくなった。 大好きな映画を、映画館で見ることも エレベーターに乗ることも 友達と他愛もないおしゃべりをすることも 昨日まで出来ていたことが、 一瞬にして奪われた。 そして私は、ひとりぼっちになった。 当たり前だった私の日常を奪ったもの それは・・・ 「ションベン臭い」 そう指摘されたことだった。 それはまぎれもなく 、私のデリケートゾーンのニオイだった。

次の

【応急処置あり】アンダーヘア(陰毛)のチクチクを解消したい!対処法まとめました

陰毛 剃る チクチク かゆい

このページの目次 OPEN• デリケートゾーン処理のかゆみ おすすめな対処・予防法 ここからは、デリケートゾーンを剃った後のかゆみに悩まないように、対処法、予防法をご紹介していきます。 ご自分のライフスタイルにあっていると思うものから、試してみてください。 応急処置・ヒューマンフローラトライアルセット まずは応急措置として、 「ヒューマンフローラトライアルセット」という裏技です。 そもそも基本的に、デリケートゾーンの陰毛に関しては「剃る」という処理はオススメしません。 でも、もし既に剃ってしまっていて 「かゆい!今すぐ何とかしたい!」という事であれば、おすすめのスキンケアを紹介します。 「ヒューマンフローラシリーズ」は、人間の皮膚に生息する皮膚常在菌を育てることを目的にしたスキンケア。 腸の中に腸内細菌が居るように、皮膚にも皮膚常在菌が居るんですよ。 その皮膚常在菌が肌を守る粘膜を作ってくれているのですが、カミソリを当てたりゴシゴシ洗いすぎたりすると、皮膚常在菌を落としすぎてしまって乾燥肌になります。 まだまだ男性向けの脱毛サロンは少ない中でも、店舗数が多く通いやすいのがメリットです。 男性の脱毛は圧倒的に「ひげ」がメインですが、もちろん陰毛もOK。 RINXは日本ではじめて、男性専用の脱毛器を独自開発し、太く濃い陰毛にも対応します。 ブラジルでは、男も女も首から下は陰毛もは完全に処理してツルツルにするのが当たり前の文化。 当然、デリケートゾーンのかゆみやチクチクの問題が出てくるので、それに対処するための方法がブラジリアンワックスです。 ブラジリアンワックスは、まず処理したい陰毛部分全体にジェル状のワックスを十分に塗り込んでから、数分放置します。 ジェルに含まれる保湿成分などが肌と陰毛に浸透していき、毛穴が柔らかくなって抜けやすくなります。 そうしてから、専用の粘着テープをターゲットに貼り付けて、一気にビリッッ! つまり、中学校の頃に男子がやってた 「ガムテープの刑」ですね(笑) デリケートゾーンのブラジリアンワックスの仕方 デリケートゾーンを剃った後にかゆみが出る原因 デリケートゾーンを剃った後にかゆみの対処法について紹介してきましたが、そもそもかゆみの原因って何でしょうか? 陰毛を剃った後にかゆみが出る原因についても解説します。 原因がわからなければ対処法もわかりませんので、理解しておきましょう。 剃った毛先が尖っている 通常、陰毛は先端に向かって徐々に細くなっていきますが、剃るということは途中で切るということですので、その切っ先はどうしても尖ってしまいます。 その毛が伸びてくると、先端が太く尖った毛が肌に触れますので、チクチク、かゆみを感じるのです。 場合によっては、性器の内部を刺激したりしますので、非常に痛いこともあります。 皮膚が乾燥している 実は、かゆみに関しては皮膚の乾燥のほうが大きな原因。 そもそも、カミソリというのは少なからず肌を傷つけます。 それはシェービングクリームを使用しても避けられないこと。 肌の上には潤いを保つ皮脂のバリアがありますが、カミソリでそのバリアごと削り取ってしまうため、処理の後の肌はどうしても乾燥します。 そこで、シェービングの後にはかならず保湿クリームをしなくてはいけないのですが、そのクリームが肌にあっていないと、逆にかゆみが増す事もあります。 また、市販のアフターシェーブクリームは 「ひげ用」に作られていることも多く、消毒用のアルコールなどが染みるので、使うのを嫌がる人もいますよね。 デリケートゾーンの処理後は、低刺激なボディクリームを使うようにしましょう。 洗いすぎ デリケートゾーンの陰毛を剃った後、シェービングクリームを流すために石鹸で洗いすぎになっていませんか? また、その後かゆみが生じるのは「不潔なせいなのでは?」と思ってさらにゴシゴシ洗ってしまう人もいます。 これは完全に逆効果。 前述のように、皮膚の表面は潤いのバリアで覆われており、そこには肌を守ってくれる皮膚常在菌が住んで似ます。 石鹸やボディソープで洗い過ぎでしまうと、皮脂のバリアや皮膚常在菌まで洗い流してしまい、かえって肌を乾燥させてしまいます。 また、陰部の 「黒ずみ」を気にされている方も洗い過ぎになる傾向がありますが、 黒ずみは色素沈着ですから洗っても落ちません。 むしろ肌を乾燥させてさらに悪化させてしまいますので、デリケートゾーンは基本的にシャワーで流す程度、ソープでしっかり洗うのは週一程度にしておきましょう。 もしくは、ヒューマンフローラのような皮脂を落としすぎないスキンケアシリーズを使用して、肌をいたわってあげてください。 高級スキンケアが1000円で使える! 除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という強力なアルカリ性薬剤が使用されています。 これは体毛のタンパク質を溶かしてしまう物質で、実はパーマ液と同じ原料。 パーマ液は髪の毛のタンパク質をちょっとだけ溶かすことで、髪の毛を変形させます。 除毛クリームは、それより更に強力な濃度で、体毛を完全に溶かしてしまうのです。 言うまでもなく、これは肌にかなり負担になるため、除毛クリームで肌荒れやニキビになる方も多数。 そして、デリケートゾーンとはその名の通り肌が薄くてとてもデリケートです。 除毛クリームは脇の下やスネに使うものであり、 デリケートゾーンには絶対に使わないでください。 毛抜きで陰毛を抜く 剃るのがダメなら、ピンセットのような毛抜きで抜いてしまえば良いのでは? そうすれば毛先がとがることも無いだろう!と思いますが、これもNG。 毛抜きは、そもそも身体のどこであっても良い処理方法ではありません。 ピンセットで陰毛を引っ張って抜いてしまうと、その周りの皮膚が傷ついて毛穴が開いたままになります。 毛を抜いた後が赤くポツポツするのは、毛穴の周りの毛細血管が切れているから。 さらに、 開いたままになった毛穴から細菌が侵入し、感染症になることも。 デリケートゾーンは普段は衣服で隠れており、汗で蒸れやすい部位です。 細菌が繁殖するには絶好の条件ですので、陰部を毛抜き処理するのは結構危険なんです。 ミュゼなら安全に陰毛処理・痛くない! まとめ・デリケートゾーンは剃らずに処理しよう 今回は、デリケートゾーンを剃った後のかゆみ、チクチク、赤みなどについての原因と対処法をご紹介しました。 女性であれば、下着や水着から無駄毛が見えるなんて絶対避けたいですよね。 それに、アンダーヘアは実は彼も気にしているかも。 男の人はなかなか口には出しませんが、実は女性の陰毛がボサボサだと結構萎えるみたいです。 かといって、赤くボツボツで汚れているのも嫌だし、何よりかゆみ、チクチクは自分が辛いですよね。

次の