愛知 県 コロナ 緊急 事態 宣言。 愛知県、独自の緊急事態宣言も解除 大村知事「日常取り戻す」(THE PAGE)

愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金について

愛知 県 コロナ 緊急 事態 宣言

安倍晋三首相は7日、新型コロナ特措法に基づき、東京や大阪など7都府県を対象に「緊急事態宣言」を発令するが、なぜか大都市・名古屋を含む愛知県が入っていない。 一体どうしたのか。 愛知県は7日午前0時時点で、感染者は239人、死者は21人。 緊急事態宣言の対象である埼玉県(感染者202人、死者4人)や、兵庫県(同209人、12人)、福岡県(同176人、1人)を上回っている。 今月に入り、愛知県では新たな感染者がそれまでの横ばいから拡大しつつあった。 政府の新型コロナ対策専門家会議も1日、「医療崩壊が懸念される」と指摘していた。 愛知県の大村秀章知事は6日、「緊急事態宣言を行うなら、事前に連絡があるはずだが、ない。 (対象になる)ことはないのでは」と語った。 ネット上でも、《名古屋飛ばし》などと疑問を投げかける声がある。 政府関係者は「愛知でも感染者が増え続ければ、対象地域に加える可能性が高い」と語っているが…。

次の

愛知県は緊急事態宣言がなぜ出ない?対象外の理由や皆の反応が気になる

愛知 県 コロナ 緊急 事態 宣言

県は26日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、県独自で継続していた緊急事態宣言と、それに伴う緊急事態措置を解除することを決めた。 国が25日に宣言を全面解除したことに伴う決定。 大村秀章知事は「国が判断の目安にしている感染者数を県内は下回っている。 県緊急事態宣言を解除する」と述べた。 県の緊急事態宣言は4月10日に発令された。 国が同7日に感染が拡大していた7都府県を対象に宣言を出したが、県は指定されなかった。 東京と大阪の中間にあり、社会的、経済的に結びつきが強いために人の移動が多く、新規感染者が相次いで見つかっていたことに危機感を抱いた大村知事の判断だった。 その後、16日に国の宣言は全国に拡大され、県は「特別警戒都道府県」に指定され、不要不急の外出や集客施設の営業自粛がより強い根拠をもって求められていた。 感染者数の減少や医療機関の状況改善から、国は今月14日、愛知を含む39県の宣言を解除。 しかし、県は月末をめどに独自の宣言を維持しつつ、段階的に自粛要請の緩和を進めていた。 県内の新規感染者数は4月24日の13人を最後に、ゼロか1桁台で推移している。 5月の新規患者は23日までに計23人。 24日以降は発生していない。 4月の患者は309人だった。 大村知事は、県民と事業者へのメッセージとして、「新しい生活様式」の定着を改めて求めた。 まず、移動に関しては不要不急の帰省や都道府県をまたぐものは、今月末まで避けるよう求める。 さらに、25日に宣言が解除された首都圏の1都3県と北海道への移動もさらに慎重にするよう求める。 集団感染が発生したスポーツクラブなどの休業要請は月内は維持し、6月1日から緩和する。 イベントは感染防止策が取られていることを前提に、感染状況を見ながら3段階ごとに緩和を進める。 ただ、屋内イベントは定員の半分以下で開催することを求める。 会社などへは引き続き、テレワーク、時差出勤などを呼びかける。 対策本部の出席委員から「東京などと比べ県の感染者数が少なかったのは、医療関係者などの努力もあるが、運がよかったとも言える。 第2波、第3波は必ずある。 医療体制などの整備が必要だ」との意見も出た。 大村知事は「気を緩めずに準備を進めたい」と述べた。 (後藤康之).

次の

新型コロナ、緊急事態宣言を発令

愛知 県 コロナ 緊急 事態 宣言

申請される方は、必ずご確認ください。 協力金の宿泊事業者の追加について(4月24日更新) 1 交付対象の追加 愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の交付対象に、宿泊事業者を追加します。 これをふまえ、ホテル又は旅館について、集会の用に供する部分を休業した場合だけではなく、4月26日(日曜日)から5月6日(水曜日)まで、ホテル又は旅館を休業した場合にも、協力金の対象とするものです。 これらの施設の休業期間については、4月21日に解釈を統一したことから、期間は弾力的に対応することとします。 少なくとも23日から休業をお願いします。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 ・休業要請等の対象となる施設については、次のとおりです。 ・今回の協力金は、県の要請の対象となる施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 ・緊急事態措置以前に、開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 ・県内の事業所の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。 〇 休業協力要請期間中(2020年4月17日から5月6日までの期間)に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業及び個人事業主が対象となります。 ・飲食店等の食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 ) ・全面的な協力とは、休業協力要請の全期間(4月17日から5月6日までの期間)、要請に応じて休業等を行っていただくことが基本です。 ただし、4月17日は調整等を念頭に置いて弾力的に対応することとし、営業の実績があっても構いません。 御承知おきください。

次の