えのき料理。 ダイエットの味方【えのきを使った料理】おすすめレシピ・作り方20選

特集「きのこ料理」│キリンレシピノート

えのき料理

白ごま(仕上げ) 適量 ひと目で分かるレシピ• 1塩こしょうで軽く味付けした豚バラにえのきを乗せて巻き、フライパンに並べていきます。 2中火で全体にこんがりと焼き色をつけながら具材に火を通します。 こちらの方は、肉巻きの表面に片栗粉を振りかけてから焼いていますが、私は省略しました。 甘辛だれでアレンジしたところは、しょうがの代わりににんにくを入れたところと、粉唐辛子を追加したところだけです。 あと、大葉の千切りを添える代わりに、スライスした生玉ねぎの酢漬けを添えて食べました。 韓国では、肉巻きを焼いてタレにつけて食べる下記レシピを見たりしました~。 出典: タレは、醤油、みりん、砂糖、お酢、青唐辛子で作ったものです。 日本でも「ポン酢」などにつけて食べるレシピがありましたが、焼いてタレにつけて食べるのも手軽で良いですね。 隣にあるペクスク(鶏肉料理)も美味しそうです。 これは塩ですね^^ 写真付きの詳しい作り方 Step1 塩こしょうで軽く味付けした豚バラにえのきを乗せて巻き、フライパンに並べていきます。 ここだけちょっと手間がかかります。 えのきって巻きやすいからそんなに時間はかかりませんでしたが。 Step2 中火で全体にこんがりと焼き色をつけながら具材に火を通します。 豚バラなので、サラダ油を入れず、焼いちゃいます。 クックパッドのレシピでは、蓋をして蒸したりしましたが、焼くだけにしました。 Step3 余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。 調味料を入れる前に、フライパンの下に出ている油を少し拭き取ります。 完成~ お酢漬けの玉ねぎを乗せといたお皿に。 スライスした玉ねぎを、肉巻きを作っている間、水に少しさらして、辛味を落としてから 砂糖とお酢で和えた簡単酢漬けです。 クックパッドのレシピよりは、スリム型の肉巻きに仕上がりました。 レタスを出したり、わかめときゅうりの冷製スープの残りを出したり~ 食事の準備を。 二日目のオイネングク()も美味しかったです。 お肉の後、スープを飲むとすっきりします。 えのきは、脂肪を燃焼する効果があるとのことで、豚バラなど脂の多いお肉を食べる時に意識的によく食べています。 豚バラと炒めるのはそれほど好きではなくて、味噌汁のほうに入れることが多かったのですが、今回の肉巻きは普通に炒めるより美味しかったです。 今度はアスパラガスで、また作ってみようと思います。 今回の味付けは、下記のレシピとそんなに変わらないです!.

次の

特集「きのこ料理」│キリンレシピノート

えのき料理

白ごま(仕上げ) 適量 ひと目で分かるレシピ• 1塩こしょうで軽く味付けした豚バラにえのきを乗せて巻き、フライパンに並べていきます。 2中火で全体にこんがりと焼き色をつけながら具材に火を通します。 こちらの方は、肉巻きの表面に片栗粉を振りかけてから焼いていますが、私は省略しました。 甘辛だれでアレンジしたところは、しょうがの代わりににんにくを入れたところと、粉唐辛子を追加したところだけです。 あと、大葉の千切りを添える代わりに、スライスした生玉ねぎの酢漬けを添えて食べました。 韓国では、肉巻きを焼いてタレにつけて食べる下記レシピを見たりしました~。 出典: タレは、醤油、みりん、砂糖、お酢、青唐辛子で作ったものです。 日本でも「ポン酢」などにつけて食べるレシピがありましたが、焼いてタレにつけて食べるのも手軽で良いですね。 隣にあるペクスク(鶏肉料理)も美味しそうです。 これは塩ですね^^ 写真付きの詳しい作り方 Step1 塩こしょうで軽く味付けした豚バラにえのきを乗せて巻き、フライパンに並べていきます。 ここだけちょっと手間がかかります。 えのきって巻きやすいからそんなに時間はかかりませんでしたが。 Step2 中火で全体にこんがりと焼き色をつけながら具材に火を通します。 豚バラなので、サラダ油を入れず、焼いちゃいます。 クックパッドのレシピでは、蓋をして蒸したりしましたが、焼くだけにしました。 Step3 余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。 調味料を入れる前に、フライパンの下に出ている油を少し拭き取ります。 完成~ お酢漬けの玉ねぎを乗せといたお皿に。 スライスした玉ねぎを、肉巻きを作っている間、水に少しさらして、辛味を落としてから 砂糖とお酢で和えた簡単酢漬けです。 クックパッドのレシピよりは、スリム型の肉巻きに仕上がりました。 レタスを出したり、わかめときゅうりの冷製スープの残りを出したり~ 食事の準備を。 二日目のオイネングク()も美味しかったです。 お肉の後、スープを飲むとすっきりします。 えのきは、脂肪を燃焼する効果があるとのことで、豚バラなど脂の多いお肉を食べる時に意識的によく食べています。 豚バラと炒めるのはそれほど好きではなくて、味噌汁のほうに入れることが多かったのですが、今回の肉巻きは普通に炒めるより美味しかったです。 今度はアスパラガスで、また作ってみようと思います。 今回の味付けは、下記のレシピとそんなに変わらないです!.

次の

えのき

えのき料理

えのきの栄養素について えのきは人口栽培が主となっているので、スーパーに行けば一年中売っているのを見かけるえのき。 そんな身近な食材であるえのきですが、どんな栄養があるのか知らない方も多いのではないでしょうか。 えのきにはビタミンB1、B2、ビタミンB群の一種であるナイアシンが豊富。 ビタミンのバランスがいい上、カロリーは低いのでダイエットにおすすめの食材なのです。 また、食物繊維も含まれていることから、腸の働きが活性化され、便通改善にも効果的。 他にも皮膚や粘膜、髪などの体表面の健康を保つ効果があるので、湿疹や肌荒れの改善にも効果を発揮しますよ。 他にも、えのきだけに含まれる抗酸化作用は他のキノコよりも強力であるため、高い免疫効果が期待できる上、ガン予防にも期待できる優れた人気食材です。 えのきの選び方・保存方法について えのきは、色白で束がしっかりと締まった状態のものを選ぶのがおすすめです。 古くなってくると黄ばんできたり、束がバラバラになってきたりするのでそこを見分けるのがポイント。 袋に蒸気が付いているものも、傷んできている証拠なので避けるようにしましょう。 えのきに賞味期限は特に記載されていませんが、きちんと袋に入った状態で冷蔵庫だと1週間程日持ちします。 また、冷凍保存も可能なのですぐに使わない時は冷凍保存をするとよいでしょう。 保存方法はまず、石づきを切り落とします。 そのあと調理しやすい長さに切って保存。 使う時は解凍せずに、凍ったままの状態で炒め物、鍋物に使用してください。 冷凍や冷蔵保存の他、天日干しした後に、フライパンで炒って乾燥保存する方法もあります。 えのきと豆腐を使った人気のハンバーグレシピです。 豆腐がたっぷり入っているので、触感がふわふわでボリューム満点。 えのきを入れることでふわふわの中にシャキッとした触感がプラスされ食べ応えある一品ですよ。 たくさん作りすぎた時でもラップに包んで冷凍保存できるので便利。 豆腐をたっぷり入れることで、ヘルシーでリーズナブルに出来るので、家計にも嬉しいですね。 豚バラ肉にえのきを巻いて、甘辛ダレを絡めて焼いたらあっという間に完成。 さっぱり食べたい時には、豚バラの代わりに豚もも肉で作ってもOK。 ソースを入れる時は油が飛びやすいので、火加減を調節しながら調理しましょう。 冷めることで味がなじみ更に美味しくなるので、お弁当のおかずにもおすすめの人気メニューです。 カロリーの低い野菜として人気のえのき。 店頭販売されているえのきはほぼ人工栽培で、特に旬の時期というのはありません。 ただ鍋料理に入れる食材として人気のため、秋から冬にかけて販売量が多くなります。 えのきはクセのない味で匂いもきつくないので、他の食材と合わせやすくスープや炒め物など様々な料理に使える野菜です。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのダイエット効果、えのきダイエットの方法と注意点、えのきのおすすめダイエットレシピをご飯もの・スープ・おかずのカテゴリに分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 えのきはコリコリとした食感が特徴的です。 スーパーで選ぶときは持った時に全体的に締りがあるものを選びます。 またなるべく白いもの、柄の部分が太くしっかりしているものを選びます。 パッケージの袋に水滴がついているものは避けた方が良いでしょう。 保存方法は冷蔵庫で3日から4日です。 これを超えてしまう場合は保存袋に入れて冷凍保存をしてください。 えのきは生では食べられないので焼くなどして食べてください。 えのきにはキノコキトサンという食物繊維が豊富に含まれています。 整腸、高血圧予防、免疫力向上などの作用もあります。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 きのこは種類が豊富です。 中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。 きのこには食物繊維が豊富に含まれています。 便秘の改善の効果があります。 また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。 ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。 カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。 きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。 中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 淡白な味わいがどんな料理にもあうエノキ。 ひょろっとした見た目ですが栄養満点なスーパーフードなことはご存知でしょうか。 糖質をエネルギーにかえるビタミンB1、アルコールの代謝には欠かせないナイアシン、カルシウムの吸収率を助けるビタミンD、腸内環境を整える食物繊維などが代表的です。 近年「腸活」と呼ばれる腸内環境を整えて健康的な体づくりを目指すことがブームですが、ローカロリーなエノキはまさに最適で、便秘予防や美肌効果など、美意識の高い女性は積極的にとりたい食品ですね。 キノコの旨味のグアニル酸や、アミノ酸は生活習慣病予防や、疲労回復にも効果が期待されます。 冷凍することができるので、常備して料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の