アセチル スピラ マイシン。 マクロライド系抗生物質

ペットショップで働いています。お薬のことで教えてください。専任獣医...

アセチル スピラ マイシン

This site might not comply with the regulatory requirements of US <副作用> 国内において副作用発現頻度が明確となる臨床試験は実施していない。 海外の臨床試験、市販後データ、公表文献等から集積した安全性情報を参照し、本剤による副作用として特定されたもので、重篤な転帰に至る可能性がある事象を記載した。 スピラマイシンの腎クリアランスは比較的低く(144. スピラマイシンは、一部が尿中に排泄され、より多くの量が胆汁中に排泄される。 健康被験者6例にスピラマイシン1gを1日2回 注)5日間経口投与したとき、投与5日目の糞中スピラマイシン濃度は689. 注)本剤の承認された用法及び用量:通常、妊婦には1回2錠(スピラマイシンとして300万国際単位)を1日3回経口投与する。 健康被験者7例(男性6例、女性1例)を対象とし、年齢は32~39歳、体重は体重56~75kgであった。 絶食下(12時間)又は標準的朝食と共にそれぞれスピラマイシン1. 5g 注)を単回経口投与し、投与前及び投与後8時間まで血液を採取し、血清中スピラマイシン濃度を測定した。 4(範囲:1. 4 - 4. 0)時間及び2. 8(範囲:2. 0 - 3. 6)時間、平均最高濃度到達時間(t max)は、それぞれ2. 6時間及び2. 3時間であった。 注)本剤の承認された用法及び用量:通常、妊婦には1回2錠(スピラマイシンとして300万国際単位)を1日3回経口投与する。 SPI. 2439.

次の

アセチルスピラマイシン錠200の添付文書

アセチル スピラ マイシン

スポンサーリンク アセチルスピラマイシンについての基本情報 アセチルスピラマイシンの効能・作用……効能は 『おでき・毛のう炎・創傷・やけど・気管支炎・扁桃炎・肺炎・咽頭炎・しょう紅熱・ものもらい・とびひ・中耳炎などの細菌感染症』です。 アセチルスピラマイシンは肺炎や気管支炎などの『細菌感染症』によく用いられる抗生物質であり、細菌のタンパク質合成を阻害する作用を持ち細菌の増殖を抑えます。 目・皮膚・耳・胆道・呼吸器などの部位の感染症に効果を発揮しますが、アセチルスピラマイシンは体内に吸収されると肺に集まりやすいので呼吸器の感染症に最も適した治療薬と言えます。 感染症というのは、ウイルス・細菌・寄生虫などの『病原微生物』が体内に侵入してさまざまな症状と苦痛を引き起こす病気ですが、代表的な感染症症状として『腫れ・発赤・発熱・関節の痛み』などがあります。 『抗生物質の効果』を十分に発揮するためには、血中濃度を一定に保ち続ける必要があり、患者は医師に指示された用法用量と服用期間をきちんと守らなければなりません。 症状が治まったからといって、自己判断によって途中で断薬(服用中止)すると、十分に細菌の増殖を抑制できない恐れがあります。 アセチルスピラマイシンの商品名……アセチルスピラマイシン(協和発酵) アセチルスピラマイシンの平均的な用法・用量……1回200mgを4~6回。 アセチルスピラマイシンの副作用……過敏症(発疹・発赤),吐き気,嘔吐,食欲不振,下痢,胃部不快感など。 アセチルスピラマイシンの重大な副作用(発症頻度は低い)……特に無し。 アセチルスピラマイシンの注意・禁忌……注意を要する人は、肝機能障害,腎機能障害,妊婦など。 処方してはいけない禁忌は、本剤で過敏症を起こした既往がある人。

次の

スピラマイシン「サノフィ」が発売されました

アセチル スピラ マイシン

スポンサーリンク アセチルスピラマイシンについての基本情報 アセチルスピラマイシンの効能・作用……効能は 『おでき・毛のう炎・創傷・やけど・気管支炎・扁桃炎・肺炎・咽頭炎・しょう紅熱・ものもらい・とびひ・中耳炎などの細菌感染症』です。 アセチルスピラマイシンは肺炎や気管支炎などの『細菌感染症』によく用いられる抗生物質であり、細菌のタンパク質合成を阻害する作用を持ち細菌の増殖を抑えます。 目・皮膚・耳・胆道・呼吸器などの部位の感染症に効果を発揮しますが、アセチルスピラマイシンは体内に吸収されると肺に集まりやすいので呼吸器の感染症に最も適した治療薬と言えます。 感染症というのは、ウイルス・細菌・寄生虫などの『病原微生物』が体内に侵入してさまざまな症状と苦痛を引き起こす病気ですが、代表的な感染症症状として『腫れ・発赤・発熱・関節の痛み』などがあります。 『抗生物質の効果』を十分に発揮するためには、血中濃度を一定に保ち続ける必要があり、患者は医師に指示された用法用量と服用期間をきちんと守らなければなりません。 症状が治まったからといって、自己判断によって途中で断薬(服用中止)すると、十分に細菌の増殖を抑制できない恐れがあります。 アセチルスピラマイシンの商品名……アセチルスピラマイシン(協和発酵) アセチルスピラマイシンの平均的な用法・用量……1回200mgを4~6回。 アセチルスピラマイシンの副作用……過敏症(発疹・発赤),吐き気,嘔吐,食欲不振,下痢,胃部不快感など。 アセチルスピラマイシンの重大な副作用(発症頻度は低い)……特に無し。 アセチルスピラマイシンの注意・禁忌……注意を要する人は、肝機能障害,腎機能障害,妊婦など。 処方してはいけない禁忌は、本剤で過敏症を起こした既往がある人。

次の