クラムチャウダー 英語。 クラムチャウダーとは

クラムチャウダーとは

クラムチャウダー 英語

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム• 作り方• 1 ベーコンは5mm角に切る。 2 にんじんは皮をむき、5mm角に切る。 3 玉ねぎは5mm角に切る。 4 セロリは筋を取り、5mm角に切る。 5 じゃがいもは皮をむき、5mm角に切る。 水にさらして水気をよくきる。 6 マッシュルームは水気をよくきり、5mm角に切る。 7 あさりは殻をこすり合わせてよく洗い、ざるに上げ水気をよくきる。 8 鍋にあさりを入れて火にかけ、鍋が熱くなったら白ワインを加える。 煮立ってあさりの殻が開いてきたら鍋を揺り動かしなら全体を混ぜ、ほぼ全部の殻が開いたら火を止める。 そのままおいて粗熱を取る。 9 あさりをざるに上げ、あさりの身と蒸し汁に分ける。 10 鍋に半量のバターを熱し、中火でベーコンを炒める。 [2]~[6]を順に入れ、途中で残りのバターを加えて約3分炒める。 11 薄力粉をふり入れ、粉っぽさがなくなるまで炒める。 12 スープとあさりの蒸し汁を加えて混ぜ、煮立ってアクが出たら取る。 蓋をして野菜がやわらかくなるまでときどき混ぜながら弱火で約8分煮る。 13 あさりを入れ、牛乳、生クリームを加え少し煮、味をみて塩、こしょうで調える。 器に盛り、好みでクラッカーを添える。

次の

シチュー、ポタージュ、チャウダーの違い

クラムチャウダー 英語

チャウダーの意味とは? それではさっそく「チャウダー」について解説していきます。 アメリカでチャウダー(chowder)といえば、 スープ料理の一種となっています。 スープの中で も具沢山で食べ応えのあるスープとなっており、 ベーコンなどの肉類、魚介類、じゃがいもなどたくさんの食材が使われます。 そのため、チャウダーといっても地方によっては使われる食材や味付けが異なり、様々な種類のチャウダーが存在しています。 白身魚が入ったものは「 フィッシュチャウダー」、とうもろこしが入ったものは「 コーンチャウダー」、豆類がが入ったものは「 ビーンズチャウダー」と呼ばれていますね。 また、アメリカは多民族国家であることから、地域によってベースとなるスープの味付けも全く異なります。 例えば、イギリスからの移民が多い地域では、日本でも食べられているクリームを使った「ニューイングランド風」のチャウダーが主流となっています。 また、 イタリアからの移民が多いマンハッタンでは、 トマトをベースにした「マンハッタン風」のチャウダーが主流となっています。 クラムチャウダーってどんな料理? それでは、日本で主に食べられている「クラムチャウダー」とはどのようなスープ料理を指すのでしょうか? クラムチャウダーは生クリームが使われることから、 「クリーム=クラム」を使ったチャウダーだと勘違いしている方が意外と多いようです。 クラムチャウダーはアメリカでもクリームを使ったスープをベースとしているため、ニューイングランド風のチャウダーの一種になります。 チャウダーの語源 続いて「チャウダー」という料理名の語源について解説していきます。 「チャウダー」は古くから存在する料理であり、語源は諸説ありますが、 フランス語が語源となっている説が通説のようです。 チャウダーとシチューの違い 最後にチャウダーとシチューの違いについて解説していきます。 日本ではチャウダーとシチューのどちらにもクリームが使われるのが主流のため、 よく似た料理となっていますよね。 味の違い まずは「味の違い」ですが、チャウダーには二枚貝などの魚介が使われることが多いため、 海鮮系スープの味がします。 一方でシチューは 肉類や野菜類などの食材を中心に作られるため、根本的にチャウダーとは味が異なります。 調理工程の違い チャウダーは 食材を細かく刻むことから煮込み時間が短いのが特徴です。 シチューは食材を大きめに刻むことから、煮込み時間も長く、食材がごろごろ入っているのが特徴です。 ポジションの違い チャウダーは「スープ」として食べられますが、 シチューは「メイン料理」として食べられています。 先ほども解説しましたが、チャウダーの方が食材が細かく刻まれていますが、シチューはごろごろと食材が入っているため、より食べ応えがあるのです。 以上が「チャウダーの意味とは?」についてでした。

次の

クラムチャウダーとは

クラムチャウダー 英語

今回は、似ているようで違う色々な物の話題という事で、シチューとクラムチャウダーの違いについて紹介していきたいと思います。 まず、わかりやすい違いは、シチューは一つの料理でクラムチャウダーは副菜という位置づけで、スープに分類され食事の中心になりにくいという事です。 そして、クラムチャウダーには魚介類がふんだんに使われていますが、シチューで魚介類を使う事はあまりなく、お肉と野菜を入れるのが一般的です。 また、シチューではバターを多く使用しますが、クラムチャウダーではバターを使いません。 使ったとしても少量である場合が多いのも違いの一つです。 そのほかには、クラムチャウダーはシチューと違って具材を小さく切るのも大きな特徴です。 魚介の話は先述しましたが、その逆でシチューにはブロッコリーや人参、じゃがいもなど食物繊維の多い野菜がゴロゴロと入っているのも違いの一つです。 これも大きな違いですが、クラムチャウダーのクラムは英語で小さな貝やアサリなどを意味していて、元々具材に貝が入る前提である事を意味しています。 シチューは大きな具材や肉と共に食材をじっくり煮込んで作るのがポイントですが、クラムチャウダーは具材を小さく切っているため、すぐに料理が出来上がるのが大きな特徴だと言えるのではないでしょうか。 海外での考えですと、シチューはクラムチャウダーと違って鍋料理であるという認識があるようで、日本で言うならおでんのようなポジションです。 そしてクラムチャウダーは和食に例えると豚汁のような認識です。 このように、シチューとクラムチャウダーは似ているようで実は違う料理と言えそうです。

次の