暴威の嵐。 divine

ぼうい【暴威】の例文集・使い方辞典

暴威の嵐

大地の女神の怒りから 生まれた異形の竜の魔力が 織り込まれた生地で 作られたマフラー。 神々さえも動物に姿を変えて 逃げていくと言われている。 現在はHTTP、HTTPSどちらからも接続できますが、6月19日 火 以降はHTTPSからのみ接続が可能です。 そのためご利用環境によってはWebサイトが表示できなくなります。 PC - Internet Explorer 10以前 - Google Chrome 29以前 - Firefox 26以前 - Safari 6以前 スマートフォン - Android 4. 4以前 - iOS 5. 1以前 2016-05-17 各種コスたまから入手できる衣装装備の売価を 未調査の場合でも 0zにしています。 売価が違っている場合はコメント欄から報告いただけると助かります 検索のパフォーマンスが下がっているので一時的にアイテムテキストからの検索と、実質的に機能していなかった検索TOP10を撤去しています。 サイトリニューアル時に再開予定。 AM4~5時はサーバー側の定時メンテナンスで表示が遅い場合があります。 ごめんなさい。 実行時間:0. 0099208秒 スポンサーリンク.

次の

2020年2月の新装備 : ひそひそう

暴威の嵐

めそめそ泣いたり、些事にかかずらわっているひまはありません。 相手が自然の暴威である以上、こっちも盲目の力をもって対抗すべきです。 巌のごとく堅固に頑強でなくちゃなりません。 … チェーホフ・アントン『妻』 より引用• 人間的主體がその活動の完成に參與し得るかは必ずしも明かでない。 それは事實として依然時の眞中に生き死及び壞滅の暴威に晒されてゐる。 それの體驗するは完成に達することなき自己の活動のみである。 … 波多野精一『時と永遠』 より引用• 一人一人は弱いものだが、これが集団となると、洪水のような暴威を発揮する。 識者からみれば、たわけきった迷妄であっても、これを目覚めさせるてだては、ない。 … 柴田錬三郎『岡っ引どぶ 巻二』 より引用• なぜなら、ヒトラーの攻勢がすでにはじまっていて、侵略の浪が、ベルギイからオランダにかけて、目まいがするほどの速度で押し寄せているまっただ中だったからである。 陸上でも空中でも、暴威に抵抗する何ものをももっていなかった。 目前にせまっている敗北を避ける方法がまた、何一つなかった。 … 内藤濯『星の王子とわたし』 より引用• 増仁集落は江戸時代の度重なる庄川の氾濫により廃村となったが神社だけは増仁の宮として残っている。 神社だけが残る例は珍しく庄川の暴威を遺す史跡としても貴重である。 泰子に体をくわれるのはよいとして、心をくわれ、一家の健全性をくわれるのは許せない気がします。 こんなにむき出しに自然の暴威を目撃することは珍しい経験の一つというべきでしょう。 母の本能性は尊くもあるが余り盲目でありすぎます。 … 宮本百合子『獄中への手紙』 より引用• するとそれは無数のこまかい飛沫となって、うねり狂う海面を吹きとび、次の波頭を白く霞ませた。 機動部隊はそうした北の海の無拘束な暴威のなかを、空母を中心として進んでいた。 蒼龍、飛龍、赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴が三隻相対の平行陣形をとって進んだ。 … 北杜夫『楡家の人びと 下 』 より引用• 皆をなだめる筈の恭吉は真先に姿をかくして仕舞って居たし、集まった者の相当な年の者は最初主人が立ち去ると同時に帰って仕舞った。 すべての様子が皆若者達が暴威を振うに適した状態にあった。 互の声と激亢に煽られて急造の机を履み倒したり、キリストの絵を裂いたりして居ても二階からは人の顔がのぞきもしなければコトッと云う音さえもしなかった。 … 宮本百合子『お久美さんと其の周囲』 より引用• 江戸時代の考古学者藤井貞幹はこの墓誌を古市の西琳寺で寛政六年に発見したと『好古小録』に書いているが、明治初年の廃仏騒ぎで、当時の堺県令税所篤や数人の手をへて三井家の蔵におさまったものと思われる。 同県令は当社の古墳も盗掘するなど、各地で暴威をふるったと伝えられる。 たいへんな県令もいたものであるが、当時はこちらの河内も堺県となっていたものだった。 … 金達寿『日本の中の朝鮮文化 02』 より引用• それ故、どうしても畑地や田が彼等に荒らされる。 春から穴に入る狐は、ちょうど収穫時頃から、暴威をたくましゅうする。 そこで、彼の村の一つの習慣として、子を育てている狐を見つけたら、その穴へ、強飯や薯の煮たのやらを持って行ってやる。 … 宮本百合子『三郎爺』 より引用• その仲間だけでまた革命の道化歌を作った。 彼らは革命の暴威をあべこべに革命者どもの方へ向けさせようとする一種の下心を持っていた。 人々はその小唄の「よからん」を歌った。 … ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』 より引用• あの一九二三年の地震によって発生した直接の損害は副産物として生じた火災の損害に比べればむしろ軽少なものであったと言われている。 あの時の火災がどうしてあれほどに暴威をほしいままにしたかについてはもとよりいろいろの原因があった。 一つには水道が止まった上に、出火の箇所が多数に一時に発生して消防機関が間に合わなかったのは事実である。 … 寺田寅彦『函館の大火について』 より引用• 地平線まで黒い影に鎖される頃から、篠つくような驟雨が襲ってきて、電光と雷鳴とがその間を暴れ狂った。 野や森や村落や、凡てのものが息を潜めて、雷雨の暴威の下に黙り返った。 麦畑や稲田の上には、風につれてさっと雨の飛沫が立った。 … 豊島与志雄『土地』 より引用• 敵が万が一にもわが神州の地に来襲し来らんにはわれらは囚虜の辱めを受けんよりは肉親相刺して互に祖先の血を守つて皇土に殉ぜんのみである。 しかも敵はいまわが本土防衛の重大陣地に侵攻し来つてその暴威を揮ひつつある。 われらの骨、われらの血を以てわが光輝ある歴史と伝統のある皇土を守るべき秋は来たのだ。 その原理は1938年にドイツのハーンとストラスマンとが,原子核の研究,即ち中性子を元素ウランの原子核に衝突させた場合にできる放射能の研究を行つて居つた際に發見したものであつて,ウランの原子核が中性子を捕獲するとそれが二つ又は二つ以上に分裂し,分裂破片は莫大なエネルギーを持つて飛び出してくる. このエネルギーが廣島や,長崎にあの通りの暴威を振ひ潰滅を齎したのである. これでも解る通り原子核の研究といふ最も純學術的の,しかも何等應用といふことを目的としない研究が,太平洋戰爭を終結せしむる契機を作つた最も現實的な威力を示すことになつたのである. … 仁科芳雄『日本再建と科学』 より引用• 土に親しむことは青年修養の一つでもある。 大自然の恩恵とその暴威とを知ることでもある。 常に日を拝む百姓では駄目である。 … 中里介山『百姓弥之助の話』 より引用• 恐らく、さうした暴威を振ふ神のあつたことを考へた事から出来た語であると思はれる。 折口信夫『霊魂の話』 より引用• 嵐のどよめきは瞬時やみ、あたりはしずかになった。 自然は息をひそめ、想像を絶する暴威のつぎの爆発を待ちかまえているかのようだった。 … K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』 より引用• レコーディング作業は1981年にスターシップスタジオとスタジオバードマンにて行われた。 音楽に関する技術的な事を暴威メンバーが認識できていなかったため、レコーディングは困難を極めた。 当時陣内孝則率いる「ザ・ロッカーズ」が寺院で一発録りでレコーディングした事が話題となるなど一発録りが流行していたこともあり、本作も楽曲はほとんどが一発録りで行われ、歌入れも同時に行われている。 しかし、宗教も、外科手術同様、イポリットを助けることはできなかった。 壊疽 えそは暴威をふるって今では腹の辺まで上がっていた。 水薬を変え、別種のあんぽうをしてみても、肉は毎日骨からはがれてくさっていった。 … フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』 より引用•

次の

NEWS

暴威の嵐

大地の女神の怒りから 生まれた異形の竜の魔力が 織り込まれた生地で 作られたマフラー。 神々さえも動物に姿を変えて 逃げていくと言われている。 現在はHTTP、HTTPSどちらからも接続できますが、6月19日 火 以降はHTTPSからのみ接続が可能です。 そのためご利用環境によってはWebサイトが表示できなくなります。 PC - Internet Explorer 10以前 - Google Chrome 29以前 - Firefox 26以前 - Safari 6以前 スマートフォン - Android 4. 4以前 - iOS 5. 1以前 2016-05-17 各種コスたまから入手できる衣装装備の売価を 未調査の場合でも 0zにしています。 売価が違っている場合はコメント欄から報告いただけると助かります 検索のパフォーマンスが下がっているので一時的にアイテムテキストからの検索と、実質的に機能していなかった検索TOP10を撤去しています。 サイトリニューアル時に再開予定。 AM4~5時はサーバー側の定時メンテナンスで表示が遅い場合があります。 ごめんなさい。 実行時間:0. 0099208秒 スポンサーリンク.

次の