失礼いたしました。 「失礼いたしました」の意味と使い方・敬語・メールでの伝え方

「お目汚し失礼いたしました」とは?意味!使い方

失礼いたしました

長文のメールを送った時に「長文失礼しました」と付けてあると、相手に与える印象が良くなります。 長文を送るということは、相手がメールを読む時間もそれだけかかるということです。 もしかしたら、忙しい合間に、時間を取って読んでくれたかもしれませんよね。 ですから、「貴重な時間を割かせてしまってすみません」というお詫びの気持ちを伝えましょう。 相手を気遣う言葉を添えるのは、大人としての大切なマナーです。 「長文失礼しました」の一言があるだけで、「礼儀がきちんとしている人」だと思われる可能性が高まります。 何も思われなかったとしても、気遣いの言葉を付けることで、相手を嫌な気持ちにさせることはありません。 長文になってしまったら、「長文失礼しました」を付けるほうが、付けないよりも良いと言えるでしょう。 ただし、間違った使い方は、相手をうんざりさせてしまうので注意してください。 ビジネスのマナーとして付ける ビジネスのメールで長文を送った時は、マナーとして「長文失礼しました」と付けましょう。 仕事中の相手なら、時間をとらせてしまうことへの配慮は特に大切です。 長文の要件だけを伝えて、そのまま終わってしまっては、マナーのなっていない人だと思われてしまいます。 マナー違反で信頼を損ねてしまうと、仕事でも悪い影響が出てしまうかもしれません。 そもそも、ビジネスでのメールは、要件は簡潔にわかりやすく伝えるのが一番のマナーです。 長文のメールは読むのも大変ですし、要件が上手く伝わらないこともあります。 それでも、伝えるべき内容が多かったり、重要な要件が多かったりすると長文になってしまうことがあるでしょう。 そんなときに「長文失礼しました」という言葉を使うことで、相手に対してのお詫びと配慮を表すことができます。 相手に信頼してもらうためにも、きちんとお詫びの気持ちを伝えるようにしましょう。 「長文失礼しました」は締めの言葉になりますが、さらに言葉をつなげたい場合は「長々となりましたが」を使います。 使い方としては、「長々となりましたが、ご検討お願いいたします」などとなります。 長文になってしまったとき、文頭に「長文失礼します」と書くことは、ビジネスメールのマナーの1つです。 しかし、締めの言葉にまで「長文失礼しました」を使ってしまうと、くどい表現になってしまいます。 文頭に「長文失礼します」を書いた上で、どうしてもお詫びの言葉を締めに使いたいときは、「長々となりましたが」を使ってみるとよいでしょう。 しかし、基本的に文頭と締めの両方に使うことは避けたほうが無難です。 「乱筆乱文失礼いたしました」は、昔から手紙に使われてきた言葉です。 「乱筆乱文」という言葉をメールで使うのは、厳密に言えば間違っています。 これは、長文でまとまりがないこと、字が雑で読みにくいことをお詫びする言葉なのです。 直筆の手紙でなければ、「乱筆」ではないわけですね。 しかし、最近はメールでも普通に使われるようになってきたようです。 「乱筆乱文失礼いたしました」は、「感情がこもりすぎて長文になってしまい申し訳ありません」という意味にも受け取れます。 相手によっては、一生懸命書いた気持ちが伝わって、印象が良くなる可能性もあります。 メールを送るときに最適な行数は、10~20行といわれます。 それ以上になると、画面をスクロールさせなければならなくなり、相手の手間になってしまいます。 また、相手がスマホや携帯電話を使っている場合は、10行でも随分と長文に感じるはずです。 相手がパソコンでメールを受け取るとは限りませんから、10行を超えるメールになる場合は、「長文失礼しました」、または「長々と失礼しました」「長々となりましたが」を使いお詫びするようにしましょう。 長文のメールを送る前に、まず伝える要件が10行以内に収まらないかどうか、考えることが必要です。 どうしても10行以上になってしまうなら、きちんと挨拶やお詫びの言葉を付け、配慮するように心がけましょう。 急ぎの連絡で長文になってしまったり、要望が短くまとまらず長文になってしまった場合、「長文失礼しました」「長々と失礼しました」を締めの言葉として、文面の最後に付けます。 お詫びの言葉を付けることで、読むのに時間のかかる長文になってしまってすみません、という気持ちを伝えられます。 また、「長文失礼しました」「長々と失礼しました」の後に、文を続けてはいけません。 締めの言葉の後に文が続いてしまっては、さらに文面が長くなる上に、相手も困惑してしまいます。 一言付け加えたいときは「長々となりましたが」を使いましょう。 このとき、返信を催促するような言葉は失礼になります。 早く返信が欲しい場合は、長文は控えるようにしてくださいね。 長文ではないのに「長文失礼しました」と書くのは、相手の気分を害してしまうことがあります。 「この程度の短い文でも、読むのに苦労するだろう」という意味で、相手が受け取ってしまう可能性があるからです。 メールを書いているときに、なかなか要件がまとまらず時間がかかってしまうことがありますね。 すると、何となく長文になってしまった気がするものです。 しかし、実際に読んでみたらすぐに読み終わってしまった、ということもあるでしょう。 長文になったと思ったら、自分で読んでみて、本当に長文なのか確認しましょう。 初回のメールに「長文失礼しました」の言葉が入るのはマナーとして良いことです。 しかし、まるで挨拶のように毎回使うのは、相手に失礼な行為です。 頻繁に使っていると、短いメールにする努力を怠っていると思われても仕方ありません。 また、毎回のように締めの言葉に使っていると、「言葉の意味を理解していないんじゃないか?」と思われてしまう心配もあります。 そうなると、自分の印象を悪くしてしまいかねません。 「長文失礼しました」とはどんな時に使う言葉なのか、しっかりと理解して使うようにしましょう。 長文になったお詫びを付けるのは良いですが、あまりにも長々とお詫びを付け加えるのはやめましょう。 「長文失礼しました」と付けた後に、「重ねてお詫び申し上げます」などの文面を付けると、くどくなってしまいます。 長文メールは、普通に読むだけでも時間がかかってしまうものです。 何度も同じような言葉を繰り返す文は、相手も読む気が無くなってしまいますから、注意しましょう。 「長文失礼しました」の正しい使い方を身につけよう! メールが長文になってしまったら、「長文失礼しました」を付けるのがマナーです。 お詫びすることで、相手に対する気遣いを表現できます。 正しいビジネスメールのマナーと「長文失礼しました」の使い方を身につけて、仕事を円滑に進めましょう。 目上の人に対するメールの書き方も、知っておくべきマナーです。 仕事でお世話になる上司には、特に失礼のないようにしたいですよね。 こちらの記事に、くわしい例文なども載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

「メールにて失礼いたします」の意味と使い方・例文|お礼

失礼いたしました

無礼・非礼・失礼の違いを見てみよう 1非礼、2無礼、3失礼の順に悪印象の度合いが強い 無礼と似た言葉に、失礼と非礼があります。 そして相手に対して行った礼儀を外れた行動の程度によって、使用する言葉が変わってきます。 程度の悪さでランク付けをすると最大の失態が非礼、次が無礼、比較的軽めの振る舞いが失礼となります。 ビジネスシーンでは、程度に応じて無礼・非礼・失礼を適切に使う事が求められます。 失礼とは礼儀を失うこと 失礼は、「礼儀を失っている」と書きます。 その為、元々はあった礼儀がなくなっている状態を指す言葉ですので、無礼や非礼よりは程度が軽い時に使用します。 その為、相手に対する声かけや感嘆文、退出の時の挨拶言葉としても使用されています。 無礼は失礼よりも程度が悪い 無礼は、「礼儀が無い」と書きます。 元々ある礼儀を失っている状態である「失礼」よりも、程度が悪い礼儀を外れた振る舞いを行った時に使用します。 相手や自分が怒る、悲しむなどの感情的になるほどの礼儀を外れた振る舞いを行った時に使用されます。 非礼は最大級の失態のこと 非礼とは、「礼儀に非ず」と書きます。 つまり、礼儀に背いている状態を指していますので、最大級の失態を犯してしまった時など、最も重大な礼儀に外れた行動に対するお詫びの時に使用されます。 ビジネスシーンでは、始末書を書くレベルの失態を犯した時や、社員の振る舞いによってお客様へのクレームに発展した時などに使用されます。 また、非礼は自分の礼節を欠いた大失態に対して使う言葉ですので、「ご非礼」は間違いです。 類義語、失敬とは軽い失態 無礼・非礼・失礼の類義語に「失敬」があります。 これは、失礼と同程度の軽い失態の時に使用される言葉です。 失礼よりも古い言葉で、男性が同僚や目下の方に対して使用する言葉となっています。 上司が部下に軽くぶつかってしまった時に「失敬」と声をかける、などで使用されます。 「ご無礼」のシーンごとの例文を押さえておこう 失礼よりも、より相手へ丁寧な依頼をする時 「突然のご無礼な申し出と存じますが、ぜひ当社に本件はお任せいただきたくお願い申し上げます」 失礼よりも、より相手に礼儀を欠いた態度を詫びる時 「ご連絡をいただいておきながら、お返事が遅れてしまったご無礼をお許し下さい」 「突然ご連絡を差し上げるご無礼をお許し下さい」 「無礼千万なことと、謹んでお詫び申し上げます」 非礼・失礼を使ったシーンごとの例文 相手に礼儀を欠いた態度を詫びる時(迷惑になったなど、程度が重い時) 「私の〇〇様に対するご対応により、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。 非礼このうえないことと、謹んでお詫びを申し上げます」 「昨日の宴会の席にて、酔った上での非礼な数々の振る舞いをいたしまして、大変申し訳ありませんでした」 相手に礼儀を欠いた態度を詫びる時(無礼よりも程度は軽い時) 「会議の途中で退席してしまい、失礼いたしました」 「間違った番号にかけてしまった様です、失礼いたしました」 相手への軽い依頼や挨拶として 「失礼ですが、少しお話をお伺いしてもよろしいでしょうか」 「お疲れ様でした、お先に失礼いたします」 まとめ.

次の

「長文失礼しました」の正しい使い方・敬語表現|メール/手紙

失礼いたしました

長文のメールを送った時に「長文失礼しました」と付けてあると、相手に与える印象が良くなります。 長文を送るということは、相手がメールを読む時間もそれだけかかるということです。 もしかしたら、忙しい合間に、時間を取って読んでくれたかもしれませんよね。 ですから、「貴重な時間を割かせてしまってすみません」というお詫びの気持ちを伝えましょう。 相手を気遣う言葉を添えるのは、大人としての大切なマナーです。 「長文失礼しました」の一言があるだけで、「礼儀がきちんとしている人」だと思われる可能性が高まります。 何も思われなかったとしても、気遣いの言葉を付けることで、相手を嫌な気持ちにさせることはありません。 長文になってしまったら、「長文失礼しました」を付けるほうが、付けないよりも良いと言えるでしょう。 ただし、間違った使い方は、相手をうんざりさせてしまうので注意してください。 ビジネスのマナーとして付ける ビジネスのメールで長文を送った時は、マナーとして「長文失礼しました」と付けましょう。 仕事中の相手なら、時間をとらせてしまうことへの配慮は特に大切です。 長文の要件だけを伝えて、そのまま終わってしまっては、マナーのなっていない人だと思われてしまいます。 マナー違反で信頼を損ねてしまうと、仕事でも悪い影響が出てしまうかもしれません。 そもそも、ビジネスでのメールは、要件は簡潔にわかりやすく伝えるのが一番のマナーです。 長文のメールは読むのも大変ですし、要件が上手く伝わらないこともあります。 それでも、伝えるべき内容が多かったり、重要な要件が多かったりすると長文になってしまうことがあるでしょう。 そんなときに「長文失礼しました」という言葉を使うことで、相手に対してのお詫びと配慮を表すことができます。 相手に信頼してもらうためにも、きちんとお詫びの気持ちを伝えるようにしましょう。 「長文失礼しました」は締めの言葉になりますが、さらに言葉をつなげたい場合は「長々となりましたが」を使います。 使い方としては、「長々となりましたが、ご検討お願いいたします」などとなります。 長文になってしまったとき、文頭に「長文失礼します」と書くことは、ビジネスメールのマナーの1つです。 しかし、締めの言葉にまで「長文失礼しました」を使ってしまうと、くどい表現になってしまいます。 文頭に「長文失礼します」を書いた上で、どうしてもお詫びの言葉を締めに使いたいときは、「長々となりましたが」を使ってみるとよいでしょう。 しかし、基本的に文頭と締めの両方に使うことは避けたほうが無難です。 「乱筆乱文失礼いたしました」は、昔から手紙に使われてきた言葉です。 「乱筆乱文」という言葉をメールで使うのは、厳密に言えば間違っています。 これは、長文でまとまりがないこと、字が雑で読みにくいことをお詫びする言葉なのです。 直筆の手紙でなければ、「乱筆」ではないわけですね。 しかし、最近はメールでも普通に使われるようになってきたようです。 「乱筆乱文失礼いたしました」は、「感情がこもりすぎて長文になってしまい申し訳ありません」という意味にも受け取れます。 相手によっては、一生懸命書いた気持ちが伝わって、印象が良くなる可能性もあります。 メールを送るときに最適な行数は、10~20行といわれます。 それ以上になると、画面をスクロールさせなければならなくなり、相手の手間になってしまいます。 また、相手がスマホや携帯電話を使っている場合は、10行でも随分と長文に感じるはずです。 相手がパソコンでメールを受け取るとは限りませんから、10行を超えるメールになる場合は、「長文失礼しました」、または「長々と失礼しました」「長々となりましたが」を使いお詫びするようにしましょう。 長文のメールを送る前に、まず伝える要件が10行以内に収まらないかどうか、考えることが必要です。 どうしても10行以上になってしまうなら、きちんと挨拶やお詫びの言葉を付け、配慮するように心がけましょう。 急ぎの連絡で長文になってしまったり、要望が短くまとまらず長文になってしまった場合、「長文失礼しました」「長々と失礼しました」を締めの言葉として、文面の最後に付けます。 お詫びの言葉を付けることで、読むのに時間のかかる長文になってしまってすみません、という気持ちを伝えられます。 また、「長文失礼しました」「長々と失礼しました」の後に、文を続けてはいけません。 締めの言葉の後に文が続いてしまっては、さらに文面が長くなる上に、相手も困惑してしまいます。 一言付け加えたいときは「長々となりましたが」を使いましょう。 このとき、返信を催促するような言葉は失礼になります。 早く返信が欲しい場合は、長文は控えるようにしてくださいね。 長文ではないのに「長文失礼しました」と書くのは、相手の気分を害してしまうことがあります。 「この程度の短い文でも、読むのに苦労するだろう」という意味で、相手が受け取ってしまう可能性があるからです。 メールを書いているときに、なかなか要件がまとまらず時間がかかってしまうことがありますね。 すると、何となく長文になってしまった気がするものです。 しかし、実際に読んでみたらすぐに読み終わってしまった、ということもあるでしょう。 長文になったと思ったら、自分で読んでみて、本当に長文なのか確認しましょう。 初回のメールに「長文失礼しました」の言葉が入るのはマナーとして良いことです。 しかし、まるで挨拶のように毎回使うのは、相手に失礼な行為です。 頻繁に使っていると、短いメールにする努力を怠っていると思われても仕方ありません。 また、毎回のように締めの言葉に使っていると、「言葉の意味を理解していないんじゃないか?」と思われてしまう心配もあります。 そうなると、自分の印象を悪くしてしまいかねません。 「長文失礼しました」とはどんな時に使う言葉なのか、しっかりと理解して使うようにしましょう。 長文になったお詫びを付けるのは良いですが、あまりにも長々とお詫びを付け加えるのはやめましょう。 「長文失礼しました」と付けた後に、「重ねてお詫び申し上げます」などの文面を付けると、くどくなってしまいます。 長文メールは、普通に読むだけでも時間がかかってしまうものです。 何度も同じような言葉を繰り返す文は、相手も読む気が無くなってしまいますから、注意しましょう。 「長文失礼しました」の正しい使い方を身につけよう! メールが長文になってしまったら、「長文失礼しました」を付けるのがマナーです。 お詫びすることで、相手に対する気遣いを表現できます。 正しいビジネスメールのマナーと「長文失礼しました」の使い方を身につけて、仕事を円滑に進めましょう。 目上の人に対するメールの書き方も、知っておくべきマナーです。 仕事でお世話になる上司には、特に失礼のないようにしたいですよね。 こちらの記事に、くわしい例文なども載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の