ロジクール g703h。 ロジクールのワイヤレスマウス G703hは俺にケーブルレスの衝撃をくれた

6/27発売!Logicool G新型ゲーミングマウス『G903h/G703h/G403h』違い│HowMew[ハウミュー]

ロジクール g703h

画像:アマゾンより Logicool G703hは2019年6月27日に発売されたゲーミングマウスです。 ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスに多く搭載されている、LIGHTSPEED技術により無線でも遅延が1ms(1ミリ秒)で安定した無線接続。 センサーが新たにHERO 16kセンサーと搭載しており、従来のモデルよりも高いトラッキング精度を実現している。 POWERPLAYに対応しておりロジクールの無線充電のPOWERPLAYに対応したマウスパッドを使用し充電できます。 左右非対称のデザインで、手のひらの形にあった形状をしており、左右側面にラバーグリップを装備して、操作性、フィット感バツグン。 G703hの背面画像です。 スライドで背面の蓋を外す前と外した後の画像を比較できます。 背面には電源が付いていて上記写真のボタンが下で赤い状態が電源OFFで上にすると青で電源ONと見分けられます。 背面の蓋を外すとGPROマウスではレシーバーを入れられたが、G703hはレシーバーではなく重りを入れることができます。 外した蓋に重りをしっかりとはめることができます。 重りは10gなので、ほんの少しの重さの調整ができます。 G703hを実際に握った 握った感じは、かぶせ持ちと掴み持ちの人はかなり持ちやすく感じると思います。 左右のグリップが効いてマウスのフィット感が非常に良いです。 サイドボタンが大きく押しやすい印象です。 G703hの設定とソフトウェア 専用のソフトウェアG HUBを使用することでマウスの設定をすることができます。 Logicool G HUBをインストールして起動するとこの様にデフォルト画面へと進みます。 51%と表示されているのはバッテリーの残量です。 マウス画像をクリックすると詳細な設定画面を開きます。 まず1つ目が、LIGHTSYNCでマウスのライトの設定をすることができます。 ライトのパターンを設定したり、ライトの発光サイクルを細かく設定したりできます。 2つ目の設定画面ではボタンへの割当を設定できます。 各ボタンに割り当てられているコマンドをキーやマクロを設定することができます。 ゲーム毎のプロファイルにサイドボタンによく使用するキーや押しにくいキーを登録しておくと便利です。 3つ目の設定は、感度を設定することができます。 DPIを設定することができて、自分の好きなマウス感度に50ずつ変更できます。 レポートレートの設定をすることもできて毎秒パソコンにどれだけの頻度でマウスのデータを送るかを選択できます。 数値が高いほどパソコン側に負荷がかかりますが、頻度が低いとマウスのカーソル飛びなどが起きる可能性があります。 プロファイルごとに設定を変更することができ、左上の「デフォルト:デスクトップ」をクリックするとゲームごとの設定を保存することができます。 右上の歯車をクリックするとG703hの詳細な設定を変更、確認することができます。 ゲームでG703hを使用した感想 ゲームでG703hを使用した感想として、一番始めに感じたのは手のフィット感がすごく良く、操作性が良いと感じたことですね。 サイドボタンが大きく押しやすくて、通常の左クリックと右クリックも押しやすく感じました。 普段使用しているLogicool G PRO Wirelessマウスよりは少し重いかなと感じるくらいでゲーミングマウスの中では軽いほうです。 持ち方としては掴み持ちとかぶせ持ちの間のような持ち方で操作し、 かなり操作性ともったときのフィット感が良いと感じました。 しかし、長時間使っていると私は小指が疲れてしまったので慣れるまでは少し違和感ですね。 普段左右対象のマウスを使っている人は、最初握った時は違和感があるかもしれませんが、 慣れてしまうとかなり持ちやすいのでエイムの安定感が全然違うなと感じました。 まとめ 主な特徴としては旧モデルから高精度のセンサーのHEROセンサーを搭載し、HEROセンサー搭載モデルのWirelessゲーミングマウスの中では安価で手に取りやすい価格となっております。 有線のコードが引っかかるストレスを感じることがなくなるのでオススメです。 POWERPLAYでの充電にも対応しているので、POWERPLAYのマウスパッドがあれば充電が無くなる心配もありません。 バッテリーの性能も旧モデルから改良されて長時間持つようになっているのでPOWERPLAYがなくても3日に1回は充電していれば切れる心配はないです。 充電が少なくなると専用ソフトウェアのG HUBが残量が少なくなっていることを教えてくれますよ。 サイドボタンも他のモデルと比べると大きく押しやすいので、咄嗟に押しても押し間違えがありません。

次の

G703hレビュー:ロジクールHEROセンサー搭載し軽量化されたワイヤレスマウス

ロジクール g703h

画像:アマゾンより Logicool G703hは2019年6月27日に発売されたゲーミングマウスです。 ロジクールのワイヤレスゲーミングマウスに多く搭載されている、LIGHTSPEED技術により無線でも遅延が1ms(1ミリ秒)で安定した無線接続。 センサーが新たにHERO 16kセンサーと搭載しており、従来のモデルよりも高いトラッキング精度を実現している。 POWERPLAYに対応しておりロジクールの無線充電のPOWERPLAYに対応したマウスパッドを使用し充電できます。 左右非対称のデザインで、手のひらの形にあった形状をしており、左右側面にラバーグリップを装備して、操作性、フィット感バツグン。 G703hの背面画像です。 スライドで背面の蓋を外す前と外した後の画像を比較できます。 背面には電源が付いていて上記写真のボタンが下で赤い状態が電源OFFで上にすると青で電源ONと見分けられます。 背面の蓋を外すとGPROマウスではレシーバーを入れられたが、G703hはレシーバーではなく重りを入れることができます。 外した蓋に重りをしっかりとはめることができます。 重りは10gなので、ほんの少しの重さの調整ができます。 G703hを実際に握った 握った感じは、かぶせ持ちと掴み持ちの人はかなり持ちやすく感じると思います。 左右のグリップが効いてマウスのフィット感が非常に良いです。 サイドボタンが大きく押しやすい印象です。 G703hの設定とソフトウェア 専用のソフトウェアG HUBを使用することでマウスの設定をすることができます。 Logicool G HUBをインストールして起動するとこの様にデフォルト画面へと進みます。 51%と表示されているのはバッテリーの残量です。 マウス画像をクリックすると詳細な設定画面を開きます。 まず1つ目が、LIGHTSYNCでマウスのライトの設定をすることができます。 ライトのパターンを設定したり、ライトの発光サイクルを細かく設定したりできます。 2つ目の設定画面ではボタンへの割当を設定できます。 各ボタンに割り当てられているコマンドをキーやマクロを設定することができます。 ゲーム毎のプロファイルにサイドボタンによく使用するキーや押しにくいキーを登録しておくと便利です。 3つ目の設定は、感度を設定することができます。 DPIを設定することができて、自分の好きなマウス感度に50ずつ変更できます。 レポートレートの設定をすることもできて毎秒パソコンにどれだけの頻度でマウスのデータを送るかを選択できます。 数値が高いほどパソコン側に負荷がかかりますが、頻度が低いとマウスのカーソル飛びなどが起きる可能性があります。 プロファイルごとに設定を変更することができ、左上の「デフォルト:デスクトップ」をクリックするとゲームごとの設定を保存することができます。 右上の歯車をクリックするとG703hの詳細な設定を変更、確認することができます。 ゲームでG703hを使用した感想 ゲームでG703hを使用した感想として、一番始めに感じたのは手のフィット感がすごく良く、操作性が良いと感じたことですね。 サイドボタンが大きく押しやすくて、通常の左クリックと右クリックも押しやすく感じました。 普段使用しているLogicool G PRO Wirelessマウスよりは少し重いかなと感じるくらいでゲーミングマウスの中では軽いほうです。 持ち方としては掴み持ちとかぶせ持ちの間のような持ち方で操作し、 かなり操作性ともったときのフィット感が良いと感じました。 しかし、長時間使っていると私は小指が疲れてしまったので慣れるまでは少し違和感ですね。 普段左右対象のマウスを使っている人は、最初握った時は違和感があるかもしれませんが、 慣れてしまうとかなり持ちやすいのでエイムの安定感が全然違うなと感じました。 まとめ 主な特徴としては旧モデルから高精度のセンサーのHEROセンサーを搭載し、HEROセンサー搭載モデルのWirelessゲーミングマウスの中では安価で手に取りやすい価格となっております。 有線のコードが引っかかるストレスを感じることがなくなるのでオススメです。 POWERPLAYでの充電にも対応しているので、POWERPLAYのマウスパッドがあれば充電が無くなる心配もありません。 バッテリーの性能も旧モデルから改良されて長時間持つようになっているのでPOWERPLAYがなくても3日に1回は充電していれば切れる心配はないです。 充電が少なくなると専用ソフトウェアのG HUBが残量が少なくなっていることを教えてくれますよ。 サイドボタンも他のモデルと比べると大きく押しやすいので、咄嗟に押しても押し間違えがありません。

次の

【レビュー】最高の使い心地!快適進化したロジクール「G703h」

ロジクール g703h

2019年6月18日、Logitech Internationalの日本法人であるロジクールが、ゲーマー向け製品ブランド「Logicool G」の新型マウス計3製品を6月27日に発売することを発表しました。 3つとも、現行モデルの「G903」「G703」「G403」をベースにしており、Logitech独自の第2世代光学式センサー「HERO 16K」を採用させ、性能を向上させた製品です。 ラインナップと参考価格は以下のとおりです。 G903h(ハイエンドクラス):21,130円 税抜• G703h(ハイクラス):11,880円 税抜• logicool. jp Amazonの情報を掲載しています ロジクールの高性能ワイヤレステクノロジー「LIGHTSPEED」。 特徴は、有線接続をも上回る圧倒的データ転送速度です。 高速な応答速度が売りで、他社の有線マウスをかなり上回ります。 他社の有線マウスの応答速度はおおよそ5ms(0. 005秒)。 しかし「LIGHTSPEED」はなんとワイヤレスにも関わらず1ms(0. 001秒)以下を実現するとのこと。 「ワイヤレスはゲーミングに向かない」という常識を覆します。 別売りのワイヤレス充電機能付きマウスパッド「POWERPLAY」を購入すれば充電切れの心配もない ワイヤレスの欠点は、遅延だけでなく充電です。 遅延という欠点だけを解消したところで、イコール優先接続に勝るというわけではないのです。 優先接続の場合には、バッテリーを気にする必要がないのですから。 しかし『G903h』と『G703h』は、マウスパッド「POWERPLAY」を購入すればバッテリーを気にする必要がなくなります。 使いながら同時にマウスパッドが『G903h』と『G703h』を充電してくれるからです。 ワイヤレスでも軽いのでFPS向け 『G903h』110g 『G703h』95g ワイヤレス最後の欠点が重さです。 バッテリーを搭載させる分、重量が上がってしまうのです。 しかし『G903h』は110g、 『G703h』95gとかなり軽量。 バッテリーがなくてもこのくらいの重さあるマウスはありますから、かなり軽いと言えます。 軽くなると心配になるのがバッテリーの長持ち度ですが、『G903h』はライティングなしで約180時間、『G703h』は約60時間とかなり長持ちします。 マウスパッド「POWERPLAY」があれば関係なくなります。 3 x 66. 5 x 40. 『G903h』の高さは40. 4 mm。 40mmを超えているのなら「かぶせ」向けなのではと思いますが、奥行きサイズが他のマウスのサイズを圧倒しているんです。 「かぶせ」向けマウスの奥行きはおおよそ125mmですが、『G903h』は130. 3mmもあるんです。 5mmくらい縦長ということになります。 手を丸めるというより、他のマウスに比べて少し広げたように使うことができるサイズといえば伝わりやすいでしょうか。 高さではなく、長さがあるので「かぶせ」持ちがしやすそうなサイズ感です。 『G703h』と『G403h』は一般的なかぶせ持ち向けなサイズ感 『G903h』のサイズ感は他社のマウスに比べて少し特殊でしたが、『G703h』と『G403h』は一般的なかぶせ持ち向けなサイズ感といえます。 ボタン寿命が違う 『G903h』と『G703h』は、スイッチ・ボタンのテストで、5000万回に耐えた高耐久なボタンが採用されています。 エントリーモデル向けの『G403h』は、少し差をつけられており2000万回になります。 屈曲性にとんだゴムと金属の中間素材「PTFE(フッ素樹脂)」の摩耗耐性は250kmのテストに耐えているところは3つ全て同じ。 ボタンの数が違う 『G903h』だけボタンの数が11個搭載されています。 「Logicool G HUB」ソフトから、11コものプロファイルとマクロを設定可能。 「オンボード メモリ」対応なので、それらの設定をマウス本体に記憶しておくこともできます。 MMOでの左手キーボードの操作が楽になります。 『G703h』と『G403h』のボタンの数は6つと『G903h』の約半分。 「Logicool G HUB」ソフトで設定変更可能で、「オンボード メモリ」対応は同じです。 チルト機能は『G903h』だけ 『G903h』にだけ「チルト機能」が搭載されています。 「チルト機能」とは、ホイールを上下にスクロールするだけでなく、傾けて主に左右へのスクロールも可能にする機能です。 高性能な性能は『G903h』『G703h』『G403h』共通 FPSでもMMOでもプライベートでも活躍 DPI100~16,000まで変更可能 「DPI」は、1インチ 2. 54cm マウスが動いた時に、画面上のカーソルが何ドット分動くかを示す数値です。 解像度と呼ばれています。 DPIが高いほど良いとも言われています。 『G903h』『G703h』『G403h』は最大16,000dpi。 FPS向けの数値です。 しかしFPSゲームであっても、4,000dpiあれば十分とも言われていますから、自分にあった解像度に調整できるかどうかの方が重要。 『G903h』『G703h』『G403h』は100~16,000dpiまで調整できますので、FPSだけでなくMMOでも活躍できます。 最大速度400IPS 最大加速40G FPSでもあなたのパフォーマンスを妨げない 『G903h』『G703h』『G403h』の最大速度は400IPS、最大加速は40Gです。 ハイエンドゲーミングマウスともなると、最大速度400IPS以上、最大加速40G以上が当たり前になってきます。 最大速度とは、センサーが正しく認識してくれる最大距離のこと。 大きくマウスを動かしてもしっかりあなたのパフォーマンスにマウスがついてきてくれます。 大きく動かしすぎて認識してくれず撃ち負けてしまうなんて心配はありません。 最大加速とはセンサーが正しく認識してくれる最大の勢いのことです。 どれだけ高速にあなたがマウスを動かしても、やはりしっかり認識してくれますので安心です。 ポーリングレート1,000Hz(1ms) 繊細な動きにも反応する応答速度 標準マウスのポーリングレートはわずか125Hz(8ms)。 1秒間にマウスの操作を125回PCに報告してくれます。 それに比べて『G903h』『G703h』『G403h』は1,000Hz(1ms)。 1秒間にマウスの操作を1,000回PCに報告可能です。 繊細な動きにも反応する高速応答可能なマウスなので、操作した動作が画面に反映されるまでのタイムラグに悩まされることはありません。 フルカスタマイズ可能な1680万色の「LIGHTSYNC RGB」対応 「Logicool G HUB」ソフトからカスタマイズ可能な1680万色の「LIGHTSYNC RGB」対応です。 ゲームや動画、音楽などのあらゆるコンテンツと連動するライトエフェクトが可能。 4 43 幅 66. 5 68 奥行き 130. All rights reserved•

次の