空言 オーケストラ 歌詞。 空言のオーケストラ

My dreams / 関西ジャニーズJr. 歌詞

空言 オーケストラ 歌詞

結局僕らは夢を追いかけた 叶うかどうかも分からないまま どうせ世界は夢うつつだから 嘘のような願いを打ち放った 希望で迷いを騙し続けて また明日へ明日へ明日へ明日へと切り開いていく 1人じゃ届かないだけど さあ、鳴らせ、響け、続け、明日へと空言のオーケストラ そして願いが光を纏った あの日から今日この場所まで 消えない痛みや忘れない涙 越えた僕らの確かな足音 ガムシャラに自分さえも騙し続けて また明日へ明日へ明日へ明日へと切り開いていく 不安で堪らない時だからこそ さあ、鳴らせ、響け、続け、明日へと空言のオーケストラ(オーケストラ) 今日僕らは嘘のような夢抱えて 理想と現実の交差点で どんな音で裏切ろうか、始めようか 響き渡る 結局僕らは夢を追いかけた そして僕らは未来(あす)を追い越した 希望で世界さえも騙し続けて また明日へ明日へ明日へ明日へと切り開いていく まだ見ぬ泡沫の夢の舞台へ また1人1人重ね叶える空言のオーケストラ 夢を夢を夢を夢を追いかけた 夢を夢を夢を夢を追いかけた 夢を夢を夢を夢を追いかけた 夢を夢を夢を夢を追いかけた 最初に聴いた時、この曲は昨年のMy Dreamsよりも前向きな曲だな、と思いました。 My Dreamsが『夢に向かって一歩一歩明日なんて考えられなくて 今を生きるのに精いっぱいなんだ』と言っているのに対して、 空言のオーケストラは『どんな音で裏切ろうか、始めようか 響き渡る』というように自分の意志で進んでやるという気持ちが伝わってくるような曲です。 しかし、やはり不安はつきもののようで、『不安で堪らない時だからこそ』という風に不安だから逆に前を向く、というように感じられます。 My Dreamsの時には『今を生きるのに精一杯』だったから『明日なんて考えられな』くて、言われるがままに『夢に向かって一歩一歩』歩くしかなかった。 でも今は『不安で堪らな』くても『夢を追いかけ』ることが出来る。 つい最近素顔4が家に届きましたが、もうあけおめから1年かぁ、と思いました。 あの時はみんな『室くん退所するの?』とか『そんぐらいの事じゃないと城ホールオーラスだからってあんなに泣かないよね?』とかが不安な文章でいっぱいだったのを覚えています。 私も城ホールのレポ待ち勢だったのでレポを見てびっくりしてしまいました。 『恐怖映像だった』と言っている人もいて全身に鳥肌が立ちました。 その後、じーこ()はへ、室くん()は俳優の道へ、と分かってしばらくしても未だにその事実を受け入れられない自分がいました。 じーこと室くんの関西jr. としての最後の仕事である映画少年たちを何度も見に行きました。 ですが、、のデビュー発表後、本当に前とはもう違うんだ、ということを直視できるようになりました。 2019年1月4日のあけおめから約1年。 今年は城ホールよりももっと大きな京セラでコンサートをしてくれた関西jr. は去年とは色々と違ったけれど、それでも君たちの背中は大きかった。 アイドルというのは確かに先が見えない仕事。 それでも続けてくれている関西jr. みんなにありがとう。 1年経ってもあたたかさの変わらない関西jr. が大好き。 marimotty67890.

次の

東京スカパラダイスオーケストラ 嘘をつく唇 歌詞

空言 オーケストラ 歌詞

が担当しています! 関西ジャニーズJr. 嶋﨑斗亜• 西村拓哉• 大西風雅• 岡﨑彪太郎• 「空言オーケストラ」発売日 主題歌「空言オーケストラ」は、 1月に行われた関西ジャニーズJr. の京セラドーム大阪公演で初披露された曲で、発売はまだ未定です。 関西ジャニーズJr. の曲がドラマ主題歌に採用されたのは、今回が初めてです。 曲のタイトル「空言オーケストラ」の歌詞 ついでに歌詞も!!

次の

年下彼氏の主題歌「空言オーケストラ」発売日は?予約方法、初回特典、先行特典はある?|むびぱら

空言 オーケストラ 歌詞

今更ながら のオーケストラのMVを見ていて色々なメッセージがあることに気がついたので記していこうと思う。 この作詞作曲コンビは の多くの曲を生み出していてある意味ヒットメーカーとも言える存在だ。 さて、本題に入る。 この曲を出す前にはメンバーが変わっている。 自分も深くは知らないがユカコラブデラックスとハグ・ミィという二人のメンバーがいたらしい。 特にハグミィの方はとして長く活動を続け、このグループにおける大切な存在でもあった。 危ない熟女とも言われ、このグループの母なる存在であったのかもしれない。 といことでこの曲をがメジャーデビューしたタイミング、ハグミィが脱退したタイミング、アユニDを加えてこれから飛躍しようというタイミングで出してきたのにはきっと意味があるように思えるし、歌詞も脱退メンバーへ向けたものと考えるとしっくりくる。 さてまずこのシーン。 振り付けはアイナ・ジ・エンドが担当している。 ペアで抱き合っているシーン、これはハグミィを連想させる。 アイナ本人いわく二人づつで物語性をもたせた振り付けにしているとでも公言している。 この二人づつがどのような物語を持っているかはここでは省略させてもらう。 実はね、オーケストラの曲中、リンリンはずっと死んでるの。 私はずっとリンリンを探してる。 ずっとリンリンは寄り添うように私の影となって踊ってる。 落ちサビのときだけ、リンリンは蘇ってきてくれてるの。 『忘れはしないよ』って私の腕にしがみついてくれてる。 おそらく椅子の数は当初のメンバーの数を表しているのだと思われる。 リンリンが二番のこの歌詞を歌っているところにもグッとくる。 円の外へ出た椅子、逆を向いているリンリンが寄り添っている椅子それぞれ意味がありそうだ。 椅子の数からして現メンバー及び元BiSメンバーのことを表しているのだと感じる。 の新しい出発を象徴する曲ならそれを乗り越えていくチッチはこのグループのリーダー的存在を表すのか。 ただそれを踏み越えていっているあたり何か今後ソロ活動のようなこともあるのだろうか・・・。 アイナが指揮をしているシーン。 指揮者の役割同様アイナもメンバーの素を知りそれを振り付けに落とし込んでいる。 このグループ一人一人を見てしっかり舵取りをするということではないだろうか。 余談として少しのクロロからウヴォーさんへのレクイエムがアイナからハグミィへの送り出しの曲として重なった気がした。 ハグミィは生きていますが・・・笑 このシーンはアユニDがドラムを体育座りで一人で見ているシーン。 伝統的なオーケストラにおける打楽器の役割は大きく3つあり、まずは、楽曲にアクセントをつけること。 2つ目の役割がクライマックスを作ること。 そして3つ目の役割が、多彩な音色を加えるというと共通する役割。 ハグミィなき後その穴を彼女が埋められるのかどうかを表していると思われる。 やはりハグミィという存在は偉大だが彼女も懸命ににアクセントを加えようとしているように見える。 オーケストラの後にアユニD作詞の本当本気も出ているので、彼女の想いはこちらの曲に特に託されているように思う。 そして感動のラストシーン この最後の2カットで一気に鳥肌が立つ。 上のカットでは一人(二人?)分のスペースが空けられているが次のカットでそれが無くなっている。 偶然とは考えにくい。 意図的に空けたのであれば卒業メンバーの場所だと考えられる。 2カット目は現メンバーでこれから頑張るぞ!というメッセージかもしれない。 総じてこのMVには色々なメッセージがあり、監督やプロデューサーのの遊び心もうかがえる。 特に曲の歌詞をひねって歌わせるようなPのやり方なども聴いていて楽しい。 雑誌MdNの記事によるとこの曲は以前から出来ていたようで、ここぞのタイミングで出すことは決まっていたようだ。 だとするとこのような歌詞で作っていたのは偶然ではなく、ある程度脱退メンバーが大事なタイミングで出てくることも想定していたのか・・・ オーケストラが多くを考える余地のある大変面白い曲であることは間違いない。 今後のの活躍に期待大だ。 こちらのの映像の最後のシーン。 ファンのサプライズに思わずうるっとくる。 ぜひ見てほしい! meijii.

次の