チェンジ歌詞。 チェンジス / Changesの歌詞和訳

ワルキューレ チェンジ!!!!! 歌詞

チェンジ歌詞

高橋耕造 この曲は現実離れしていて、クラプトンは妄想の世界に入っています。 この曲がクラプトンの曲で1番だと思う女性は多いです。 ボクの評価は80点。 アコースティックギターでもいいですね。 100点近くアゲられるのは、やはりエレキバージョンですね。 デモ、この曲を究極のラブソングだと思う人も多いです。 ボクがアメリカを旅するときに、ラジオでこの曲が何度も流れました。 結構いい気分でした。 舞い上がるほどの感動は無かったです。 辛口に80点です。 クラプトンさん、ごめんなさい。 インデックス• 1,816• 140• 105• 139• 102• 208• 128• 111• 1,793• 128• 351• 169• 103• 122• 112• 176• 102• 174• 103• 4 最近の公開• 最近のコメント• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より• に 匿名 より• に はやし より• に 夏樹 より• に eikashi より• に 夏樹 より• に 匿名 より.

次の

ワルキューレ チェンジ!!!!! 歌詞

チェンジ歌詞

If I could reach the stars• 実際、星に手が届くことはできないが(妄想してる…)• (もしできるなら)君に星を1つあげる という内容である。 ここでみえる「真実」が、以下歌われるのがこちら。 冒頭の「That」は何か? これは前文に戻り、更に繋げてみるとわかりやすい。 文構造を見極めるためにカッコを追記し So you could see the truth [ that this love I have inside is everything it seems ] とすればわかりやすいだろうか。 「truth」以下の「that」から「真実」の内容が読み取れる。 中の構造は• これを踏まえて前文と繋げるように訳せば Shine it on my heart その星で僕の心を照らしてごらん So you could see the truth そうすれば、真実が見えるから That this love I have inside (その真実とは)僕の心に秘めた この愛が Is everything it seems すべてのようだ、ということ となる。 僕から与えられた星で、僕の心を照らす。 すると、君には真実がわかる。 その真実とは、僕の心に秘めたこの愛がすべてということ…そうなんじゃないかなって思えるはず…といった感じだ。 (ちょっと怖いが面白い部分) さらに That I can Change the world 僕は 世界を変えられる I would be the sunlight in your universe 君の宇宙を照らす、太陽になるから You would think my love was really something good きっと君は、僕の愛を本当に素晴らしいって思うはずさ Baby if I could Change the world 大好きな君、もし僕が世界を変えられたら… この部分も「that」から始まるので、前文を考慮して• ポイントはここで「can」を使っている、つまり「 直接法」という点だ。 「仮定法」はあくまで妄想。 なので可能性の極めて低い(ありえない)事柄を示すロマンチックな文法になる。 I can change the world の部分は、仮定法を利用しないことで• 世界を変える(変えられるはずだ) という実現可能性を聴き手に感じさせることができる。 つまり 本人の気持ちの強さ、決してただの妄想じゃない…未来に可能性がある夢だという強い意志が読める。 なのでここはあえて• 「もしも」をつけない訳 を採用した。 さらに言えば• I would be the sunlight in your universe• You would think my love was really something good に関しては、仮定法である。 「was」を利用してるのは当然、過去の話だからではなく「仮定法」だから。 rule「統治する」 こんな妄想ばかりして、自分が恋に狂った愚か者だってわかってるけど… その日を待ってるんだという終わり。 和訳してみた感想 この曲、どうなんでしょう…? ロマンチックな曲って思ってましたが• 両想い• 片想い どちらかによって、受ける雰囲気が異なります。 (片思いされてる人に歌われたら、ちょっと怖い) エリック・クラプトンのオリジナル曲ではない、という点もずっと知りませんでした。 ゆったりとしたメロディで• 仮定法の勉強 にもなり、学校の授業などでも使いやすそうな1曲ですね。 ただ単語が簡単なので、適当に意訳してしまう人も多そうな曲です。 きちんと文法を踏まえたうえで、仮定法の理解が深まるといいかもしれませんね。 同じく仮定法を利用したクラプトンの曲なら• はぜひ聞いてほしい名曲だと思います。 クラプトンが4歳で事故死してしまった息子に捧げるために作った曲で、訳しながら涙がこぼれそうになりました。

次の

Life Will Change 歌詞和訳

チェンジ歌詞

If I could reach the stars• 実際、星に手が届くことはできないが(妄想してる…)• (もしできるなら)君に星を1つあげる という内容である。 ここでみえる「真実」が、以下歌われるのがこちら。 冒頭の「That」は何か? これは前文に戻り、更に繋げてみるとわかりやすい。 文構造を見極めるためにカッコを追記し So you could see the truth [ that this love I have inside is everything it seems ] とすればわかりやすいだろうか。 「truth」以下の「that」から「真実」の内容が読み取れる。 中の構造は• これを踏まえて前文と繋げるように訳せば Shine it on my heart その星で僕の心を照らしてごらん So you could see the truth そうすれば、真実が見えるから That this love I have inside (その真実とは)僕の心に秘めた この愛が Is everything it seems すべてのようだ、ということ となる。 僕から与えられた星で、僕の心を照らす。 すると、君には真実がわかる。 その真実とは、僕の心に秘めたこの愛がすべてということ…そうなんじゃないかなって思えるはず…といった感じだ。 (ちょっと怖いが面白い部分) さらに That I can Change the world 僕は 世界を変えられる I would be the sunlight in your universe 君の宇宙を照らす、太陽になるから You would think my love was really something good きっと君は、僕の愛を本当に素晴らしいって思うはずさ Baby if I could Change the world 大好きな君、もし僕が世界を変えられたら… この部分も「that」から始まるので、前文を考慮して• ポイントはここで「can」を使っている、つまり「 直接法」という点だ。 「仮定法」はあくまで妄想。 なので可能性の極めて低い(ありえない)事柄を示すロマンチックな文法になる。 I can change the world の部分は、仮定法を利用しないことで• 世界を変える(変えられるはずだ) という実現可能性を聴き手に感じさせることができる。 つまり 本人の気持ちの強さ、決してただの妄想じゃない…未来に可能性がある夢だという強い意志が読める。 なのでここはあえて• 「もしも」をつけない訳 を採用した。 さらに言えば• I would be the sunlight in your universe• You would think my love was really something good に関しては、仮定法である。 「was」を利用してるのは当然、過去の話だからではなく「仮定法」だから。 rule「統治する」 こんな妄想ばかりして、自分が恋に狂った愚か者だってわかってるけど… その日を待ってるんだという終わり。 和訳してみた感想 この曲、どうなんでしょう…? ロマンチックな曲って思ってましたが• 両想い• 片想い どちらかによって、受ける雰囲気が異なります。 (片思いされてる人に歌われたら、ちょっと怖い) エリック・クラプトンのオリジナル曲ではない、という点もずっと知りませんでした。 ゆったりとしたメロディで• 仮定法の勉強 にもなり、学校の授業などでも使いやすそうな1曲ですね。 ただ単語が簡単なので、適当に意訳してしまう人も多そうな曲です。 きちんと文法を踏まえたうえで、仮定法の理解が深まるといいかもしれませんね。 同じく仮定法を利用したクラプトンの曲なら• はぜひ聞いてほしい名曲だと思います。 クラプトンが4歳で事故死してしまった息子に捧げるために作った曲で、訳しながら涙がこぼれそうになりました。

次の