缶バッジ 作り方。 おしゃれ缶バッチを手作り!誰でも簡単にできる缶バッチの作り方|mamagirl [ママガール]

100均セリアの缶バッジキットが人気。おしゃれな自作缶バッチのアイデア【ブログレポート】

缶バッジ 作り方

デザインデータ作成方法のコツ 缶バッジのデザインデータ作成とデザインのコツにつきましてご説明させていただきます。 ご入稿時の使用ソフトはアドビ社の 「Illustlator」または 「Photoshop」にてお受けしております。 「Illustlator」、「Photoshop」はabobe社の登録商標です。 これ以外のデータでご入稿いただきましてもそのまま印刷はできませんので、別途データを作成し直しにる場合があり、データ作成料が掛かる場合がございますのでご了承ください。 データ作成に自信がない方や手書きの原稿等の場合は弊社でデータ作成を承っておりますので 有料となりお見積りさせていただきます。 お申し付けいただければと思います。 ただし、Word、Exel、Paint等で作成されたものでもそのまま利用可能な場合がございますので、お見積りご依頼時にそのデータを添付いただければ、使用可能かどうかお知らせさせていただきます。 データ作成費用をかけたくないというお客様も多いのでできるだけWord、Exel、Paint等のソフトで作成されたものにつきましてもそのまま印刷できるように努力させていただきます。 缶バッチのデザインの作り方のコツ 缶バッジのデータを作成する際には以下の図をご覧いただき、弊社のテンプレートをダウンロードして作成してください。 下の図の点線部分より外側は「巻きしろ」といって缶バッジのデザイン作成では重要です。 巻きしろは缶バッジをプレスするときに缶バッジの裏側に巻き込まれる部分で表からは見えません。 しかし、この巻きしろに色を付けるかつけないかで缶バッジの側面が背面のデザイン性が増します。 下の図のように色がいっぱいに配置される場合 裁ち落し には、カットラインの外側まで配置 塗り足し することで、缶バッチの側面もデザインと同じ色になりデザインの連続性が保たれます。 缶バッジのフチ部分は湾曲していますので出来あがり寸法いっぱいに文字などをデザインしますと正面から見たときに横に隠れてしまうことがあります。 出来あがり寸法から1ミリ~2ミリ程度内側にデザインを収めると正面から見たときにきれいに見えやすいのでおすすめです。 (下の図では白い点線より1ミリ内側にデザインを配置しています。 またオレンジの色を缶バッジの背面いっぱいにしたいので、外側の線まで塗り足ししています。 )大きな缶バッジの時には2ミリ~3ミリのすぺースを開けると正面から見てバランスの良い配置になります。 データを作成する場合は下のフォーマットをダウンロードして、フォーマットの中にデザインを描いてください。 イラストレータを使ってデータを作る場合、フォントは必ずアウトライン化して、写真などの画像データを配置する場合は画像の解像度を300dpi以上にして配置してください。 また、配置した画像ファイルも一緒に弊社へお送りください。 フォトショップの場合は解像度を変えずにそのままレイアウトをしてください。 また、レイヤーは統合せずにお送りください。 レイヤーを統合してしまうと点線や実線まで印刷されてしまいますのでご注意ください。 ピンバッチ等のデザインデータ作成のコツ ピンバッジとネームバッジとプラバッジのデザインデータを作成する場合は以下の図をご参考ください。 基本的には缶バッチを同じになります。 点線がデザインの範囲内ですので、この点線の内側にデザインを配置してください。 点線はカットラインになります。 デザインの背景に色や写真等を配置してカット 裁ち落し する場合は塗足しラインまで広げてデザインしてください。 イラストレータのソフトで作成する場合でも、フォトショップのソフトで作成する場合でも弊社のテンプレートをダウンロードしてその中にデザインを入れてください。 ネット上でフリーデザインの素材、無料フォント利用してみては? ネット上には缶バッジのデザインに最適なフリー素材集やフォントが無料でつけるサイトが沢山あります。 googleなどの検索を使ってご自身でデザインの素材等を探してみてはいかがでしょうか。 デザインで悩んだ時やもうひと工夫したいと思った時には良いヒントが見つかるかもしれません。 各素材やフォントには著作権の利用範囲の規約がありますので規約を熟読した上でご使用ください。

次の

缶バッジ作った!カメラのキタムラで1個363円30分と他の作り方

缶バッジ 作り方

写真入り缶バッチの作り方 1.くるみボタンキットの中に入っている、丸い型紙の大きさに写真とビニールを切ります。 顔が中心に来るようにして、丸く切り取りましょう。 写真は型紙よりも少し小さくてもOKです! 2.写真は、印刷面の他に、何枚かの紙が重なっているので、その紙を 裏面からはがしていきます。 こうすることで、写真の厚みが薄くなるので、作りやすくなります。 3.写真の裏面にボンドを薄く塗ります。 顔が中心に来るように確認して、くるみボタンの パーツAを置き、余った部分を折り込んでいきます。 少し引っ張りながら、少しずつひだを作って折り込みます。 4.全て内側に折り込めたら、くるみボタンの打ち具台に 丸く切ったビニールを乗せ、その上に写真を貼りつけた パーツBを置きます。 5.軽く押し込み、ビニールも内側に折り込みます。 6.裏側にくる パーツBを乗せます。 この時、真ん中の突起部分が写真に対して縦になるように置きます。 (あとで安全ピンを通す部分) 7.打ち具を乗せ、押し込みます。 ぐっと入った感じがするまで、しっかりと押し込むのがポイントです。 8.打ち具台から取り出し、安全ピンを通します。 通すだけでは、不安定なので、アルミテープで固定します。 (今回はマステで代用) アルミテープもダイソーで購入できます。 完成!! 想像していたよりも上手にできましたw これなら簡単にいくつも作れちゃいますね!.

次の

おしゃれ缶バッチを手作り!誰でも簡単にできる缶バッチの作り方|mamagirl [ママガール]

缶バッジ 作り方

くるみボタンキット:くるみボタンキット付属の道具を使うと紙がひっぱられて破れてしまうことがあるので、今回はパーツ(シェルとバックパーツ)のみを使用し、手で組み立てます。 ヤットコ:くるみボタンのバックパーツの足を取り外すときに使います。 ボンド:ブローチピンの接着と、バッジの表面の保護液として使います。 水:シェル部分に紙がフィットするように紙を濡らします。 デザインの紙:雑誌の切り抜きや、オリジナルデザインを印刷しても良いでしょう。 なるべく薄い紙の方がしわが目立ちません。 雑誌などは表に影響しないような裏面であるかも見ながら選びます。 ブローチピン:今回は安全ピンではなくブローチピンを使用しています。 ブローチピンには高さがあるのでくるみボタンの裏に貼り付けたときに針部分が丁度よい位置になります。 【作り方】 1.くるみボタンのバックパーツについているボタンの『足』をヤットコで取り外します。 残ったバックパーツにブローチピンを接着して乾かします。 2.デザイン紙でくるみボタンのシェルを包みます。 デザイン紙を水に軽く浸して柔らかくする事でしわが薄くなります。 この時に端の紙をひっぱりすぎると簡単に破れてしまうので慎重に掌の中で包むようにするとやりやすいです。 シェルの表面を包んだ紙が完全に乾いたら次の工程に移りましょう。 3.ブローチピンを接着したバックパーツをシェルにはめ込みます。 ブローチピンが接着されていない余白の部分からはめ、反対側の余白の部分をくっと押し込むようにすると作業しやすいです。 4.水を筆で少し拾って、ボンドに混ぜながらデザインの表面にコーティングしていきます。 より光沢を持たせたいときにはレジンを使うとよいでしょう。 3回程重ね塗りをして完成です。 他にも100円均一でも手に入る『のびるラベル』にデザインをプリントアウトする方法やビニールでカバーする方法など、色々あります。 オリジナルの缶バッジをたくさん作ってみましょう! 監修:ポピー 刺繍を機に手芸に目覚める。 『作れそうなものは作ってみる』という精神でUVレジン、プラバン、裁縫、編み物、ビーズ、ミニ革細工、ドールハウスやミニ家具などの簡単木工DIYを浅く広く探求して15年。 複数の手芸を掛け合わせたり素材を組み合わせながら自宅を飾っていくのが趣味。 海外のDIYトレンドを参考にすることも多い。 日本と欧米の手芸における常識やテクニックの違いなどを検証しつつ多くの方法を共有していく。

次の