冷凍 ベーグル 解凍。 ベーグルの冷凍と解凍の仕方

業務スーパーのベーグルのカロリーは?色んな味を楽しめる食べ方

冷凍 ベーグル 解凍

コストコのベーグル バラエティベーグルという名前だけあって さまざまな種類のフレーバーから お好みで2種類選ぶことができます。 コストコの人気ベーグルは4種類から 好きな味をふたつ選ぶことができます。 もっちりした食感で食べごたえがあり ひとつで十分な満腹感があります。 2袋でワンセットなので、合計12個で とってもお買い得です。 コストコベーグルの日持ち 概ね常温保存で、春〜初夏、晩秋などは2日程度になり、 冬になると暖房に直に当てなければ3、4日は持つかもしれません。 1袋6個入りのを2袋12個入りで販売されていますので、 確実に食べきれないときは早めに冷凍保存をおすすめします。 コストコベーグルの冷凍保存 冷凍保存ベーグルの日持ちは、1ヶ月前後です。 冷凍保存方法• ベーグルを1つずつ隙間なくラップで包みます• ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍しましょう。 その方が霜がつかなくて美味しく食べられます。 ポイントはベーグルにサンドして食べるなら、 最初から真ん中から半分にスライスして 冷凍保存しておくと解凍が楽です。 保存するときは横半分にカットしてから 冷凍すると使い勝手がいいです。 コストコベーグルの固くならい解凍方法 冷凍保存したベーグルの解凍方法は、 自然解凍が一番おすすめです。 解凍方法• 冷凍庫から取り出し常温で、1~2時間程自然解凍した後、• トースターで1000wで1. 5〜2分、500wで2〜2. 5分こんがり焼きます 半分に切らずに冷凍したものをベーグルサンドに使うなら、 半解凍した後切ってからトースターで焼きましょう。 電子レンジでの解凍 すぐに食べたい時の電子レンジでの解凍がおすすめです。 ポイントは、ベーグルに水気を与える事によって、 固くならずに解凍することができます。 解凍方法• ベーグルに霧吹きなどで水をかけま、• さっと水にくぐらせるなどして水気を与えたベーグルをラップに包みます• 500Wで約30秒ほど、加熱します• 電子レンジで半解凍した後に、更にトースターで2分~3分焼きます 外側カリッとして、 中がふわふわの状態になるので美味しいですよ。 コストコベーグルのおすすめの味 コストコベーグルには、 プレーン・チーズ・オニオン・シナモンレーズンがあり、 更に時期限定で、 チョコレートチップやブルーベリー味などが登場します。 わが家のお気に入りは、ブルーベリーのベーグルサンドです。 ブルーベリージャムとクリームチーズをはさんだだけの 簡単なベーグルサンドです。 みなさんも、お好みのジャムでお気に入りを見つけてくださいね。 スポンサーリンク コストコベーグルの美味しい食べ方 コストコベーグルは、いろいろな調理の仕方次第で 食事にもおやつにもアレンジできるプレーン味が大活躍します。 ちょっと手をかければカフェ風の簡単スイーツとして楽しめます。 チキンサンド 作り方• 鶏もも肉をベーグルより少し小さめにカットして• フライパンでじっくり焼き上げる• 仕上げに醤油とバターで味付ける• お好みの野菜を一緒にサンドする ベーグルサーモンサンド 作り方• ベーグルを10秒ほどレンジでチンする• トースターで表面をカリッと焼く• レタス、サーモン、クリームチーズ、ブルーベリーなどお好みをサンド フレンチトースト 作り方• ベーグルを半分にスライスして、• 食べやすい大きさに切ったベーグルを卵液に漬け込む• バターで焦がさないように焼く• お好みではちみつやホイップを添える 学びとまとめ コスコトのベーグルは他のパンより 解凍後も美味しく食べることができるので、 解凍手間もかからない冷凍庫保存がおすすめです。 電子レンジで解凍する時は、 ベーグルに水気を与えてから加熱すれば固くならず 美味しく食べれますから、 お好みの味で組み合わせることができる コストコのバラエティベーグルは、 軽食やブランチにもぴったりの 大容量でお買い得アイテムですね。 種類も選べて、値段もお得なベーグルを活用しましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

家庭での冷凍・解凍の基本を、科学的な観点からまとめました

冷凍 ベーグル 解凍

スポンサードリンク モチモチとした食感が、他のパンにはないおいしさがあるベーグル。 単体でもおいしいですし、中に色々なものを挟んで食べると、食事にもおやつにもなる便利な食材ですね。 作り方は意外と簡単で、強力粉、砂糖、塩、ドライイースト、モルトエキス、水の6つの材料で作ることができるので、自分で作っている人も多いです。 ベーグルのあのもちっと食感は、焼く前に一度ゆでるという工程があるから。 ゆでることで目の詰まった生地になるのです。 ベーグルを切るとわかりますが、ギュッと目が詰まった生地ですよね。 目が詰まった生地の中でも、強力粉を変えることで、硬さやモチモチ感を変えることができます。 とてもおいしいベーグルですが、たくさん買ったときや作ったときは、保存方法に悩みませんか? ここでは、ベーグルの正しい保存方法、消費期限、おすすめのメニューについて紹介します。 ベーグルはどのくらい日持ちする?賞味期限は2~3日! ベーグルはロールパンに比べると脂質が低く、カロリーも低いので普段食べるパンにすると、摂取カロリーを抑えることができます。 また、目が詰まっていて食べ応えがあるので、腹持ちがいいパンといわれています。 ベーグルは専門店もあるほど、人気のあるパン。 保存期間は、食パンやフランスパンと同じく、常温で2~3日。 購入したらなるべく早く食べないと、ベーグル特有のモチモチした食感がなくなり、固くなってしまいます。 せっかくのベーグルなのに、あのモチモチ感がなくなったらイヤですよね。 固くなる前に、正しい保存方法で保存しましょう。 ベーグルの保存方法! ベーグルは業務用スーパーなどで、大量に購入する方も多いと思います。 長期間おいしく食べるためには、どのようにして保存すればいいのでしょうか? 正しいベーグルの保存方法を紹介します。 ベーグルの正しい冷凍保存方法 ベーグルは、すぐに食べない場合は冷凍保存がおすすめです。 冷凍保存してもモチモチ感は変わらす、長期間保存することが可能。 ベーグルを冷凍保存するときは、1個そのままもしくは使いやすいように半分にスライスして、1個ずつラップに包みます。 ラップに包んだベーグルを、重ならないように保存袋に入れて保存。 保存袋の中の空気は抜いて閉じてください。 またラップをアルミホイルに変えて保存するのもいいですね。 自然解凍して、焼いて食べるととてもおいしく食べることができます。 ベーグルの冷凍保存期間は1ヶ月。 冷凍保存するときは、ベーグルが固くなる前に保存してください。 ベーグルの正しい冷蔵保存方法 ベーグルは2~3日で食べるつもりならば、冷蔵庫での保存も可能です。 多少固くなってしまう場合があるので、軽く暖めたり焼いたりすると、おいしく食べられます。 ラップに包んで保存袋に入れて、冷蔵庫に保存してください。 2~3日で食べない場合は、冷凍保存してください。 その他の方法 ベーグルは、常温保存でも2~3日は大丈夫です。 常温で保存すると、冷蔵保存するより固くならずに保存できます。 常温で保存するときは、直射日光が当たらず湿気がない場所に、保存袋に入れて保存します。 湿気が多いところに保存すると、カビが生えてしまいます。 かびが生えた部分を取り除いても、カビの菌は中までいっている可能性があるので、カビが生えたときは廃棄してください。 常温保存のベーグルは、風味が落ちてしまうので、なるべく早く食べてくださいね。 ワンポイントアドバイス ベーグルを長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめ。 使いやすいように半分に切って保存すると便利です。 また最近は冷凍されて売っているベーグルもありますが、賞味期限を確認して食べきってください。 一度解凍したベーグルを再度保存するのは、風味も味も落ちますのでやめたほうがいいですね。 常温や冷蔵で保存するときは、2~3日で食べます。 カビが生えたり、固くなってしまったりするので、なるべく早く食べきるか、冷凍保存してください。 冷凍しておいたベーグルを使った4つのメニュー 冷凍したベーグルは、自然解凍してから焼いて食べるとおいしく食べられます。 おすすめの冷凍ベーグルを使ったレシピを紹介します。 冷凍ベーグル ハムサンド 冷凍したベーグルを解凍してすばやくできるハムサンド。 お弁当や朝食にぴったり。 ベーグルでフレンチトースト 冷凍ベーグルで作るフレンチトースト。 食べ応えがあるモチモチ感がおいしいです。 液に浸したベーグルの両面を焼いてください。 ベーグルの作り置きメニュー ベーグルには色々な食べ方があり、冷凍保存も可能なので、手作りのベーグルを作り置きしておくと便利ですね。 おすすめのベーグル作り置きメニューを紹介します。 手作りベーグル もっちりとした手作りベーグルです。 【材料】 強力粉 500g ドライイースト 小さじ1 塩 5g 三温糖 25g 水 250g モラセス 大さじ1 水 1. 30秒まわしたら、水をまわしいれて20分こねてスイッチを切ります。 端は手の甲でつぶします。 生地をしっかりとくっつけましょう。 35度で30分位。 まとめ 子供も大人も大好きなベーグルについて、正しい保存方法、消費期限、おすすめのメニューを紹介しました。 ベーグルは冷凍保存しても、モチモチ感を失わずおいしく食べられますので、すぐに食べない場合は冷凍保存がいいですね。 すぐに食べる場合は、常温もしくは冷蔵保存してください。 冷凍保存のベーグルをおいしく食べるには、自然解凍してから少し焼いて食べると良いでしょう。 正しい保存方法で、おいしいベーグルを楽しんでくださいね!.

次の

【コストコ】バラエティベーグル、冷凍保存の方法と美味しい食べ方

冷凍 ベーグル 解凍

【冷凍の基本】パンも老化する!? 小分けで「冷凍」が鉄則! パンの美味しさをキープしたまま保存したいなら、「冷凍」がおすすめ。 パンを購入したら、バゲットなどの大きいものはカットし、小分けにしてラップで包みます。 カットする際は大きすぎず、できるだけ均一の大きさにした方が解凍時に短時間で均等に熱が入りやすいため、美味しく焼き上がります。 また、食パンなど切れているパンの場合も、購入時の袋のままだと空気が入って乾燥の原因になるため、1〜2枚ずつ小分け保存を。 表面積が大きい方が早く凍るうえ、解凍時にも食べやすくなります。 小分け冷凍するのが手間で、なんとなく冷蔵庫に入れてしまう…という方は注意。 パンの主成分であるデンプンは冷蔵庫の温度帯で劣化(老化)しやすいため、美味しさと品質が損なわれます。 美味しく食べたいなら、早めに「冷凍」が鉄則。 どのパンの場合も、2週間が美味しく食べられる冷凍保存期間の目安です。 なるべく早く食べきりましょう。 手軽に食感が復活! 冷凍したパンの解凍(リベイク)には、フライパン・魚焼きグリル・焼き網などさまざまな方法がありますが、中でも、清水さんがおすすめするのは、王道のオーブントースター。 パンの特性に合わせて温度や時間を調整しやすいのが一番の理由。 焼いている間に目が離せない焼き網やグリルよりも手間や失敗が少なく、実践しやすいとのこと。 また、パンを凍ったまま焼くと表面だけが焼けて中まで温まらない、ということがあるため、自然解凍してから焼くのがおすすめ。 加熱ムラを防ぐことができます。 さらに、冷凍時にパンの表面についた霜などの水分はニオイなどが気になる場合があるため、取り除いてから焼くのも美味しくするテクニック。 自然解凍時に布巾などで包んで置くと取り除けます。 【食パン編】高めの温度がカギ! ふわふわ&サクッと焼き上がる 1枚か2枚ずつラップで包んで小分け冷凍し、高めの温度でサッと焼き上げるのがコツ。 事前の自然解凍なしでも、簡単にふわふわでサクッとした食感が復活します。 【冷凍方法】小分けでラップに包み、保存袋に入れて冷凍• 1枚か2枚ずつ、ラップで包む。 2枚の場合は2枚を重ねて包む。 パンに対して大きめの冷凍用密閉保存袋に、パンが潰れないように余裕を持って入れ、空気を抜いて冷凍する。 2週間以内を目安に食べきる。 表面の焦げや、表面だけ焼けて中まで火が入らない、ということを避けるためアルミホイルで包んで焼きます。 凍ったままでも焼けますが、かたくなりやすいため、自然解凍がおすすめ。 【冷凍方法】カットしてからラップに包み、保存袋に入れて冷凍• 1cm程度の輪切り、4cm程度の厚めの輪切り、サンドイッチ用に縦切りなど好みのサイズにカットし、1食分ずつラップで包む。 パンに対して大きめの冷凍用密閉保存袋に、パンが潰れないように余裕を持って入れ、空気を抜いて冷凍する。 2週間以内に食べきる。 【解凍方法】自然解凍してから水を含ませ、高温で焼く• 冷凍用密閉保存袋から取り出してラップを外す。 ラップの内側にできた霜がパンに付着・浸透するのを防ぐため、麻や綿の布巾で包んで自然解凍させる(スライスの場合は10分程度、それ以上は大きさに応じて30分程度)。 霧吹きで2〜3プッシュするか、蛇口の流水にサッとくぐらせて表面を濡らす。 加熱ムラを防ぐため、自然解凍してから焼くのがおすすめです。 【冷凍方法】半分に切ってから、ラップで包んで冷凍• ベーグルは、横半分に切り、それぞれをラップで包む。 パンに対して大きめの冷凍用密閉保存袋に、パンが潰れないように余裕を持って入れ、空気を抜いて冷凍する。 2週間以内に食べきる。 【解凍方法】自然解凍後、水分を補ってから焼く• 冷凍用密閉保存袋から取り出してラップを外す。 ラップの内側にできた霜がパンに付着・浸透するのを防ぐため、麻や綿の布巾で包んで15〜20分ほど自然解凍する。 ただし、加熱しすぎるとかたくなるため注意• 表面がしっとりする程度に霧吹きで水分を補い、全体をアルミホイルで包む。 また、焼いた後2分ほどおくと、ゆるんだバターがかたまり、サクサク食感とバターの豊かな風味が味わえます。 【冷凍方法】やさしくラップで包み、保存袋に入れて冷凍• 1個ずつ、表面が崩れないようにラップで包む。 パンに対して大きめの冷凍用密閉保存袋に、パンが潰れないように余裕を持って入れ、やさしく空気を抜いて冷凍する。 2週間以内に食べきる。 【解凍方法】自然解凍して焼いた後、2分ほどおく• 冷凍用密閉保存袋から取り出してラップを外し、10分ほど自然解凍する。 トースターから取り出して2分ほど待ってから食べる。 焼き時間と温度は1000Wのトースターで焼くときの目安です。 トースターの性能やパンのサイズなどによって焼き上がりの状態は異なるため、様子をみて温度と時間を加減してください。 温度設定が調整できないトースターの場合は、W数によって加熱時間や仕上がりが変わるため、記事内で紹介している解凍(リベイク)方法が実践しにくい場合があります。 記事内の時間を目安に、様子を見て焼き時間を加減してください。 自然解凍をおすすめしているパンは、時間がないときは冷凍のままでも焼けますが、トースターの性能によっては中心まで温まるのに時間がかかり、外側だけが焦げたり、油がしみ出したりする場合がありますので、ご注意ください。

次の