アマゾン プライム ビデオ 料金。 Amazonプライムの料金・会費はいくら?支払い方法と更新日も解説!

【アマゾンプライムビデオ】料金やコンテンツなど特徴を総まとめ!《amazon prime video》

アマゾン プライム ビデオ 料金

この中に自分が定期的に使うサービスがあれば入会するべきだし、そうじゃなければ使う価値はないでしょう。 ではそれぞれの特徴を紹介していきます。 プライムビデオ アマゾンプライムの目玉ともいえるのがこのプライムビデオ。 特徴は以下の通りです。 もちろんテレビ、パソコン、モバイル端末、ゲームコンソール等のデバイスに対応。 プライムビデオについては後でさらに詳しく解説します。 今すぐ知りたい人はからメリットデメリットの項目に飛んでください。 プライムビデオ・チャンネル お好きな専門チャンネルを1ヶ月単位で購入して視聴するのがこのプライムビデオ・チャンネル。 プライム会員だけが利用できる、いわばケーブルテレビのようなサービスです。 チャンネルによって値段が異なり、月額216円からスタート。 高いのになると月額2132円なんていうものまであります。 時代劇• 極道戦線• アジアドラマ• J Sports• Yoga• フィットネス• 日経CNBCプラス• BCC World News• H History• NAT GEO WILD• 釣りビジョンセレクト• ダンスチャンネル• CLUBTV• エンタメ~テレ• channel恐怖• ファミ劇Neoプラス• MENS NECO• VパラTVプラス 今後、チャンネルは拡大していくようですが、値段も決して安くないし、今のところはわざわざお金を払ってまでの利用価値はなさそうです。 しかしこれで例えば海外のサッカー、野球、格闘技などの試合がアマゾンで生中継で見れるようになれば利用者は急増しそうですね。 Prime Reading 対象の本・マンガ・雑誌の読み放題になるサービスがPrime Reading。 おおよそ1000冊の本が対象となっているので、この特典はかなり重宝しています。 アマゾンには月額980円で読み放題になるKindle unlimitedというサービスもありますが、Prime Readingだけでも十分暇つぶしになります。 Kindleオーナーライブラリー こちらはKindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットを持っている人のみが利用できる対象作品が毎月1冊無料で読める特典です。 対象作品は漫画が多いかなという印象です。 できればPrime Readingと統一してもらいたいほど紛らわしく対象作品が見つけにくいのが問題です。 月1冊っていう制限も面倒なので僕はあまり使っていません。 >> プライム・フォト カメラや携帯で撮った写真を何枚でも保存できるのがこのプライム・フォト。 自分のパソコンや携帯に保存すると容量が減って困るという人が使うサービスです。 専用アプリを使ってFacebook, Twitter, LINEなどで友達とシェアすることもできます。 ただし、当然のことながら解約したら全ての写真は削除されてしまうので、正直これからずっとアマゾンプライムを利用していく人にしかおすすめできません。 長期的に見れば大分お得になる赤ちゃんのいる家庭には最高のサービスです。 登録しておけばおむつやベビー用品の限定セールのお知らせも届きます。 会員限定先行タイムセール アマゾンがときどき開催するタイムセールを通常会員より30分早く参加できる権利ももらえます。 それがこの会員限定先行タイムセール。 ただし、30分という時間が微妙なので、あまり一般会員と比べても優位性はないかなぁという感じがします。 Prime Music 100万曲以上が聴き放題の音楽サービスがこのPrime Music。 邦楽、洋楽、クラシック、ジャズなど一通りの音楽がこれで聞けます。 正直わざわざアマゾンで音楽を聴く理由が見当たらないので、僕はほとんど使っていません。 音楽ならやっぱりSpotifyを選んでしまいます。 Amazon Music Unlimited こちらはさらに月額780円の追加料金を払うと新曲から昔の曲まで4,000万曲以上が聴き放題になるサービスです。 楽曲をダウンロードしてオフラインで聞くこともできます。 いわばPrime Musicの上位版のサービスですね。 追加料金がかかりますが、プライム会員であることが条件です。 Twitch Prime ゲーム配信プラットフォームとして知られるTwitchのプライムアカウントが利用できるのも特典の一つです。 Twitch Primeのアカウントを作成すると広告表示なしで配信を楽しめるほか、毎月無料でゲームもプレーできるようになります。 ゲーム好きには熱い特典ですね。 配送特典 アマゾンで買い物をしたときに配送で優遇されるのがこの配送特典です。 対象の商品はお急ぎ便、日時指定便が無料になるので、アマゾンの利用者は知っておいて損はないです。 Prime Now プライム ナウ 東京都、神奈川、千葉、大阪、兵庫の中心部に限り、買い物を1時間以内に届ける配送サービスがこのプライムナウ。 配送は早朝から深夜まで好きな時間を選べます。 そんな急いでいる人がアマゾンで買うのかなぁ、というのと対象外の地域の人には無関係の特典ですね。 こちらは年会費は初年度無料で、翌年も年1回以上のカードを利用すれば無料になります。 ポイントで得したい人にはいいです。 >> 一方で年会費10,800円(税込み)のAmazonゴールドカードを使うと、Amazonプライムの会費を払うことなく特典が使い放題になります。 さらにアマゾンで買い物時には2. 5%のポイントが還元されます。 トイレットペーパーや洗剤などがなくなったときに補充するには楽でしょうが、家中ボタンだらけになるし、実際に使っているという人は聞いたことがないですね。 Amazonパントリー 食品・日用品などの低価格帯の商品をひと箱あたり390円の取扱手数料で届けてくれるのがAmazon パントリーです。 離島以外なら基本全国どこでも配送してくれます。 スーパーに行く時間もないという人のためのサービスです。 Amazonフレッシュ 生鮮食品や食料品などをまとめて届けてくれる配送サービスがこのAmazon フレッシュ。 いまやアマゾンで刺身が買える時代です。 東京都・神奈川県・千葉県の中心部を対象に8時から深夜0時まで対応してくれます。 ーーーーーーーー 以上がアマゾンプライムの特典です。 これだけ特典がありますが、実際利用するのは一部だと思います。 僕が主に利用しているのはアマゾンプライムビデオとPrime Readinの二つで、あとはときどき配送特典を使うぐらいですかね。 それだけでも十分に元は取れます。 だって安いですもん。 アマゾンプライムビデオのメリット さてここからはアマゾンプライムビデオにフォーカスして解説していきたいと思います。 まずはアマゾンプライムビデオのメリットを紹介します。 アマゾンプライムビデオはダウンロードできる アマゾンプライムビデオにはダウンロード機能が付いているので Fireタブレットおよびモバイル端末ならオフラインでも映画を楽しむことができます。 スマホで見る人は通学、通勤中にも通信量を気にせず楽しめるのがいいし、ネットの繋がらない飛行機の中や旅行先でも便利ですね。 アマゾンプライムビデオはオリジナル作品が面白い アマゾンプライムビデオの最大のメリットはやはりオリジナル作品ですね。 僕は映画よりむしろバラエティ番組を見るために入会しているといっても過言ではないです。 アマゾンプライムビデオにはおすすめの古い映画・ドラマ作品がたくさんある アマゾンプライムビデオは新作は期待できないと言いましたが、その一方で旧作の中にはなかなか面白い映画、ドラマ、アニメ作品が見つかります。 昔の名作はアマゾンプライムビデオで探すといいですよ。 アマゾンプライムは学割が利く あまり知られていませんが、アマゾンプライムは学生向けの割引prime studentがあります。 通常月額500円のところ学生なら250円、年間4900円のところ2450円になります。 月額200円ってほぼ無料じゃないですか。 アマゾンプライムは30日間無料体験できる なにより30日間無料体験できるので一度使ってみるのが一番です。 これだけ特典が充実していて月額プラン500円(税込)、年間プラン4900円(税込)は安すぎます。 たとえそれほどがっつり使わなくてもこの値段だと辞める理由がないんですよね。 アマゾンプライムビデオのデメリット 続いてデメリットも知っておきましょう。 アマゾンプライムビデオの画質はそれほど良くない アマゾンプライムビデオはU-NEXTやNETFLIXと比べると画質は劣ります。 古い作品はどれもDVDに相当するSD画質、比較的新しい作品はHD画質ですが、使う機器や通信速度によっては画質がさらに落ちることがあります。 再生直後や時間帯によってはときどきものすごく荒くなることがありますね。 あと、4Kに対応している作品はごくわずかでまだまだこれからといった感じですね。 関連記事 アマゾンプライムビデオの新作映画・ドラマは期待できない アマゾンプライムビデオでは新作映画やドラマのタイトルはそれほど多くないので新作を目的に入会するのはやめましょう。 それに新作はどれも見放題対象作品ではなく、その都度課金することになるのでプライム会員である意味がほとんどありません。 新作映画を見るなら毎月のポイントを使って視聴できるU-NEXTがいいです。 関連記事 アマゾンプライムビデオには英語字幕がない アマゾンプライムビデオの字幕機能は至ってシンプルでオンにするかオフにするかの選択肢しかありません。 つまり日本語字幕をオフにすることはできますが、英語字幕をつけることはできません。 もし英語学習のためにアマゾンプライムビデオを利用するつもりなら字幕をオフにして視聴することになります アマゾンプライムビデオは海外から視聴すると制限がかかる アマゾンプライムビデオは地域によって制限がかかるため海外からでは基本的には視聴できません。 現状、海外からでも視聴可能な作品は海外オリジナル作品のみとなっています。 >> もしどうしても海外から視聴したい場合はVPSサーバーを使うといいです。 VPSサーバーを使うと日本のサーバーを通じてアマゾンプライムビデオにアクセスできるので、日本からアクセスしていることと同じことになります。 おすすめは2ヶ月間無料体験できるセカイVPNです。

次の

【アマゾンプライムビデオ】料金やコンテンツなど特徴を総まとめ!《amazon prime video》

アマゾン プライム ビデオ 料金

他の動画配信サービスと料金比較 Amazonプライムビデオの料金は月額500円または年会費4,900円ですが、他の動画配信サービスと比べて高いのか安いのかよくわからないと思うので以下にまとめました。 動画配信サービス 料金 Amazonプライムビデオ 月間プラン:月額500円 年間プラン:年会費4,900円 Hulu(フールー) 月額933円 Netflix(ネットフリックス) ベーシック:月額800円 スタンダード:月額1,200円 プレミアム:月額1,800円 dTV 月額500円 U-NEXT(ユーネクスト) 月額1,990円 FOD 月額888円 動画配信サービスの月額料金は500円~1,990円ぐらいなので、 その中でもAmazonプライムビデオは格安料金で利用できます! レンタル作品は有料なので注意! Amazonプライムビデオには「見放題作品」と「レンタル作品」の2種類があります。 見放題作品は何本見ても料金は変わりませんが、 レンタル作品は1本あたり100~500円ぐらいの追加料金が発生します! 作品ページやサムネイル画像に「primeマーク」があるのが見放題作品なので、追加料金を払いたくない方は見放題作品を見るようにしましょう。 レンタル料金やレンタル方法について気になる方は「」を参考にしてください。 クレジットカード• au WALLETプリペイドカード• 携帯キャリア決済(au・docomo)• Amazonギフト券 クレジットカードはVisa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Clubに対応しているので、国内発行カードはすべて使えます。 デビットカードやプリペイドカードは基本的に対応していませんが、「au WALLETプリペイドカード」だけ使えるので、auユーザーはこちらがオススメ! 他にも携帯キャリア決済で月々の携帯料金とまとめて支払ったり、全国のコンビニなどで購入できるAmazonギフト券で支払えるので、 Amazonプライムビデオはクレジットカードを持っていない方でも利用できます。 関連記事 Amazonプライムビデオは初回30日間無料 Amazonプライムビデオを初めて利用する方は 「初回30日間の無料体験」ができるので、PCやスマホから動画見放題をタダで楽しめます! もちろん、サービスに満足できなかったらいつでも解約できて、 無料期間に解約すれば料金や違約金などのお金は一切かかりません。 例として8月17日に月間プランに登録したら、8月17日~9月15日までは無料期間なので、登録日から30日以内に解約すればお金はかかりません。 これさえ忘れなければ本当に無料で利用できるので、まずはAmazonプライムビデオの「30日間無料体験」を試してみてください。 関連記事 Amazonプライムビデオの料金発生日・支払日はいつ? Amazonプライムビデオの料金発生日・支払日を忘れてしまった方は、 の「次のお支払い」から確認できます。 」と表示されていたら、次の料金発生日・支払日は2018年10月18日になります。 Amazonプライムビデオに日割り計算はある? Amazonプライムビデオは契約期間の途中で解約したり、無料期間に解約するのを忘れても、 日割り計算とプライム特典の利用状況によって返金されます。 ただし、Amazonプライムビデオなどのプライム特典をたくさん使っていると 「返金対象となっておりませんので、今すぐ会員を終了をする利点がございません。 」と表示されて、返金できないことがあるので日割り計算とは少し違います(計算方法は非公表)。 返金方法については解約手続きの途中に表示される「今すぐ解約する」からできるので、詳しい方法は「」を参考にしてください。 Amazonプライムビデオの料金プランを変更する方法 Amazonプライムビデオの料金プランを変更するには、 の「会費プランの変更」からできます。 月額500円(税込)の「月間プラン(12ヶ月で6,000円)」よりも年会費4,900円(税込)の「年間プラン」の方が1,100円お得なので、長く利用するなら年間プランがオススメです! Amazonプライムビデオの登録方法• 「 」にアクセスする• 「30日間無料トライアル」をクリック• Amazonアカウントにログインする• 内容確認して「30日間の無料体験を試す」をクリック• 登録完了 Amazonプライムビデオの解約方法• 「 」にアクセスする• 「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリック• 「特典と会員資格を終了」をクリック• 「会員資格を終了する」をクリック• 解約完了 Amazonプライムビデオの料金まとめ.

次の

3分でわかる!Amazonプライムビデオの料金の3つの支払い方法〜ソフトバンクも対応〜

アマゾン プライム ビデオ 料金

この中に自分が定期的に使うサービスがあれば入会するべきだし、そうじゃなければ使う価値はないでしょう。 ではそれぞれの特徴を紹介していきます。 プライムビデオ アマゾンプライムの目玉ともいえるのがこのプライムビデオ。 特徴は以下の通りです。 もちろんテレビ、パソコン、モバイル端末、ゲームコンソール等のデバイスに対応。 プライムビデオについては後でさらに詳しく解説します。 今すぐ知りたい人はからメリットデメリットの項目に飛んでください。 プライムビデオ・チャンネル お好きな専門チャンネルを1ヶ月単位で購入して視聴するのがこのプライムビデオ・チャンネル。 プライム会員だけが利用できる、いわばケーブルテレビのようなサービスです。 チャンネルによって値段が異なり、月額216円からスタート。 高いのになると月額2132円なんていうものまであります。 時代劇• 極道戦線• アジアドラマ• J Sports• Yoga• フィットネス• 日経CNBCプラス• BCC World News• H History• NAT GEO WILD• 釣りビジョンセレクト• ダンスチャンネル• CLUBTV• エンタメ~テレ• channel恐怖• ファミ劇Neoプラス• MENS NECO• VパラTVプラス 今後、チャンネルは拡大していくようですが、値段も決して安くないし、今のところはわざわざお金を払ってまでの利用価値はなさそうです。 しかしこれで例えば海外のサッカー、野球、格闘技などの試合がアマゾンで生中継で見れるようになれば利用者は急増しそうですね。 Prime Reading 対象の本・マンガ・雑誌の読み放題になるサービスがPrime Reading。 おおよそ1000冊の本が対象となっているので、この特典はかなり重宝しています。 アマゾンには月額980円で読み放題になるKindle unlimitedというサービスもありますが、Prime Readingだけでも十分暇つぶしになります。 Kindleオーナーライブラリー こちらはKindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットを持っている人のみが利用できる対象作品が毎月1冊無料で読める特典です。 対象作品は漫画が多いかなという印象です。 できればPrime Readingと統一してもらいたいほど紛らわしく対象作品が見つけにくいのが問題です。 月1冊っていう制限も面倒なので僕はあまり使っていません。 >> プライム・フォト カメラや携帯で撮った写真を何枚でも保存できるのがこのプライム・フォト。 自分のパソコンや携帯に保存すると容量が減って困るという人が使うサービスです。 専用アプリを使ってFacebook, Twitter, LINEなどで友達とシェアすることもできます。 ただし、当然のことながら解約したら全ての写真は削除されてしまうので、正直これからずっとアマゾンプライムを利用していく人にしかおすすめできません。 長期的に見れば大分お得になる赤ちゃんのいる家庭には最高のサービスです。 登録しておけばおむつやベビー用品の限定セールのお知らせも届きます。 会員限定先行タイムセール アマゾンがときどき開催するタイムセールを通常会員より30分早く参加できる権利ももらえます。 それがこの会員限定先行タイムセール。 ただし、30分という時間が微妙なので、あまり一般会員と比べても優位性はないかなぁという感じがします。 Prime Music 100万曲以上が聴き放題の音楽サービスがこのPrime Music。 邦楽、洋楽、クラシック、ジャズなど一通りの音楽がこれで聞けます。 正直わざわざアマゾンで音楽を聴く理由が見当たらないので、僕はほとんど使っていません。 音楽ならやっぱりSpotifyを選んでしまいます。 Amazon Music Unlimited こちらはさらに月額780円の追加料金を払うと新曲から昔の曲まで4,000万曲以上が聴き放題になるサービスです。 楽曲をダウンロードしてオフラインで聞くこともできます。 いわばPrime Musicの上位版のサービスですね。 追加料金がかかりますが、プライム会員であることが条件です。 Twitch Prime ゲーム配信プラットフォームとして知られるTwitchのプライムアカウントが利用できるのも特典の一つです。 Twitch Primeのアカウントを作成すると広告表示なしで配信を楽しめるほか、毎月無料でゲームもプレーできるようになります。 ゲーム好きには熱い特典ですね。 配送特典 アマゾンで買い物をしたときに配送で優遇されるのがこの配送特典です。 対象の商品はお急ぎ便、日時指定便が無料になるので、アマゾンの利用者は知っておいて損はないです。 Prime Now プライム ナウ 東京都、神奈川、千葉、大阪、兵庫の中心部に限り、買い物を1時間以内に届ける配送サービスがこのプライムナウ。 配送は早朝から深夜まで好きな時間を選べます。 そんな急いでいる人がアマゾンで買うのかなぁ、というのと対象外の地域の人には無関係の特典ですね。 こちらは年会費は初年度無料で、翌年も年1回以上のカードを利用すれば無料になります。 ポイントで得したい人にはいいです。 >> 一方で年会費10,800円(税込み)のAmazonゴールドカードを使うと、Amazonプライムの会費を払うことなく特典が使い放題になります。 さらにアマゾンで買い物時には2. 5%のポイントが還元されます。 トイレットペーパーや洗剤などがなくなったときに補充するには楽でしょうが、家中ボタンだらけになるし、実際に使っているという人は聞いたことがないですね。 Amazonパントリー 食品・日用品などの低価格帯の商品をひと箱あたり390円の取扱手数料で届けてくれるのがAmazon パントリーです。 離島以外なら基本全国どこでも配送してくれます。 スーパーに行く時間もないという人のためのサービスです。 Amazonフレッシュ 生鮮食品や食料品などをまとめて届けてくれる配送サービスがこのAmazon フレッシュ。 いまやアマゾンで刺身が買える時代です。 東京都・神奈川県・千葉県の中心部を対象に8時から深夜0時まで対応してくれます。 ーーーーーーーー 以上がアマゾンプライムの特典です。 これだけ特典がありますが、実際利用するのは一部だと思います。 僕が主に利用しているのはアマゾンプライムビデオとPrime Readinの二つで、あとはときどき配送特典を使うぐらいですかね。 それだけでも十分に元は取れます。 だって安いですもん。 アマゾンプライムビデオのメリット さてここからはアマゾンプライムビデオにフォーカスして解説していきたいと思います。 まずはアマゾンプライムビデオのメリットを紹介します。 アマゾンプライムビデオはダウンロードできる アマゾンプライムビデオにはダウンロード機能が付いているので Fireタブレットおよびモバイル端末ならオフラインでも映画を楽しむことができます。 スマホで見る人は通学、通勤中にも通信量を気にせず楽しめるのがいいし、ネットの繋がらない飛行機の中や旅行先でも便利ですね。 アマゾンプライムビデオはオリジナル作品が面白い アマゾンプライムビデオの最大のメリットはやはりオリジナル作品ですね。 僕は映画よりむしろバラエティ番組を見るために入会しているといっても過言ではないです。 アマゾンプライムビデオにはおすすめの古い映画・ドラマ作品がたくさんある アマゾンプライムビデオは新作は期待できないと言いましたが、その一方で旧作の中にはなかなか面白い映画、ドラマ、アニメ作品が見つかります。 昔の名作はアマゾンプライムビデオで探すといいですよ。 アマゾンプライムは学割が利く あまり知られていませんが、アマゾンプライムは学生向けの割引prime studentがあります。 通常月額500円のところ学生なら250円、年間4900円のところ2450円になります。 月額200円ってほぼ無料じゃないですか。 アマゾンプライムは30日間無料体験できる なにより30日間無料体験できるので一度使ってみるのが一番です。 これだけ特典が充実していて月額プラン500円(税込)、年間プラン4900円(税込)は安すぎます。 たとえそれほどがっつり使わなくてもこの値段だと辞める理由がないんですよね。 アマゾンプライムビデオのデメリット 続いてデメリットも知っておきましょう。 アマゾンプライムビデオの画質はそれほど良くない アマゾンプライムビデオはU-NEXTやNETFLIXと比べると画質は劣ります。 古い作品はどれもDVDに相当するSD画質、比較的新しい作品はHD画質ですが、使う機器や通信速度によっては画質がさらに落ちることがあります。 再生直後や時間帯によってはときどきものすごく荒くなることがありますね。 あと、4Kに対応している作品はごくわずかでまだまだこれからといった感じですね。 関連記事 アマゾンプライムビデオの新作映画・ドラマは期待できない アマゾンプライムビデオでは新作映画やドラマのタイトルはそれほど多くないので新作を目的に入会するのはやめましょう。 それに新作はどれも見放題対象作品ではなく、その都度課金することになるのでプライム会員である意味がほとんどありません。 新作映画を見るなら毎月のポイントを使って視聴できるU-NEXTがいいです。 関連記事 アマゾンプライムビデオには英語字幕がない アマゾンプライムビデオの字幕機能は至ってシンプルでオンにするかオフにするかの選択肢しかありません。 つまり日本語字幕をオフにすることはできますが、英語字幕をつけることはできません。 もし英語学習のためにアマゾンプライムビデオを利用するつもりなら字幕をオフにして視聴することになります アマゾンプライムビデオは海外から視聴すると制限がかかる アマゾンプライムビデオは地域によって制限がかかるため海外からでは基本的には視聴できません。 現状、海外からでも視聴可能な作品は海外オリジナル作品のみとなっています。 >> もしどうしても海外から視聴したい場合はVPSサーバーを使うといいです。 VPSサーバーを使うと日本のサーバーを通じてアマゾンプライムビデオにアクセスできるので、日本からアクセスしていることと同じことになります。 おすすめは2ヶ月間無料体験できるセカイVPNです。

次の