コロナ 免疫 不全。 新型コロナ対策で注目の「免疫力」その働きは? 医師が解説【前篇】

新型コロナ対策で注目の「免疫力」その働きは? 医師が解説【前篇】

コロナ 免疫 不全

亜鉛欠乏は免疫不全を意味します。 ボブ・リビングストン 中国の研究を覚えている人はいますか? 臨床試験のように扱われたものの、適切な臨床試験ではありませんでした。 これは人口調査であり、著者らは、「研究」を検討した中国の人々は世界中の他の人々よりもがんの発生率が低いため、誰もが菜食主義者になるべきであるという結論を導きました。 「新しい」コロナウイルスがCOVID-19の病気を引き起こしている今日に早送りします。 ウイルスは、免疫システムによって根絶されにくい「エンベロープ」RNAウイルスです。 免疫不全の人にとっては特に危険です。 これには高齢者が含まれますが、年齢が原因ではありません。 第一に、自己免疫疾患(プレドニゾンやその他のステロイド)の薬を服用している人々は、体がグルタチオンを生成するために使用する他の多くの医薬品を服用している人々と同様に、致命的である可能性が高いです。 それ自体が抗酸化物質であり、コロナウイルスによって引き起こされる種類の炎症を防ぎます。 喫煙はビタミンCも体外に排出します。 第2に、中国の研究に直接関連して、中国で非常に多くの人がウイルスで死亡した理由がある可能性があります(地下の報告によると、40,000もの高さ)。 このウイルスは、高齢者で、栄養失調のため免疫力が弱い人にとっても危険です。 それには誰が含まれますか? 必須栄養素、すなわち亜鉛とビタミンCとDの欠乏がよく見られるアジアなどの栄養失調の人口。 残念ながら、これにはアメリカも含まれます。 アメリカでは90%近くの人々が亜鉛が不足している可能性があります。 これは主に、成長時間が加速されているために植物への栄養素の取り込みを許可せず、同じ理由で土壌の栄養分を補充できない工業的農業慣行によって著しく枯渇しているためです。 これは、前述の致命的なコロナウイルス肺炎につながる可能性があります。 コロナウイルスの治療法は証明されていませんが、すでに知っている785種類の天然NF-カッパB阻害剤が存在します。 、亜鉛。 なぜ亜鉛はそれほど重要なのですか? Lewrockwell. comのBill Sardiは次のように指摘しています。 「18のコロナウイルスの症状と徴候はすべて亜鉛欠乏を示しています。 亜鉛はコロナウイルスRNAポリメラーゼ酵素活性を阻害します。 これは、実験室でコロナウイルス感染が確認されるまさにその方法です。 」 実際、新しい人工知能プログラムは、誰かがコロナウイルス肺炎を発症するかどうかを80%の精度で予測する3つのマーカーを発見しました。 それらの1つは肝臓酵素ALT、またはアラニンアミノトランスフェラーゼの増加です。 これは、亜鉛欠乏症がALTの増加に直接関連していることを考えると、理にかなっています。 05)…アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)活性を用量依存的に増加させた」とわかりました。 05」とは、ALTの増加を引き起こしている亜鉛欠乏ではなかったという統計的な可能性がほとんどないことを意味します。 これは、2つのグループに分けられた健康なボランティアのテストに焦点を合わせたフロリダ大学の栄養科学センターと一致します。 1つは亜鉛を含む栄養補助食品を摂取し、もう1つはプラセボを摂取したグループです。 その後、研究者は参加者の血液サンプルからT細胞を分析し、実験室条件で感染をシミュレートしました。 彼らは、亜鉛補給群のT細胞が対照群のT細胞よりも高い活性化率を持っていることを発見しました。 T細胞はウイルスやバクテリアを破壊する責任があり、体の免疫系反応の最前線にいます。 過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病などの消化器系の問題に苦しんでいる場合、亜鉛濃度が低い可能性が高いことを知って驚くかもしれません。 これらの条件はあなたが食べる食物から栄養素を吸収するあなたの体の能力を阻害します。 低タンパク質または野菜ベースの食事を摂取する人々はまた、理想的な亜鉛レベルよりも低い可能性が高くなります。 コロナウイルスに感染しやすいと思われる中国の人々のように。 現代医学は栄養の本質的な性質に関しては近視です。 必須栄養素が私たちを健康に保つことができるなら、製薬会社は他にどのようにお金を稼ぐでしょうか? なぜ65歳以上の人がコロナウイルスに感染しやすいのかという疑問が浮かびます。 Agricultural Research ServiceとNational Institute of Agingの研究者グループが、65歳以上の600人以上の老人ホームを評価しました。 医師たちは、30%の亜鉛濃度が低いことを発見しました。 悲しいことに、亜鉛が少なすぎる患者の30%は、肺炎の致命的な症例を含めて、深刻な感染の発生率が著しく高かった。 COVID-19は致命的な形のコロナウイルス肺炎に発展する可能性があることを思い出してください。 幸いにも、医師たちは、老人ホームで調査した亜鉛欠乏患者の多くが十分なレベルの亜鉛摂取量に到達でき、その結果、病気や感染症に対する免疫力を向上させることができると指摘しました。 男性と女性を約1年間監視した後、栄養素のレベルが正常な人は、低濃度の参加者よりも肺炎と診断される可能性が50%低いことがわかりました。 亜鉛に最も関連する食品の1つはカキです。 これは、3オンスの1食あたりのRDAのほぼ500%を占めます。 それほど印象的ではありませんが、それでも優れたソースから非常に良いソースであると考えられています。 カニ、強化シリアル、カシューナッツ、ピーナッツ、ひよこ豆、インゲン豆、ベイクドビーンズ、トーストした小麦胚芽、鶏肉。 これらは一般的に栄養価の高い肉とは考えられていません。 、しかしこの場合、確かにそうです。 適切な亜鉛が豊富な食品を十分に選択すれば、おそらく亜鉛サプリメントの摂取について心配する必要はないでしょう。 ただし、1つから利益を得ることができると決定した場合、使用可能なタイプは、酢酸亜鉛、グルコン酸亜鉛、キレート亜鉛、ピコリン酸亜鉛、硫酸亜鉛です。 亜鉛キレートは、簡単に吸収できる亜鉛の一種であり、広く入手可能であるため、補足することをお勧めします。

次の

新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

コロナ 免疫 不全

これまで、人間は新型コロナウイルスに直面したことがないため、それに対する免疫反応を構築した人は誰もいない。 それは、基本的に誰もが同じくらいのリスクを抱えていることを意味するが、誰もが同じ程度の症状を発症したり、ウイルスに影響されるわけではない。 つまり、免疫不全の人は、COVID-19に感染するリスク自体は高くないが、死亡など、重篤な症状を引き起こすリスクが高くなるということ。 簡単に言えば、免疫不全とは、免疫システムが弱くなることを意味するとラヴデイ博士は説明している。 「免疫不全に陥ることは、あなたが効果的な免疫反応を持つ能力が低下していることを意味します」。 つまり、免疫応答性があること、または身体が脅かされていると感じた時に身体を保護するための正常な免疫反応を持っていることの反意。 免疫不全の人は、病気にかかる頻度が高くなり、病気が長期化しやすく、さまざまなタイプの感染症にかかりやすくなる。 世界保健機関(WHO)の研究によると、高血圧、糖尿病、心血管疾患、慢性呼吸器疾患、癌などの慢性疾患を持つ人々は、COVID-19に関連する重度の疾患にかかり、死に至るリスクが最も高くなるという。 では、そのリスクとははどれほどのものなのか。 中国で発生したコロナウイルス感染者1,590人を対象とした調査によれば、すでに慢性疾患を患っていた感染者は、人工呼吸器を装着したり、ひん死状態になるなど、「予後不良」になる割合が慢性疾患のない人の1. 8倍だったという。 2つの慢性疾患を抱えている人は、その数値が2. 6倍にまで上がるそうだ。 つまり、「予後不良」に陥るのが慢性疾患のない患者が4. また、クローン病やループス 全身エリテマトーデス 、乾癬、関節炎など、免疫系に影響を与える他の病気も、新型コロナウイルスで発生する症状の重症度に影響を与える可能性があるという。 しかし、重篤な疾患を発症するリスクは、個々の免疫抑制の程度によって異なる場合があると、ラヴデイ博士は付け加えている。 一方で、ステロイドを摂取したり、免疫抑制療法(臓器移植や特定の自己免疫疾患の治療など)を行う人は、臓器が拒絶されないように免疫反応を低下させたり、病気につながる自己免疫反応を低下させることに効果的な薬を服用しているためリスクが高くなる。 化学療法は免疫系の機能も低下させてしまうのだ。

次の

「動物由来感染症」、拡大の原因は人的活動 新型コロナ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ 免疫 不全

投資は論より証拠。 フィデリア藤崎です。 nikkei. 一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」 と述べ、警戒を呼び掛けた。 HIV(エイズウイルス)に感染すると、体の免疫機構が崩壊します。 すると、免疫状態が正常な人では発病に至らないような細菌やウイルスの感染でも発病に至る。 HIV は免疫細胞に感染して、免疫細胞を破壊することにより、 健康な人だと感染や発症はしないような病原菌での症状を起こしてしまう現象を感染力の強いコロナウィルスが持っている。 そうしたところ、新型コロナウイルスから、SARS ウイルスにはない、以下の 4種類のタンパク質の挿入が見つかった。 biorxiv. 927871v1. full. pdf この4種のタンパク質の挿入は、新型コロナウイルスのすべてのゲノム配列に存在することが観察された。 さらに解析を進めると、予想外に、すべてヒト免疫不全ウイルス-1(HIV-1)と一致した。 【結論:新型ウイルスには「エイズウイルス」の性質が含まれている】との事です。。 <この現状の中> 現在、日本国内感染者は自己申告制より、感染者は知らない間にどんどん増加してしまっていると予想できてしまう状況下。 あと、数週間で日本にも連鎖的な感染症状が現れる可能性が非常に高いと予想します。 予防策がない上、予防してない人も多く、予防していてもヒトからヒトへの感染や、 症状が出ていない感染者から感染するので当然の原理だと予想されます。 一人の感染者に対して2人~4人の感染力と、潜伏期間/感染しても症状がでない人から、 伝染するコロナウィルスは世界の脅威となる可能性が高いと警告レベルを超えてしまってるのではないでしょうか! よって、感染しない手段を先手で打つしかないと言われてますので、感染を防ぐ手段を本当にオススメします! 同様のレポートが色んな学者から出てる現状から、そんな事ないとは言えないというより現実を受け止めて、 家族/親族含め自己防衛に徹する時だと思います! 【同様なレポート:コロナウィルスは、現在判明しているだけで数十種類ある事が判明しており、突然変異を起こして重症化する可能性】 以下のサイトで研究チームからの発表で、今回のウィルスは細菌を使った生物兵器とのレポートが上がっています。 livedoor. この人数の推移通りにならなければ一安心ですが、同じウィルスなので防ぐ方法が見当たらない現状です。 この世界人口の約3割が感染したウィルスとしては、「スペインかぜ」という 1918年から1919年にかけ全世界的に大流行したインフルエンザがあります。 感染者5億人 当時の世界人口の約3割が感染 、死者5,000万~1億人と爆発的に流行した人類初のパンデミック。 流行の経緯としては、第1波は1918年3月に米国デトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり、 米軍のヨーロッパ進軍と共に大西洋を渡り、5〜6月にヨーロッパで流行した。 第2波は、1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性がさらに強まり、重篤な合併症を起こし死者が急増した。 第3波は、1919年春から秋にかけて第2波と同じく世界的に流行したそうです。 <万が一、国内パンデミック化時の相場展望 最悪を想定場合 > 日本の医療技術から1~3割までの感染者で収まったとしても、 約1000万人~3000万人の被害と仮定した場合、ワクチンがないので死亡率3%+二次再発の可能性有り 副作用による重症者20% 再度、HIVによる免疫低下感染含む から、想定500~1000万人に被害の可能性があると予測。 とにかく、国が守ってくれないなら、自己防衛しかないという現実を受け止めて、 あらゆる感染しない対策に、経済的防衛策を考えないとイケないと痛感したので長文失礼しました。 2020年は、10年周期と100年周期が重なる年で、丁度100年前に株価の大暴落があっただけに、 何があってもおかしくないと言った瞬間からアッと言う間に、人類の危機的状況になってる現状からあらゆる打開策は打てますが、 全ては命有っての話ですので、まずは感染しない事を最重要に動いて頂く事をオススメします! ウィルスのピークは5月~6月との事ですので、それまでにワクチンやあらゆる開発ができるはずですので!! とにかく、シッカリと自己防衛を!!!• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の