仮想 通貨 おすすめ。 仮想通貨【2020年】おすすめ銘柄

仮想通貨の種類一覧とおすすめ銘柄ランキング【2019年最新】

仮想 通貨 おすすめ

時価総額が上位か 仮想通貨は2009年のビットコインから始まり、2017年年末に仮想通貨バブルを迎えます。 この時、ビットコインだけでなく、アルトコインや草コインと言われるものも爆上げしました。 そして、2018年・2019年と仮想通貨の規制が進み、2020年フランスが仮想通貨を法定通貨と同等のものと認め、あの大国インドも仮想通貨を解禁しました。 そして、2020年は、数千種類ある仮想通貨のなかで、マイナーなコインは淘汰されていくといわれております。 マイナーなコインには、詐欺コインなども含まれているからです。 なので、CoinMarketCapなどで時価総額を調べて、上位の銘柄に選定基準をもっていくことが大切だと思います。 ちなみに2020年 現在時価総額 仮想通貨全体が20兆円 ビットコイン(BTC) 13兆円 イーサリアム(ETH) 1兆8000億円 リップル(XRP) 8000億円 発行上限があるか いまの日本の財政は、金本位制ではないため、国債を発行して、どんどん日本円を刷ることができます。 リーマンショック以降、多くの先進諸国も、経済危機をふせぐために、法定通貨を発行しまくりました。 その結果、当然ながら、通貨の価値は落ちていきました。 日本だけは、まだ発行しまくっています。 通貨は発行元の信頼によって成り立つわけですので、日本という国が比較的信頼されているので、通貨を発行しまくっても成り立っています。 (日本人は、個人の預貯金が多いのでそれが担保になっているのですが) ただ、それらの信頼がなくなったら、つまり、経済が悪化してしまったらどうでしょう? 今回のコロナショックでも、現物の金だけが、なんとか生き残っています。 それは、発掘量に限りがあるので、避難先に選ばれたのだと思います。 仮想通貨にしても、発行上限があるかないかは非常に大きなポイントです。 無限に発行できてしまうお金には信頼は置きにくいですよね。 仮想通貨上位の発行上限 ビットコイン(BTC) 2100万枚 イーサリアム(ETH) 発行上限なし リップル(XRP) 1000億枚 将来性があるか ビットコイン(BTC) 仮想通貨の王様、ビットコインは、インターネット時代において、改ざんされることなく、個人間で送金できるお金のしくみをつくりました。 そして、非中央集権で稼働しながらも、一度もサーバーダウンを起こしていません。 送金時間が長いという問題も徐々に改善しつつあります。 イーサリアム(ETH) また、時価総額2位のイーサリアムは、ロシアの天才少年ヴィタリック・ブリテン氏によって開発されました。 イーサリアムとは、分散型アプリのプラットフォームの名称です。 スマホでいうところのGoogleみたいな感じです。 イーサリアムの特徴のひとつであるスマートコントラクトのシステムは、取引をスムーズにかつ間違いなく行うことで知られており、将来の活用に期待されています。 リップル(XRP) そして、日本人の投資家が多いXRP(リップル)は、国際送金の問題を解決するために生まれた通貨です。 現在の国際送金の仕組みは古く、費用も数千円~数万円かかり、長いときは数日から数週間かかります。 しかし、このXRPを使用することによって、数円の費用と数秒の時間で国際送金をすることが可能なのです。 また、2019年にアメリカに反対された、バスケット通貨型のステーブルコイン【Libraリブラ】とは違って、交換するそれぞれの法定通貨の存在もきっちり認めながら、進めている、というのが将来性のある一番のポイントです。 国家ともうまくやっていこうという姿勢があるということです。 また、リップル社には、ゴールドマンサックスなど有名な企業出身者が多く、Googleやアマゾンとも提携しながらXRPの普及を目指しています。 世界的な銀行との提携もどんどん進めており、営業活動がスピーディであるということも評価されております。 2020年おすすめ仮想通貨 1位 ビットコイン(BTC) 2020年 半減期があり、この時期には過去すべて価格上昇が起こっています。 また、そういう設計になっています。 2位 リップル(XRP) 私の推し通貨。 リップル。 ビットコインの上昇とともに、爆上げを期待。 インドやヨーロッパでの普及とともに価格も上昇するでしょう。 3位 モナコイン(MONA) 2020年、ビットコイン同様に、半減期あり。 また、日本でのコミュニティが強いことも有名。 上昇パワーはビットコイン以上と言われている。 サイト『』で半減期の目安が確認できます。 4位 ジーキャッシュ ZEC 2020年、こちらも半減期を控えている通貨。 匿名性の高い通貨です。 5位 バット(BAT)BasicAttentionToken BATは既存のウェブブラウザのネット広告業界の問題を解決するのではないか、と言われています。 ユーザー・サイト運営者・広告主にそれぞれ利益を出していく仕組みを作ろうとしているのがこのBATです。 Braveブラウザはデフォルトの設定が広告をブロックする仕様になっています。 それだけですごいのですが、ユーザーが広告を閲覧すると、BATトークンがもらえるという仕組みです。 しかも、このBATトークンはAmazonやApple・Uberやスタバなどの商品券と交換できるのです。 ただし日本のみ、これを通貨とは認めておらす、現状BATポイントというポイント扱いになっております。 【番外編】仮想通貨で暮らしが便利になる! 【YouTubeを広告なしで視聴&バックグラウンド再生可能】 実は、仮想通貨が身近な存在になる未来はそこまで来ています。 日本でも家電量販店など、ビットコインで買い物できるところはありますよね。 実は日本には過去ビットコインのATMはあったのですが、残念ながら、現在は稼働しておりません。 しかし世界には、ビットコインのATMが6000か所もあるんです。 ビックリですよね! YouTubeを広告なしで視聴&バックグラウンド再生可能 さきほど紹介させていただいた【Brave】というブラウザでYouTubeを視聴したり、ネット検索すると、広告なしでサクサク読めます。 さらにandroidスマホなら、YouTubeプレミアムと同等の機能、バックグラウンド再生も可能なのです。 つまり、YouTubeで音楽を聴きながら、Twitterを読んだりすることもできるんです。 超べんりです。 実際、広告なしで視聴できるアプリもあるようですが、そういったものは、ユーチューバーにお金が支払われません。 こちらのブラウザは、視聴者が広告なしで視聴しても、YouTuberにもお金が入る仕組みができています。 なんてすばらしいのでしょう。 未来を予測して生きていくのは、ホントに楽しいですね。

次の

おすすめの仮想通貨取引所はどこ?主要3社を比較!(coincheck, bitFlyer, Zaif)

仮想 通貨 おすすめ

おすすめの仮想通貨をベスト3で発表。 仮想通貨はビットコインだけではありません。 確実とはいえませんが、将来値上がりしそうだと言われるコインが多数存在します。 今回は、ホワイトリスト入りしている仮想通貨の中から、厳選したおすすめ3銘柄の特徴や将来性を紹介します。 人気ページランキング No. 4 No. 5 1,500種類以上の仮想通貨が存在 2017年4月仮想通貨法が策定されてから「ニュース・メディア」でも仮想通貨に注目が集まるようになりました。 今後、資金決済法の法整備が整って来れば、大手の金融機関や、機関投資家も参入しやすくなり、さらに仮想通貨にマネーが流れていくことでしょう。 先日、米金融大手のゴールドマン・サックスが仮想通貨への参入を検討していると日経で報じられましたが、この流れが続けば、今の比ではない大きな資金が仮想通貨市場に流れ込むことになります。 投資として初期段階の今 仮想通貨は今のうちに投資するべきだと強くオススメします。 投資は注目されていない時に有望株へ仕込むのが一番儲かる投資方法です。 株式投資もそうですが、新興市場マザーズから投資をしていた有望株が、東証1部に昇格する頃には莫大な利益になっていますよね。 仮想通貨にはそれぞれの特徴がある 上記は、1500種類以上ある仮想通貨の世界ランキングTOP40位の銘柄です。 「ビットコインがあれば他のコインはいらないのでは?」なんて思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。 実は仮想通貨には、それぞれ「 異なる特徴」があるのです。 中には、用途が不明な仮想通貨もありますし、詐欺のような仮想通貨も多数存在します。 そんな危ないコインを避けるために、金融庁がホワイトリストを作成しています。 今回は、ホワイトリスト入りしている仮想通貨の中から「絶対上がる仮想通貨ベスト3」を紹介します。 NEM ビットコインのような決済や価値の保存だけではなく、ブロックチェーンプラットフォームとして成長を続けるNEMは、カタパルトの詳細が公開されたことで、その頭角を現してきました。 金融機関に特化 NEMは金融機関に特化した仮想通貨となっています。 ブロックチェーン技術は台帳ソリューションです。 台帳というだけあって、金融業界と関係が深いのは間違いありません。 2017年4月の仮想通貨法可決を皮切りに、全銀連(全国銀行協会)よりブロックチェーン連携プラットフォームの基本構想が発表されました。 この全銀協のプロジェクトに、NEMにも導入されるカタパルトを搭載したプライベートブロックチェーン【mijin】がベンダーとして参加しています。 ブロックチェーンの活用方法 注目されているブロックチェーンの活用方法に「スマートコントラクト」があります。 スマートコントラクトは、誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行され、さらに実行内容がブロックチェーン上に自動的に保存されます。 これは、全ての取引に100%問題が無い場合には、とても有効なブロックチェーンの活用方法ですが、残念ながら金融機関には適していません。 それは、ブロックチェーンの強みでもあり、致命的弱点である「改ざん・取り消し」ができないからです。 コントロールが必要 ブロックチェーン上にスマートコントラクトがあると、万が一バグやミスがあった場合に修正できないことは大きなトラブルに発展しかねません。 金融機関は一時停止、バグ修正、再稼働など、万が一に備えて取引の全てをコントロールする必要があるのです。 NEMのサイドチェーン これを解決するのがNEMです。 NEMはサイドチェーンにスマートコントラクトを実装する予定なので、万が一NEMで作成したスマートコントラクトにバグがあっても、サイドチェーンのみフォークすれば問題が解決できます。 また、サイドチェーンであればメインチェーンに負荷がかからない設計となっています。 スマートコントラクトの補足 メインチェーンのメリット・デメリット トランザクション承認はメインチェーンを支えている沢山のノードが行うため、セキュリティが堅牢。 しかし、トラブルがあったらメインチェーンをフォークしなくてはならない。 サイドチェーンのメリット・デメリット トラブルが起きてもサイドチェーンのみフォークすれば良い。 しかし、自社でトランザクションの承認を行わなければならないため、セキュリティは自社に依存する。 NEMの将来性については下記のブログをご覧ください。 イーサリアム イーサリアムは、ユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。 ブロックチェーンプラットフォームの先駆けで、トヨタ、サムスン、IBMなど様々な大手企業が、このイーサリアムにて研究開発を行っています。 イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を活用できる点が強みです。 これは、取引の契約や合意の内容をブロックチェーン上に記録し、改ざんが困難な状態にした上で、その内容通りに管理者なしに実行を行わせることができます。 ブロックチェーンの適用のユースケース 例えば「iPhoneケース」をECサイトで購入した時には、買い手が代金を払い、売り手が商品を発送します。 しかし、買い手がお金を払ったとしても、確実に商品が届くという保証がありませんし、発送側も先に商品を発送しても確実に支払って頂ける保証はありません。 ですから、信頼を担保する仲介者(第三者)を間に挟むサービス、例えば「楽天」や「Amazon」などのエスクローサービスが必要なのです。 スマートコントラクト スマートコントラクトとは「条件が合致した時に、予め決められた処理が自動的に実行される」ことなので、上記の例をスマートコントラクトで実行すると「買い手が代金を払ったのと同時に商品が発送される」ような契約が成り立つのです。 その他にも、「YouTube」で自分の音楽を配信し、歌手個人がファンに音楽を販売する事も可能です。 レコード会社や事務所に所属する必要も、iTunesにアップする必要もありません。 スマートコントラクトが実用化すれば、現在のエスクローサービスに頼らずとも、個人間でトラストレスな契約が実現できるのです。 ジーキャッシュ Zcash(ジーキャッシュ)はビットコインに匿名機能が付いたような仮想通貨です。 ビットコインは「誰が何BTCを持っているか」「誰が誰に送金したか」など、個人とアドレスが紐づいてしまえば、個人情報が筒抜けです。 もし、あなたがBTCで旅行代金を払った場合、翌日「昨日、旅行会社に30万円分BTC払ったよね?どっか海外でも行くの?」なんて友人に言われたらびっくりしますよね。 これが銀行だったら個人情報漏えいで大ニュースになります。 それが現在のビットコインなんです。 そこで誕生したのがダッシュやモネロといったような匿名性の高い通貨です。 Zcashは完全匿名 しかし、このダッシュやモネロは匿名性を担保する上で完全とは言い切れません。 【DASH】【Monero】の場合は、「誰に送金したか?」は匿名性がありますが、「送信日時」「数量」は公開されています。 もし、愛人に100万円分【DASH】で送金したら「どこの女に貢いだの!?」なんて奥さんに問い詰められるのは時間の問題でしょう。 これは冗談ですが、Zcashならそんな心配はありません。 「アドレス」「履歴」「数量」全てが匿名となっており、「完全非公開」で取引ができるのがジーキャッシュの特徴なのです。 JPモルガンと提携 2017年6月22日、ジーキャッシュの開発会社ZECCはJPモルガンと提携を発表しました。 また、ジーキャッシュの持つ技術である「ゼロ知識証明」は、イーサリアムへも導入されました。 これだけ、仮想通貨プラットフォームや、投資銀行にも需要のある最先端技術を搭載しているのです。 まとめ 知名度は低いものの、仮想通貨は「ビットコインだけではない」という事は理解していただけたと思います。 ブロックチェーンは新しい技術ですから、どのアルトコインも実用段階ではなく、検証段階です。 ビットコインは決済できるお店も増えてきており、目に見える形で実用化の目途が立っているので、20兆円を超えるほど値上がりしました。 しかし、【NEM】【イーサリアム】【Zcash】などのアルトコインは、これから実用化に入ります。 実用化された後に「あの時、買っとけば良かった... 」なんて後悔する前に、少額でも持っておくと良いと思います。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」にてご連絡ください。

次の

【完全理解】仮想通貨のおすすめの本10選!

仮想 通貨 おすすめ

そのため、特に短期保有ではなく、長期保有する予定の場合、 単に知名度だけではなく、通貨の技術面や他の通貨と比較した際の優位性、信頼性なども考慮して投資対象を決める必要があります。 後ほど、コインの紹介する際に、コインごとにどのような技術性があるのかについて簡単に紹介していますので、そちらも参考にしていただければと思います。 将来的な実用性と、実用に向けた提携の進行状況 現在、仮想通貨は投機的な側面が非常に強いですが、将来的には実用性のある通貨のみが生き残るとも言われています。 そのため、通貨の将来的な実用性を把握して投資することは非常に大切になります。 また、企業や政府、金融機関との提携状況から、 実用化に向けた進捗状況を把握することも重要になってきます。 例えば、は、各国の中央銀行や大手商業銀行、大企業との提携が次々と進んでいますので、国際送金での実用化に期待がもてると考えることができます。 購入ハードルの高さ また国内取引所は、取扱銘柄が少ないため、目当ての仮想通貨を取り扱っていないケースもあります。 そうした場合、海外取引所を利用することになるのですが、 海外取引所は日本円入金に対応していないため、少し購入ハードルが高くなっています。 そのため、特に初心者の方は、国内取引所で取り扱っているコインの購入から始めてみることをおすすめします。 おすすめの国内・海外取引所については、【】、【】に詳しく書いてありますので、こちらも是非参考にしてください。 ただし、以下に紹介するコインは、すでに時価総額である程度上位に来ているものですので、 「」と呼ばれる価格がまだ安く、知名度も非常に低いコインと比較すると、一攫千金のチャンスは少ないと言えます。 ただし、 草コインと違って、詐欺的なコインに投資するリスクを大幅に抑えることができるため、特に初心者の方はこうした仮想通貨にまずは投資してみることをおすすめします。 水色ではない場合、海外取引所のみの取り扱いになっています。 順位 コイン名 特徴・長所 1位 ・2017年8月1日に ビットコインから分裂して誕生 ・ ビットコインのスケーラビリティ問題、送金手数料問題を解決 ・リプレイアタック対応 ・時価総額ランキング4位 2位 ・ロシアの若き天才、によって開発 ・ 機能を持ち、プラットフォームとしての優位性 ・決済スピードが速い ・時価総額ランキング2位 3位 ・抜群の知名度 ・基軸通貨としての役割 ・2017年12月に 1BTC200万円を達成 ・時価総額ランキング1位 ・、でスケーラビリティ問題の解決が現実的に 4位 ・「金融機関の送金システムの問題解決」という明確な目的を持った仮想通貨 ・ 各国の中央銀行や大手商業銀行との提携など、通貨としての信頼性が非常に高い ・時価総額ランキング3位 ・日本人に人気がある 5位 ・ ビットコインが金なら、ライトコインは銀 ・ビットコインを改良した派生版仮想通貨 ・決済スピードが速い ・時価総額ランキング6位 6位 ・高いセキュリティ性 ・ 「カタパルト」と呼ばれるアップデートにより、処理速度が大幅に向上 ・Zaifの運営会社、 テックビューロ社との連携 ・時価総額ランキング23位 7位 ・ 世界一の仮想通貨取引所の独自通貨 ・バイナンスで行われるIEOで利用される ・取引手数料にバイナンスコインを利用することで大幅に手数料を下げることができる ・時価総額ランキング7位 8位 ・ JavaScriptでの開発が可能で、開発者の確保がしやすい ・ の使用により、処理速度が速い ・時価総額ランキング42位 9位 ・ 独自の技術「Tangle」を利用することで、手数料無料を実現 ・マイクロペイメントに対応することで、IOTの普及に貢献が期待される ・時価総額ランキング19位 10位 ・ 中国版イーサリアム ・ 使用可能なプログラミング言語が豊富で、エンジニアの確保の面で優位性あり ・時価総額ランキング21位 国内仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨銘柄は以下の表を参考にしてください。 仮想通貨時価総額ランキングベスト50 仮想通貨の時価総額ランキングの上位50コインの特徴や長所について、紹介していきます。 上位のコインの特徴をざっくりと把握しておきましょう。 また、詳しい技術的なメリットや特徴は個別記事を参考にしてください。 順位 コイン名 特徴・長所 1位 ・抜群の知名度 ・2017年12月に 1BTC200万円を達成 ・今後スケーラビリティ問題の解決により、さらに基軸通貨として期待される 2位 ・ スマートコントラクト機能 ・決済スピードが速い ・プラットフォームとしての優位性 3位 ・金融機関の送金システムの問題解決を目的する ・2019年に入り、 各国の金融機関や大企業との提携がさらに加速 ・実用化が期待 4位 ・2017年8月1日に ビットコインから分裂して誕生 ・ビットコインの スケーラビリティ問題、送金手数料問題を解決 ・リプレイアタック対応 ・2018年11月にビットコインキャッシュがビットコインキャッシュABCとビットコインキャッシュABCに分裂。 ビットコインキャッシュABCが正式にビットコインキャッシュを名乗ることに。 今後、クロスチェーン技術を実装し、様々な仮想通貨トレードができるように。 また、ビットコインキャッシュベースのトークンも可能に。 ・従来のビットコインキャッシュのブロックサイズ32MBを128MBに引き上げ、処理速度を向上させた。 ・ 2019年5月20日より取引開始。 ・HuobiGlobalでの取引手数料が割引になったり、上場投票に使用される。 BNBと同様に4半期に一度Burnされる。 ・スケーラビリティ問題やハードフォークによる分裂等、ビットコインやイーサリアムのが持っている弱点を克服。 ・「リング署名」や「ゼロ知識証明」等、匿名通貨の側面も持つ。 同時にスマートコントラクトとオフチェーンのデータをつなぐことが可能。 ・ Google等と提携し、コインベースプロやバイナンスUSでも取り扱われている、米国人も取引可能な注目通貨。 ・今後展開される決済手段や投資サービス、相対取引等にも活用される予定。 24位 ・高いセキュリティ性 ・「カタパルト」と呼ばれるアップデートにより、処理速度が大幅に向上 ・コンセンサスアルゴリズムにPoI(Proof-of-importance)を採用し、NEMを取引する人に平等に利益が分配される。 その技術はBinance DEXにも採用されている。 ・Cosmosプラットフォーム上ではDapps開発が従来よりも容易にできるようになっており、今後の展開に期待が寄せられている。 ・PoSを採用しており、ステーキングを行うことで報酬を受け取ることが可能。 26位 ・NEO保有者にエアドロップで配布 ・将来的にはNEOと統合される 27位 Crypto. ・VISAとも提携しており、既にアプリもカードもリリース済み、実際に決済で利用することが可能。 ・プラットフォーム上でDapps開発が容易に可能。 ・ウェブブラウザ「Brave」上で広告を見ることで手に入る仮想通貨。 Braveは他のブラウザと比べ、速度が速く、また不正な広告が表示されないというメリットがある。 35位 ・2017年3月にICOを行い 10億円以上を調達 ・ イーサリアムやビットコインの長所を取り入れる ・トークン破壊プロセスがあり、希少性が生まれることで、価格上昇に圧力がかかる 36位 ・米ドルと1:1の比率でペッグするステーブルコイン。 ・ニューヨーク州金融監督局認可の信託会社であるPaxos社が発行。 37位 ・米ドルと1:1の比率でペッグするステーブルコイン。 ・TrustToken社が発行し、複数の信託銀行により運営。 米ドルと交換可能であることが保証されているなど信頼性の高さから取り扱い取引所が増えている。 ・ ZBペアの取引が無料、その他のペアでも取引手数料の支払いにZBを仕様することで手数料が50%OFFになる。 ・500RVNの手数料を支払うことで、Ravencoin内で独自通貨(プロジェクト)の発行が可能。 ・2019年2月26日から上昇をはじめ、3月28日には上昇率が最大539%にもなったことで話題に。 ・4半期に1度利益の10%を利用してトークンを買戻しBurn。 保有しているだけで配当を毎日受け取ることが可能。 それらのデータを投資家が投資を行うといった情報プラットフォーム。 2018年8月にその開発団体をTRONのCEOジャスティンサン氏が買収。 ・2019年1月にTRONをベースとしたトークンとして発行。 ・で初のIEOプロジェクト。 バイナンスに上場後約10倍の高騰。 ・マサチューセッツ工科大学の教授でであり、チューリング賞を受賞したシルビオ・ミカリ氏が開発を主導している。 ・プラットフォーム上では、ユーザーのコンピュータの利用していない容量を貸し出すことができる。 番外編:時価総額50位以下の注目通貨 時価総額50位以下のコインでも、国内取引所で取り扱われており、注目しておきたい通貨がありますので、番外編として紹介していきます。 コイン名 特徴・長所 ・文書データを世界中のPCに保存 ・「 Factom Harmony」という住宅ローン向けのサービスがあり、紙書類の削減に貢献できる ・ コインチェックで取り扱い ・2ちゃんねるから誕生した仮想通貨 ・送金スピードが速い ・熱狂的なコミュニティの存在 また、ワイス・レーティング社によって行われた約70種類の仮想通貨の格付けの結果や、格付け対象となったコインの特徴については、【】を参考にしてください。

次の