インスタ アクション が ブロック され て ます。 【10分で解決】インスタで不具合?直し方や問い合わせ方法まとめ

インスタ「ブロックされています」でいいねできない、コメントできない障害の対処方法

インスタ アクション が ブロック され て ます

アクションの利用制限 いいねの制限• 連続でいいねする場合、28秒〜36秒の間隔が必要• 24時間で1000いいねまで フォローの制限• 連続でフォローする場合、28秒〜36秒の間隔が必要• 1時間で200フォローまで• 24時間で1000フォローまで いいねとフォローを同時に行う場合の制限• 連続でアクションする場合、28秒〜38秒の間隔が必要• 24時間で2000(1000いいね+1000フォロー)アクション以下 フォロー解除の制限• 連続でフォロー解除する場合、12秒〜22秒の間隔が必要• 24時間で1000フォロー解除まで メンションの制限• 5メッセージ刻みで、350秒〜450秒の間隔が必要 コメントの制限• 連続でコメントする場合、350秒〜400秒の感覚が必要• 1時間で12〜14コメントまで 超えるとスパムとして扱われる可能性あり 新しいアカウントの制限 Instagramでは信頼できるアカウントかどうかの判断をおこなっています。 新しいアカウントがブロックされないようにしたい場合は、下記の内容を覚えておいてください。 アカウントを開始してからの12〜20日間でのアクションは36〜48秒の間隔が必要• すべての種類のアクション(いいね、フォロー、フォロー解除など)の合計制限は、24時間ごとに500アクション。 技術的な制限 IPアドレスの頻繁な変更• 1つのカウントで異なる複数のIPを使用して色々なサービスからアカウントにログインする場合 デバイスの頻繁な変更• Instagramはログインデバイスを追跡しています。 短期間にログインするデバイスを頻繁に切り替えてアクションしてを繰り返していると、原因がわかるまでアカウントがブロックされる可能性があります。 アカウントの作成• 自動化されたデバイス、スクリプトなどでアカウントを作成 その他の制限 フォロワーの購入• 非常に急激にフォロワーが増加すると、アカウントがロックされます。 スパムコメント• スパムコメントとは「自分たちの広告」「繰り返しコメント」「URLやプロモーションコード」などの商用スパムに関数コメントが含まれます。 投稿内容への制限 他人が撮影した写真• インターネットからダウンロードした資料を公開したり、他人の写真を勝手に公開することは禁じられています。 突然アカウントがロックされる危険性があります。 個人情報• 自分や他人のメールアドレス、クレジットカード、パスポート、マイナンバー、運転免許書、電話番号、その他の個人を特定する情報を公開することは禁止されています。 複数アカウントに同一の写真• 1つの画像を複数のアカウントに同時に公開するべきではありません。 複数のアカウントが異なるIPアドレスを使用していても全てアカウントが禁止されます。 ロックされた場合の対処方法 もしアカウントが一時的に制限されたりロックされた場合、解除することを待つしかありません。 2〜3時間で何も変わらない場合は、1〜3日待つ必要があります。 最悪の違反行為では最大5日間のロックを受けることになります。 はじめまして、質問させて下さい。 ハッシュタグをいくつか付けて投稿していたのですが、投稿した自分の画像が、検索をしても出てきません。 以前は出てきていました。 ハッシュタグの文字は青色になっていて、押すと検索ページに飛びますが、自分の投稿した画像がないのです。 新しい投稿だけではなく、過去の投稿も全て出てきません。 これは何かの制限なのでしょうか?それともインスタ側の問題なのでしょうか?ちなみに非公開ではなく、自分のページでは投稿した画像も見れますし、新たに投稿もできます。 イイネや、コメントもフォロワー外の方からもらえるし、自分からもいいねやコメント出来る状態です。 まだ知識が浅く、色々検索しても同じ状況の方がみえないので質問させて頂きました。 よろしくお願いします。

次の

Instagramで「アクションがブロックされています」エラーの詳細や対処法

インスタ アクション が ブロック され て ます

インスタグラムの魅力の一つがブロック機能です。 迷惑な人や嫌な人をブロックすることで、快適にインスタグラムを利用することが可能になります。 リアルで嫌いな相手はそもそもフォローしないかと思いますが、最近はインスタグラムを利用したアフィリエイトやマルチ商法を行う人も多いです。 特にスパム行為やお金儲けが前面に出すぎたユーザーと関わるメリットはあまりないので、積極的にブロックしていきましょう。 しかし、ブロックしたことを相手には知られたくない、自分がブロックされた場合に相手の投稿を見たい、といった要望もあるかと思います。 そこでこのページでは、インスタグラムでのブロックの方法からブロックに関連する諸々の機能について紹介します。 インスタグラムのブロック機能について解説 まずは、インスタグラムのブロックに関する基本的な機能について解説していきます。 インスタグラムのブロック機能とは インタグラムのブロック機能とは、相手との接点を制限する機能です。 ブロックすると具体的には以下のようなことが起こります。 自分の投稿やプロフィール画面を相手に見せない。 相手が何か投稿しても自分に通知されない。 相手がダイレクトメッセージを送っても自分に届かない。 相手が自分をフォローできなくなる。 以上のように、あらゆる面で相手との接触を避けることが可能です。 最後のフォローに関してですが、インスタグラムではまだフォローされていない相手もブロックすることができます。 すでにフォローされている相手はもちろん、まだ接点のない相手もブロックできるのです。 つまり、インスタグラムに登録した段階で、関わりたくない相手をブロックすることで快適に利用できます。 相手をブロックする方法 インスタグラムでのブロック方法は非常に簡単で、以下の流れでブロックできます。 相手のプロフィールページを表示する。 画面右上の「…」を押す。 「ユーザーをブロックする」を選択する。 「はい」を選択する。 まず、ブロックしたいアカウントを表示しましょう。 次に、ブロックしたいアカウントの右上「…」ボタンを押します。 すると、メニュー画面が表示されるので「ブロック」をタップしましょう。 すると、相手のアカウントをブロックするかどうかの確認が出ますので、さらに「ブロック」を選択しましょう。 ブロックが完了すると、ブロックした相手のアカウントの投稿写真は見えなくなります。 これでブロックが完了したことが確認できます。 iOS、android、WindowsなどのOSによって微妙に表示が変わり、また具体的な文言やステップは時折変更されます。 しかし、大枠の流れは上記の通りなので迷うことはないでしょう。 ブロックを解除する方法 ブロック解除の流れもブロックする際とほぼ同じで簡単です。 以下の流れになります。 「ブロックしたアカウント」一覧から、相手のプロフィールページを表示する。 相手プロフィールページの「ブロックを解除する」を選択する。 ブロック解除は相手のプロフィールページから行います。 まずは自分のプロフィールページを開きましょう。 右上のメニューボタンを押して「歯車マーク(オプション)」ボタンをタップします。 オプションページを下にスクロールしていくと、「ブロックしたアカウント」のボタンがあるのでタップしてください。 すると、自分がブロックしたアカウント一覧を表示することができます。 目的のアカウント名をタップすることで、解除したいアカウントのプロフィールページへ行くことができます。 「ブロックを解除」ボタンをタップすることで相手にかけていたブロックが解除され、投稿などを見ることができるようになります。 以上の通り、ブロックする際とほぼ同じ流れです。 OSによっての違いや、仕様変更によって文言が少し変わることはありますが、大枠は上記の通りなので簡単です。 ちなみに、インスタグラムの検索機能を使うことで相手のアカウントを見つけることもできます。 ブロック解除したい相手のユーザーネームがわかっている場合に活用するのもよいでしょう。 ブロックの確認方法 まず自分がブロックした相手については、「ブロックしているユーザーリスト」に入る、「いいね」やコメントがすべて消える、といった変化があります。 これらを確認することで、きちんとブロックできたかどうか確認できます。 次に相手にブロックされた場合も確認できます。 相手にブロックされた場合、以下のことが起こります。 フォローしていた場合フォローが外される。 相手をフォローできなくなる。 「いいね」やコメントができない。 厳密にはフォローは一瞬できたように見えるのですが、すぐに「フォローする」が再表示されます。 「フォローする」を押してみてすぐに再表示されたらそれはブロックされているということです。 ブロックしたとき・されたときのそれそれの表示や機能について解説 次に、ブロックしたとき・されたときの表示や機能について解説します。 ブロックした場合 自分がブロックした場合、表示や機能は以下のようになります。 「いいね」やコメントがすべて消える。 相手がダイレクトメッセージを送っても届かなくなる。 ブロックした相手に対してブロックした旨が通知されるわけではないのですが、相手は自分にコンタクトを取ることができなくなります。 ブロックされた場合 相手が自分をブロックした場合、以下のことが起こります。 相手の投稿を見れない。 「いいね」やコメントをできない。 フォローしてもすぐに外れる。 上記で説明した通り、相手にコンタクトを取れなくなります。 ブロックすると相手にバレる? ブロックをしても相手に通知されることはありませんが、バレる可能性は高いでしょう。 相手が自分にあまり関心がない場合は、投稿やフォローを気にすることがないので気付かない可能性が高いです。 しかし、相手が自分に対して関心があって投稿をチェックしたりしている場合、表示されなくなれば気付く可能性が高いと思われます。 たとえば、スパム行為やマルチ商法を行ってみんなから外されているユーザーであれば、自分一人がブロックしたとしても気づかないでしょう。 しかし、単純に相手と自分の関係性が悪く、自分だけがフォローを外した場合バレる可能性が高いです。 ブロックされても投稿を閲覧できる方法 ブロックされた場合、ブロックされたアカウントからは投稿閲覧ができません。 しかし、ブロックしてきたアカウントが公開アカウントの場合、ブロックされたアカウント以外のアカウントからなら投稿を閲覧できます。 どうしてもブロックしてきたアカウントの投稿を閲覧したい場合、もう一つアカウント作成を行う方法が有効です。 インスタグラムは一人の人が複数アカウントを持つことを禁じていないので、規約違反ではありません。 ブロックせずに相手のフォローをはずす方法 残念ながら、ブロックせずに相手のフォローをはずす方法はありません。 しかし、ほぼ同様の効果を得られる方法ならあります。 それは、ブロックしてすぐにブロック解除するという方法になります。 この方法なら、よほどタイミング悪く相手がインスタグラムをチェックしない限りブロックしたことはバレません。 パソコン版インスタグラムの仕様と非公開設定の方法 インスタグラムはスマホで利用している人がほとんどだと思いますが、パソコン版だと何か仕様の違いはあるのでしょうか。 パソコン版インスタグラムの仕様 パソコン版インスタグラムは初期の頃から検索を除く閲覧のみスマホ版とほぼ同じ仕様だったのですが、投稿をはじめ編集等に関してはできませんでした。 普段から投稿している人にとって、パソコン版インスタグラムは不便を通り越して使えないものでした。 しかし、現在ではパソコン版インスタグラムでも投稿が可能になっています。 方法としては、以下の手順でスマホ版の仕様に切り替えます。 画面内で右クリックし、「検証」を選択。 左上にある「 Toggle device toolbar」ボタンを選択し、ページを更新する。 リストボックスからスマホのOSを選択。 順を追ってみていきましょう。 まず、PCでインスタグラムにログインしましょう。 右クリックを押すことでメニューが表示します。 その中にある「検証」ボタンをクリックしてください。 すると、以下のように左側にインスタグラム、右側にサイトのソースコードが表示されるようになります。 ソースコードの上部にある「スマホ・タブレットボタン(Toggle device toolbar)」をクリックします。 左側のインスタグラムの表示がスマホのような形になるのを確認したらページを更新してください。 そうすると左側のインスタグラムの表示がアプリで操作しているときと同じ表示になります。 この状態になれば、インスタグラムのスマホアプリと同じようにPC上で写真の投稿などを行うことができます。 以上の流れでパソコン版インスタグラムでもスマホ同様に使えます。 パソコン版のままだと投稿ができないので、パソコンからスマホ版の仕様に切り替える使い方になります。 非公開にする方法 パソコン版インスタグラムで非公開設定ができるのはWindows10のみです。 今後仕様変更される可能性はありますが、現状そのようになっています。 方法に関してはiOS、androidと同じで、以下のようになります。 プロフィール画面右上の設定アイコンを選択。 「非公開アカウント」を有効にする。 順を追ってみていきましょう。 まず、前項の方法でPC上でインスタグラムを操作できるようにします。 次にプロフィール画面の「歯車(設定)ボタン」を押します。 オプション画面の「プライバシーとセキュリティ」をクリックしてください。 プライバシーとセキュリティのページにある「アカウントのプライバシー設定」の項目にある「非公開アカウント」にチェックを入れましょう。 チェックを入れることでPC上で自分のアカウントを非公開に設定することができます。 いかがでしたか。 興味のない連絡や迷惑な行為をしてくるアカウントから自分のアカウントを守るのにブロック機能は役立ってくれます。 簡単に設定できますので、どんどん活用して自分のアカウントを洗練させていきましょう。 今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、 「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に インスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の

インスタグラムでアクションがブロックされましたと表示される理由は?

インスタ アクション が ブロック され て ます

「アクションがブロックされています」の詳細 ブロックされています アクションがブロックされています。 後ほどもう一度実行してください。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 2018年12月4日頃より、iOS版インスタアプリで「 ブロックされています」と表示されるユーザーが増えています。 さらに、2019年7月頃にもこの症状が再発し、多くのユーザーがインスタの様々な機能を使うことができなくなっていました。 一度このポップアップが表示されると、 他人のストーリーを開いたり、何らかのアクションを起こす度に繰り返し表示されるようです。 ちなみに、 2019年7月に発生しているアクションブロックのポップアップは、英語も使われて表示されています。 上記のアクションブロックと同じ不具合なので、「Tell us」と書かれている部分はそのまま「問題報告」のボタンだと捉えて構いません。 また、英語でも表記されていることから「この不具合が世界中で起こっている可能性」があることを示していて、実際に各国で同じような不具合が発生していました。 いいねやフォローもできない?「アクション」とは ストーリーを開いて「ブロックされています」が表示される状態では、 いいねやフォローができなくなります。 また写真を投稿することはできますが、 文章やハッシュタグをつけることはできず、「ブロックされています」が表示されて先に進めなくなるようです。 この状態だとインスタの投稿を眺めることくらいしかできなくなるので、インスタの機能の大半が使えなくなったと考えて構いません。 インスタの不具合が原因か 今回の「ブロックされています」はiPhoneユーザーの間でのみ発生しているため、 iOS版インスタアプリのエラーで表示されているものと思われます。 ちなみに、2018年12月に発生したものもiOS版のみ発生していたので、似たような症状が再発していると考えることができます。 機能制限を掛けられるようなことをしていない場合も表示されるので、特に心配する必要はありません。 「機能の一時停止」や「一時的にブロックされています」の詳細 機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため、機能の使用が一時的にブロックされました。 コミュニティを守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。 このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はお知らせください。 似たような現象としては、「 機能の一時停止」や「 一時的にブロックされています」と表示される場合もあります。 どちらも表示される内容は一緒で、解除されるまでは原因となったアクションができなくなります。 「機能の一時停止」が表示される原因 「機能の一時停止」、もしくは「ブロックされています」が表示されるのは、 一気に数百のアクションを行うことで、インスタにスパム(迷惑)アカウントとして認識されるためです。 表示されると暫くの間原因となったアクションを行えなくなり、以下のアクションが原因となります。 いいね• フォロー• いいねやフォローの解除• コメント• アカウント作成• IPの変更 しかし、 現在 多くのユーザーの間で発生している現象は、このようなアクションを繰り返していないアカウントでも表示されているため、スパム判定とは関係がないようです。 ブロックとは違う? いいねやフォローがでできなくなることから、ブロックされているのではと心配するユーザーもいるようです。 しかし「ブロックされています」の表示は、 アカウントを個別にブロックする機能とは異なります。 ブロックされた場合は相手のアカウント情報そのものを見ることができなくなります。 「アクションがブロックされています」と表示された場合の対処法 「アクションがブロックされています」と表示された場合の対処法について解説します。 このままではインスタを快適に利用することができないので、なんらかの対処を施した方がいいです。 具体的にどうすればいいのか見ていきましょう。 インスタをログアウトさせる インスタをログアウトさせるのが、現時点で一番有効です。 インスタをログアウトする際に「後で」「保存」という、下書きに関するポップアップが表示されますが 「保存」を押して再ログインしたらアクションブロックも解消されます。 ただし、このポップアップに関しては「出る場合と出ない場合」の2パターンあり、出なかった場合は普通にログアウトして再ログインしたら元に戻っていることが多いです。 また、1回目のログアウトで元に戻らなかった場合は 「何度もログアウトさせる」ことで問題が解決したケースもありました。 ブラウザ版インスタを使ってみる アクションがブロックされる不具合はiPhone版のインスタで主に発生しているので、 「ブラウザ版のインスタ」を使ってみてはいかがでしょうか。 ブラウザ版では不具合なく快適にインスタを使うことができるかもしれません。 もしブラウザ版でもアクションブロックのような機能制限に関するポップアップが出ていた場合、本当に機能制限にかかっている可能性があります。 24時間待つ 機能制限は通常 24時間経つと解除される場合は多いですが、 今回は不具合で表示されているため、修正されるまでさらに時間がかかる可能性があります。 インスタにより対策されることを待ちましょう。 万が一機能制限だった場合は24時間経過すれば元に戻っているはずなので、まずは24時間経過するのを待ってみて、直らなかった場合は他の対処法を試しましょう。 「問題を報告」を選択する ポップアップの 「問題を報告」をタップしてインスタに報告すると、解除が早まる場合があります。 インスタ側もアクションブロックが出ている不具合に関して認知している可能性が高いので、個別対処が遅れるようなことがなければ、対処してくれる可能性は高いです。 報告はボタンをタップすると即完了します。 インスタの公式お知らせをチェックする 今回の不具合は世界中で発生しているので、 インスタが直接不具合に関する告知をしてくれる可能性が高いです。 「復旧しています」という情報だけの場合もありますし、なんらかの対処法を記載してくれている場合もあります。 世界規模で発生している場合は、英語版のインスタTwitterから翻訳してチェックしてください(アカウントはです)。 インスタを再起動する インスタアプリを タスクキルして再起動してみましょう。 万が一自分のスマホ端末が原因でインスタに不具合が起こっている場合に有効です。 スマホを再起動する アプリの再起動で解決しない場合は、 スマホを再起動してみましょう。 スマホを再起動させることによって、スマホ本体になんらかの不具合が起こっている場合に対処することができるかもしれません。 例えば、スマホ全体が重たくなったせいでアクションブロック等の不具合が起こっていた場合に有効です。 インスタのバージョンをアップデートする インスタのバージョンをアップデートさせるようにしてください。 インスタを最新バージョンにすることで、インスタ機能を全て標準通り使うことができます。 例えば「古いバージョンだから不具合が出ている」場合に対処することができるでしょう。 最新版のアプリをインストールする App StoreやGooglePlayで 最新版のインスタアプリが配信されている場合はインストールしましょう。 インスタは「最新版での利用」を推奨しているので、アプリを更新させることで古いバージョンでしかでない不具合が解消される場合があります。 パスワードの変更 インスタで利用しているパスワードを変更すると、アクションのブロックが無くなるといった可能性があります。 自分のプロフィール画面右上から、メニューを開き、「設定」をタップします。 「セキュリティ」をタップし、「パスワード」を選択します。 ここで現在利用しているパスワードと、新しいパスワードを2回入力すればパスワードの変更完了です。 一見関係ないように思えますが、インスタでアクションブロックされる場合、不正ログインを検知されている可能性があります。 その場合に有効な手段となるので、一度試してみましょう。 インスタに問い合わせる方法 上記の方法で問題が解決しない場合は、 インスタに問い合わせることもできます。 問い合わせを行うには、インスタアプリのプロフィール画面右上のメニューを開き、「設定」をタップしましょう。 エラーの内容を入力し、右上のチェックマークをタップしましょう。 今回の場合は「アクションブロックが解除されない」ことを記載して、具体的にいつ頃からこの不具合に直面しているか提出するといいでしょう。

次の