フラワー長井線。 山形鉄道フラワー長井線

電車好き必見!山形鉄道【フラワー長井線】完全解説

フラワー長井線

停車駅一覧• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません.

次の

駅長は白うざぎ!? 山形「フラワー長井線」へ「もっちぃ」に会いに行こう!

フラワー長井線

もっと見る 閉じる 今年も多くのテレビ局から山形鉄道フラワー長井線が放送された。 沿線の人々の生活、沿線の造り酒屋、推理ドラマの舞台、人々を魅了続ける。 沿線に咲く桜の名木、古典桜を訪ねてみました。 フラワー長井線は、山形県の南端・置賜(おきたま)地域を結ぶローカル線です。 沿線で、四季折々に美しい花を見ることができます。 電車の名前の由来となっています。 春はこのフラワー長井線に乗って桜の名所を巡る観光が定着しています。 テレビ朝日 西村京太郎トラベルミステリー第70作スペシャル「十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子」2019年3月17日(日)21:00~放送 NHK「小さな旅」2019年3月30日 土 5:15~ 5:40放送「ふるさとの鉄路と笑顔舞う駅舎で~山形県 フラワー長井線~」 NHK BSプレミアム 103 2019年 5月14日(火)午後3:55~午後4:56(61分)放送 六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅「夏・山形鉄道を呑む!」 山形鉄道フラワー長井線は、南陽市の赤湯駅から西置賜郡白鷹町の荒砥駅まで全長30. 5キロを結んでいる、山形鉄道が運営する鉄道路線です。 山形鉄道フラワー長井線が脚光を浴びたのは映画「スウィングガールズ」の舞台になったときです。 「スウィングガールズ(Swing Girls)」は、2004年の公開で東北の片田舎の落ちこぼれ女子高校生がビッグバンドを組んで、ジャズを演奏する青春映画でした。 出演した高校生役の俳優・女優は今では著名な俳優・女優として活躍しています。 話題をさらったのが山形鉄道フラワー長井線のずうずう弁の「訛り車掌」でした。 映画の為、やり過ぎの強調したずうずう弁でした。 この訛りを聞きたい、という要望が数多くあったそうです。 この要望に応えたいと「訛り車掌」案内による列車を走らせました。 これが当りました。 「二代目放鳥目白桜 八幡宮ご神木」の案内が立っていました。 読んでみます。 放鳥目白桜は、市内北町の旧八幡宮登り口にあったご神木で町の天然記念物に指定されていた。 樹齢五百年余りの巨木で枝を四方に張りだし翼を広げあたかも飛び立つ鳥のよう、優麗な姿と言われていたが昭和三十頃に枯死した。 明治十一年から十数年の歳月と七万人余りの人力をかけ、地域の振興と八幡宮の遷宮を進めるため烏帽子山公園が造成され、数百本の花木を植栽したのが千本桜の始まりである。 明治二十三年、整備された神域に八幡宮の遷座が成り、その頃に二代目放鳥目白桜が植えられたといわれている。 樹齢百二十年余りのエドヒガン系枝垂桜で、優麗な初代桜の姿を偲ばせている。 烏帽子山八幡宮・烏帽子山千本桜保存会 とあり、歴史を少し知ることができました。 烏帽子石(えぼし石)の案内板が立っていました。 読んでみます。 この石は赤湯七石の一つで「米府鹿の子(べいふかのこ)」(元文[紀元2,396年]より明和[紀元2,424年]に至るまで書かれた古文書)によりますと、「塩釜明神より慈覚大師の方へ使いの神来り問答終り塩釜に帰らんとする時、えぼしを置きたる石なり」とあります。 然し、この石のは磨涯碑なのであります。 板碑は一種の供養碑で鎌倉時代に生まれた新佛教の所産で浄土門の彌陀碑が最も 多いようです。 この碑は紀元が磨滅して判明しないが近くに永仁二年の在銘の磨涯碑もあることからして当時のものではないかと推測されます。 烏帽子山公園の地名にも神社の社名もこの石から名付けられております。 烏帽子山八幡宮 と、ありました。

次の

電車好き必見!山形鉄道【フラワー長井線】完全解説

フラワー長井線

路線データ [ ]• 管轄(事業種別):山形鉄道()• 区間・路線距離():赤湯 - 荒砥 30. 5km• :1067mm• 駅数:17駅(起終点駅含む)• 複線区間:なし(全線単線)• 電化区間:なし(全線)• :荒砥運転所CTCセンター 運行形態 [ ] (朝、夕時は車掌同乗)の各駅停車が線内折り返し運転され、1 - 2時間に1本運行されている。 ワンマン運転時は複数車両連結の運転であっても、乗車可能なのは進行方向側の先頭車両のみ。 赤湯 - 荒砥間の所要時間は約1時間である。 今泉駅でJR、赤湯駅でJR・との接続をそれぞれ図っている。 米坂線小国・坂町方面と山形線山形・新庄方面の連絡は米沢接続に比べ、当線の今泉 - 赤湯間を通る方は運賃が安い上 、接続がいい場合も多くある。 利用状況 [ ] 輸送実績 [ ] 山形鉄道フラワー長井線の近年の輸送実績を下表に記す。 表中、輸送人員の単位は万人。 輸送人員は年度での値。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 1 1990年(平成2年) 144. 3 1991年(平成3年) 137. 8 1992年(平成4年) 137. 1 1993年(平成5年) 132. 0 1994年(平成6年) 137. 4 1995年(平成7年) 130. 7 1996年(平成8年) 132. 1 1997年(平成9年) 117. 3 1998年(平成10年) 114. 1 1999年(平成11年) 106. 9 2000年(平成12年) 99. 5 2001年(平成13年) 93. 1 2002年(平成14年) 91. 7 2003年(平成15年) 2004年(平成16年) 2005年(平成17年) 81. 5 2006年(平成18年) 77. 4 2007年(平成19年) 76. 0 2008年(平成20年) 2009年(平成21年) 1. 7 53. 8 16. 7 72. 2 660 2010年(平成22年) 1. 7 51. 9 20. 4 74. 0 671 2011年(平成23年) 2012年(平成24年) 2013年(平成25年) 2014年(平成26年) 2015年(平成27年) 2016年(平成28年) 2017年(平成29年) 58. 0 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋 収入実績 [ ] 山形鉄道フラワー長井線の近年の収入実績を下表に記す。 表中、収入の単位は千円。 数値は年度での値。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 8 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋 使用車両 [ ]• うさぎ駅長「もっちぃ」と「もっちぃ列車」 [ ] うさぎ駅長「もっちぃ」、うさぎ駅員「ぴーたー」と「てん」については「」を参照 2010年8月、白ウサギの「もっちい」がの駅長に就任した。 2羽のウサギ「ぴーたー」と「てん」が駅員である(「てん」は2016年12月13日 、「ぴーたー」は2017年4月11日に死亡 )。 また助役は亀の「カメ吉」が務める。 山形鉄道では、これらのキャラクターをあしらった「もっちぃ列車」を運行している。 歴史 [ ] の交通改善のため、を準用して敷設された路線である。 長井軽便線(ながいけいべんせん)として1913年に一部開業し、長井線と改称後の1922年に全通した。 同年制定されたには、荒砥からのに至る鉄道(別表第25号)が計画されたが、実現しなかった。 施行により1986年に第3次特定地方交通線に指定され、1987年に(国鉄)からJR東日本に承継された後、1988年に山形鉄道に転換された。 (大正2年):赤湯 - 梨郷間 6. 9km が 長井軽便線として開業、宮内町・梨郷の各駅を新設。 (大正3年):梨郷 - 長井間 11. 4km が延伸開業、西大塚・今泉・時庭・長井の各駅を新設。 (大正11年)• : 長井線と改称。 :長井 - 鮎貝間 9. 7km が延伸開業、羽前成田・蚕桑・鮎貝の各駅を新設。 (大正12年):鮎貝 - 荒砥間 2. 6km が延伸開業し全通、荒砥駅を新設。 (昭和34年):西宮内駅を新設。 (昭和35年):南長井駅を新設。 (昭和56年):長井 - 荒砥間の貨物営業を廃止。 (昭和57年)11月15日:今泉 - 長井間の貨物営業を廃止。 (昭和61年):第3次特定地方交通線として廃止承認。 (昭和62年):により東日本旅客鉄道が承継、赤湯 - 今泉間の貨物営業廃止により全線の貨物営業を廃止。 (昭和63年):長井線 -30. 6km を廃止。 山形鉄道に移管され、フラワー長井線 30. 5km が開業、南陽市役所駅を新設、宮内町駅を宮内駅に、西宮内駅をおりはた駅に改称。 (平成元年):白兎駅を新設。 (平成5年):快速列車新設(停車駅は赤湯、宮内、今泉、長井、荒砥)。 (平成7年)• :赤湯 - 宮内間特殊自動閉塞化。 12月:快速列車廃止。 (平成8年):長井 - 荒砥間特殊自動閉塞化。 (平成9年):宮内 - 長井間特殊自動閉塞化、同時に導入。 (平成14年):あやめ公園駅を新設。 (平成19年):四季の郷駅を新設。 (平成20年) 明治期の貴重なであることを理由に、(通称荒砥鉄橋)がに選定。 (平成26年)• :おりはた - 宮内間の橋梁の橋台付近の線路下土砂の洗掘により全線で運転見合わせ。 :長井 - 荒砥間で運転再開、赤湯 - 長井間で輸送開始• :赤湯 - 長井間で運転再開、19日限りでバス代行輸送終了。 (平成27年):「ローカル線」と銘打ったイベントを初開催(ローカル線プロレス実行委員会主催、山形鉄道株式会社共催)。 赤湯発長井行きの臨時列車に各駅から選手が乗り込んで車内で戦う形式の戦で、「車両や備品を壊さない」「乗客にけがをさせない」「列車を止めない」というルールで実施された。 駅一覧 [ ]• 全列車普通列車、すべての駅に停車• 全駅に所在• 駅名 営業キロ 接続路線・備考 線路 所在地 駅間 累計 - 0. 9 0. 9 | 2. 1 3. 4 4. 4 (山形鉄道転換前は「西宮内駅」) | 2. 4 6. 8 | 3. 5 10. 3 | 1. 9 12. 7 14. 9 | 2. 4 17. 3 | 1. 0 18. 8 19. 1 | 1. 9 21. 2 23. 2 | 1. 4 24. 6 | 3. 3 27. 7 28. 6 | 1. 9 30. ONLINE NEWS. 2016年12月16日. の2017年3月30日時点におけるアーカイブ。 2017年3月30日閲覧。 河北新報. 2017年4月12日. 2017年4月29日閲覧。 OFFICE-SANGA 2012年8月15日. 2017年3月30日閲覧。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 『』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、 120頁。 2008年10月22日• - 国土交通省 災害情報、2014年7月10日 12:00現在• - 日本経済新聞、2014年7月10日• - 読売新聞、2014年7月12日• - 山形新聞、2014年7月17日• 北林慎也 2015年7月4日. 朝日新聞. 2015年7月5日閲覧。 2015年7月4日. 2015年7月4日閲覧。 関連項目 [ ]• - 2004年公開の映画で、フラワー長井線の2両編成の列車が劇中で登場する。 - 放送の第8話の舞台となった。 - 日本初の車内に無線スポットを設置した「Netトレイン」編成が存在する。 () - 「長井線」時代の列車が映像に出ている。 外部リンク [ ]•

次の