ごめんなさい スペイン 語。 スペイン語で『返事が遅くなってすみません』は。。。

ごめんなさい を スペイン語

ごめんなさい スペイン 語

昔は家の電話といえば 回転ダイヤル式の黒電話だった ようですが、今は私もそうですが 家に固定電話すら無くて、携帯だけで 済ます人もいますね。 通常はそんなに必要ない人も、 緊急でだれかに連絡する時 等々で電話が凄く大切になりますね。 Llamame cuando tengas tiempo. 友達が悩んだり落ち込んだりしていたら、Llamame cuando tengas tiempo!と伝えたいですよね。 クワル エス トゥ ヌメロ デ テレフォノ? これは以前の記事で出てきたフレーズ。 Buenas noches. と挨拶していますが、 朝ならBuenos dias 昼ならBuenas tardes とまず言っておきます。 Alo,buenas noches. アオラ プエデス アブラル? conversarもhablarも「話す」と言う意味です。 Tiene tiempo para conversar? は直訳すると「話すための時間を持っていますか」となります。 メ プエデス ジャマール ルエゴ 忙しくてどうしても電話できない時ありますよね。 そんな時は、また後で電話してもらえればOKです。 Disculpe! Me equivoque de numero. エスペレ ウン モメント ポルファボール とにかく、スペイン語の会話で よくわからなくて困ったら Espere un momento,por favor.

次の

スペイン語「ごめんなさい」「すみません」謝罪と謝る方法|スペイン語なら!0から始める初心者のスペイン語

ごめんなさい スペイン 語

道で誰かとぶつかってしまった時、道を開けてもらいたいとき、ちょっと忙しそうな人に話しかけるときなどには日本では「すみません」と言いますよね。 にも「すみません」という表現がありますが、使う場面によって違う言葉だったりします。 「すみません」の一言が言えるだけで、だいぶ印象が変わると思いませんか?なかなかとっさに出てこない 「すみません」ですが、ここでしっかり身につけて、海外滞在中もしっかり場をわきまえられるようになりましょう!• で「ごめんなさい」 Lo siento (ロ シエント) 一般に「ごめんなさい」というときに使う言葉です。 「感じる」という意味の動詞 Sentir (センル)が使われていて直訳は「それを感じます」になります。 「 Lo siento (ロ シエント)」は「残念に思います」という意味でも使われます。 Mill disculpas (ミル ディスクルパス) 直訳すると「千回の謝罪」となるので謝る本気度も高めと思われますが、実際には約束に遅刻してきたときなどによく使われるので感覚としては「ホントごめんね」と似ています。 Lo lamento (ロ ラメント) 「残念に思います」の意味でも使うことができます。 仕事や公の場で謝るときなどフォーマルな場で使われることが多く、「申し訳ございません」に近いです。 相手が言ったことが聞き取れず、聞き返すときにも使います。 Disculpe (ディスクルペ) こちらも、人に話しかけるとき言う「すみません」や、軽い謝罪の言葉として使えます。 Con permiso (コン ペルミッソ) 道を通してほしいとき、その場を去るときなどに使える「失礼します」のような言葉です。 また、上司の部屋に入るときや他人の家に入るときに言う「お邪魔します」としても使えます。 Disculpe la molestia (ディスクルペ ラ モレスティア) 「お忙しいところ失礼します」や「ちょっと失礼します」など、相手のペースを崩してしまいそうだけど、どうしても話しかけなければならないときにかける言葉です。 Disculpame (ディスクルパメ) Disculpar ディスクルパール も「許す」という意味の動詞になります。 友達や恋人と喧嘩してしまったら、「 Disculpame 」と言って謝りましょう。 Es mi culpa ( ミ クルパ) 「わたしのせいです」と自分の非を認めたときに使います。 おわりに ラテン系の人はおおらかな性格からか、「自分も他人もお互いさま」という感じで関係が成り立っています。 なので、真剣に謝ったり謝られたりすることはあまりありません。 でも、海外滞在中に何か起きたら、トラブルが大きくなる前に「すみません」と誠意を見せておきたいですよね。 「すみません」の一言が言えるだけで印象がだいぶ変わります。 趣味はダンスで、現地の伝統音楽や踊りが大好きです。 南米の魅力について伝えていけたらと思います。 こちらもあわせてどうぞ! kotobalover.

次の

メキシコの言語でごめんなさい?謝る時に初心者でも簡単な方法は?

ごめんなさい スペイン 語

「ごめんなさい!」 スペイン語で謝りたいとき、ありますよね?今回は、スペイン語で謝る方法を紹介していきます。 これで、謝らなくてはいけない場面が生じたときも、今日紹介する単語を知っていれば、大丈夫。 それでは、いってみましょう。 3単語共に、「ごめんなさい。 すみません。 」といった謝罪を表します。 英語のExcuse meに近く、人にぶつかってしまったときに謝るときや、人を呼びかけるときにも使う。 Lo siento カジュアルな表現。 sientoは、sentir(感じる)の一人称。 直訳すると、「それを感じます」。 謝罪の表現以外にも、お悔やみの言葉やお見舞いの言葉としても使われます。 Disculpe フォーマルな表現。 公的機関に入場する際に、入場の許可を得る際にも使われます。 丁度、日本語の「失礼します」に当たりますね。 ニュアンスの違いはありますが、基本的に上記3つは同じ謝罪の言葉です。 また、お悔やみの言葉を表すのはLo sientoだけで、他の二つには同様の意味はありません。 1)待ち合わせに遅れたとき 約束の時間に遅れてしまったときに謝る表現です。 そんなときは、下記のように表現します。 「スペイン語で謝る表現」まとめ いかがでしたか。 これで、スペイン語で謝ることができるようになりましたね! 基本的に、スペイン語で謝りたいときは、上記の3つの単語を使えば大丈夫。 更に細かく使い分けるには、ネイティブスピーカーでも説明に困るほどなので、あまり気にしすぎなくて良いかもしれません。 ゴメンナサイ! スポンサーリンク Category• 227•

次の