シリコン洗車 ガラスコーティング。 シリコンコーティングのメリット・デメリット

フロントガラス「撥水とコーティング」基礎!自分でやる方法とは? [カーメンテナンス] All About

シリコン洗車 ガラスコーティング

シリコンコーティングを車に施すメリットとは? 更新日:2020. 05 いつもキレイに輝いている自分の愛車を見ていると、嬉しくなりますよね。 しかし、メンテナンスや手入れをしなければ、愛車は色褪せていきます。 車のボディの輝きを維持するためには「」がおすすめですが、DIYで行う方法のひとつに市販のシリコンスプレーを使った「シリコンコーティング」が存在します。 市販のシリコンスプレーは1本数百円と非常に安く、プロショップでのコーティングよりもお得で、手軽にシリコンコーティングができると評判のようです。 今回は、そんなシリコンコーティングを施すメリットや注意点を調べました。 シリコンコーティングとは? 車を運転していれば、私たちの目には見えないようなホコリ、砂、鉄などによって小さな傷がボディについてしまいます。 雨の中走って、水滴をそのままにしておけば汚れもつきやすいです。 そんな傷や汚れからボディを守るために、市販のコーティング剤を使ったり、専門店に依頼したりして行うのが「」です。 専用の溶剤をボディに塗布すると、化学結合によって塗装の上に薄い被膜ができあがります。 この被膜のおかげで、何もしていない状態よりも車に傷がつきにくい、汚れが落ちやすい、塗装が色褪せしにくい、ツヤを長期間維持できる、といったメリットが得られるのです。 今回紹介するシリコンコーティングというのは、専門店に依頼せずに、自分で市販の「シリコンスプレー」をボディに塗布してコーティングする方法です。 シリコンコーティングの効果は? 市販のシリコンスプレーにはさまざまな種類がありますが、主に防水・撥水・潤滑効果があります。 シリコンスプレーをボディに吹き付けてシリコンの被膜を作ると、高い撥水効果を実感できるはずです。 市販のコーティング剤や専門店でをしたときと同じように、雨にぬれてもボディに無数の水玉が転がります。 また、シリコンコーティングの大きな特徴が、ボディのツヤがぐっと高まる点です。 コーティングの厚さにもよりますが、「ギラギラ」という表現が似合うほどのツヤが出ることもあるのです。 ただし、一般的なカーコーティングのようにボディを保護する効果はあまり期待しないほうが良いでしょう。 シリコンスプレーのメリット シリコンスプレーによるのメリットとしては、次の2つがあげられます。 ・安い費用でボディのツヤ出しと撥水効果を得られる 市販のシリコンスプレーは1本300円ほどで売られており、これだけの費用で驚くほどのツヤと撥水効果を得られます。 シリコンコーティングの効果に満足できるなら、非常にコスパが良いと感じるはずです。 ・施工が簡単 シリコンコーティングは手間がかかりますが、作業自体は単純です(手順は後述します)。 市販のコーティング剤の中には、ある程度の技術が必要なものもありますが、シリコンコーティングなら少しコツを覚えれば誰でも簡単にできます。 「難しいことはできないけど、車をツヤツヤにしたいなぁ…」と考える人にとっては魅力的な施工かもしれません。 車をシリコンスプレーでコーティングする手順 気になるシリコンコーティングの手順は以下のとおりです。 使用するシリコンスプレーは、必ず「無溶剤」のものを使います。 1.洗車 普段どおり洗車を行います。 市販のコーティング剤を使うなら、洗車後にボディの水を拭き取るケースが多いですが、シリコンスプレーを使うときはボディに水が残っているままで問題ありません。 2.シリコンスプレーを吹きかけ、塗り広げる ボディにシリコンスプレーを吹きかけ、ウエスやクロスで水とシリコンを馴染ませるように全体に塗り広げていきます。 作業はたったのこれだけで、後はひたすらムラを無くすように全体を磨き上げるだけです。 シリコンスプレーは自己責任! シリコンコーティングは安い費用でボディのツヤ出しと撥水効果を得られますが、本格的なコーティング剤と比べると効果は劣るかもしれません。 また、どうしてもムラが出てしまうなど、あなた好みのツヤにならない可能性もあります。 シリコンスプレーによるシリコンコーティングは、自己責任で行いましょう。 専門店のでは、自分で行うよりもずっとキレイなコーティングが可能です。 なぜなら、専門店ではコーティングの前に入念にボディの下地処理を行うからです。 費用も高額にはなりますが、費用に見合ったツヤ、撥水効果、塗装の保護といった効果を得られます。 まとめ ネットを中心にシリコンスプレーによるコーティングの情報が広まり、今では車好きなら当然の知識になりつつあるかもしれません。 シリコンスプレーは安く購入できますし、施工に難しい技術も必要ないので、誰でも気軽に挑戦できます。 しかし、あくまでシリコンコーティングはツヤ出しと撥水効果を得るものであり、専門店の、には劣ってしまいます。 しっかりとホコリや汚れ、傷から愛車を守りたいのであれば、専門店でのコーティングを試してみてはいかがでしょうか?•

次の

車のガラス、ボディー別!人気のおすすめ撥水コーティング10選!

シリコン洗車 ガラスコーティング

撥水性コーティングと親水性コーティングの違い カーコーティングには、水の弾き方の違いである撥水性と親水性の2種類があります。 撥水性は「水玉になって転がる」特性があり、親水性は「流れ落ちる」のが特徴です。 塗装面と水の接触角度によるもので、親水性の角度は40度以下、撥水性は90度以上という違いがあります。 撥水性は水がコロコロと転がるため、コーティングの効果が一目で分かることから人気が高い方法です。 しかし、場所によっては水が留まり、水が乾いて水垢や雨染みになることがあります。 一方、親水性は水が流れるように落ちるため、水垢になりにくいのが特徴です。 雨染みが目立つ色が濃いボディーの車や、洗車をたまにしかしないという方に最適と言えるでしょう。 ガラス系コーティング ガラス系コーティングとは、ガラス成分が一部含まれているタイプのコーティングです。 ガラス成分は耐久性に優れており、被膜の劣化や傷を防ぐ効果が期待できます。 油脂系や樹脂系よりもツヤや光沢が自然な上に、効果がおよそ6ヵ月持続するのは大きなメリットとなります。 ガラス系は市販のコーティング剤を購入すれば、自分でも施工することができます。 ただし、ガラス成分が「一部」というだけあって、製品によっては含有力が少なく、思うような効果が得られない場合もあります。 樹脂系コーティング剤の中に含まれるガラス成分がごく微量でも「ガラス系」と称されるケースもあるため、コーティング剤を選ぶ際は含有量をしっかりと確認が必要です。 ガラスコーティングの耐久性・寿命はどのくらいか ガラスコーティングの耐久性・寿命は、一般的に「3~5年」と言われています。 しかし、紫外線や駐車環境の影響によって劣化するため、場合によっては劣化が早まることも考えられます。 ガラスコーティングの耐久性や寿命を少しでも伸ばすためには定期的なメンテナンスが重要になります。 ガラスコーティングは車に付いた汚れを落ちやすい状態にする効果がありますが、車が汚れないということではありません。 当然、ガラスコーティング表面に油分や汚れが付着すれば、撥水性なども低下します。 ここで言うメンテナンスは、「ワックスがけ等が不要」という意味であり、車が汚れたらこまめに洗車することが大切です。 ガラスコーティングとガラス系コーティングの違い ガラス成分をベースとしたコーティング剤から作られるガラスコーティングとは異なり、ガラス系コーティングは樹脂系コーティング剤の中に微量のガラス成分が含まれるという構成です。 ガラス成分の含有量が少ないことから、ガラスコーティングよりも耐久性が低く、効果が持続するのが半年~1年程度と短くなっています。 また、コーティングの硬度も劣るため、傷に対する耐性もやや劣ると言えます。 ガラス系はガラスコーティングよりも安くできるため、ディーラーやガソリンスタンドなどで広く用いられている方法です。 しかし、定期的な塗り直しが必要になるため、長期的に見るとコストが増える可能性があります。 ガラスコーティングを施工するタイミングとは ガラスコーティングをおこなう上で最適なタイミングは、新車を購入した時です。 新車時の塗装なら塗装前の下準備や磨きを極力省くことができ、結果的に費用が安くなります。 また、ガラスコーティングの寿命は一般約に3年~5年であることから、次の車検を行うタイミングで塗り直すと長く新車時に近い状態を保てます。 また、新車購入時にコーティングをしていない場合や中古車を購入した場合では、ガラスコーティングができないというわけではありません。 細かい傷や雨染みなどを磨いて取り除き、下地を作ってからコーティングすれば新車のような輝きを取り戻すことができます。 新車購入時よりも費用は掛かりますが、ガラスコーティングは必要なタイミングで施工すると良いです。 ガラスコーティングの値段・費用・価格相場 ガラスコーティングの専門業者に依頼した場合の車種別の値段・費用・価格相場は次の通りです。 ・軽自動車(ミラ・ハスラーなど):約45,000~60,000円程度 ・コンパクトカー(ヴィッツ、デミオなど):約50,000~75,000円程度 ・ミドルクラス(プリウス、インプレッサなど):約60,000~80,000円程度 ・ミニバン・SUV(ノア、エスティマ、ハリアーなど):約65,000~85,000円程度 ・大型ミニバン(アルファード、エルグランドなど):約70,000~95,000円程度 ・ワゴン、高級セダン(ハイエース、レクサスLSなど):約80,000~120,000円程度 この相場は、一般的なガラスコーティングを比較していますが、耐久年数が1年のタイプになると20,000円程度で施工できる場合もあります。 しかし、3年以上保つものと比べた場合、1年に1回塗り替えが発生することを鑑みると、総額では大きな差はありません。 こちらでご紹介した値段・費用・価格はあくまでも相場になります。 実際にガラスコーティングを依頼する際は、どのくらいの料金が掛かるのか必ず確認して下さい。 ガラスコーティングした車を機械式洗車機で洗車をしても良いのか ガラスコーティングの被膜は硬度が高いため、洗車機のブラシで削られることは無いといえます。 しかし、機械式洗車機は最初の水洗いが少なく、汚れをブラシで強制的に取り除くことで「洗車傷」が付く恐れがあります。 洗車傷によってコーティングの層がけずられてしまう可能性があるため、ガラスコーティング施工後は手洗い洗車をするのが基本です。 手洗い洗車をする時間や場所がなく、やむを得ず洗車機を利用する場合は、あらかじめ水で汚れを洗い流してから洗車機にかけることをオススメします。 そして、洗車後の水はコーティングによって流れ落ちますが、この時に水分をしっかり拭き取ることが重要です。 拭かずに走行して乾かしてしまうと、乾いていない部分に砂やホコリが付着してしまいます。 ガラスコーティングした車の洗車の頻度とは ガラスコーティング後は、こまめな洗車が必要ですが、洗車の頻度は1~2週間に1回が最適です。 コーティングをしていても汚れが付着したり、水垢が付いたりすることがあるので、汚れが気になったら洗車をすることが重要です。 また、頻度とは関係なく洗車した方がいいケースもあります。 ・雨や雪が降った日に走行した(水分や泥が付着する) ・海に行った日や潮風に当たった(塩害による錆を防止) ・融雪剤が撒かれた道路を走行した(融雪剤の成分によって塩害が起きる場合がある) ・鳥の糞が付着した(糞は強酸性なので放置するとコーティング層を超えボディーにも悪影響を及ぼす)• 上記の条件下で走行した場合、なるべく早めに洗車することがオススメです。 ガラスコーティングした車の洗車方法とは ガラスコーティング後は手洗い洗車が基本ですが、被膜を傷つけない正しい手順で洗車することをオススメします。 1.ボディーに付いたホコリなどの汚れを水で流す 2.カーシャンプーを水に入れて泡立てる(研磨剤不使用のシャンプーを使う) 3.シャンプー液をマイクロファイバークロスに染み込ませ、ゴシゴシ擦らずに上から下の方向に撫でるように洗う 4.シャンプーを水でしっかり洗い流し、乾いたマイクロファイバークロスで拭き上げる 汚れの度合いが少なければシャンプーも軽い力で落ちるので、より簡単に洗車が終了します。 ただし、炎天下で洗車をした場合、シャンプーの泡や水が拭き上げるより前に乾燥し、水垢が付いてしまいます。 手洗い洗車をする際は、曇りの日か、日差しが強くない朝や夕方にするのがベストです。 ガラスコーティングを長持ち・維持させる方法 ボディーを傷つけずに優しく洗える「手洗い洗車」をこまめにすると、コーティングの寿命を延ばすことができます。 汚れたと感じたら放置せずに、上記でご紹介した洗車方法を実践することをオススメします。 ガラスコーティングはガラス質の被膜により、水捌けが良く、汚れが付着しても簡単に落ちる、傷が付きにくいというメリットがあります。 しかし、汚れや紫外線などの外部要因によって被膜が劣化するため、こまめな洗車を心掛けて下さい。 また、ガラスコーティングの耐久年数はあくまでも目安です。 3~5年の耐久性がある推奨していた場合でも、1年に1回はコーティングの具合をチェックし、効果が薄れてきたら再度施工することをオススメします。

次の

車のコーティングを検討している方へ!メリットとデメリットをプロに聞きました。

シリコン洗車 ガラスコーティング

倉田社長:「"洗車"とは車を綺麗に維持するための一番重要な作業です。 また、ワックス掛けやコーティングを行う上でも欠かせない下準備ですね。 そして皆さん気になるのが"ワックス"と"コーティング"の違いかと思います。 ワックスの主な成分は蝋と溶剤ですから、高級なワックスは確かにツヤは素晴らしいと思います。 一方で油分なので埃が付着しやすい、また汚れを含んだ油分が雨などで流れ落ちるので、耐久性も期待できませんし、ケアも手間も掛かります。 コーティングはシリコンなどの高分子化合物を塗ってボディを保護する"ポリマーコーティング"とガラス皮膜を形成する"ガラスコーティング"があります。 耐久性については、ポリマーコーティングであれば半年から1年ほど、ガラスコーティングは3年から5年ほど効果が持続します。 」 倉田社長: 「コーティングの効果は美しいツヤなど美観維持だけではありません。 コーティング施工車であっても、雨が乾けばコーティング面に水垢もつきますし、ホコリだって残ります。 しかし、通常は簡単なシャンプー洗車や水洗いでこうした汚れを落とすことができます。 どうしても洗車で取れない場合はプロに相談するのが良いと思います。 また、硬度の高いガラスコートであれば、細かな傷が付きにくいという特徴もあります。 愛車を大事にしたいという方にはオススメかと思います。 」 コーティングのデメリット 愛車、そして塗装面を保護するコーティングですが、なかなか一歩を踏み出せないという方もいることでしょう。 そして、誰もが気になるデメリットについて伺ってみました。

次の