ライズ と ロッキー。 ダイハツロッキーとトヨタライズはどちらを買うべきか!?

【ロッキー&ライズ 徹底比較!!】 同じようでけっこう違うコンパクトSUVの魅力

ライズ と ロッキー

ロッキーとライズの違いをあらゆる面からチェック! 期待の新型小型クロスオーバーSUVとして2019年11月5日にデビューしたダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズ。 ダイハツの「ロッキー」という車名は1990年から2002年まで販売されていたクロカンモデルにもつけられていたため、厳密には2代目になります。 ライズはロッキーのOEM車種であり、この2モデルは姉妹車の関係となります。 ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズは一見ほぼ同じような車にも見えますが、実は異なる点がいくつかあります。 ロッキーとライズの違いについて、エクステリアやインテリア、グレード構成、価格、安全装備、純正アクセサリーのラインナップなどを中心にまとめていきます! ロッキーとライズのパワートレインに違いはなく共通している ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズのパワートレインは、どちらにも初代ロッキーのエンジンをダウンサイジング化した1KR-VET型1. 0L直列3気筒ターボエンジンを採用。 トランスミッションには、ダイハツが開発したベルト+ギア駆動の「D-CVT」を組み合わせます。 新開発のパワートレインの採用により静かで力強い走りを実現しつつも、2WDで18. トヨタ・ライズの価格表 グレード 駆動方式 価格 X 2WD(FF) 1,679,000円 4WD 1,918,800円 X S 2WD(FF) 1,745,000円 4WD 1,984,800円 G 2WD(FF) 1,895,000円 4WD 2,133,700円 Z 2WD(FF) 2,060,000円 4WD 2,282,200円 ロッキーの価格設定はエントリーグレードの「L」で1,705,000円から、上級グレード「Premium」で2,200,000円からとなります。 ライズの場合は最廉価グレード「X」が1,679,000円、最上級グレードの「Z」が2,060,000円からとなっていて、ロッキーと比べると比較的リーズナブルな価格設定であることがわかります。 ロッキーとライズはボディサイズは同じだがフロントマスクやボディカラーの設定に違いがある ロッキーのフロントマスク ライズのフロントマスク ロッキーとライズの大きな違いとして挙げられるのがエクステリアデザインです。 ロッキーは六角形のグリルをセンターに搭載し、キュッと引き締まったフロントマスクとなっています。 それに対し、ライズはトヨタのSUV特有のロワグリルをフロントマスクに携え、先進性を感じさせるデザイン。 2019年4月に復活したトヨタ・RAV4のミニサイズ版のような風貌です。 また、ボディカラーのラインナップにも一部違いがあります。 それぞれモノトーンカラーと2トーンカラー含め全11色が設定されていますが、ロッキーは「コンパーノレッド」を、ライズは「ターコイズブルーマイカメタリック」をラインナップしています。 「コンパーノレッド」はダイハツがかつて販売していたコンパーノからインスパイアされたカラー。 ライズの専用色として新規開発された「ターコイズブルーマイカメタリック」は、イメージカラーなだけあって人気色となることが予想されます。 ロッキーとライズはグレードによってホイールデザインが異なる 上級グレードにはブラックポリッシュアルミ、中間グレードにはシルバー塗装アルミ、エントリーグレードにはスチールホイールが用意される ロッキーとライズはグレードによってホイールの設定が異なります。 ロッキーは「Premium」と「G」に17インチの切削アルミホイール、「X」に16インチアルミホイール、「L」に16インチフルホイールキャップが装着されます。 ライズは「Z」に切削光輝+ブラック塗装の17インチアルミホイール、「G」に16インチアルミホイール、「X"S"」「X」に樹脂フルキャップのスチールホイールを設定します。 ロッキーの「Premium」「G」とライズの「Z」、ロッキーの「X」とライズの「G」、ロッキーの「L」とライズの「X"S"」「X」はそれぞれ共通のホイールデザインとなります。 ロッキーとライズのインテリアはロッキーのPremium以外はほぼ共通 ロッキーのPremiumのみに設定されるインテリア レッドアクセントを取り入れたインテリア エントリーグレードのブラックインテリア ロッキーのインテリアは全3種類です。 それに対し、ライズのインテリアは2種類のデザインが用意されています。 ロッキーとライズはどちらも次世代スマートアシストを装備する ライズとロッキーはそれぞれ最新のスマートアシストを装備 ロッキーとライズには安全装備として次世代スマートアシストを搭載しますが、ライズの「X」のみ未装着となります。 ロッキーの「Premium」「G」やライズの「G」「Z」などの上級グレードにはさらにLKC(レーンキープコントロール)や全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズ コントロール)、サイドビューランプなどが標準装備されるほか、メーカーオプション扱いで駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」なども用意されます(2WD車のみ)。 ロッキーとライズは純正アクセサリーのラインナップにも大きな違いが! ロッキーの「エレガンススタイル」 ロッキーの「パワフルスタイル」 ロッキーの「スポーティースタイル」 ロッキーとライズは用意されている純正のカスタムパーツも異なります。 ロッキーは「エレガンススタイル」「パワフルスタイル」「スポーティースタイル」など3つのスタイルに合わせたアクセサリーをラインナップ。 ライズの「モデリスタ アドバンスブラストスタイル」 「モデリスタ エレガントアイススタイル」 ライズの「TRDアグレッシブスタイル」 ライズは「プレミアムスタイル」「パワフルスタイル」「スポーティースタイル」に加えて、「モデリスタ アドバンスブラストスタイル」「モデリスタ エレガントアイススタイル」「TRDアグレッシブスタイル」など、より多彩なスタイルをセレクトすることが可能です。 その他、TRDパーツやモデリスタセレクションなどのエクステリア・インテリアパーツも豊富に用意されているため、カスタマイズの幅広さで選ぶならトヨタ・ライズがおすすめと言えるでしょう。 買うならどっち?ロッキーとライズの違いを理解して後悔のない車選びを! ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズは、パワートレインなどの基本性能については違いがありません。 しかしエクステリアデザインやボディカラー設定、値段、インテリアの質感などに注目すると、意外と異なる点が多いことがわかります。 ロッキーとライズのどちらを購入するかお悩み中の方は、価格やデザインの好みはもちろんですが、装備の有無やアクセサリーパーツのラインナップなど、さまざまなポイントを比較して選ぶとよいでしょう。

次の

【試乗インプレ】ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」はパワフルに走るコンパクトSUV / 「とにかく乗りたい!」というパッションがあふれてくるモデル

ライズ と ロッキー

もくじ• 新型ライズの納期は、4~5ヶ月に! 2020年5月時点での新型ライズの納期は、4~5ヶ月程度となっています。 生産台数の多いコンパクトカーとしては、長いです。 その理由として、ライズはダイハツが製造しています。 ダイハツがトヨタにOEM供給している車が、販売台数ランキングトップになるのは初めてのことで、ダイハツの生産能力はトヨタよりも劣るので、生産が追いついていない。 というのが現状のようです。 一時よりは1ヶ月ほど短くなっています。 新型コロナウイルスの影響で車の受注自体が全体的に低迷しており、工場での生産が停止になるといったことがなければ、今後の納期は短くなっていくとみられています。 2020年6月最新情報 2020年6月時点ではもう少し短くなり、納期は4ヶ月程度となっています。 一旦オーダーストップとなる事態も ライズの注文があまりにも集中しているため、2月には、一旦オーダーストップになっています。 爆発的な人気となったトヨタ「ライズ」が、2020年2月にオーダーストップというまさかの事態に陥った。 ライズはなぜここまでの大人気となったのか!? その理由と、オーダーストップの影響を受けた納期事情 & 販売現場から得た最新値引き情報などをお届けする。 — ベストカーWeb編集部 bestcarmagazine 通常、オーダーストップというのはモデルチェンジ前にしかされないことですから、異例ですね。 これ以上注文がさばききれないので、落ち着くまで一旦止める。 ということでしょう。 ただ、メーカーへの注文を止めたとしても、購入を希望する方はディーラーへ仮予約をして、オーダーが再開したらそのたまった分が一斉に発注されるわけで、それほど納期の短縮にはつながらないと思われます。 この記事を書いている時点、3月上旬の時点では、去年の年末にオーダーされたものが生産されているという状況のようです。 車の買い換えを検討中の方へ お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。 以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。 必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。 スポンサーリンク ここからは、新型ライズ、新型ロッキーの最新情報を紹介します。 新型ライズ、新型ロッキーの発売日は、11月5日! トヨタ・新型ラッシュ、ダイハツ・新型ビーゴの 発売日は、2019年11月5日です。 新型ライズ、新型ロッキーは、かつて販売されていたトヨタ・ラッシュ、ダイハツ・ビーゴの後継車です。 ラッシュ、ビーゴは2006年から2016年まで販売されていた車で、3年ぶりの復活ということになります。 新型ライズのデザイン 新型ライズ、新型ロッキーのデザインを紹介します。 新型ライズのエクステリア 出典 全体的に角ばったデザインで、RAV4を強く意識していることがわかります。 新型ライズは、コンパクトながら力強く見えるようにデザインされています。 角ばったデザインもそうですし、5ナンバーサイズの車としては大きめの17インチタイヤや、張り出したフェンダーなどにより、力強さを演出しています。 ウインカーには、シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)が採用されており、先進性も演出されています。 新型ライズのインテリア 出典 スポンサーリンク インテリアは、各所にシルバーメッキや赤のアクセントカラーが使用されており、上質感と遊び心が演出されています。 エアコンなどの操作パネルは運転席の方に向けて角度がつけられており、ドライバーが操作しやすいようになっています。 フロントシートは、サイドサポート部の角度が高く、また、背面とサイドパットの硬さに差をつけた新形状のものが採用されています。 これにより、ホールド性が向上しているということです。 新型ライズのボディカラー 新型ライズのボディカラーは、モノトーンが8色、ツートンラーが3色の、全11色です。 新型ロッキーのデザイン 次に、新型ロッキーのデザインを紹介します。 新型ロッキー エクステリア 出典 新型ロッキーの方のフロントマスクは六角形で、ちょっとアウディっぽい雰囲気も感じます。 フロントマスク以外は、ライズとほとんど同じです。 新型ロッキー インテリア 出典 インテリアはライズもロッキーもほぼ同じですが、ライズではレッドのアクセントカラーが、オレンジになっています。 新型ロッキーのボディカラー 新型ロッキーのボディカラーは、モノトーン8色、ツートンカラーが3色です。 C-HRやヴェゼルといったSUVよりも一回り小さいクラスのSUVとしては、スズキの「クロスビー」や「イグニス」があります。 新型ライズ、新型ロッキーのパワートレイン 新型ラッシュ、DNトレックには、 直列3気筒、1. 0Lターボエンジンが搭載されます。 これは、ルーミー・タンク・トールなどに搭載されているものと同じエンジンです。 <直3 1. 0LのNAエンジンも搭載されていますが、新型ラッシュ、DNトレックはターボエンジンのみが搭載されています。 車両重量はライズ、ロッキーの方が軽いのですが、SUVということでパワーを重視した結果でしょう。 かつて販売されていたラッシュには、1. 5LのNAエンジンが搭載されていました。 今回の新型ラッシュに搭載されるエンジンは1. 0Lターボなので、税金的にはこちらのほうがありがたいですね。 新型ライズ、新型ロッキーの燃費 新型ラッシュ、新型ロッキーの燃費は、JC08モードで23. WLTCモード燃費(FF) 総合燃費・・・18. WLTCモード燃費(4WD) 総合燃費・・・17. スマートアシストは、新型タントに搭載された、最新の「次世代スマートアシスト」が搭載されると予想されています。 次世代スマートアシストの機能を紹介します。 さらに、障害物に衝突する危険性があると判断すると、自動でブレーキもかかります。 最新のスマートアシストは、トヨタセーフティセンスをしのぐほどの充実した機能が搭載されています。 新型ライズ、新型ロッキーの価格 新型ライズ、新型ロッキーの価格を紹介します。 <新型ライズの価格> X(FF)・・・1,679,000円 X(4WD)・・・1,918,800円 XS(FF)・・・1,745,000円 XS(4WD)・・・1,984,800円 G(FF)・・・1,895,000円 G(4WD)・・・2,133,700円 Z(FF)・・・2,060,000円 Z(4WD)・・・2,282,200円 <新型ロッキーの価格> L(FF)・・・1,705,000円 L(4WD)・・・1,944,800円 X(FF)・・・1,848,000円 X(4WD)・・・2,086,700円 G(FF)・・・2,002,000円 G(4WD)・・・2,224,200円 Premium(FF)・・・2,200,000円 Premium(4WD)・・・2,422,200円 ライズよりもロッキーの方が全体的に価格が高くなっていますが、その分装備が充実しています。 装備など、ライズとロッキーの違いに関しては、こちらのページで詳しく紹介しています。 かつて販売されていたラッシュの価格は、170万円程度~でしたから、ほぼ同程度の価格に設定されていることになります。 ラッシュに比べると、予防安全性能をはじめとした様々な機能が進化していますから、結構頑張った価格なのではないでしょうか。 まとめ 今回の新型ラッシュの発売で、トヨタ・ダイハツのSUVラインナップは、キャスト、新型ラッシュ、C-HR、RAV4、ハリアー、ランドクルーザープラド、ランドクルーザー、更にはレクサスブランドのUX、NX、RX、LXと、圧倒的なSUVラインナップとなります。 最近はSUVの人気が高まっていますから、更にシェアを高めていこう。 という戦略なのでしょう。 ボディサイズやパワートレインなど、かつて販売されていたラッシュにとても近いので、ラッシュの復活を待ち望んでいた人にも朗報ですね。 また新しい情報が入りましたら、更新します。 スポンサーリンク.

次の

【試乗インプレ】ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」はパワフルに走るコンパクトSUV / 「とにかく乗りたい!」というパッションがあふれてくるモデル

ライズ と ロッキー

発売後即、SUV販売首位奪取!! 大人気トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー、独走とライバル不在の理由は? 2019年11月5日に発売されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズの売れ行きが好調だ。 トヨタが扱うライズは、2019年11月の登録車販売台数ランキングで早くも4位。 カローラシリーズ、シエンタ、プリウスに次いで売れており、瞬く間に身内のRAV4を上回るSUVトップセラーに躍り出た。 ダイハツ ロッキーと台数を合わせれば計1万1778台に達し、これは1位のカローラシリーズをも凌ぐ驚異のバカ売れっぷり。 「5ナンバーサイズで、価格も100万円台からと手ごろなSUV」と、明らかに売れそうなロッキー/ライズだが、実はガチンコの競合SUVは今のところ他社から出ていない。 なぜ、競合激しいSUVで早くもトップセラーに輝くことができたのか? そして第2のロッキー&ライズが出てこない理由とは? その背景に迫る。 文:渡辺陽一郎 写真:編集部 ロッキー/ライズ 人気の秘訣と絶妙なポジショニング 写真はダイハツ版のロッキー。 全長4m未満、全幅1. 7m未満の5ナンバーサイズSUVは、今まで「あるようでなかった」絶妙なサイズ感 人気の秘訣は、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVながら外観はオフロードSUV風で、ボディが5ナンバーサイズに収まることだ。 最近のSUVはカッコ良くなったが、C-HRやCX-30など、外観はいずれも都会的に仕上げている。 そこで原点回帰というか、RAV4のような悪路の走破を意識させるSUVが注目され、ロッキー&ライズは5ナンバーボディでそれを実現させた。 そして、登録車販売台数ランキングを見ると、上位には5ナンバー車が多く並ぶ。 カローラシリーズとプリウスは3ナンバー車だが、シエンタ、ノート、ルーミー&タンク、フリード、アクアといったランキング上位の常連はすべて5ナンバーサイズに収まる。 ロッキー&ライズが売れ行きを伸ばした背景には、人気のSUVで、なおかつ使いやすく馴染みやすい5ナンバーサイズに収まることがある。 トヨタ版のライズ。 フロントマスクはロッキーと異なるものの、基本は同一。 2019年11月は7484台を販売し、早くもSUVトップセラーに 不思議に思えるのは、ロッキー&ライズのライバル車になるような、5ナンバーサイズのSUVがほとんど存在しないことだ。 5ナンバー車をカテゴリー別に見ると、フィットやノートのような5ドアハッチバックのコンパクトカーが圧倒的に多い。 そのほかはシエンタとフリード、ヴォクシー系3姉妹車やセレナの標準ボディといったミニバンで占められる。 セダンはグレイス、ワゴンはシャトル程度だ。 このような事情もあり、先代カローラは、ベーシックなグレードを継続販売している。 5ナンバーサイズのセダン&ワゴンがほとんどないためだ。 SUVの5ナンバー車については、スズキがクロスビー、ジムニーの拡大版となるジムニーシエラ、コンパクトカーとの中間的な存在のイグニスを用意するが、ほかのメーカーでは見当たらない。 堅調に売れるコンパクトSUVのヴェゼル、C-HR、CX-30は、全長は短いものの全幅は1700mmを超えて3ナンバー車になる。 日本では5ナンバー車の人気が高く、3ナンバー車ではSUVの売れ行きが伸びているから、ロッキー&ライズのような「5ナンバーサイズのSUV」が豊富にあって良いだろう。 ロッキー&ライズの対抗車種が登場しない一番の理由は、SUVというカテゴリーが、もともと海外市場をターゲットにしているからだ。 SUVには全高が1600mm前後に達する車種が多く、なおかつ走りの良さも求められる。 背の高い車で走行安定性を向上させるには、全幅を広げるのが効果的だ。 そうなると5ナンバー規格のない海外では、コンパクトなSUVでも全幅を1700~1800mmに設定する。 1800mmを超えると、欧州でもコンパクトとは呼べなくなるから1700mm台には収めるが、5ナンバーサイズには入らない。 背景には5ナンバー車の小回り性能もある。 ボディ底面に配置された骨格の配置とタイヤサイズによっては、全幅を5ナンバーサイズに抑えると、前輪の最大舵角が小さくなって小回りの利きが悪化することだ。 写真は新型カローラの最小回転半径を示した図。 カローラの場合も、15インチ車の最小回転半径は5. 0mとなるが、16、17インチ車は同5. 3mとなる 例えばノートの場合、14インチタイヤ装着車の最小回転半径は4. 7mだが、15インチになると5. 2mへ一気に拡大する。 全幅を抑えることで、取りまわし性が悪化する場合もあるわけだ。 このほか充分な室内幅を確保しながら、側面衝突時の乗員安全性も高めようとすれば、5ナンバーサイズの商品開発には困難が伴う。 SUVに限らず、車両を開発する上では、3ナンバー車の方が都合の良いことが多い。 ユーザーニーズもある。 コンパクトカーやミニバンは、日常的な買い物などで便利に使えることを目的に購入するから、裏道や駐車場での取りまわし性、乗降性などの優れた5ナンバー車を求める。 しかし、SUVは格好良さや走る楽しさなど、趣味性を重視して選ばれるから、5ナンバーサイズの全幅にはあまりこだわらない。 ハリアーは国内向けのSUVとして企画されたが、全幅は1800mmを超えている。 第2のロッキー/ライズは今後現れるのか? 2020年に日本でも発売予定の日産 キックス。 小型ではあるものの、海外仕様は3ナンバー幅 このような事情から日本メーカーもSUVについては5ナンバーサイズに消極的だったが、ライズのヒットで売れ行きを伸ばせることがわかった。 今後はほかのメーカーからも、コンパクトカーと共通のプラットフォームを使う5ナンバーサイズのSUVが登場してくるかもしれない。 直近で発売が予定されるコンパクトSUVには、ジュークの後継となる日産キックスが挙げられるが、これはほかのコンパクトSUVと同じく全幅が1800mm弱の3ナンバー車になりそうだ。 ブラジルなどで売られるホンダ WR-Vは、全長が4000mmのコンパクトSUVで、全幅は1734mmとされる。 キックスとWR-Vは、日本で販売することを考えて開発されたSUVではないから、いずれも5ナンバーサイズには収まらない。 ホンダの海外専売車、WR-V。 こちらは全長も4mちょうどで、全幅も1. 7mをやや上回るものの、ロッキー/ライズに近い車格 それでも1. 5Lエンジンを搭載する2WD仕様の価格を170~200万円に設定するなど、ロッキー&ライズやコンパクトカーの上級グレードと同等の値付けにすれば、好調に売れる余地は充分にある。 SUVはコンパクトからLサイズまで、ボディやエンジンの排気量が多岐にわたり、クルマの性格もシティ派からオフロード派まで幅広い。 海外には5ドアクーペ風のSUVもある。 大径サイズのタイヤを履かせてボディの下側を力強いデザインに仕上げると、どのようなクルマでもSUVになるから、メーカーもラインナップを充実させやすい。 そして、SUVの流行が廃れると、もはや次はなく(ほかのカテゴリーはブームを一度経験している)、実用重視の軽自動車とコンパクトカーだけが売れる乾いた市場になってしまう。 メーカーは付加価値を伴うSUVの人気をなるべく長く保つ必要があるから、今後もいろいろな車種が登場する。 特にSUVは、電気自動車と相性が良い。 背が高いため、床下に電池を搭載しやすいからだ。 SUVは将来的にも有望なカテゴリーだから、今後のカーライフを豊かにしてくれるだろう。

次の