筋肉 ぶ とり 太もも 痩せる。 太もも筋肉太り解消に役立つ方法3選!太ももはこうやって細くする!

太ももの筋肉を落とす方法。太ももの筋肉太りは解消可能

筋肉 ぶ とり 太もも 痩せる

運動をしてダイエットをしている場合、体はしっかりと痩せてくれたけれども太ももがなかなか痩せてくれないことが多いです。 そうなれば当然どのようにすると太ももが痩せてくれるのかが知りたくなってきてしまいます。 ではどのようにすると太ももを痩せることができるのでしょうか。 太ももを痩せるために必要としているのが、 足のストレッチをすることです。 走ったり歩いたりする運動ですが、脂肪を燃焼してくれるのはもちろんとしていても、そのかわり筋肉がついてきてしまいます。 走るなどの運動で一番筋肉がつきやすくなっているのが、一番負担が大きい足になるので当然太もも筋肉がつきます。 これがなかなか太もも痩せをしてくれない理由の一つとなっています。 ストレッチは脂肪を燃焼することが出来ますが、筋肉をそこまで付ける方法ではありません。 そのため走ったりする運動よりも筋肉を付けずに脂肪燃焼できるので、より太もも痩せが出来ます。 ただストレッチの方法は色々とあって、太ももにいい方法やあまり効果が無い方法もありますので、太ももに効果があるストレッチをしましょう。 そして当然食事も大事になってきますので、食事管理もしていくことをオススメします。 短期間で効果が現れる方法はない? 太ももを短期間で痩せることができるのならかなり嬉しいですね。 短期間で痩せるというのは当然かなり難しくなってきているのですが、実際に方法がないわけではありません。 太ももも短期間で痩せる方法があるのですが、 その方法になるのがスクワットをすることです。 短期間で痩せるという場合、脂肪燃焼させるだけではかなり難しくなってきてしまいます。 短期間で痩せるために大事になってくるのが、脂肪燃焼をさせながら筋肉をつけることです。 脂肪燃焼をさせながら筋肉を付ける方法としてオススメなのがスクワットになります。 スクワットはもともと筋トレになりますので、かなり筋肉を付けられる方法として有名ですが、これは当然、脂肪燃焼もさせてくれます。 かなり辛い筋トレになってしまうのですが、短期間で痩せようとしている場合には辛い部分が多くなってしまったとしても仕方がありません。 頑張ってスクワットをして美脚になれるようにしましょう。 ただ一つだけ注意して欲しいのが、スクワットをしすぎてしまうと筋肉がつきすぎてしまい結果として太い足になることもあります。 なので頑張ると言ってもほどほどにして違う方法でも太もも痩せを目指すのがオススメになります。 食事でもしっかり管理 太もも痩せをするためにストレッチなどの運動がかなり効果的なのですが、当然食事もしっかりと管理していかないといけません。 ではどのような食事をしていけば太もも痩せができるかというと、 それは塩分をなるべく取らないようにすることです。 実は塩分のとりすぎによって太ももなどの下半身が太ってしまう可能性が高くなっているからです。 塩分をなるべく取らないようにすることで、下半身太りを防止することが出来ますので、塩分管理することがオススメです。 このカリウムには塩分を体外に排出してくれる働きを持っています。 カリウムによって体内にある塩分を少なくすることでこれもまた下半身太りを防止できます。 ダイエットは当然今ある脂肪を燃焼させることが非常に大事なのですが、 太らないようにすることも非常に大事です。 太ももを痩せさせたいとしているのならしっかりと塩分管理などをしていき、それからストレッチなどの運動をして脂肪燃焼をさせるようにしましょう。 ただ、塩分を取らないためにも極端に食事制限をしてしまうと、これは逆効果になる可能性があります。 食事制限をすることで代謝機能が低下をしてしまい、脂肪燃焼しにくくなってきてしまいますので注意しておきましょう。 むくみ対策も必要 太もももそうなんですが、 下半身太りの原因は肥満のほかに「むくみ」もあります。 上記でカリウムをおすすめているのは、体の余分な水分を排出する効果があるからですが、このむくみは重力によって下半身に集まりのです。 太ももをはじめふくらはぎなどを細くしたいという方は日ごろからのむくみ対策が重要になります。 足のむくみもしっかり対策! 私が太もも痩せに成功した理由! 私はもともと、やや肥満体型でした。 高校生になり、自分の体にだんだんコンプレックスを感じるようになり、絶対にモデルみたいになる!!と待ち受けからポスターから当時好きだった憧れのモデルさんにしてダイエット決行!!結果的に、痩せることに成功したのですがなぜか脚は痩せない!!今までのダイエットは基本的に食事コントロールでの成功だったので、あまり運動はしておらず…。 脚も痩せなきゃモデルさんの様には近づけないなとおもい、運動を調べるとストレッチやスクワットが効くとのことだったので、さっそく始めました。 家に居る限りは脚のマッサージとスクワットを常に意識しました。 結果太ももがかなり痩せて着られる服もバリエーションが増えて大成功です!! ポイントはスクワットとむくみ対策です。 太ももは体の中でもっとも大きな筋肉がありますので、筋肉に負荷をかけると代謝がアップしてダイエットにもなります。 ハードな運動は筋力をつけるので太くなってしまうことがありますのでご注意を.

次の

太ももの筋肉を落とす方法。太ももの筋肉太りは解消可能

筋肉 ぶ とり 太もも 痩せる

もくじ• 太ももの筋肉を鍛えると痩せる? 太ももは不要な水分や老廃物が 溜まりやすい部分なので、 水分や老廃物が溜まらないように リンパの流れをよくすることで、 痩せやすい身体作りができます。 このリンパの流れを良くするには 筋肉が必要というわけですね! ただし、筋肉をつければ何でもいい というわけではなく、 筋肉をつけたほうがいい場所や つける筋肉の種類がありますので、 注意が必要なんです! 太ももの筋肉 一言で太ももの筋肉といっても ついている筋肉は1つではありません。 「大腿四頭筋」 太ももの前側と外側にある4つの筋肉、 「ハムストリングス」 太ももの裏側にある3つの筋肉、 「内転筋」 内ももにある5つの筋肉、 太ももは大きく分けると この3カ所に複数の筋肉があります。 そしてこの筋肉にはそれぞれ 速筋という白い筋肉と遅筋という赤い筋肉で 出来ているのです。 痩せる筋肉?太る筋肉? 次に重要なのが2種類の筋肉 「速筋」と「遅筋」です。 遅筋は持久力を発揮する筋肉で、 長距離選手など持久力が必要な方は この筋肉を鍛えます。 この遅筋はとても細い筋肉で出来ていて 筋肉をつけても太らないうえに 代謝もよくなるので、 痩せたい方には良いことしかない 「痩せる筋肉」というわけですね! 長距離選手は痩せることが 目的ではないと思いますが、 この筋肉を鍛え抜いているため とても細身の体型になるわけです。 対して、速筋と呼ばれる白い筋肉は 瞬発力を発揮する筋肉です。 こちらは格闘技やテニス、幅跳びなど 瞬間的にパワーが必要な方が 鍛えている筋肉になります。 この筋肉は大きく太くなる筋肉なので がっしりした身体にしたい方には 良い筋肉なのですが、 痩せたい方には嬉しくない 「太る筋肉」というわけですね! 太ももの筋肉の鍛え方 速筋と遅筋はそれぞれ鍛え方が異なります。 速筋は短時間に高い負荷をかける事で 鍛えることができる筋肉ですが、 遅筋は負荷がかかっているけど 負荷と感じないトレーニングで 鍛える筋肉になります。 これだけだと意味がわからない方も いると思いますので、 詳しく説明していきます。 速筋の鍛え方 短時間に高い負荷で鍛えるというのは 例えば重いダンベルやバーベルを 持ち上げるという動作などですね! 何時間も持ち上げるわけではないですが 持ち上げる、下ろすといったように、 瞬間的に力が必要な動作を 短時間に行うという意味ですね! 効率の良い鍛え方として 8秒で限界が来る重さに調整して、 上げ下げの動作を繰り返すという 方法があります。 また太ももの鍛え方は色々ありますが 「大腿四頭筋」を鍛えるのであれば、 重い重りを持ってスクワットすることで 太もも前側の速筋を鍛えることができます。 このように大きな負荷をかけて鍛えることで 太くて瞬発力のある太ももになるわけですね! 遅筋の鍛え方 遅筋は時間をかけて何回でも出来る トレーニングを行うと鍛えることが出来ます。 遅筋が使われる際は主に酸素が使われるため 持続的な有酸素運動を行うことで 遅筋が鍛えられます。 具体的にはランニングや サイクリングなどの運動ですね! 少しの時間だと何ともないけど 長時間行うと疲れる・・ こういう運動が遅筋を鍛えるための トレーニングになります。 先程のスクワットを行うにしても ゆっくり15回以上繰り返したときに、 ちょっと疲れるかな~くらいの負荷だと 前太ももの遅筋が鍛えられます。 そして遅筋は鍛えられても太くならないので 細くしなやかな脚になるうえに、 血流やリンパの流れも良くなるので 一石二鳥ですね! 太ももの負荷をかける度合い 現在の筋力によって負荷をかける度合いは 当然、異なります。 同じ筋トレを行ったとしても 繰り返し行うことで筋力がつくと、 ちょっと疲れるかな~の回数が 15回だったのが20回、30回と、 回数が増えてくることになります。 こうして回数が増えていくことで どんどん遅筋が鍛えられていくわけですね! スポンサーリンク まとめ 太ももの筋肉はたくさんの種類があるので どれをどう鍛えるのかは また次回お伝えしますが、 どの筋肉を鍛えるにしても美脚を目指すなら 「遅筋」を鍛えていくのが良いですね! ジムなどでいきなり高い負荷をかけて 速筋を鍛えないようにだけ注意ですよ! とりあえず始めたいという場合は ジョギングやランニングは簡単なので おすすめですが、 走っているような時間がない方には 数分から始められる下半身痩せ方法を 無料でお伝えしているので、 参考にしてみてくださいね! 下半身痩が成功する無料メルマガ スポンサーリンク.

次の

太ももの筋肉を鍛えると痩せる?筋肉をつける場所と種類とは?

筋肉 ぶ とり 太もも 痩せる

太ももたるみ関連記事 「下半身デブだと言われ続けるのはもう嫌だ・・・」 今まで色々ダイエットを試してみたけど、足は細くならないし、痩せるのは胸だけで何も変わらない。 履いて寝るだけで、ここまで足痩せ効果があるの!?と感じてしまうのが寝る時専用レギンスのパエンナスリムです! 何も努力せずに履いて寝るだけで、脚やせやむくみ解消、ヒップアップの効果が期待できるし、楽して美脚に近づくための嬉しいアイテム。 筋トレ初心者さんでも分かりやすいように、「~太り」と書いていますが、筋肉と水では太るという事はありません。 正しくは水の場合は、太るのではなく、 「水で浮腫み太くなる」という表現が正しいですね。 太ももが水の影響で浮腫むのには、血液、リンパ液の滞りなどが原因です。 普段からずっと同じ姿勢をしている方や塩分を摂取し過ぎ、水分の摂りすぎの方は太ももが浮腫みやすいです。 筋肉で太るという表現も正しくなく、正しくは 「筋肉で太くなる」という表現が正しいです。 生まれながらにして、筋肉質の方がおり、そういった方は筋トレや運動を行わなくても、太ももの筋肉が発達している事が多いです。 男性ならまだしも、女性だと大きな悩みになりますよね? でも、太ももの筋肉太りは改善する事が可能なので安心してください。 脂肪太りはあなたも良く分かるか思います。 体脂肪率が増加し、代謝が悪い部位を優先して、脂肪がついていくことですね。 太ももに脂肪がつきやすい方は、普段から歩いたり、運動を行う機会が少ないことが原因にあります。 血液、リンパ液の滞り。 塩分や水分の摂り過ぎ。 運動での筋肉の発達。 普段から歩いたり、運動を行う機会が少ない。 太ももの筋肉太りと脂肪太りの見分け方 脂肪太りと筋肉太りの見分けがつかない方が多いのではないでしょうか? 初心者さんでもわかるように、簡単に説明していきますね。 筋肉太りですが、先ほども言った通り、 太ももが筋肉で太くなるので、触ったりしたら、ゴツゴツした感触があると思います。 太ももは数種類の筋肉で構成されているので、それぞれの筋肉の溝や発達した筋肉が分かると思います。 もちろん筋肉質でも体脂肪率が少し高ければ分かりにくいですが、それでも触ると固いと思うので分かりやすいでしょう。 一方、 脂肪太りの見分け方は、セルライトが多く、ブヨブヨしています。 見た目では膝小僧が下がり、メリハリがなく脚全体的が太く見えます。 触ってみても、筋肉のようなゴツゴツ感はないのでわかりやすいですよ。 太ももが太い方は、身体の他の部位も脂肪が蓄積している場合があるので、確認してみてくださいね。 脂肪太りと筋肉太りの脂肪の落とし方の基本 太もも太りのタイプや太ももの筋肉太りと脂肪太りの見分け方を紹介していきましたが、ここまでで自分の太ももタイプはどれなのか?なぜ太ももが太るのか?などがわかったと思います。 太ももを最短で効率よく細くするためにも、まずは自分の太ももがどんな状態を知る必要があります。 あなたの太ももの状態がわかったところで、今度は 脂肪太りと筋肉太りの場合のそれぞれで、脂肪の落とし方はどうなるのかの基本を解説していきますね。 脂肪太りの場合の太ももの脂肪の落とし方の基本 女性の場合は男性と比較すると、もともと脂肪を蓄積しやすくて、数値で表すとその差はなんと 6倍!! 6倍も差があれば、女性の脂肪が多いのは納得できますよね。 ただ、脂肪のつきやすさが6倍も差があっても、引き締まっている女性は引き締まっていますし、痩せている女性は痩せています。 ということで、脂肪太りの場合の太ももの脂肪の落とし方の基本ですが、筋トレなどの運動をする前に、毎日の食生活の習慣を改善することがまず重要になります。 上記のようになります。 まず、重要なのは 高タンパク・低カロリーの食事をするようにし、無駄な脂肪を蓄えないようにすること。 消費したカロリーよりも摂取するカロリーが増えてしまうと、その分どんどん脂肪を落とすことが難しくなっていきますからね。 さらに、脂肪太りの場合は食生活を変えるだけでは中々脂肪を落とすことは難しいです。 ですので、適度な運動も必要になってきます。 脂肪太りにおすすめの運動や筋トレは後ほど紹介していきます。 あと、食事だけでなく普段の習慣でも気をつけることがあります。 それは 「体を冷やさない」ようにすることです。 冷えはダイエットの天敵で、脂肪を燃やすためには代謝がよくないと燃焼されません。 その代謝は、血行の良さが体温を上げてくれて、その結果代謝をアップしてくれるようになります。 ただ、体が冷えた状態だと脂肪が燃焼しにくい状態なので、食生活を変えてもなかなか脂肪が落ちなかったりします。 ですので、体をなるべく冷やさないように普段の生活から気をつけるようにしてくださいね! 筋肉太りの場合の太もも痩せの基本 脂肪太りの太ももの脂肪の落とし方の基本について紹介していきましたが、筋肉太りの場合の基本は脂肪太りとどのように違うのか? まず、先ほども脂肪太りと筋肉太りの見分け方でも紹介しましたが、 筋肉太りの場合は、たぷたぷした感じというよりも がっちり固い感じがあります。 よく勘違いされるのが、「体は細いけど下半身ががっちりしているから筋肉質」という点。 ふくらはぎの部分でも、「ふくらはぎが太い=筋肉質」と勘違いされている人が本当に多いですが、触ってみてタプタプつまめるようであれば脂肪です。 筋肉じゃありません。 これを筋肉だと思い込み、もともと筋肉質だからと自分に言い聞かせて、体質だから細くならないと諦めている女性も多いですが、まずはその勘違いからなくさないとスリムな体は近づかないので、それをまずはしっかり覚えておいてください。 では、 筋肉太りの場合の太もも痩せの基本ですが、 そこまでつかなくてもいい場所に筋肉がついてしまい、足を太く見せている場合が多いです。 特に、太ももの前側・外側の筋肉を鍛えすぎると足が太く見えてしまいます。 ですので、この筋肉を落としていくことが重要なんですが、 筋肉太りを解消する一番の近道は 「運動」をすること。 重い負荷をかけた筋トレは、鍛えた部分を太くしやすいので、軽い負荷でスピードを速くすることに意識を向けた運動が効果的。 筋肉太りの場合におすすめの運動は下記でまた詳しく解説していきます! 太ももが脂肪太りの場合のおすすめの引き締め方法 太ももが脂肪太りの場合は、 太ももの筋肉が衰えている可能性が高いので、低負荷で筋トレを行うことがポイントになります。 私がおすすめする太ももの脚痩せ法は、バーベルスクワットです。 脂肪太りのための筋トレ:バーベルスクワット バーベルでもダンベルがない方は水を入れたペットボトルでも構いません。 脂肪太りの方は太ももの筋肉を全体的に発達させるために、足幅を肩幅より軽く開いて行って下さい。 そうすると正面の太もも全体に効かす事が可能です。 ポイントは、低重量のウエイトを扱う事。 筋トレ初心者さんがいきなり重い重量で行うと、フォームが乱れたりして、上げることだけに集中してしまいます。 なので、少し余裕があるくらいの重量、10回ほど行う事が出来る重量で行ってください。 注意点は上げる時に、前傾姿勢にならない事。 自重ならまだしも、ウエイトを扱っている状態で前傾姿勢になると、太ももではなく腰に負荷がかかるので、怪我の原因になります。 太ももが筋肉太りの場合のおすすめの引き締め方法 筋肉太りの場合は、他の方と比較すると筋肉が発達しやすいので、前方や外側の太もも部分ではなく、 太もも裏を鍛える事がポイントになります。 そこで、私がおすすめする脚やせ法は、チューブを使用したレッグカールです。 筋肉太りのための筋トレ:チューブレッグカール この脚痩せ法はヒップと太もも裏を鍛える事が出来るので、筋肉質な方におすすめです。 太ももを細くしたいなら使わなければ細くなりますが、全く太ももを鍛えないとなると、脂肪太りの原因になります。 ですので、反対側のハムストリングスを鍛える事で、太ももに筋肉と脂肪がつきにくくしているというわけです。 特に女性は太ももよりも太もも裏を鍛えた方が、女性らしいラインを作る事が出来ます。 ポイントは、足を曲げた時にしっかりと太もも裏が収縮しているか意識する事。 さらに、曲げた時は角度が90度くらいになるようにする事。 ヒップにつくまで曲げると、負荷が抜けるので脚痩せ効果が半減してしまいます。 注意点は、強度が強すぎないチューブを使用する事。 強度が強すぎると、曲げることだけに意識してしまい、なかなか太もも裏に効かす事が出来なくなります。 なので、中負荷くらいのチューブを選んでみてくださいね。 筋肉太りのための有酸素運動 筋肉太りのための有酸素運動として紹介していますが、脂肪太りの人でもかなり効果の高い脂肪の落とし方になります。 やり方は下の参考動画の通りなんですが、太ももを引き締めるために必要なワイドスクワットもメニューにはいっていますし、くびれを作るためのお腹を狙った有酸素運動もメニューに入っています。 ですので、 太ももを引き締めるだけでなく、体全体の無駄な脂肪を落とし、筋肉太りを引き締めるのにも効果的ですので是非実践してみてください! 体を引き締めるのにかなり勉強になる動画でもありますよ! 【筋肉太りを引き締める有酸素運動の参考動画】.

次の