ご 冥福 を お祈り し ます。 ご冥福とお悔やみ ご愁傷の違いは?宗教上の適切な使い分けは?

弔電、お悔やみ一般電報の例文・文例集

ご 冥福 を お祈り し ます

しかし、お葬式という非日常的な場面では、ご遺族にどのような挨拶をしたらよいかと悩まれる方もいらっしゃいます。 そこで、今回は「ご冥福をお祈り申し上げます」という挨拶の意味や使い方についてお伝えします。 ご冥福をお祈り申し上げますの意味 「ご冥福をお祈り申し上げます」とは、「死後の幸福をお祈り申し上げる」という意味です。 あの世を意味する「冥」と幸福の「福」が合わさった言葉です。 めいふく【冥福】 死後の幸福。 また、死後の幸福を祈って仏事を営むこと。 みょうふく。 「冥福を祈る」 手紙などの文書で使うのが基本 挨拶などの言葉には、書き言葉と話し言葉があります。 この書き言葉と話し言葉を間違って使ってしまうと違和感を覚えることになります。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は書き言葉ですので、手紙や弔文などで使用します。 そのため、ご遺族などへの挨拶では「ご愁傷様です」などの話し言葉を使用します。 「ご冥福をお祈り申し上げます」の返信方法 意外とお悔やみの言葉にたいしての返答に困ってしまう方は多いです。 「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉は、故人に対しての言葉です。 また、一般的には、口語体ではなく、文書体で使われる言葉です。 そのため、本来はご遺族に対する挨拶には使うことはありません。 しかし、直接、お悔やみの言葉を頂戴する場合も多く、そのような時は、「ありがとうございます」だけでも十分です。 大切な人を亡くしたばかりなので、きちんとした返答ができなくても、表情や仕草を見れば、気持ちは伝わりますし、もちろん黙礼だけでも大丈夫です。 場合によっては、「ありがとうございます」という言葉がためらわれることもあり、そのような時には「痛み入ります」や「恐縮です」と控えめに返答するのが良いでしょう。 メールでの返信 最近では、メールなどで頂戴することも多くなりました。 メールなど文書で返信する際には、少し丁寧な対応が必要になります。 「ありがとうございます」の前に「お気遣いいただきまして」「ご丁寧に」など一言添えます。 また、遺族の方は、葬儀の準備や弔問客への応対、さまざまな手続きなど忙しく、なかなか返信ができない状況が多いです。 その際は、やるべきことが落ち着いた時で構いませんので、お礼のメールを送りましょう。 「ご冥福をお祈り申し上げます」はいつまで使うのか 訃報を後から受けた場合や初盆の法要に参列する際など、亡くなられてから時間が経っているときには、「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉は使えるのでしょうか。 また、いつまで使って良いものなのでしょうか。 「冥福」の解釈によって違う 仏教では、死後49日間は魂がこの世とあの世を彷徨っていると考えます。 そのため、死後は7日ごとに法要を行います。 最後の49日目は中陰の終わりの日なので最大に法要を行いその後、埋葬します。 これが四十九日になります。 また、「冥福」は「死後の幸せを祈る」という意味です。 四十九日が終了すると無事に死後の世界へ転生でき「死後幸せになれた」と解釈することもできます。 また一方で、「死後の世界に行っても幸せであるように祈る」という解釈もあります。 実際には、初盆やお彼岸などでは使用する方もいます。 「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉は、いつまで使用して良いのかという明確な期限はありません。 しかしながら、大切な方を亡くした悲しみはなかなか消えるわけではありません。 亡くなってから時間が経ってしまった時には、「ご冥福をお祈り申し上げます」というよりもご遺族を気遣う言葉をかける方が良いでしょう。 「お悔やみ申し上げます」とは違うのか 亡くなった方に対する言葉として「お悔やみ申し上げます」や「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉がありますが、両者は意味や使い方が少し違います。 間違った場面で使用すると違和感や不快感を表す人も少なくありません。 そのため両者の違いについては知っておきましょう。 話し言葉と書き言葉 日常使用している言葉には、話し言葉と書き言葉があり、使う状況を間違ってしまうと違和感があります。 「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉は書き言葉なので、お葬式の際にご遺族への挨拶として使用することは不適切になります。 一方、「お悔やみ申し上げます」という言葉は、書き言葉でも話し言葉でも使用できます。 そのため、ご遺族への挨拶だけでなく弔電の文中でも使うことができます。 言葉の意味を理解して使う 「ご冥福をお祈り申し上げます」や「お悔やみ申し上げます」という言葉を使用して挨拶をしても間違いではありませんが、きちんと言葉の意味を理解して、適切な状況で使用しないとご遺族に対して失礼にあたる場合があります。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ」とは、人の死を弔う言葉です。 人の死を悲しみ悼む意味があり、葬儀・供養・法要を営む意味も含みます。 そのため、ご遺族への挨拶で「お悔やみ申し上げます」を使用する場合には、故人に対しての悲しみや悼みの気持ちをご遺族に対して申し上げるという意味となります。 ご冥福をお祈り申し上げます 一方、「ご冥福をお祈り申し上げます」は、故人の死後の幸せを意味する言葉です。 この言葉をご遺族への挨拶で使用する場合は、ご遺族への心遣いの言葉や一言を添えた上で、故人に対してご冥福をお祈り申し上げる必要があります。 また、「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉は、宗教によっては使うことができませんので注意しましょう。 一般的には、お葬式でご遺族に挨拶する場合には、「ご冥福をお祈り申し上げます」の代わりに「この度は、ご愁傷様でございます」という言葉を使うのが無難です。 キリスト教にも使えるのか 死後の幸せを祈る意味をもつ「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉ですが、生死観の違いから、どの宗教でも使用できる言葉ではありません。 もともと「冥福」は仏教思想から派生している言葉です。 そのため仏教での葬儀の場合のみ使用することができ、キリスト教などほかの宗教では使用することはできません。 「ご冥福をお祈りし申し上げます」とは、死後の世界である『冥界』での幸福を表わします。 この「冥界」という思想が仏教以外のキリスト教などの宗教にはないので、キリスト教では不適切な言葉になります。 また、「お悔やみ申し上げます」も避けるのが良いでしょう。 キリスト教では、死後は天国で神様のもと永遠に安らぎを得るという考えであり、人の死は悲しむものではありません。 従って、悼みの気持ちを伝える「お悔やみ」を使用するべきではありません。 「安らかな眠りにつかれますよう、お祈り申し上げます。 」というのが無難です。 仏教でも浄土真宗では使えない 「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉は、仏教思想から派生している言葉ですが、教義の違いのある浄土真宗では、「冥福」という言葉は使いません。 浄土真宗の基本は、臨終即往生という考えですので、冥界やこの世を彷徨ことはありません。 浄土真宗も「冥界」という概念が存在しないために「ご冥福をお祈り申し上げます」と言うことは不適切になります。 浄土真宗の場合は、「ご冥福をお祈り申し上げます」の代わりに 「哀悼の意を表します」、「謹んでお悔やみ申し上げます」などという言葉を使用すると良いでしょう。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は間違いなのか テレビなどでは、芸能人や著名人が亡くなると「ご冥福をお祈り申し上げます」という挨拶をする場合があります。 そのため、お葬式などで遺族に向かって「ご冥福をお祈り申し上げます」と挨拶をしてしまう人もいます。 しかし、本来は、「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉はご遺族に対して使用する言葉ではありません。 また、ネットなどで発生する「ご冥福論争」をご存知ですか。 芸能人や著名人などが亡くなるとネットなどで「ご冥福をお祈り申し上げます」というツートが上がります。 このツイートに対して、「ご冥福をお祈り申し上げます」という言葉を使うのが良いのか悪いのかという論争が起こり炎上することです。

次の

ご冥福の意味と使い方 お悔やみ言葉の正しい選び方を解説

ご 冥福 を お祈り し ます

「ご冥福お祈りします」 の意味 葬儀などでよく使われる「ご冥福」はそもそもどんな意味なのでしょうか? 「ご冥福」の「冥」は仏教用語で「冥土」「冥界」を意味します。 「冥土」「冥界」とは、死後の世界のことです。 「福」は「幸福」を意味します。 したがって、「ご冥福をお祈りいたします」というのは、「死後の世界で幸福でいられますように」という意味になります。 「お悔やみ申しあげます」の意味 「お悔やみ」は人の死を悲しみ残念に思うという意味です。 したがって、「お悔やみ申し上げます」は「ご家族がお亡くなりになり、とても残念です」という意味になります。 「ご愁傷様です」の意味 「愁傷」とは、悲しいを意味します。 したがって、「ご愁傷様です」は、「ご家族がお亡くなりになり、お辛いでしょう」という意味になります。 「ご冥福お祈りします」 「お悔やみ申しあげます」「ご愁傷様です」の使い分け方 上記の説明でわかると思いますが、この3つの言葉は誰に向けたものか?で使い方が変わります。 「お悔やみ申しあげます」「ご愁傷様です」のいずれかを使うようにしましょう。 ただし、 弔電で「ご冥福お祈りします」 を使うのはOKです。 「冥土」「冥界」は地獄 ここで、「冥土」「冥界」について、もう少し詳しく見てみましょう。 そもそも仏教で言う 「冥土」「冥界」は、暗闇の世界を指します。 いわば、地獄に相当し、決して天国のような世界ではないのです。 ちなみに、仏教で言う「冥土」「冥界」は、正式には「三悪道」を意味します。 「三悪道」とは、地獄界、餓鬼界、畜生界です。 多くの仏教では「死後四十九日間は霊として現世に留まっている」と解釈されています。 この四十九日の供養までに功徳を積むことで成仏できて、極楽浄土へ行けるのです。 「ご冥福をお祈りします」というのは、無事に極楽浄土へ行けるようにという願いを込めた言葉なのです。 こうしたことから、「ご冥福をお祈りします」という言葉を嫌う人もいるようです。 地獄のような冥土に故人の霊がいると考える自体が不快だというわけです。 「ご冥福お祈りします」 は宗教によってはタブー 宗教によっては、死後の世界の解釈が異なってきます。 キリスト教では、神のご加護により、すぐに天国に行けるため、「冥福を祈る」必要はありません。 また、仏教の中でも、浄土真宗は、即身成仏といって、阿弥陀如来の導きにより直ぐに極楽浄土に行けます。 このため、「冥福を祈る」という使い方は厳密に言えば、間違っているのです。 もっとも、葬式の場で、言葉をかけるのは遺族に対してなので、「冥福を祈る」という言い方はそもそもしません。 だからそれほど気にする必要はありません。 遺族に対して、「ご冥福をお祈りします」とさえ、言わなければ、特に問題はないでしょう。 通常、遺族に向けた言葉は・・・ 「お悔やみ申しあげます」 「ご愁傷様です」 この2つのどちらかを使えばいいでしょう。 キリスト教と浄土真宗で使うお悔やみの言葉 キリスト教と浄土真宗の葬儀でもきちんとマナーを守りたい。 そう考える人もいるでしょう。 キリスト教の葬儀で弔電を出す場合に注意したいのは、「冥福を祈る」はNGであること。 弔電を打つなら、次のような文面にしましょう。 ただ、仏教式の葬儀で浄土真宗か否かはわからない場合もあります。 そういったときは「ご冥福をお祈りします」は避けて、「哀悼の意を表します」としておけば、失礼に当たることはありません。 まとめ ということで、葬儀での言葉のマナーについて紹介しました。 宗教によって厳密な使い分け方があることがわかって頂けたのではないでしょうか? 基本的には、「ご冥福」の意味と使い方に注意しておけば、失礼なふるまいをすることはないでしょう。 実際、キリスト教の葬儀でも「ご冥福をお祈りします」という言葉が使われることはあるようで、気にしないという人も多いようです。 とはいえ、正しいマナーを知っておくことは大切です。 ぜひあなたもこの機会に正しい言葉の使い方を覚えておいてください。

次の

ご冥福の意味と使い方 お悔やみ言葉の正しい選び方を解説

ご 冥福 を お祈り し ます

「ご冥福お祈りします」 の意味 葬儀などでよく使われる「ご冥福」はそもそもどんな意味なのでしょうか? 「ご冥福」の「冥」は仏教用語で「冥土」「冥界」を意味します。 「冥土」「冥界」とは、死後の世界のことです。 「福」は「幸福」を意味します。 したがって、「ご冥福をお祈りいたします」というのは、「死後の世界で幸福でいられますように」という意味になります。 「お悔やみ申しあげます」の意味 「お悔やみ」は人の死を悲しみ残念に思うという意味です。 したがって、「お悔やみ申し上げます」は「ご家族がお亡くなりになり、とても残念です」という意味になります。 「ご愁傷様です」の意味 「愁傷」とは、悲しいを意味します。 したがって、「ご愁傷様です」は、「ご家族がお亡くなりになり、お辛いでしょう」という意味になります。 「ご冥福お祈りします」 「お悔やみ申しあげます」「ご愁傷様です」の使い分け方 上記の説明でわかると思いますが、この3つの言葉は誰に向けたものか?で使い方が変わります。 「お悔やみ申しあげます」「ご愁傷様です」のいずれかを使うようにしましょう。 ただし、 弔電で「ご冥福お祈りします」 を使うのはOKです。 「冥土」「冥界」は地獄 ここで、「冥土」「冥界」について、もう少し詳しく見てみましょう。 そもそも仏教で言う 「冥土」「冥界」は、暗闇の世界を指します。 いわば、地獄に相当し、決して天国のような世界ではないのです。 ちなみに、仏教で言う「冥土」「冥界」は、正式には「三悪道」を意味します。 「三悪道」とは、地獄界、餓鬼界、畜生界です。 多くの仏教では「死後四十九日間は霊として現世に留まっている」と解釈されています。 この四十九日の供養までに功徳を積むことで成仏できて、極楽浄土へ行けるのです。 「ご冥福をお祈りします」というのは、無事に極楽浄土へ行けるようにという願いを込めた言葉なのです。 こうしたことから、「ご冥福をお祈りします」という言葉を嫌う人もいるようです。 地獄のような冥土に故人の霊がいると考える自体が不快だというわけです。 「ご冥福お祈りします」 は宗教によってはタブー 宗教によっては、死後の世界の解釈が異なってきます。 キリスト教では、神のご加護により、すぐに天国に行けるため、「冥福を祈る」必要はありません。 また、仏教の中でも、浄土真宗は、即身成仏といって、阿弥陀如来の導きにより直ぐに極楽浄土に行けます。 このため、「冥福を祈る」という使い方は厳密に言えば、間違っているのです。 もっとも、葬式の場で、言葉をかけるのは遺族に対してなので、「冥福を祈る」という言い方はそもそもしません。 だからそれほど気にする必要はありません。 遺族に対して、「ご冥福をお祈りします」とさえ、言わなければ、特に問題はないでしょう。 通常、遺族に向けた言葉は・・・ 「お悔やみ申しあげます」 「ご愁傷様です」 この2つのどちらかを使えばいいでしょう。 キリスト教と浄土真宗で使うお悔やみの言葉 キリスト教と浄土真宗の葬儀でもきちんとマナーを守りたい。 そう考える人もいるでしょう。 キリスト教の葬儀で弔電を出す場合に注意したいのは、「冥福を祈る」はNGであること。 弔電を打つなら、次のような文面にしましょう。 ただ、仏教式の葬儀で浄土真宗か否かはわからない場合もあります。 そういったときは「ご冥福をお祈りします」は避けて、「哀悼の意を表します」としておけば、失礼に当たることはありません。 まとめ ということで、葬儀での言葉のマナーについて紹介しました。 宗教によって厳密な使い分け方があることがわかって頂けたのではないでしょうか? 基本的には、「ご冥福」の意味と使い方に注意しておけば、失礼なふるまいをすることはないでしょう。 実際、キリスト教の葬儀でも「ご冥福をお祈りします」という言葉が使われることはあるようで、気にしないという人も多いようです。 とはいえ、正しいマナーを知っておくことは大切です。 ぜひあなたもこの機会に正しい言葉の使い方を覚えておいてください。

次の