オン クロダ ノウ ウン ジャク ソワカ。 烏枢沙摩明王とは

【一流の経営者はやっている】トイレの神様が喜ぶトイレ掃除のススメ!【烏枢沙摩明王】

オン クロダ ノウ ウン ジャク ソワカ

プチ神事 「オン ニコニコ 笑顔で ソワカ」 トンチを聞かせた真言 こんにちは。 本日も私のブログをご覧いただき有難うございます。 本日は「プチ神事カテゴリー」にて投稿します。 昔、「ズバリ言うわよ」という番組の中で、細木さんが語った真言です。 ある嫁と姑の問題に対して、あるお寺の住職さんが「トンチ」を効かせて答えました。 住職は姑に、嫌な気分が巡る度に 「オン ニコニコ 笑顔で ソワカ」という真言を、唱えるように教えました。 毎日、こうして 「オン ニコニコ 笑顔で ソワカ」と唱えている内に、 嫁と姑の間に、お互いの事が理解が生まれ、笑顔が出るようになっというお話であったと思います。 私は「天然石」や「神様」などのカテゴリーで、自分が勝手に判断した気持ちを投稿しております。 そこで肝心な事は、「自分自身」である事なのです。 これも、うまく伝える事は難しいのですが、私は「神様」が光輝く存在であるとしたら、人間も同じように、光輝く存在であると見ています。 それを知っている方々は、自然と自分自身に従って生きています。 光輝く「光体」はとくに、「善」や「悪」を判別していません。 「光体(自分自身)」に問いかければ、 「善」や「悪」の判断は関係なく、成せる事や、成る事をすれば良いと感じる事でしょう。 私はよく、「神様」に関する投稿では、「神様」を尊ぶ事はもちろんですが、まず「自分」があると言う事を大切にする事を上げています。 その理由は、「自分」が感ずる事は「自分」でしかなく、他者の知恵でもなければ、全面的に「神様」の力でもない訳です。 故に、私は「自分」の「光」を大切に見ています。 自分が行う全ては、この「光」を見る事が出来ていないと、誤った思考や、わざわざ「ネガティブ」な行動に陥る事が多いからです。 誰にでも「光」という存在はあります。 その存在を理解するには、「他者」の存在を理解しないといけません。 「他者」とは人間だけでなく、森の木々であり、空の雲や、吹き抜けてゆく風などです。 ここに「自分」を離れて、「他者」と一体になる感覚を覚えないといけません。 そして、その感覚が「自分」の中にある「光」を見つめる感覚と同じなのです。 「自分」という存在も、「他者」と同一になる感覚で見ないと、見えてこないのです。 「他者」と同一になる感覚を、自分の中に起こすのです。 そうした事が出来る方々は、「自然」と悠々と生きているのでしょう。 話を少し変えますが、いわゆる大きな神社が「邪気」と言いましょうか、息苦しい気分をよく覚えます。 何故であるか理由はわかりません。 別の角度から見ますと、普通に参拝をしている方々に嫌気を覚える時があります。 私が変わっていると言う事もあるのでしょうが、やはり気分が悪いのです。 つまり、 「オン ニコニコ 笑顔で ソワカ」という気持ちの方が少ないのではないかと思います。 「他者」に対する同一の共感性は、本当に大切な事です。 「他者」があり、そこに「自分」の反省を見て、笑顔を取り戻すのです。 これが出来ませんと、人間は「自分」から「自分」しか見れません。 つまり、自分の都合の良い事しか行動できなくなります。 責任事は、他人に預け始めます。 問題は、誤魔化し始めます。 理由は「自分」しか見れないからです。 人間は自分の都合の良い場所に落ち着こうとします。 「他者」との「同一」に笑顔を見つけないと、「自分」を確認できません。 「オン ニコニコ 笑顔で ソワカ」という言葉も、私達に大切な言葉であると思います。 とにかくですが、「笑顔」が大切なのです。 それも「自分」の内にある経験事だけでなく、その場にある「他者」を見据える、そして同一できる感覚が必要です。 その感覚と同じように自分を振り返ります。 その時に、自分と他者との間に垣根がなく、笑顔が出始めて、解決の一歩になるでしょう。 そして「他者」も、あなたの「光」を直感で意識し始めるでしょう。 今回は以上にしたいと思います。 最後までお付き合いいただき、有難うございました。 158• 129• 100•

次の

烏枢沙摩明王とは

オン クロダ ノウ ウン ジャク ソワカ

できる経営者はやっているトイレ掃除は絶対オススメ! しょっぱなからトイレには神様がいるので掃除しよう! といわれても、全然根拠がないじゃないか……。 と思われたかもしれませんが、 できる経営者がトイレ掃除を行っているのは本当です。 有名な方だと経営の神様と呼ばれている松下幸之助さんや、 イエローハットの社長の鍵山秀三郎さん、後経営者じゃないですがコメディアンと映画監督をやっている北野たけしさん。 神様の話は抜きにして、なぜ彼らがトイレ掃除をするのかを考えてみました。 黙々と集中してトイレ掃除をすると、頭の中のよけいな思考を遮断するので頭のモヤモヤが晴れてくる。 禅と同じ• クリア状態の頭にはいいアイディアが浮かびやすくなる• 経営や表現を行うにあたってのクリエイティブな発想が生まれる なので経営者はもちろんのこと、クリエイティブな仕事をしている人は全員やるべきです。 お店を経営している場合 特に飲食店は大事 、綺麗なトイレはお客さんも気持ちいいですよね?逆にトイレが汚い場合はもう二度と来店してくれない可能性すらある。 掃除によってリピーターが増えることが金運アップと結びつくわけですね。 いろんな有名人物もやっていたトイレ掃除 有名な経営者、軍人、俳優さんやっているトイレ掃除ですが、もしかしたらそのおかげで運命を切り開かれたのかもしれません。 ・・・ということで紹介します! 経営の神様「松下幸之助」 松下幸之助さんは大正時代に松下電器を創業した人物として知られています。 ある時工場を見学していた松下幸之助はトイレだけだれも掃除をしていないことに衝撃を受け自ら掃除を始め、組織を内部から改革しました。 松下幸之助さんの有名な発言として「強い経営には心を整えること」、「松下電器はモノを作る以前に人を作る会社だ」といったものがあります。 全然関係ないけど、東郷平八郎は僕がすっごく好きな人物だからいつか記事にしてまとめたいな。 北野たけし、TOKIOの松岡、高橋一生は素手でトイレ掃除をする 北野たけしさんは昔お世話になっていた師匠からの教えで、TOKIOの松岡さん、俳優の高橋一生さんたちは親御さんの教えてで素手でのトイレ掃除を行っているそうです。 イエローハットの社長鍵山さんも素手で掃除することを徹底しているようだし、素手でのトイレ掃除というところがポイントです。 素手で・・というところがポイントで僕の考えでは、トイレにいる神様の烏枢沙摩明王も、掃除道具に洗剤たっぷりよりも 素手の方が喜ぶんじゃないかな・・・と勝手に考えています。 実際、現役のお医者さんでも排泄物内に蓄積された300億〜500億の菌による感染症などを警鐘をならす方もいましたし、また、道具を使わないことの非効率さをうったえる人もネット上でみかけたことがあります。 その上でイエローハットの社長の鍵山さんや、北野たけしさんなんかは自宅だけでなく立ち寄った全部のトイレを素手で掃除してるらしいし、 トイレの神様である烏枢沙摩明王が喜ぶなら素手でやってみようかな・・・というのが僕の考えです。 僕がお金持ちになるかどうかは、現状わからないですが、綺麗なトイレは気持ちがいいのでこれからも続けてみようと思います! みなさんも家や職場、お店や公園のトイレが気になったら掃除してみませんか? 無心で掃除をすることで心がスッキリしますし、その習慣がみんなに芽生えたら世界はもっと住みやすくなりますよね! では、また。

次の

トイレの神様!?穢れを浄化する烏枢沙摩明王のご利益とは?

オン クロダ ノウ ウン ジャク ソワカ

この記事の目次• 豊川稲荷の真言 豊川稲荷は本来はお寺 豊川稲荷はお稲荷さんの名で有名ですが、本来はお寺だそうです。 正式名称を豊川閣妙厳寺といい禅宗の仏閣です。 それで、真言があるんですね。 納得です。 豊川稲荷の「稲荷」は、境内の鎮守として祀られる吒枳尼天(だきにてん)のことで、この真言は吒枳尼天(だきにてん)のものだそうです。 吒枳尼天は、インドの古代民間信仰に由来する仏教の女神であるが、日本では稲荷信仰と習合し、稲荷神と同一視されるようになりました。 このエピソードは江川夏美の漫画 鬼灯の冷徹でがとっても分かりやすい回がありましたのでそのうちご紹介します。 豊川稲荷グルメ 豊川市はいなり寿司の発祥の地のひとつと伝えられていて、古くから市内の至る所にいなり寿司を販売するお店があります。 私は門前に売っていた「おきつね本舗」のいなり寿司をいただきました。 美味しかったです。 「わさびいなり」が特に美味でした! この「わさびいなり」は、2009年の「豊川いなり寿司フェスタ 食べ比べ選手権」で優勝したそうです。 さて、本題の真言です。 真言とは そもそも真言って何?という話です。 密教経典に由来し、浄土真宗を除く多くの大乗仏教の宗派で用いられる 呪術的な語句です。 宇宙の真理や隠された秘密を明らかにするもので、本来は人間の言葉で表すことはできないが、方便として世俗の文字・言語を借りてそれに教えを盛り込み、これを観想しこれに心を統一することで、その教えに触れ得るようにしたものです。 仏尊ごとに真言がある 釈迦如来には釈迦如来の真言、大日如来には大日如来の真言というように、仏尊ごとに真言があります。 また、それぞれ出典となる経典が存在するので、同じ仏尊でも、成立の過程が異なる『大日経 胎蔵界 』 と『金剛頂経 金剛界 』 では真言が異なっていたりします。 たくさん唱えることに意義がある 真言は反復して数多く唱えることで絶大な威力を発揮すると考えられています。 真言は、バラモン教やヒンドゥー教のマントラに由来するため「反復」が重視されており、 数限りなく唱えられたときに絶大な威力を発揮すると説かれています。 ではいったい何回唱えればいいのかというと 何回唱えればいいのか? 唱える回数は豊川稲荷では7回でしたが、遍数は、三遍・七遍・百八遍・千遍、十万遍(洛叉)などがあります。 効果を発揮する回数について調べてみたところ 虚空蔵菩薩の真言を100日間ないし50日間で100万遍唱えると、抜群の記憶力と限りない智慧を獲得できる。 30万回をちょっと計算してみました。 5年ですよ。 不動明王の姿を見るためには1日100回唱えたとしても、約8. 意味ではなく音が大事 真言は意味が全くわからないものが多いのですが、これは意味ではなく音が大事だと考えられていたからです。 聖なる音を唱えることが重要であるという信仰に基づいています。 真言は「音が重要であり、唱えるべきもので解釈すべきものではない」という伝統があったため、真言密教の各宗では、真言を翻訳したり意味を考えたりせずに、ひたすら無心に唱えるように指導しています。 意味不明・解読不能でありながら各宗で依用されている真言は多いのです。 解読されていない 真言が解読されてるのはごく僅かでサンスクリット原典も殆ど残っていません。 真言の解読には、一般仏教の知識や密教の経典儀軌、古典『ヴェーダ』や『ウパニシャッド』、『マハーバーラタ』の英雄詩や古代インド神話の知識が必要な上、音写漢字を還梵するという複雑な作業を踏まなければなりません。 またサンスクリット語やチベット語など各種言語にも精通している必要があり、真言の研究はまだまだ成就していないようです。 おわりに 謎の真言 さて真言についてウィキペディアなどで調べてきましたが、 トイレの作法の真言があるということがわかりました。

次の