手首 切る ブス。 ブスは日本に韓国の3倍いるぞ!韓国人は手首を切るブスとの発言があった番組がBPOから倫理違反通知を受ける 韓国の反応

岩井志麻子の「韓国人は手首切るブス」は本当に問題発言なのか……関西メディアが「敏感すぎるだけ」?|日刊サイゾー

手首 切る ブス

あまりにもアホらしいので書く気にもならへんかったんですが、「GSOMIA」の件です。 韓国がこれを破棄しても、日本は何にも困らへんし、破棄を撤回するには日本の輸出管理厳格化をやめよ、という韓国側の主張は、「それ、関係ないやん」の話でしたからね。 左側のマスゴミはいかにも日本が頑ななように書いてたようですが、この問題の真実を一発で表現したのが「リスカブス」、「手首切るブス」でしたね(笑)。 この話はもう、5月のことやったんですね()。 岩井志麻子さん、サイコー。 関テレ、ヘタレ、と思いましたけど。 関西テレビ(大阪市)は18日、5月18日に放送したバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」などと発言したシーンを放送したことについて、取材に対し「視聴者の皆様への配慮が足りず、心情を傷つけてしまう可能性のある表現」「そのまま放送するという判断は誤りだった」と謝罪のコメントを出した。 そして、出したコメントの出だしは この表現をそのまま放送したことは適切な判断ではなかったと考えています。 当初は差別的な意図はないと考え、放送したものでしたが、その後、様々なご批判を受けて社内で議論いたしました。 いつも通りですね、「差別」「傷ついた」。 どこかのブスがホンマに抗議したんやろか?、え?それやったらその人、自分がブスやと認めてるんか?そんなアホな。 一体誰が傷付いたんかわからんような話に謝るんやな、関テレは。 そして謝罪文の最後の行も笑えますね。 今後は、多様性の尊重、人権の配慮といった放送に求められる価値を重んじた番組づくりに努めて参ります。 はいはい、言うときましたよ、てなもんでしょうか。 あ、あかん。 話それたわ。 なんぼ「手首を切るでー」と叫んでも、「そんなん、知らんがな」で終わる話を、国家がやってるわけですからね。 せやからこそ、私はアホらしいて見てられへんかったんですわ。 そしたら案の定、ギリギリで手首切らんと、ちゃんと帰って来はったやんか。 それでもいろんな人が言うてはりますね。 どうせまたそのうち、次のネタを仕込んでギャーギャー言うてくるで、と。 ホンマに疲れますね、あの国は。 別の人は、韓国、あれは実は国家やないんや、アメリカの占領支配地や、と。 私が入れて貰うてるメーリングリストで紹介がありました()。 後出しじゃんけんになるが、私は当初から韓国はGSOMIA打ち切りはないと見ていた。 理由は韓国は主権国家ではなく恐らく米国の占領支配地だと見ているから。 だから今回のGSOMIA問題では、韓国が米国に押し切られるか否かが韓国の主権の在り様が想像できると考えていた。 そしてやはり想像していた通り韓国は主権国家ではないという判断に確信が持てた。 国家の要件は国土と国民と政府で、韓国にも北朝鮮にも恐らく国家が無く、それぞれ米国とロシアの支配下の占領地。 たしかにそうやな。 そしてこの栗原さんは最後にこう書いてはります。 米国はオバマ政権時代に中国から米国はハワイから西を支配しろ!ハワイから西は中国が支配すると言われ、唯唯諾諾と従った。 しかしトランプ政権下の米国は米国太平洋軍を米国・インド太平洋軍に編成替えして、指令本部をハワイから台湾に移す準備をした。 今年2019年6月12日に落成式を行ったAIT新館がハワイから引っ越してくる事になっている本部予定地である。 いよいよXデーは近いのだろうか? ほほう、Xデーか。 ついに半島と台湾が動くんか?とにかく、難民だけは勘弁やな。 桜を見る会がどうのこうの、やってる場合やないで、日本人! ツイッターもよろしく.

次の

岩井志麻子「韓国人は手首切るブス」発言動画と旦那の顔画像

手首 切る ブス

スポンサーリンク リスカブスとは?意味や元ネタ、由来! 単純に意味を解釈するとリストカットするブスということになると思います。 リスカといえばメンヘラの人がするイメージがありますね。 元ネタというと、別にこれまでにリスカブスという単語がなかったわけではありません。 ツイートで遡ってみると2012年9月10日においもbotがつぶやいています。 別のジャンルの言葉を流用した際に、多くの人間が言い得て妙だと感じればパワーワード化しそうです。 では誰が「リスカブス」をパワーワードに押し上げたのでしょうか。 調べてみると一人の人物が浮上しました。 その人物は岩井志麻子女史です。 (画像出典元:ホリプロ) 彼女はホリプロ所属の作家さんで、2008年に18歳年下の韓国人男性と結婚(再婚)しています。 「リスカブス」はバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」出演時に、彼女が韓国に対して発言した「手首切るブスみたいなもん」に由来します。 リストカットは刃物などで手首を傷つける自傷行為で、その動機や目的はいろいろあると思いますが、この文脈では構って!注目して!というアピール面が大きいですね。 さらには自国への実害が出る言動などを、後先考えずに平気で行ってしまう部分も含まれています。 そのくせすり寄ってくるんですよね。 例えば輸出規制すんなと言いつつ、日本製品の不買運動するのもそうです。 また日本製品の不買運動をアピールするために、わざわざ日本製品を購入して破壊する動画を上げるとかもです。 WTOで日本の輸出規制への批判もズレており、他国からは総スカン、つまり逆効果です。 「これ以上悪化させると日本が大変なことになるぞ!だから仲良くしよ?」みたいな発言は最近本当に多いですよね 笑 日本を攻撃しようとやっていることが、日本にとってはほぼ効果がなく、むしろ韓国にとってデメリット面が強いのです。 ホワイト国除外に伴い、日韓軍事情報協定(GSOMIA)の破棄をちらつかせたりね。 ちなみに「リスカブス」は決して汎用性が高い言葉ではありませんが、韓国の言動に注目するとだいたい「リスカブスだな」と感じれるから面白いです。 自立できておらず依存心が強いが、非常に攻撃的であり、その攻撃は自分を苦しめているという意味合いが強いのではないでしょうか。 要するに需要がないのに自傷行為ばかりするかまってちゃんがリスカブスなんです。 韓国以外にも使えるの? これはYesですね。 ただ手首を切るブサイクに対してリスカブスという使い方は直球過ぎて面白みに欠けます。 少し捻った使い方が望ましいですね。 もう市民権を得ている単語と言えるので、ここぞというときに使う方がウケます。 ただもともとある単語なので、手首を切るブサイクに向かって「リスカブス」と発言しても違和感はありません。 相手がどう思うかは知りませんけど。

次の

「「手首切るブス」…うまいこと言うなあ(*´∀`)b゚」青と緑の稜線のブログ | 青と緑の稜線

手首 切る ブス

岩井志麻子公式ホームページより 作家・岩井志麻子の「韓国人は手首切るブスみたいなもん」という発言に対し、関西テレビが、差別的な意図を否定しつつも「そのまま放送したことは誤りだった」と謝罪した。 問題となっていたのは、5月18日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)内での出来事。 今年2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に対して謝罪を要求した韓国国会の文喜相議長をめぐる議論の中で、進行役のタレントに韓国人の気質を問われた岩井が「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。 手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」と発言した一幕である。 岩井は続けて「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや(と言ってしまう)』」と述べ、スタジオの笑いを誘っていた。 この発言に対し、ネット上では「表現がエグいくらい的確。 さすが作家」「この人旦那が韓国人だし。 やはり知り尽くしている」「事実なのに差別なの?」など、岩井の発言を評価する声が多かった。 だが、韓国人を差別するような内容であり、加えてブスという表現も含まれていたため、二重の意味で批判の対象となってしまったようだ。 「以前から『5時に夢中!』(TOKYO MX)などで韓国人の夫をネタにして韓国をディスッている岩井氏ですが、今回は放送時間が土曜のお昼ということで大きな話題になってしまいました。 本人が番組冒頭で『今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから』と言ってますので、少し油断していたところがあったのかもしれません。 しかし、15歳の初体験の相手が在日コリアンであり、以来数十年にわたり韓国人を愛し、さらに夫も韓国人だという岩井氏。 自らの思いを吐露しているようにも読めますし、今さら差別するような意図はなかったのでは」(芸能ライター) 事態を重く見た関西テレビは公式に謝罪文を発表したが、この迅速な対応に対して、局の対応が敏感すぎるという声も上がっているようだ。 「ネットなどでは、関西テレビに対して「謝る必要はない。 言葉狩りだ」という声も多く上がっています。 しかし、つい先月も読売テレビで性別質問炎上事件があったばかりで、関西メディアはこうした問題に敏感になっています。 昨年は『ちょうどいいブスのススメ』という山崎ケイのエッセイがドラマ化される際、『人生が楽しくなる幸せの法則』と変更されるなんてこともありましたし、こうした発言には今後一層注意が必要になりそうです」(同) 表現者としては株を上げた岩井だが、現在の時流にはややそぐわなかったよう。 今後は発言の場所を選んだほうがよさそうである。

次の