格安sim 後悔。 格安SIMの選び方【超簡単】入門者が後悔しない選び方|RITO BLOG

ドコモのいいところ|ドコモから格安SIMに乗り換えると後悔する?デメリットは?

格安sim 後悔

格安SIMの特徴 毎月の携帯代 平均で毎月約5,000円の差がでる 通信速度 場所や時間帯によって遅くなることもある 速度制限 プランによる。 使い放題や大容量プランもあり 通話料金や通話プラン 多くが30秒10~20円。 ぜひ読んでみてね! 格安SIMはプランが豊富!速度制限なしで使い放題のプランもある 大手キャリアスマホユーザーの中でも、データ通信をたくさん使用してしまい速度制限がかかってしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。 契約しているプランによって毎月のデータ通信量の上限が決まっているため、所定のデータ通信量を超えると途端に通信速度が低下してしまいます。 格安SIMはプランが豊富で、なかにはデータ通信量の上限がなく速度制限なしで使い放題というプランも。 一方でデータ通信量が毎月余ってしまう人もいるでしょう。 格安SIMには小容量~大容量もしくはデータ通信量無制限など多彩なプランがあり、使い方に合わせた選び方ができます。 YouTubeなどの動画をよく視聴する人や外出先でテザリングを使用する人は、大容量プランやデータ通信量上限なしのプランがオススメ。 ほとんど利用しない人には、1GB程度の小容量プランがオススメです。 詳しくは「」の記事をご覧ください。 2年縛りがないので好きなタイミングで乗り換えられる 格安SIMのメリットで忘れてはいけないのが、多くが2年縛りを設定していないことです。 格安SIMのほとんどは、6ヶ月~1年ほどの「最低利用期間」を設けているよ。 ただしデータ通信SIMならいつでも解約できることが多いし、まれに2年縛りを設けているプランもあるから、契約前にしっかり確認しておいてね。 格安SIMのデメリットと対処法 格安SIMは使い方や環境によって、デメリットと感じる人もいます。 しかし対策をしておけば、ストレスなく使用することが可能です。 ここでは格安SIMのデメリットと対処法をみていきましょう。 通信速度が遅いと感じる人も!そんな時はWi-Fiを活用 大手キャリアを使用していて「なんだか通信速度が遅いな」と感じたことがありませんか? 通信速度が遅くなるのにはいろいろな理由がありますが、使用する人が集中し回線が混雑してしまうとそういった現象が起こります。 格安SIMは大手キャリアと比べて回線が限られているため、時間帯や場所によっては混雑し速度が遅くなる頻度が多いことも。 特に回線が混雑しやすいのは、次のような場合です。 通話料が割高と感じたらかけ放題オプションに加入 通話が多めの人は、かけ放題や一定時間の無料通話がついたオプションに加入しましょう。 多くの格安SIMで10分や5分かけ放題オプションや、一定額分の無料通話がついたプランなどを設けています。 かけ放題プランのある格安SIM格安については「」で詳しく紹介していますので参考にしてください。 最近ではLINEやカカオトークなどの無料通話アプリや、3分8円など安い通話料で固定電話や携帯電話にもかけられる050IP電話アプリなども充実していますので、これらを利用しているユーザーも多いです。 使い方次第では、大手キャリアよりもお得に通話できます。 自分の使い方に合ったプランやアプリを選んで通話料金を抑えましょう。 店舗が少なくてもチャットやコールセンターで対応可能 多くの格安SIMにはコールセンターやチャットでのリアルタイムサポートがあり、困ったときには店舗がなくともしっかりサポートしてくれますので心配ありません。 実店舗を持つ格安SIMも増えてきましたが、まだまだ店舗が少ないまたは持たないところも多いです。 その分チャットサポートなどで困ったことがあればいつでも対応してもらえますし、契約もネットから簡単にできるので自宅にいながら待ち時間もなく携帯の契約ができます。 乗り換え前にGmailやYahooメールなどのフリーメールに完全に移行しておきましょう。 キャリアメールとは ドコモ(docomo)やau、ソフトバンク(SoftBank)のような大手の携帯会社から提供されるメールアドレスのことです。 jpなど) 今キャリアメールで連絡を取っている人には、格安SIMの契約前にフリーメールのアドレスを伝え忘れないように注意してくださいね。 どうしてもキャリアメールを使い続けたい人は「」を参考にしてください。 LINEのID検索ができなくなる!ふるふるやQRコードで対応 格安SIMでできなくなることはたった2つ。 先ほど説明したキャリアメールが利用できなくなるということと、もうひとつがLINEモバイル以外ではLINEのID検索ができなくなるということです。 今やメールではなくLINEを利用しコミュニケーションを取っている人も多いですよね。 格安SIMでも、もちろんLINEは使えます。 ただし格安SIMでは年齢認証ができないため、LINEモバイル以外ではID検索ができなくなります。 「ふるふる」は使うことができるので、近くにいる人であれば簡単にLINE交換可能。 もしも遠くの人とLINE交換したい場合は、自分専用のQRコードをメールやSMS、Twitterなどで送信すれば、離れていてもちゃんとLINE交換をすることができますよ。 格安SIMでLINEを使う方法については「」で詳しく解説しています。 LINEモバイルは、LINEを使ってもデータ通信量が消費されないなど特徴的なサービスで人気だぜ。 詳しくは「」確認してくれ! 緊急地震速報の受信ができない!?アプリで対応可能 格安SIMでは緊急地震速報が受信できないというウワサを耳にしたことはありますか? 実際は緊急地震速報の情報を受信することができる端末もたくさんあります。 しかしカタログなどを見ても、緊急地震速報に対応しているかが記載されていないことが多く、使ってみないとわからないというのが実情です。 また世界中で販売されているSIMフリー端末の中には、緊急地震速報をキャッチできないものもあります。 そこでオススメしたいのが緊急地震速報や災害情報を知らせてくれるアプリです。 格安SIMに興味があっても、デメリットがわからず、なかなか乗り換えに踏み切ることができないという人も多いですよね。 紹介したとおり格安SIMに乗り換えるとメリットを感じることがとても多いですが、最大の違いは「毎月の携帯料金の安さ」です。 逆に格安SIMができないことはたった2つ。 キャリアメールが使用できないことと、LINEモバイル以外はLINEのID検索ができないことだけ。 そして大手キャリアに比べて通信速度が遅いことがあるという点もデメリットと感じる人がいます。 毎月の利用料金がこんなに安くなるのに、デメリットはこれだけ!?と驚く人も多いんです。 格安SIMにはさまざまなプランが登場しています。 自分の使い方に合わせてSIMカードを選ぶとよいでしょう。 わからない場合は電話やチャットのオペレーターや店舗スタッフに気軽に尋ねてみてくださいね。

次の

【格安SIMの落とし穴】知らないと損をする7つの注意点!|RITO BLOG

格安sim 後悔

最低利用期間に注意! 音声通話SIMには1年の最低利用期間が設定されているところがほとんどです。 最低利用期間内に解約すると 8,000円~10,000円程度の違約金が発生するため、乗り換えは最低利用期間後に行うのが基本です。 デメリットは手続きが煩雑になること この方法は頻繁に格安SIMを乗り換えるため、そのたびに契約および解約の手続きをしないといけないのがデメリットです。 とくにMNPを利用して同じ電話番号を引き継ぐ場合は、毎回MNP予約番号を取得しないといけないだけでなく、 2,000~3,000円のMNP転出手数料もかかります。 乗り換え先のキャンペーン内容やプラン料金によってはコストがかかってむしろ損をしてしまう可能性もあります。 乗り換える前に手数料などを含め安くなるかどうか、しっかり見極める必要があるので、マメな人が向いている方法と言えます! 今月のお得なキャンペーンはこちらの記事を参考にしてくださいね。 格安SIMの中には 長期契約することで月額料金が安くなったり、オプションが無料になる特典がもらえるところがありますよ。 ただし1年毎に格安SIMを乗り換える場合に比べるとお得度では劣ります。 長期特典があっても2年で乗り換えがおすすめ また長期特典があると言っても基本的には2年間限定で、 3年目以降はお得ではなくなることがほとんどです。 つまり長期特典がある格安SIMでも2年間利用したら乗り換えたほうがお得になることも覚えておくと良いでしょう。 1年で乗り換えがお得な格安SIM まずは短期で乗り換えがお得な格安SIMを解説します。 1年サイクルで乗り換える場合、 今やっているお得なキャンペーンを確認して乗り換えるのがおすすめです。 この記事では比較的お得なキャンペーンをやっている頻度が高く、また最低利用期間が1年以内のおすすめ格安SIMを3つご紹介します。 ちなみにこのIIJmio、長期利用特典のある格安SIMとしてもご紹介しています。 長期特典については後ほど解説しますね。 違約金は利用期間で金額が変わる データ通信専用SIMでは利用開始月の翌月末以降はいつでも解約できます。 しかし 音声通話SIMは1年の最低利用期間があり、利用開始から経過した月数によって違約金が変化します。 利用開始月の12,000円が違約金の最大額で、あとは 1ヶ月毎に違約金が1,000円ずつ安くなる仕組みです。 例えば2019年5月に利用を開始した場合の、違約金の推移は次のようになります。 2019年5月解約(0ヶ月経過) 12,000円(税抜) 2019年6月解約(1ヶ月経過) 11,000円(税抜) 2019年7月解約(2ヶ月経過) 10,000円(税抜) 2019年8月解約(3ヶ月経過) 9,000円(税抜) 2019年9月解約(4ヶ月経過) 8,000円(税抜) 2019年10月解約(5ヶ月経過) 7,000円(税抜) 2019年11月解約(6ヶ月経過) 6,000円(税抜) 2019年12月解約(7ヶ月経過) 5,000円(税抜) 2020年1月解約(8ヶ月経過) 4,000円(税抜) 2020年2月解約(9ヶ月経過) 3,000円(税抜) 2020年3月解約(10ヶ月経過) 2,000円(税抜) 2020年4月解約(11ヶ月経過) 1,000円(税抜) 2020年5月解約(12ヶ月経過) 0円• YouTube• YouTube Music• Google Play Music• Apple Music• AbemaTV• Spotify• AWA• radiko. Amazon Music• LINE MUSIC• U-NEXT• YouTube Kids• Facebook Messenger ほかにも、格安SIMでは取り扱いの少ない正規のiPhoneが購入できるなどの特徴があるMVNOです。 BIGLOBEモバイルの最低利用期間 BIGLOBEモバイルのデータ専用SIMは1ヵ月で解約できますが、 音声通話SIMは13ヵ月の最低利用期間があります。 13ヵ月を待たずに解約すると8,000円の契約解除料がかかるので注意してくださいね。 一般的に違約金は1万前後が多いので、BIGLOBEモバイルの違約金は安いと言えます。 とはいえ痛い出費に変わりないので、乗り換えのタイミングには気を付けましょう。 かしわ 高頻度でお得なキャンペーンを開催 BIGLOBEモバイルはキャンペーンにとても積極的です。 スマホ端末が安く手に入るキャンペーンもよく行っています。 最新のキャンペーンについては下記の公式サイトよりご確認ください。 会社 利用回線 詳細情報 お申し込み au(VoLTEのみ)・ドコモ 長期特典のある格安SIM 続いて長期特典がおすすめの格安SIMをご紹介します。 数ある格安SIMの中で、お得な長期特典が用意されているのは次の3社です。 スーパーホーダイは長期割で月額料金がお得• 楽天のヘビーユーザーならさらに割引• 制限されても1Mbpsの速度で使い放題 楽天モバイルの 「スーパーホーダイ」は音声通話SIMと10分かけ放題がセットになったプランです。 基本的な月額料金と内容はサブブランドのプランによく似ていますが、スーパーホーダイには「長期割」と「制限後の速度が速い」とい2つのメリットがあります。 長期割で長く使う人ほどお得に 1つは「長期割」です。 通常スーパーホーダイの最低利用期間は1年間ですが、この 最低利用期間を延ばすことで月額料金が割引されます。 割引額は以下の通り。 最低利用期間 割引額 割引期間 2年 500円 2年間 3年 1,000円 3年契約にすると2年間は月額料金が1,000円割引されます。 ただし3年目は割引が無くなるので注意してくださいね。 さきほどのプランSを長期割り3年+ダイヤモンド会員で利用した場合、 1年目は月額980円、2年目は1,480円で利用できるわけです。 かなりお得ですね。 かしわ 制限後の速度が最大1Mbpsと比較的速い 通常データ通信量を使い切って速度制限がかかると、最大通信速度は300kbpsになります。 しかしスーパーホーダイの制限後の速度は1Mbpsと比較的速いです。 1MbpsであればLINEやブラウジングは快適ですし、画質を落とせば動画視聴も十分できます。 速度はほどほどで良いので制限を気にせず思う存分データ通信を使いたい、という人に向いています。 スーパーホーダイの注意点 とてもお得なスーパーホーダイですが、注意点も2つあります。 割引の有効期間に注意 まず、 各割引はいずれも2年間だけという点です。 スーパーホーダイの料金は使い続けることで高くなるわけではありません。 しかし、割引が途中で切れてしまうので相対的に高くなったと感じてしまいます。 実際の通信速度は? 当サイトでお昼に速度を図ったグラフがこちら。 軒並み速度の下がる時間帯でもUQモバイルの速度は飛びぬけています。 もちろん条件によって速度は変わりますが、UQモバイルはかなり速度が安定していると言えますね。 また、UQモバイルはサポートが充実しているのもポイントです。 auのサブブランドということもあり、専門ショップ 「UQショップ」がauショップと併設されていることがあり、全国各地に店舗があります。 対面による手厚いサポートを受けたい人にもおすすめですね。 UQモバイルの注意点 UQモバイルの注意点は 2年目以降の月額料金が高く感じてしまうことです。 2年目以降は割引率が減る 最初の1年は「イチキュッパ割(1,000円割引)」+「スマトク割(1,000円割引)」でプランSであれば1,980円で使えます。 しかし2年目以降は「スマトク割(1,000円割引)」のみになるため、2,980円になり相対的に値上がりしたように感じます。 そして3年目になると「スマトク割」の代わりに「長期利用割引」で1,000円割引され、月額2,980円で使えます。 年数経過を表にすると以下のような月額料金と内訳になります。 利用年数 月額料金 割引の内訳 1年目 1,980円• 対象のモバイルオプション1つが無料• 1GBのデータ通信量クーポンを1年に3枚配布 1つ目の特典は対象となっている以下の 4つの有料オプションを無料で使えるというものです。 とくに公衆無線LANが使える「IIJmio WiFi by エコネクト」とウィルス対策アプリ「マカフィーモバイルセキュリティ」は利便性が高くおすすめです。 2つ目の特典では1GBのデータ通信量クーポンを1年に3枚、 合計3GB分のデータ通信量をもらえます。 一度条件を満たせば毎年もらえるので、4年、5年と長く使う場合にお得です。 長く使っても、途中で月額料金が高くなるようなことがないので安心です。 料金プラン数は少ないですが、ライトユーザー向けの3GB、中容量の6GB、大容量の12GBとバランスは良いです。 大容量通信を使いたい人でも安心ですね。 シェアプランの長得がもらえるのは1人分だけ 12GBの「ファミリーシェアプラン」は最大10枚のSIMカードで容量をシェアできるという特徴を持っています。 家族で格安SIMに乗り換えたい人や、1人で複数のSIMカードを使いたい人に向いています。 ただし、 長得がもらえるのはあくまでも1つの契約に対して1つという点に注意してください。 1つの契約で複数枚のSIMカードを利用していても、特典がもらえるのはあくまでも1つ分だけです。 長得は申込が必須! IIJmioの長期特典を受け取るには申し込みが必要です。 IIJmioを使い始めて3年経ったら忘れずに申し込みましょう! IIJmio長得の申込方法.

次の

格安スマホに乗り換えて後悔?必ず知っておくべき失敗例と対策

格安sim 後悔

Yahoo! 知恵袋のような独自コミュニティサイト• 電話やチャットによる問い合わせ• 家電量販店など提携店舗でのアフターサービス こんな感じで、 疑問を解決するための手段がいくつも用意されています。 さらに ・・ のように独自店舗を拡大しているところもあるので、以前ほど心配する必要はなくりました。 大手キャリアに比べて通信速度が遅い これは断言しますが、格安SIMに乗り換えると 確実に大手キャリアより回線速度が遅くなります。 格安SIMは大手キャリアの通信網を借りてサービスを提供しているのでこのデメリットは避けられません。 お昼や夕方など回線が混雑する時間帯はもろに影響を受けます。 とはいえまったく使えないレベルかというとそうではありません。 スマホを利用するのに必要な最低限の速度を確保しているものを選べば、ほぼストレスなく利用できます。 通話品質が不安になる 通信速度が遅いと聞くと、通話品質もデメリットなのか不安になりますか? こちらも断言しますが、格安SIMにしたからといって 電話がつながりにくくなることは絶対にありません。 なぜなら格安SIMは大手キャリアの通信網を借りているからです。 さきほどの通信速度の説明と矛盾しているように思われるかもしれませんね。 電話回線とデータ通信回線はまったく別物だと思っていただければ大丈夫です。 くわしく知りたい方は「」をご覧ください。 WiFiスポットが使えない 自宅に光回線などのWiFi環境がないと、docomo Wi-FiのようなWiFiスポットを外で使えるのは便利でした。 格安SIMにすると、 大手キャリアが提供するWiFiスポットは一切使えなくなります。 あくまでも「大手キャリアが提供する」ものが使えなくなるだけで、格安SIMに同じようなサービスがないわけではありません。 ほとんどの格安SIMは 無料または有料オプションでWiFiスポットが使えるようになっているので安心です。 国際ローミングが微妙 正直、格安SIMの国際ローミングを頼りに海外旅行に行くのはおすすめしません。 なぜなら 格安SIMは海外でデータ通信できないというデメリットがあるからです。 しかもソフトバンク回線の格安SIMに至っては、国際ローミングによる通話にすら対応していません。 海外旅行をするなら、レンタルWiFiなど 別のデータ通信手段を確保しておくことをおすすめします。 くわしくは「」をご覧ください。

次の