アフィリエイト サイト 設計。 【初心者向け】アフィリエイトサイトのテーマを決めよう!

サイト設計の完全講義〜概要・ブログとアフィリエイトサイトでの違い・3つの型・進め方を徹底解説〜|ヤマヒ公式サイト

アフィリエイト サイト 設計

サイト作りに初めてチャレンジする方の多くが、ゴールまでの設計図を持たずに、やみくもに前に進んでしまいます。 しかし、このようなやり方で実践してしまうと、必ず途中で「このままやっていて稼げるのか?」「あとどれくらいやれば稼げるのか?」と不安になり、挫折してしまうのがオチです。 この解決法はズバリ、最初にサイトの設計図を作ってスタートすることです。 料理にもレシピがありますし、プラモデルなどにも組み立てマニュアルがついています。 最初の時点で、設計図を作っておくことは、サイト作りに関しても非常に大切です。 この記事では、これからあなたがサイトを作る際に必ず最初に準備しておいてほしい、 「サイト設計図」の作り方を解説しています。 サイト作りでの設計図とは、記事リストである 最初に、設計図とはどのようなものなのかを説明しておきます。 設計図と聞くと、少し難しく感じるかもしれませんが、サイトアフィリエイトをする際の設計図とは、あなたが これから書いていく記事リストのことと考えてください。 これから作るサイトの目的は、「読者さんのためになる情報を伝えること」なので、基本的に記事さえあれば、それを達成することができます。 もしも、その他のWebサービスやアプリであれば、登録画面や投稿画面があったり、チュートリアルがあったりと、設計もより複雑になってしまいますが、情報を伝えるだけであればこういった画面は必要ありませんよね。 ですので、これからあなたは記事リストを作っていくことになります。 記事リストを作るために必要なキーワードリスト で、この記事リストですが、なんの思惑もなく、適当にピックアップしていくわけではありません。 前提としておさらいしておきますと、まずこれから作っていくサイトは、検索エンジンからの集客をメインに行います。 となると、必要なのが検索キーワードの対策です。 あなたのサイトに、「脱毛 エステ」というキーワードを含む記事が無ければ、当然「脱毛 エステ」で集客することはできません。 つまり、対策したいキーワードリスト=記事リストになるというわけです。 キーワードをピックアップしていく 2. ピックアップしたキーワードをまとめていく この2つのステップで、サイトの設計図を作ります。 慣れないうちは少し時間のかかる作業ですが、後々楽をするためにもしっかりと実践してみてください。 キーワードを探し始める前の注意点 設計図はたしかに大切なものですが、最初から完璧なものを作れるわけではありません。 また、新しい商品が出たりとキーワードは日々増え続けています。 最初は、要領を覚えること。 そしてスタートすることが大切です。 経験を積んでいけば、より良い設計図を作れるようになっていきます。 サイトは書籍と違って、どんどん情報を追加することができるので、最初から完璧を目指すよりも、進めながら都度アップデートしていきましょう。 では、さっそくやり方紹介していきます。 テーマやジャンルキーワードの関連ワード テーマやジャンルを選んだばかりの状態では、どんなキーワードがあるか全く分かりません。 そこで、まずしてもらいたいのが、 ジャンルキーワードを検索したときの関連キーワードのリサーチです。 ランディングページは、商品を購入してもらうための大切なページなので、 企業側もしっかりとお金をかけてリサーチし、購入者に響くようなキーワードで訴求をしています。 つまり、ランディングページに登場するようなキーワードは、需要が高く、購入者さんが気になるようなキーワードであると考えられます。 扱うジャンルやテーマによって、複数の商品が存在すると思いますが、それらの商品のランディングページをチェックしてキーワードを抜き出してみてください。 ランディングページからキーワードを抜き出すのは難しい作業ですが、この時点では正しいか正しくないは気にせずに、まずは気になったものをどんどんピックアップしてみてください。 実際に検索して、ライバルサイトの記事ネタをチェック 関連キーワードと、商品ページを見るだけでもかなりのキーワードが集まります。 ですが、あと一工夫。 次にライバルサイトのリサーチを行ってみてください。 ここまでのステップで抜き出したキーワードを実際に検索して、上位表示されているサイトをチェックしていきます。 すると、 上位表示しているサイトは、独自の視点を持って記事を書いている(キーワードを選んでいる)ことが多いです。 先輩アフィリエイターさんのサイトは非常に参考になるので、必ずチェックするようにしてください。 サイトによっては、このような形でサイドバーに人気記事をまとめてくれていることがあります。 よく読まれているということは、それだけ集客がうまくいっている需要が高いネタです。 こういうところからもキーワードが見つかることがあるので、必ずチェックしてみてください。 書籍や雑誌をチェックしてみる ここまで来たら、あとひと押し。 最後に書籍や雑誌などもチェックできれば完璧です。 あなたもこれを聞いて「めんどくさいな…」と感じたかと思います。 ですが、これは多くの人が考えることであり、逆にこのステップを実践することで、ネット上にない知識で勝負することができるのでライバルと一気に差が付きます。 本として出ているものに関しては、監修や校閲も入っているので、ネット上の出処が分からない情報と比べても非常に信頼性が高いです。 こうした、本から仕入れた知識は、後ほど記事を書く際にも非常に役立ちます。 購入に抵抗を感じるようでしたら、本屋さんに行って立ち読みをしてみてください。 雑誌コーナーで少し立ち読みするだけでも、色々なキーワードが見つかりますよ。 ピックアップした記事をまとめて完成 1〜4までの方法で、たくさんのキーワードをピックアップできたかと思います。 ピックアップしたキーワードは、必ずメモ帳かエクセルなどに全てメモしておいてください。 で、ここからはピックアップしたキーワードをまとめて、実際に記事リストにする作業に入ります。 以下の点を注意しながら、まとめていってみてください。 ジャンルに関係のないキーワードを除く こうしてキーワードをピックアップしていくと、ジャンルにあまり関係のないキーワードも出てきます。 とくに、関連キーワードツールを使う場合は、関係ないキーワードが含まれやすいです。 例えば、「脱毛」というキーワードで検索してみると、以下のような関連キーワードが見つかります。 やり方• こうしたキーワードをバラバラにしてしまうと、同じような記事が2つも3つも出てきてしまいます。 現在は重複コンテンツはマイナス評価につながってしまうので、必ず同じような意味のキーワードは1つの記事でまとめてあげてください。 サイト設計図の作り方に関しては以上です。 キーワードリストが出来たら、あとはそれに沿って記事をコツコツと追加していくだけです。 僕の場合は、タイトルを先に決めることもありますが、その辺はあなたのやりやすい方法で進めてもらって大丈夫です。 今回調べたキーワードを更に深掘りして、より良い記事を書く準備をするためのステップは以下の記事で紹介しています。 キーワードからタイトルを付けるステップについては以下の記事を参考に。 実際に、記事本文を書いていくステップについては以下の記事を参考にしてください。 設計図を作ることで 「これから何を、どれくらいの量こなしていくか?」が明確になり、スムーズに今後の作業を進めることができます。 是非、この記事を参考にして最初に設計図を作ってみてください。 それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました! 僕は元々は 時給300円以下の極貧生活も経験をしています。 働いても働いても、稼げない…ビジネスのセンスや才能はまるで0でした。 学生の頃父親に「おまえは何にもなれない」と言われたことがコンプレックスもあり、「レールに沿った人生の方が幸せだったかも」と心が折れたことが何度もあります。 それでも、覚悟を決めて本気でビジネスに取り組むことで、今では普通のサラリーマン以上の収入をもらい、好きな人たちと楽しく仕事ができるようになりました。 そのためには、センスも才能も、恵まれた環境もいりません。 ビジネスで自立して、主人公として生きていく。 過去の僕と同じように人生モヤってる人が、思いっきり活躍するために、その具体的な方法や、僕の過去の経験をメールでお話しています。 祐(ユウ) 法人5期目。 日々勉強。 「おまえは何にもなれない」と父親に言われ劣等感をこじらせまくる。 反骨精神と逃げたい気持ち半々で田舎から上京。 東京で働き口を見つけるも、会社の給料の未払いから「このままじゃやばい」と思って独立。 が、時給300円以下のもっとやばい地獄の生活を経験。 そこから真面目にビジネスを学び今に至る。 枠からはみ出ても、本気で生きればなんとかなる。 新規メディア半年で月収135万円達成• その後、10ヶ月目に月収280万円達成• 月間1億PV メディアデザイン制作• 某2億円規模塾 ツールデザイン制作• 有名RPGキャンペーンページ制作• ジャンプアニメサイトデザイン制作.

次の

【SEOに強い】最強のアフィリエイトで上位表示出来るサイト設計の方法!

アフィリエイト サイト 設計

ウェブスターマーケティング株式会社の吉岡政人さんによるSEOに関する記事も、今回の3回目で最終回となります。 「」に続き、今回はトップページのキーワードの考え方についてお届けします。 今後、変わっていく可能性もありますので、ご了承ください。 「検索ボリュームが大きいキーワードを選べばOK!」ではない サイトを作るときは、トップページに設定するキーワードを何にするか悩みますよね。 初心者はの中には「ビッグワードは、SEO激戦区だから自分のサイトが表示されるはずがない」とビッグワードを避けて、小さなキーワードを設定するという人が多くいるようです。 例えば「脱毛、東京」これは難しそうだな、「脱毛、巣鴨」ぐらいにしておこうか。 というようなイメージです。 だからといって、「検索ボリュームが大きいキーワードを選定すればよいか」といえば、私はそうは思いません。 サイト設計の最初の段階からいきなり「検索ボリュームが大きいキーワードを選べばOK」ではないのです。 「検索ボリューム」と「キーワード概念」は、あまり関係がないと私は考えているので、キーワード選定のはじめの段階から「検索ボリューム」は意識しません。 最終チェックの段階で、はじめて「検索ボリューム」によるチェックをしますが、まず、「サイトの設計をどうしていくか」を先に考えていくことをおすすめします。 キーワードを選定する事例として、「脱毛」をあげてみます。 関連キーワードを羅列する 「医療 脱毛」、「脱毛 渋谷」、「全身 脱毛」、「永久 脱毛」、「わき 脱毛」、「出産後 脱毛」、「脱毛 クリーム」、「脱毛 手軽」、などいろいろなキーワードがあります。 まず、このように「脱毛」に関連するキーワードを羅列します。 関連キーワードをグルーピングする キーワードの羅列が終わったら、検索ユーザーの意図を考えて、関連がありそうなキーワードをグルーピングしていきます。 「医療 脱毛」の意図の中に、各キーワードの意図も内包される部分があります。 具体的には、下記のようになります。 医師の監修のもと脱毛できる場所を、渋谷で探したい。 医師の監修のもと、全身脱毛をしたい。 医師の監修のもと、永久脱毛をしたい。 医師の監修のもと、わき脱毛をしたい。 出産後に脱毛をしても大丈夫か、医師の診断を受けたい。 このように、「医療 脱毛」に各キーワードが内包されるため、トップページのH1キーワードとして「医療 脱毛」を選択します。 そのサイトに、どのようなコンテンンツを入れるかを考えた場合、「脱毛 渋谷」、「全身 脱毛」、「永久 脱毛」、「わき 脱毛」、「出産後 脱毛」のキーワードをカテゴリーとして個別ページを配置していきます。 「脱毛 手軽」、「脱毛 クリーム」は「手軽に脱毛をしたい」意図があるので、「医療 脱毛」とは関連が弱いと考えます。 トップページのH1キーワードの決め方 「キーワード出し」と「グルーピング」を、もっと続けていくと「医療 脱毛」のほかにも、「医療レーザー脱毛」、「脱毛 病院」、「脱毛 皮膚科」などのように、「医師の監修のもと行われる脱毛」という概念のキーワードが出てきます。 概念が近いキーワードが複数出てきた場合、私はここではじめて「検索ボリューム」という考えを使って、検索ボリュームが大きいキーワードをタイトルに採用します。 Googleの「」(外部リンク)を使って、検索ボリュームをチェックすることができます。 このテーマ設定がサイトのその後の運命を握るくらい重要です。 まず、キーワードを徹底的に羅列してから、意図ごとにグルーピングしましょう。 検索意図が同じキーワードが複数ある場合は、検索ボリュームが多いキーワードを選択してH1タグに設定するといいでしょう。 3回に渡り、概念についてお届けしてきましたが、いかがでしたか? ご紹介した内容を、ぜひ実践してみてくださいね。

次の

アフィリエイトで稼げるブログ設計図の作り方|効果的な8つの方法とは?

アフィリエイト サイト 設計

サイト設計とは? サイト設計の定義は曖昧なのですが、ざっくり言うと「記事作成に入る前にする、SEOに強いサイト構造を考える作業」の事です。 要は、キーワード選定をしながら行き当たりばったりでサイト更新をするのではなく、必要な記事やカテゴリ・内部リンク構造を全て事前に決めておいて、「サイトの完成形」を作った上で中身(記事)を入れ込んでいけ、という事です。 その際、「ペルソナ設定」や「狙うメインキーワードの選定」も作業内容に含まれている事が多いです。 具体的なサイト設計ノウハウについて知りたい場合は、適当にググってください。 アフィリエイト初心者は、サイト設計にこだわりすぎない方がよい たしかにサイト設計は大事ですが、個人的には「初心者はサイト設計にこだわりすぎない方が良い」と思います。 その理由は、以下の通りです。 いきなりドンピシャのサイト設計をするのは難しい サイト設計をするためにはまず、「競合が少なく、かつ稼げそうな所(キーワード・ペルソナ等)」をリサーチする必要があります。 これって結構、経験やセンスが必要なところです。 何時間~何日間も時間をかけてリサーチ(という名のネットサーフィン)をして「これだ!」と決めたメインキーワードやサイトの切り口が、結果的に的外れで終わるというケースもザラです。 どんなに丁寧にサイト設計ができても狙うキーワードが的外れだと、サイト完成後にとても残念な気持ちになります。 しかも、リサーチ作業は、すればするほど迷走しがちです。 リサーチは稼ぐために大切ですが、リサーチすれば稼げるわけではありません。 「サイト設計マニュアル」みたいな情報商材が欲しくなる あと、サイト設計に傾倒しすぎると「サイト設計マニュアル」みたいな情報商材が欲しくなるので要注意です。 個人的な見解ですが、「サイト設計」という言葉を流行らせた一番の功労者は情報商材屋です。 サイト設計に関する話がネット上で語られるようになってから、 「サイト設計が大事なのは何となくわかったが、具体的にどうすればいいのかわからない」 という人が続出しました。 情報商材屋は、この層に対して「サイト設計マニュアル」みたいな情報商材を売ったり、「サイト設計勉強会」みたいなサロンで商売をしています。 サイト設計をする前に、もう1ステップ アフィリエイト初心者の方におすすめなのは、サイト設計をする前に、もう1ステップ踏む方法です。 その1ステップとは、「いけそうなキーワードを探す為のリサーチ用サイト」を作成する事です。 サイト設計を考えずに、まずリサーチ用サイトを作る サイト設計を考えずに、まずリサーチ用サイトを作ります。 ひとつのジャンルに対して数パターンの切り口で記事を作成し、一つのサイトを作ります。 サイトテーマを絞り切れていないので、このサイト自体はあまり成果を期待できないです。 しかし、サイトを作成してからある程度たつと、「特定のキーワードや切り口での流入」が目立つことに気が付きます。 リサーチ用サイトのデータをもとに、新しい本命サイトを作る このキーワードや切り口を狙って、新しいサイトを作成します。 新しいサイトを作成する際は、リサーチやサイト設計を好きなだけやってOKです。 この方法であれば、いきなりニッチなワードにフルスイングするよりも打率が高いです。 それなりに遠回りなやり方ではあるので、「そんな事やらなくてもリサーチでいける」という人は、自分の力を信じてそうすればよいと思います。 一つのサイトに固執しない方がよい 一発一中で稼ぎたいという人が、サイト設計に傾倒しやすい気がします。 「このサイトで絶対稼いでやる!」と、一つのサイトに固執してしまうと、方針が間違っていた場合にピボットしずらいです。 手探りで、ある程度の目星をつけてから全力投球した方が、成功しやすいです。

次の