レグザ メモリ不足。 「メモリ不足のためこの操作を実行できません」と表示されるときの対処法

最近Youtubeが重い・止まる時の原因と解決方法【iPhone/Android/パソコン】

レグザ メモリ不足

予約録画ができない! REGZAでは、何らかの理由で予約録画が行われなかったとき、「 本機のお知らせ」で教えてくれます。 テレビの電源を入れると、画面の左下に「お知らせ」が出るんですが、これがかなり頻繁に出るようになりました。 そもそも、録画が失敗するのは「番組が中止になった」「番組が延長されて開始時間が変わった」「電波状況が悪い」などが主な理由なので、そんなにしょっちゅう起こることではありません。 最初の頃は「 2番組同時録画ができない」「 録画できるけどチャプターが付かない」などの症状だったのが、しばらくすると ほとんどの録画・予約録画が失敗するようになってきました。 HDDの故障か? 録画ができない、というので真っ先に疑ったのが「ハードディスクの故障」。 一応、東芝のサイトで検証済みの機種を使ってはいましたが、ハードディスクは壊れやすいですもんね。 まず、テレビとハードディスクの電源を落としてしばらく放置し、接続し直してみました。 すると初回は録画できましたが、2回目からはやはり失敗。 次に、接続しているUSBケーブルを別のものに交換してみましたが、これもダメ。 となると、やはりハードディスク本体か…?と思い、新たに1台購入。 まあ、あって困るものではないですから… しかしなんと、 新しいハードディスクを接続しても、録画ができない! ここに至るまで、テレビの故障だとは思っていなかった(思いたくなかった)ので、ショックでした。 まだ買ってから3年経ってないのに… 東芝のご相談センターに電話 いよいよ自分だけでは解決できそうにありません。 やっぱりテレビの故障か、修理するにしてもゴールデンウィーク明けだろうな…と憂鬱になりながら、東芝のサポートに電話をしました。 そしてサポートのお兄さんに、現在の状況と今までにやった事を話したところ、「 初期化」を試してみてほしい、と言われました。 いわゆる「 お買い上げ時の設定に戻す」というやつですね。 そういえば、ネットで調べたときに「キャッシュがたまってる」という説もみかけたんですが、テレビのキャッシュをどうクリアするのか結局わからなかったんです。 確かに、初期化すれば色々なものが一掃されそう。 でももちろん、 初期化することで様々な設定がリセットされるので、最終手段です。 REGZA 55Z700X の場合、初期化には「初期化1」「初期化2」「すべての初期化」の3種類があり、今回は「 初期化2」を試してくれ、とのことでした。 安易に初期化の判断はせず、まずは必ずご相談センターに相談しましょう! チャンネル設定や画質・音質設定、予約リスト、そしてハードディスクの中身など、諸々が消えてしまう可能性があることを了承したら、えいやっと初期化! 初期化した後は、チャンネル設定からやり直す必要があります。 画質なども色々いじった記憶がありますが、もう覚えていないので…一から設定するしかありません。 そして、肝心の録画については… ばっちり、治りました!!! サポートの電話を切り(お兄さん、ありがとう!)、早速テストしてみます。 普通の録画、予約録画、2番組同時録画、録画しながら別番組を再生、などなど試してみましたが、今のところ問題ありません。 やっぱり、何年か使っている間にキャッシュみたいなものが溜まっていたんでしょうか。 初期化したとはいえ、再設定が面倒という以外のダメージは無かったので、本当によかったです。 また同じような現象が起きたときの対処方法も分かったので、一安心という感じでした。 おまけ:Youtubeが見れない! 実は、録画ができない他にもうひとつ、問題が起きていました。 REGZAにはクラウドサービスという機能があって、NetflixとかプライムビデオとかYoutubeのような配信サービスをテレビで見ることができます。 これも録画できないことと関係あるのかしら?と思っていたのですが、どうやら違ったみたいです。 これについては、 リモコンの「終了」ボタンを2秒以上長押ししてください、とのことでした。 「え、そんなんでいいの?」と思いましたが、今の所「メモリ不足」のメッセージは出ていません。 (これで解決するとは限りませんので、まずはご相談センターに相談を!) というわけで、立て続けにテレビのトラブルに見舞われましたが、とりあえずは修理に出すことなく解決することができました。 失敗といえば、早まって新しいハードディスクを買ってしまったことくらいですが、いずれ買い足さないとと思っていたのでちょうど良かったです。 同じようなトラブルがあったときの参考になれば幸いです。

次の

DAZNの画質が悪い時の高画質設定方法!画質を落とす調整方法も解説!

レグザ メモリ不足

テレビでインターネットを視聴中、 メモリ不足により アプリが 強制終了されてしまう 不具合症状 YouTubeなどの動画サイトをテレビで視聴中、 「メモリ不足のためWebブラウザを終了します」という メッセージが表示され、 実行中のアプリが 強制終了されてしまう。 確認事項 原 因 携帯電話やPCと同様、 テレビもアプリを実行 しながらメモリを 振り分けます。 テレビはスマートフォンやPCと違いメモリを手動で終了したり、 アプリ単位で エラーメッセージを表示せずに、 システムで メッセージ を表示、 または自動的に動作を終了させます。 テ レビのデータメモリ量は、PCに較 べて 少ない為 PC使用時と同じように、動画アプリを長時間 視聴したときなどは 強制終了になってしまうことがあります。 または、メモリが一杯になり空き容量が不足している事 が 考えられます。 この場合テレビを初期化する事で改善できます。 「初期化の手順」 リモコンの「ホーム」ボタンを押して、次の手順で進んでください。 対処方法 テレビを初期化して、 メモリの空き容量を増やすように してください。 また、テレビのソフトウェアが最新バージョンに なっていることを ご確認ください。 テレビが常時インターネット接続されている場合、 「ソフトウェアを更新する」のチェックボックスを 有効にすると、 ソフトウエアが更新された際に自動的に 更新される ようになります。 アプリがあるコンテンツの場合、アプリから開くことで メモリ使用の消費を抑えることができます。 例:YouTubeを視聴する場合、YouTubeのアプリからの視聴をおすすめします。 ブラウザからYouTubeへアクセスするより、メモリ使用を抑えることができます) 多くのメモリ容量を必要とする 高解像度 の写真や 動画ブラウザは 複数実行せず、 単独で実行するようにしてください。 例:4Kや8Kなど、高画質でメモリを消費する動画を視聴されると 早い段階で「メモリ不足」の メッセージが出てくるようになります。 [テレビ情報]から[使用可能な内部ストレージ]に進むと 使用可能容量を「GB」単位で確認できます。 なお、 テレビ本体のメモリ増設(内部ストレージの増設)は、 いずれのモデルもできません。 強制終了されてしまう場合や、表示できない事が続くインターネットサイトを テレビの大画面で楽しみたい場合は、パソコンをテレビに接続して ご覧いただくことをお勧めします。

次の

TVインターネットのメモリ不足解消法

レグザ メモリ不足

パソコンの起動が遅くなる原因とは? 起動が遅いとき、考えられる原因をいくつかご紹介します(これらの項目は、全Windows OS共通です)。 心当たりはありませんか? 空き容量が不足している パソコンには容量というものがあり、その分までしかデータやソフトを保存しておけません。 この 容量が圧迫されてくると、動作が遅い・重い原因になります。 空き容量の確認方法 1. 使用領域と空き容量が表示されるので、使用領域がどの程度を占めているか確認してみてください。 空き容量は最低でも30%以上が望ましいです。 メモリが不足している パソコンは、ソフトの起動や作動する際に「メモリ」を使います。 これは要するに「仕事を処理する能力」のことです。 その能力を超える仕事が振られれば、当然処理が追いつきません。 それがメモリ不足という現象で、データの読み込みなどに時間がかかり、動作が遅くなるというわけです。 次項でも紹介しますが、 常駐ソフトが多いとメモリ不足に陥りやすくなります。 メモリの確認方法 1. 使用率が60%以上になるとやや高負荷状態です。 負荷が高いほど、パソコンの動作に影響を与えます。 常駐ソフトが起動している 常駐ソフトとはOSの起動と同時に起動し、終了するまで作動しつづけるソフトをいいます。 同時に起動してデータを読み込むため、動作が遅くなってしまうのです。 なかでも、とくに多いのが「セキュリティソフトを入れたら起動が遅くなった」というケース。 製品によりますが、セキュリティソフトはパソコンの起動と同時にスキャンを実施します。 これが原因で遅くなったのでしょう。 「常駐するソフトは入れていない」という方も、ほかのソフトをインストールした際、同時インストールされたとか、メーカー製パソコンに元から入っていた可能性があります。 Windows Updateをおこなっている Windows OSは定期的にアップデートがありますが、このアップデートを実行している最中は、動作が重くなりがちです。 また、データのインストールが終わったように見えても、しばらく作動している場合があるので、この場合は完全に終わればもとに戻るでしょう。 パソコンが発熱しすぎている パソコンは内部で複数の装置が作動するため、高い熱が発生します。 通常、この熱はうまく排出される仕組みですが、なんらかの障害があると熱の排出がうまくいかず、「熱暴走」を起こす場合があります。 熱暴走を起こすと動作が遅くなる、フリーズするといった症状が出ます。 まれではあるものの、 最悪の場合はCPUが焼けて破損する場合もあり、危険です。 熱暴走を起こす原因には、つぎのようなものが挙げられます。 CPUファン(熱を排出する扇風機のようなもの)が故障している• 内部にホコリ、ゴミが溜まって熱が排出できない• パソコンの周囲に物が積まれており、熱が排出できない• パソコンを使う部屋の室温が高い パソコンが帯電している パソコンを長時間使いつづけると、パソコンの内部に電気が留まり、電源が入らなかったり、動作が不安定になったりする場合があります。 周辺機器などを多数接続している 起動時に周辺機器を多数接続していると、それらの読み込みにも時間がかるので、起動が重くなる場合があります。 ウイルス・スパイウェアに感染した ウイルスやスパイウェアは種類によりますが、感染すると常駐して悪事をはたらきます。 そのため、常駐ソフトと同様に起動が遅くなってしまう場合があるのです。 起動が遅くなる前にあやしいサイトを見たとか、なにかソフト・データをインストールしませんでしたか?そこからウイルス感染した可能性があります。 パソコンの起動が遅いときの解決方法 前項で挙げた、起動の遅くなる原因の解決方法を解説します。 項数が対応しているので、当てはまると思われる原因をもとに参照してみてください。 データを移行・使用頻度の低いソフトを削除 データをUSBや外づけハードディスクに移動しておけば、パソコン内部のデータを減らすことができます。 また、あまり使っていないソフトなどがあれば、削除してしまいましょう。 不要なソフトを削除する方法 1. メモリを増設する メモリが不足している場合は、メモリの増設か不要なソフトの削除、もしくは常駐ソフトのオフ(削除)で解決します。 メモリの増設は、メモリの挿さっているスロットに空きがあれば、そこに新たなメモリを挿すだけで完了です。 また、常駐ソフトのオフ・削除については、次項で解説しています。 不要な常駐ソフトを切るか削除する 常駐ソフトがパソコンの起動時に起動しないように設定すると、起動がかなり早くなる可能性があります。 常駐ソフトを切る方法 1. 常駐不要なソフトのチェックを外し、「OK」で完了 Windows Updateに失敗がないか確認 Windows Updateの最中で重いのは仕方ありませんが、アップデート後も動作が不安定なときは、アップデートに失敗した可能性があります。 更新の確認方法 1. つぎのような画面が表示されなければ、操作する必要はありません。 出た場合は「再実行」を押してください。 パソコンの熱を排除する パソコンの熱がうまく排出されないことが原因の場合、この熱を逃せば改善する可能性があります。 熱を逃がす方法は以下のとおりです。 パソコンの周囲、内部を掃除する• パソコンと壁の間にすき間をつくる• パソコンに直射日光が当たらなくする、室温を下げる• CPUファンの交換か修理をする(CPUファンの故障は異音でわかります) なお、パソコン内部の温度はフリーソフトで計測できます。 熱が原因か調べるときや、改善したかどうかを確認するのに便利です。 パソコンを放電する パソコンを長時間使用していて調子が悪いときは、一度コンセントからコードを抜いてください。 その後、1分程度放置すれば直るでしょう。 なお、コードやバッテリーを外すことのできないタブレットなどはこの作業をできません。 電源を切ってしばらく様子を見るしかないでしょう。 周辺機器などは起動後に接続 スキャナーやスマホなどを接続した状態で起動しても問題はありませんが、重いのが気になるという方は外してみると改善する可能性があります。 ウイルス・スパイウェアを駆除する ウイルス・スパイウェアの感染が疑わしいときは、セキュリティソフトでの駆除が手っ取り早いです。 セキュリティソフトが入っているならスキャンを実行してみてください。 まだインストールしていないという方は、30日間無料のソフトを使えば、タダでスキャン・駆除がおこなえます。 ただし、ニセのセキュリティソフトには要注意。 定期的にチェックしておきたいポイント つぎのような部分を定期的にチェックしておけば、パソコンの起動が遅くなる問題を防ぐことができるでしょう。

次の