今後のご活躍をお祈り申し上げます。 上司の栄転が決まったときに贈るメッセージ例文

「益々のご活躍をお祈り申し上げます」の使い方!場面別テンプレ付き

今後のご活躍をお祈り申し上げます

「お祈り申し上げます」の意味 「お祈り申し上げます」は 「相手に良いことがあるように祈っていること」を丁寧に伝える言い回しです。 ビジネスメールなどでは、 先方の成功や活躍・発展・繁盛などを願うことが多いとされています。 「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 ただ、「お祈り申し上げる」の「申し上げる」は謙譲語としては使いません。 「お〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 「お祈り申し上げます」は、 結びの挨拶としてメールや手紙の文末や改まった場での締めの挨拶として用いられます。 「お祈り申し上げます」の使い方と例文 メールや手紙の最後の締めくくりとしては、相手の幸せや健康を願う気持ちを入れるのが基本的です。 「お祈り申し上げます」に相手の幸福や健康を願う言葉を加えた文章は、定型文として使われています。 「お祈り申し上げます」は正しい敬語表現なので、目上の人に対して使うことができます。 「祈る」という行為は、目上の人に行っても失礼には当たりません。 「お祈り申し上げます」は手紙文の常套句なので、親しくない相手に対しても遠慮なく使えます。 また、この一言を入れることで、真面目な姿勢や好印象を与えられます。 相手によって「お祈り申し上げます」だと少々堅いなと思うときは、代わりに 「お祈りいたします」を使用できます。 相手の健康、活躍などを願う 「お祈り申し上げます」は結婚式の挨拶、年賀状、就活で不採用だったときのお祈りメールなどで使われます。 就活で不採用だった場合に「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」というメールがきます。 不採用となる旨を、「採用を見送らせていただく」「ご縁がなかった」などといった言い回しで表した後に、最後「ご活躍をお祈り申し上げます」という形で締めていることが多いです。 例文 ・ご結婚おめでとうございます。 二人のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 ・略儀にて恐縮ではありますが、今後、益々のご繁盛をお祈り申し上げます。 ・栄えあるご栄転を心よりお祝いいたしますとともに、より一層のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 ・ 今後、益々の御社ご繁栄と、社員皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 ・皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 ・一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。 相手に不幸があったときにも使う 「お祈り申し上げます」は「相手に良いことがあるように願う気持ち」を表す言葉ですが、亡くなった人の冥福を祈る場合にも使います。 そのような場合は、主に 「ご冥福をお祈り申し上げます」を使用します。 「ご冥福お祈り申し上げます」は、「故人の死後の幸福をお祈りいたします」を意味しています。 「ご冥福をお祈り申し上げます」は遺族に対してではなく、故人に対して使う言葉です。 遺族に対して「ご冥福」を使う場合は、「この度は、誠ににご愁傷様でございます。 (故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします」と故人に対しての言葉であることが伝わるようにしましょう。 例文 ・この度はご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 ・本来であれば、弔問にお伺いすべきところではございますが、都合でご葬儀に伺うことができず申し訳ありません。 略儀ながらメールにてお悔やみを申し上げます。 ・この度はご愁傷様です。 思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ・ご母堂様のご冥福をお祈り申し上げます。 上司や取引先などに「期待しております」などと使ってしまうと、「仕事で結果を出すことを期待していますよ」と上から目線なニュアンスになってしまいます。 目上の人に使ってしまわないように注意しましょう。 「お祈り申し上げます」への返事 「お祈り申し上げます」という文章が入ったメールや手紙をもらったら、何て返事をすれば良いのでしょうか。 このような場合、相手は自分を気遣ってくれていることになるので、それに対するお礼をします。 「感謝いたします」「お礼申し上げます」などと感謝の気持ちを述べた後に、自分から相手に対しても幸福や健康を願う文章を書くのが良いでしょう。 就活では不採用通知で「お祈り申し上げます」と書いてあるメールをもらうことがあります。 このような場合は基本的に返信する必要はありません。 しかし、最終面接で不採用になった場合や、担当者に何かお世話になったり、親切にしてもらっていた場合は、選考してくれたことに対するお礼や今後の抱負などを簡潔にまとめて、返信するのが良いでしょう。 例文 ・お気遣い心より感謝いたします。 ・励ましの言葉をいただきお礼申し上げます。 今後ともご支援をくださいますようよろしくお願いいたします。 ・ご多忙中の折、ご連絡いただきありがとうございます。 「ご冥福お祈り申し上げます」の返事は? 「ご冥福をお祈りします」と言われた場合は、 ・恐れ入ります ・痛み入ります ・恐縮です ・お心遣いありがとうございます ・ご丁寧にありがとうございます などと言います。 感謝の気持ちを表す「恐れ入ります」や、相手の優しい気持ちに恐縮するという意味がある「痛み入ります」が適切になります。 また単に「ありがとうございます」と言うのはなるべく避け、「ご丁寧に」「お心遣い」といった言葉を付けて返事をしましょう。 「お祈り申し上げます」の言い換えは「祈念」 「祈念(きねん)」は 「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味します。 例えば「国際平和を祈念する」「健康を祈念する」などと使います。 「お祈りいたします」「お祈り申し上げます」をより改まった表現にしたのが「祈念」になります。 主に「祈念いたします」「祈念申し上げます」と使います。 例文 ・貴社の益々のご発展を祈念いたしますとともに、一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 ・皆様のご活躍を祈念いたしております。 ・今後のご成功を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

次の

「お祈り申し上げます」とは?目上や病気の人・メールでも使える?類語・英語表現も確認

今後のご活躍をお祈り申し上げます

今後ますますご健勝とご活躍の程、お祈り申し上げます」• 「この度は御栄転おめでとうございます。 今後の新天地での御活躍の程、お祈りしております」• 「御栄転、おめでとうございます。 今後もますますのご活躍の程お祈り申し上げます」• 重責を担う事になり、御心労も多いかと拝察いたしますが、どうかご自愛の程、宜しくお願い致します」• 「昇進おめでとうございます。 今後はより一層お忙しくなるかと存じますが、どうかさらなる健康に留意の上、ご活躍を願っております」• 「御栄転なさったと伺いました。 お慶び申し上げます。 またいずれお会いした際にはご活躍の様子、お聞かせいただけたらと思います」• さらなる激務となりますでしょうが、一層の敏腕を揮われんことをお祈り申し上げます」 上司が栄転する際に贈るカジュアルなメッセージ 上司といっても、時には堅苦しい挨拶が適切ではない場合もあるだろう。 仲のいいお世話になった上司には、多少フランクな表現で栄転を祝おう。 そんなときに使える、カジュアルな栄転祝いのメッセージを紹介しよう。

次の

様々なビジネスシーンで使える「ご活躍」の意味と類語、その例文

今後のご活躍をお祈り申し上げます

相手の健康、幸福、繁栄などを祈る挨拶• 何卒お身体おいといください。 何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。 健康にはくれぐれもご留意ください。 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております。 皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。 くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。 貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にご活躍ください。 時節柄、どうぞご自愛くださいませ。 天候不順の折、何卒ご自愛ください。 風邪など召されませぬようご留意ください。 どうぞ穏やかにお過ごしください。 体調を崩されませぬようご留意ください。 心穏やかにお過ごしください。 今後の厚誼、鞭撻を願う挨拶• 今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。 引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。 今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。 宜しくお引き回しくださいますようお願い申し上げます。 末永いお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。 何卒お力添えをいただきますようお願い申し上げます。 今後ともよろしくお願いいたします。 用件をまとめる挨拶• まずは右ご連絡まで。 取り急ぎ、用件のみ。 取り急ぎ御礼まで。 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 右、書中をもってご案内申し上げます。 まずは書中にて御礼申し上げます。 まずは御礼かたがたご挨拶まで。 改めましてご挨拶に伺います。 取り急ぎ、一筆ご連絡まで。 まずは用件のみにて失礼いたします。 右取り急ぎお詫び申し上げます。 まずは謹んでお悔やみ申し上げます。 略儀ながら書状にて、ご冥福をお祈りいたします。 例:「まずは右 ご連絡まで。 」 乱筆、乱文を詫びる挨拶• 乱筆乱文お許しください。 乱筆乱文お詫び申し上げます。 乱筆乱文のほど、ご容赦願います。 伝言を頼む挨拶• 末筆ながらご家族様へくれぐれも宜しくお伝え願います。 この趣、皆様にもご伝言ください。 皆様へよろしくお伝えくださいませ。 家内からもよろしく申しております。 返事を求める挨拶• 諸事ご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております。 折り返しご一報賜りたくお願い申し上げます。 恐縮ではございますがご返事のほどお願い申し上げます。 ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。 恐縮ではございますが、何分の御回答をお願いいたします。 ご返答をお待ち申しております。 折り返しご一報ください。 スポンサーリンク.

次の