スーパー ボール 級。 【ポケモン剣盾】ランクバトルのマスターボール級はレートでいうとどのくらいか?※発売前予測

【マスターボール級達成】バカでもできるトリックルーム構築|ガトー|note

スーパー ボール 級

皆さん、ポケモン対戦楽しんでいますか? ポケモン剣盾は旧作と比べても対戦が非常に盛り上がっており、対戦人口も急激に増えていると言われています。 ですので、私の様に剣盾から対戦に興味を持って始めた、いわゆる初心者の方も多いかと思います。 そんな初心者にとって最初の壁。 それがスーパーボール級を抜け出すことです。 スーパーボール級では負ければレートが下がるので、ある程度連勝しないとハイパーボール級には上がれません。 負け続けてもスーパーボール級という大きな括りから落ちることはありませんが、スーパーボール級の中でランクは上下します。 一方のハイパーボール級はランクが一つしかないので上がるのは簡単です。 そのため、マスターボール級までの道のりで一番の難所がスーパーボール級と言っても過言ではありません。 さて、そんな魑魅魍魎のスーパーボール級を抜け出すために必要な事。 それは、 6割勝てるパーティを作ること この一点に尽きます。 6割の勝率を維持できた場合、試行回数を重ねればランクは自ずと上がります。 そのため、6割というのは非常に重要な指標。 今回の記事は、この6割勝てるパーティの作り方を解説していきます。 メタを意識しない ポケモン対戦に意欲があって、頑張り屋の方が陥ってしまいがちな事。 それが過剰にメタを意識することです。 正確には、動画や構築記事などで勉強して、それをそのまま採用してしまうこと。 これは辞めましょう。 理由としては、まずマスターボール級とスーパーボール級ではメタが大きく異なるから。 動画や構築記事の殆どはマスターボール級の環境を対象としているため、そのまま真似しても上手く機能しません。 刺さりもしないメタばかりを搭載したパーティができてしまい、パーティ全体ののパワーが大きく劣った状態で戦うことになります。 スーパーボール級で重要なのは、勝てる試合を落とさないことです。 勝てる試合とは、育成や調整をせず、旅パやレンタルパで運良くスーパーボール級に到達した相手との試合を指します。 こういった試合を落とさないことが重要です。 そのために必要なのが、ある程度のパーティのパワー。 雑な言い方をすれば、種族値の暴力です。 スペックの高いポケモンをパーティに詰め込み、汎用性を高めたパーティを作ることがスーパーボール級を抜け出すための近道です。 勝ち筋を意識する これはスーパーボール級に限った話ではありませんが、明確な勝ち筋を意識してパーティを組むことが必要です。 下記の記事で紹介したパーティの場合、剣舞ミミッキュで詰める、ダイジェットトゲキッスで詰めるなど、明確に勝ち筋が作られています。 この様に、パーティ内に勝ち筋を作ってあげることが重要です。 最も分かり易い勝ち筋の例は、エースポケモンで詰めていく形。 特にミミッキュは、ばけのかわで強引に剣舞を積みやすく、初心者でも手軽にエース運用できるのでおすすめ。 ミミッキュ以外だと、ダイジェットで強力な抜きエースを作る動きもシンプルにして有用です。 エース以外の勝ち筋としては、受けポケモンで詰ませるという勝ち筋もあります。 高耐久のポケモンで受け回しをしながら、毒などの定数ダメージで詰めていくやり方。 ただ、受け回しは勝率が安定する代わりに一試合の時間が長くなる傾向にあり、試行回数を重ねてスーパーボール級を抜けるという本来の目的にそぐわないので非推奨とさせて頂きます。 対面構築を意識する ある程度ランクが上がるとサイクルを意識したパーティが必要になりますが、 初心者の方にはまず対面構築を意識したパーティがお勧めです。 私が初心者に対面構築を推す理由として、有利不利を理解しやすいということが挙げられます。 ポケモンの有利不利は、単純なタイプ相性や種族値では決まらず、型まで含めて考える必要があります。 そして、有利不利を理解するというのはポケモン対戦において非常に重要で、今後どんなパーティを使う上でも必要な知識になります。 ですので、初心者の内は有利不利を理解しやすい対面構築を使うことを推奨しています。 読みや択をしない 最後はこちら。 これはパーティ構築とは少し違いますが、重要な事なので書いておきます。 読みや択をしない。 読みや択は対戦動画などで凄く映える部分ですが、できるだけ避けて対戦を進めるよう意識しましょう。 読みや択は決まればリターンが大きいですが、相手依存の部分もあるのでどうしても安定しません。 試合単位で見ていけば、読みが決まったり択勝ちで制する試合もありますが、試行回数を重ねると勝率が安定しません。 試合の展開次第では読みや択が必要になる部分もありますが。 できるだけ安定行動で勝てるような試合運びを意識しましょう。 あとがき 今回の記事では、スーパーボール級を抜け出すための6割勝てるパーティについて解説しました。 最低限これだけは意識しておけば、スーパーボール級は抜けられると思います。 ここ最近記事があまりにも長くなり過ぎていたので、今回の記事は少し短めに書くように意識してみました。 文字数が少ないと伝えたいこと全てを書くことはできないので、記事の中で伝えることを取捨選択しないといけませんね。 私は昔からどうしても取捨選択が苦手で書きすぎてしまうのですが、ブログにおいて長文は見づらいと思うので今後も意識していこうと思います。 後書きも早々ですが、今回の記事はこの辺で。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【ポケモン】マスターボール級まで行くのって簡単なのかな?

スーパー ボール 級

ヌルアント構築を使用してみたく、最鈍個体厳選。 先発遭遇としは ・ドラパルト ・ ・オーロンゲ ・ガラル ・トリック持ち等が多かった。 交代先にはやブリムオン、が見れるやスカーフ炎技持ちが多かった。 思ったより、でんじはが打てず、こごえるかぜで素早さを落としてもより素早いやつが交代で出てくる事がない場合が多い。 ドラゴン、フェアリー、ゴースト環境から鋼は頼もしかったけど、完全にサブとして炎が飛んでくるので「ヌルアント」として見た場合 今の環境では通じない。 かといってに変わる相方が思い浮かばなかった。 タイプ:ヌル単体としてはブレイククロー採用は楽しかった。 デバフが通りにくくなった今作、やブリムオン、耐久タイプに削りながら突破できる場面が多くて、最後に残りがちだったので さすが、準伝説と思う堅さと強さ。 シーズン5終盤にが流行し、先発対面が多くほぼ確定2発なので動きづらい。 タスキ持ちでも半分、で持って行かれた;; 格闘技の通りがいいのに格闘タイプがいない環境で流行るとは。 終わりに。 トリック、、にやれることがないので環境的にはきつい。 相方の選択肢が狭いと少し不遇。 頼もしいんだけど、クッション性能に特化したらの話。 クッションも、あくびの通りがいいので「」「」の壁があるのもつらい。 gogogogotsu ・ スカーフかタスキで、剣の舞よりがほしいかな。 ・ドラパルト 臆病CS252 すりぬけ スカーフ 先発では火力不足でした。 壁張りの対策枠ですが壁張りの対象が堅いので火力が心許ない。 範囲は優秀ですが、特殊100はかみ合わないと思ったのでこの形はやめようと思います。 ・ ドラゴン読み先発くらい。 ドラゴンがドラパルトくらいなのと 4匹遭遇の内、選出が2匹、先発0。 私では扱えないので、チェンジかマスコット枠。 ・ 今のところ、「威嚇」が弱くなった印象はないです。 詰み技ありますが、挑発の方がいいかも。 の有無。 ・ 第5世代の使用感から、信頼の厚いでしたが、火炎放射に弱い。 フェアリー、ドラゴンに標準搭載なのもあって、ほとんど出さず。 ドラゴン+鋼の構築すきでしたがもう無理なんだと実感。 第5世代は雨パの補完枠でしたが。 ・ アーマーガアやなどの鋼はこいつのおかげで呼ばなかったと思います。 唯一が出てくるあたり、信頼度を得ているだと思いました。 にスカーフはあまりイメージできませんでしたが、かたやぶり・は頼もしい。 キョックス解禁で一気にきつくなりました。 が出てこないのはこのの功績だとおもいますが、ともどもキョックス で見れるので動きづらい。 ・壁対策 オーロンゲ・・キョックス 相手の生存時間が長い。 ピクシーがよく選出される印象。 明日はアメ集めか。 今日はこの辺で。 データ集計 選出統計 gogogogotsu 今月スーパーボール級9から始まって本日の朝に7級まで下がった。 5戦しましたが、相手の1体から3タテされることや特定ので詰むことはありませんが勝てません。 対戦メモ ・オーロンゲ ・ 壁張り要因が今のところ必ず先発選出。 幸い、の「」で対処してますが、「」がきつい。 リフレクターからックスで3ターン使い、ックスを枯らす結果に。 光の粘土だったことを踏まえて、どう見るか。 はリフレクター張られても、2発。 ・キョックス 先発というよりは途中で壁を張る印象。 こちらも2回遭遇で2回とも2番目、3番目選出。 を逢わせたいですが、火炎放射が容赦なく飛んできます。 ・鋼が動きづらい。 「火炎放射」で落ちる。 ドラパルトがよろしく標準搭載しているのは勘弁してほしい。 ついでにフェアリーも。 今日はこの辺で。 何戦かしてて、お相手先発、やゲンガーなどの 素早くて何か仕掛けができるタイプが多い印象でした。 タイプ:ヌルやなどでエースの全抜きを狙う戦い方がすきでしたが ことごとく「ドラパルト」にやられがち。 電磁波以外でとまらないので、困りました。 からウオノラゴンに変えましたが、ックスとの相性がわるい。 ドラゴンに通りがわるい。 選出はほぼなかった。 違うPT考えようかな。 ドラパルトの早さ、どうにかしないと。 今日はこの辺で。 データ集計 選出統計 gogogogotsu 今日から新しいPTを試します。 初手で結構決まる。 しかし、ドラパルトが天敵。 がで効かないのとドラパルドを上からたのがこちらドラパルトのみ。 を使う場合の課題。 エース枠を変更も視野に考えないと。 フェア境で格闘はつらい。 、が思い。 は出てきにくいと思うけど。 と対面で、相手の交代読みで毒づき打ちましたが、のHPが減らない>< ・ ・ ・ この辺を他のに変更予定。 ++ドラパルトの組合わせに当たりましたが やっぱりドラパルトがきつい。 今日はこの辺で。 データ集計 選出統計 gogogogotsu S5: 87730位 S6はこれを超えたい。 第5世代の人間なので、「」を使用したく突撃チョッキ型で。 対面で安心していたけど、「角ドリル」で死んだ・・・ 苦いデビュー戦でした。 新シーズン始まって、パッチラゴンがよく出てきます。 パッチラゴンはこわくないのかね? 相性悪いだろうに。 交換の都合上、でックスを切るタイミングが難しい。 ックスしたのダイフェアリー耐えないとは。 7戦2勝5敗はつらい。 スーパーボール級から出られないなんてことはないと思いたい。 今日はこの辺で。 データ集計 選出統計 gogogogotsu.

次の

フェアリー統一 8世代S5(シリーズ3)【ポケモン剣盾 シングル S5 構築記事】

スーパー ボール 級

勝率は60%とマスターに上がるには十分。 スーパーボール級で勝てなくて困っている人は参考にしてみて。 パーティー全体(育成順)• ギルガルド -物理-弱点保険• アブリボン -特殊-こだわりメガネ• ロトム(水)-特殊-オボンの実• ドリュウズ -物理-こだわりスカーフ• エンニュート -特殊-ふうせん• バイバニラ -壁張り-ひかりのねんど 構成と選出について タイプバランス重視のパーティー。 火力高め、先制技持ち2匹、一撃技持ち2匹。 見せ合いの時点で完全に負けてるという事態にはならないはず。 特別やりたいことがないので相手のポケモンを見て、種族値が高くとくせいが厄介な順に対応できるように選出していく。 ひこうタイプとみずタイプに対してはロトムが必要で、環境に多いドリュウズを倒にはドリュウズが必要なことが多く、ロトムとドリュウズの選出率が高かった。 相手にアタッカーが多くオーロラベールを張れそうな場合は、バイバニラを選出。 本来なら1対1交換になりそうな対面が楽になる。 パルシェン以外のたすきも潰せるので、意外と出番は多い印象。 バンギラスやトゲキッスのように耐久を盾に弱点保険を発動させてくる相手は要注意。 微妙に火力が足りないので、潔くダイマックスを切って対処するのが無難。 単体紹介 ギルガルド(はがね・ゴースト) 好きなポケモンとして最初からいた枠。 弱点保険が発動できそうなら活躍の機会は多い。 「せいなるつるぎ」が相手の能力変化を無視できるので、積み前提の物理受けに打点があるが、弱点保険かダイナックルで積まないと火力が足りなかったりする。 先制技「かげうち」を持つのでたすきケアの役割もあり。 出していけるポケモン• サザンドラ• ニンフィア• 実はガラル地方のすばやさランキング上位でだいたい上から殴れる。 ドラパルトは無理。 通る技が1つもないのではがねタイプも無理。 スイートベールで睡眠対策、「むしのさざめき」のみがわり貫通、「すりかえ」で技をロックといやらしいポケモンにも対応可能。 使う場面は相当少ないが、ダイマックス時にサイコフィールドを貼れるのでミミッキュがー、と諦めないように。 出していけるポケモン• サザンドラ• エルフーン• オーロンゲ• 他にでんきタイプがいないので致し方なし。 耐久に振ってあるけど調整先はいないが、ダイマックスで安定した火力と耐久になるので切り得な場面が多い。 オーロラベールがあるとドリュウズもやれる。 みず・ひこう・じめんタイプは基本ロトム頼みなので過労死寸前。 出していけるポケモン• ギャラドス• パルシェン• アーマーガア• とりあえずで出しとけばいいレベル。 ミミッキュ、ロトム、ドリュウズミラー、耐久ポケには一撃必殺と仕事が多い。 サブウェポンが岩技ではなく「シザークロス」なのは単純に弱点をつけるタイプが増えるから。 ダイマックスを切ればサザンドラを落とせたり、安心している草タイプに刺さったりするので意外と役に立つ。 苦手なのはみずタイプと物理耐久の高いアタッカー。 対面はしなかったがローブシンやウインディは素直に引いたほうがよさげ。 出していけるポケモン• ミミッキュ• ロトム• ナットレイを拝むことはなかった…。 かなりすばやく、素の火力も高い高速アタッカー。 対草タイプ担当。 このパーティーはひこうタイプがいないのでドリュウズのじしんをスカせるのはふうせん持ちのエンニュートだけ。 相手がスカーフなら何もできず、スカーフでないなら「かえんほうしゃ」で落とせる。 弱った相手をお掃除することが多く、「どくどく」や「わるだくみ」がアドバンテージになる状況が少なかった。 「わるだくみ」を「だいもんじ」か「オーバーヒート」に変えても良さそう。 「オーロラベール」を張るのが仕事。 なので、張れない相手の見極めが大事。 タイプ一致の「オーバーヒート」や「インファイト」などの高威力技は受けられない。 特にロトム(火)は先発で出て来やすいのでバイバニラは出さないほうが賢明。 また、「はらだいこ」や「からをやぶるパルシェン」はオーロラベールでは止まらないので絶対投げてはいけない。 出していけるポケモン• 積まないアタッカーが多い相手• パルシェン•

次の