毛穴 黒ずみ まとめ。 【毛穴を吸引して角質・黒ずみごっそり!!】おすすめの毛穴吸引器はコレ!

【医師監修】鼻の毛穴の黒ずみを解消!洗顔方法や効果的な毛穴ケア

毛穴 黒ずみ まとめ

毛穴が目立つ原因 毛穴の「開き」「黒ずみ」「たるみ」のタイプ別の原因からご紹介します。 毛穴の開きの起こる原因とは? 人間のカラダには、全身で約500万個の毛穴があり、そのうちの20万個がかおにあります。 カラダの中で頭の次に毛穴の数が多いのが顔です。 毛穴の数は、生まれてからほどんど変化しないので、基本的に赤ちゃんでも大人でも毛穴の数は変わらないのです。 全身に毛穴があるのに、カラダより顔の毛穴の開きの方が気になると思いませんか? それは、毛穴の中にある皮脂腺が、カラダより顔の方が大きいからです。 毛穴が開きやすいタイプ では、実際にどんなタイプの人が毛穴が開きやすいのでしょうか?• お肌がいつも乾燥している• 頬はカサつくのに、Tゾーンは脂っぽい• メイク崩れしやすい• 乳液やクリームを使用しない• 強いクレンジングで化粧を落としている 毛穴の開き3つの原因 毛穴の開きの原因は主に3つ。 それぞれを紹介していきます。 このことで、毛穴の周りの皮膚も毛穴に落ち込み、毛穴が開いて見えます。 肌の悩みの第1位は「乾燥」です。 カラダが冷えると、肌の表面の水分が蒸発し手乾燥します。 そうすると肌を守るために潤いを保とうとして、皮脂が過剰に分泌されれ毛穴が開くようなります。 要注意!毎日のスキンケアも毛穴の開きの原因に 毎日の何気ないスキンケアや毛穴を目立たなくさせるための毛穴が違っていることもあります。 洗浄力の強いクレンジング 美肌の基本は「クレンジング」と「洗顔」。 特にメイクの汚れを落とすクレンジング選びは大切です。 クレンジングは色々な種類があり、洗浄力の強い順に「オイル」「クリーム」「ジェル」となります。 汚れが落ちて、保湿されそうなイメージの「オイルクレンジング」 実は洗浄力がとても強いので、肌は乾燥しやすくなり、肌を守ろうとして「皮脂が過剰に分泌」され、「毛穴が開き」まるでオレンジの皮のような皮脂になってしまいます。 保湿不足 オイルクレンジングなど、洗いすぎが原因でお肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されるため、特に鼻の周りはベタつくようになります。 そうなると、しっかり洗うようになり、もっとベタつきます。 今度はベタつくので、保湿が怠りがちになりお肌が乾燥し、肌を守るために「皮脂が過剰に分泌」され、毛穴が開く現にになります。 摩擦による刺激 皮脂の汚れがきになり、つい念入りにゴシゴシ洗ったり、タオルで強く拭いたりと、摩擦や刺激を与えがち。 これらは、肌の炎症を引き起こし、バリア機能の低下・皮脂分泌の過剰と毛穴の悩みの原因になります。 このように、毛穴が開く原因だけでも複数あり、混合しているケースも見受けられます。 もっと詳しい開きの原因については、こちらの記事で解説しています。 毛穴の黒ずみの原因 毛穴の黒ずみが一番気になる場所は「鼻」「アゴ」「眉間」などです。 毛穴の数は全身で約500万個、顔だけで約20万個あり、Tゾーンには、他の部位の約7倍の毛穴の数が集中しているからです。 毛穴は費用面は小さいのですが、毛穴の中は大きいので皮脂や古い角質が溜まりやすい構造になってます。 毛穴の黒ずみがきになるから、ゴシゴシ何度も力強く洗ったり、無理に剥がすパックを使ったり、鼻をよくかむ人は、摩擦で鼻が固くなり黒ずみやすくなります。 毛穴が黒ずみやすいタイプ• 鼻の毛穴の白いブツブツが目立つ• 朝の洗顔はお湯だけで洗っている• アゴなどがザラついている• 鼻の脂が気になる• 鼻を触る癖がある• 食べ物は脂っこいものが好き• しっかり洗っているのに黒ずむ 毛穴の黒ずみの3つの原因 ここからは、毛穴の黒ずみの原因を解説します。 黒いだけでも原因が違うののできをつで気を付けてくださいね。 皮脂や汚れ、老廃物が毛穴に詰まり角栓が出来ます。 角栓は空気や紫外線に触れることで酸化し黒くなります。 毛穴の黒ずみと同様に、毛穴の詰まりもお悩みのひとつの「角栓」 角栓ができる理由を詳しく紹介していきます。 皮脂の過剰分泌 肌を乾燥や摩擦など刺激から守るために、皮脂が過剰に分泌し、汚れや古い角質などと混ざりあい、毛穴に詰まり角栓となります。 角栓ができると、そこにどんどん汚れがたまり、大きくなると毛穴から少しはみ出してしまい、その部分が空気や紫外線に触れて酸化し黒ずみの原因となります。 ターンオーバーの乱れ 角質の成分は70%が古い角質などのたんぱく質で30%が皮脂。 ターンオーバーが遅くなると、古い角質が排出されず、さまざまな肌トラブルを引き起こします。 通常はターンオーバーが正常であれば、古い角質は自然に排出され、アカとなって剥がれ落ちます。 ターンオーバーが乱れると、自力で古い角質などを排出できなくなり、毛穴に詰まり角栓となります。 この角栓が空気などに触れて、酸化することで毛穴の黒ずみん原因となります。 毛穴の黒ずみは汚れが原因と思いがちですが、毛穴が詰まっていないのに黒く見える場合は「メラニン色素」が原因のひとつです。 汚れとの見分け方は、毛穴がブツブツしていて黒い場合は皮脂などの汚れの場合が多く、これとは対照的に、つるんとしているのに、毛穴の黒ずみがあったり、毛穴の周りだけが黒ずんでいる場合は、メラニン色素による「毛穴ジミ」です。 毛穴ジミの原因は、 紫外線や摩擦で、炎症が起きメラニンが増えます。 このメラニン色素が沈着することで、毛穴の皮膚が黒ずみ「毛穴ジミ」の原因になります。 よく見ると、鼻にも産毛が生えています。 この産毛も生え変わるのですが、角栓が毛穴の出口を塞いでしまいます。 すると、この産毛は生まれ変わることができなくなり、角質の下(毛穴の中)で、何本も産毛が生えてしまうのです。 この産毛が薄っすら見えて、毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。 このように、毛穴が黒ずみの原因も複数あり、意外と知られていないケースも見受けられます。 もっと詳しい黒ずみの原因については、こちらの記事で解説しています。 頬の毛穴とたるみの意外な関係性 多くの女性が悩んでいる毛穴。 悩みは大きく3つ「開き」「黒ずみ」「たるみ」に分かれます。 10~20代のトップはいちご鼻などの「黒ずみ」 30代からは「開き」 そして、40代以降は「たるみ」 年代が変わると悩みが「鼻」から「頬」に変わるのも特徴で、同じ毛穴でも年齢によって悩みが違います。 40代以降になると、開きに加えて、加齢や紫外線のダメージで頬の皮膚がたるみ、毛穴が目立ち始めます。 もともと毛穴はゆがみのない円形をしていますが、重力に逆らえなくなり、皮膚がたるみ出すとしずく型の縦長になります。 特に鼻の横の頬の部分は目立ちやすくなります。 さらに、毛穴同士が繋がり帯状になり、頬の部分が目立つようになります。 これが頬のたるみが目立つ原因です。 頬の毛穴がたるみやすいタイプ• 頬の毛穴の目立ちが気になる• 頬の毛穴がしずく型(だ円の縦長)だ• 季節問わず肌が乾燥している• 最近シワが増えてきた• 朝、頬に枕やシーツの跡がついて取れない• 肌のハリがなくなってきた 頬の毛穴のたるみ5つの原因 早く気付くことが難しい「頬の毛穴のたるみ」の原因は5つです。 それぞれの原因を詳しくみていきましょう。 老化の原因は加齢、冷え、乾燥、睡眠不足、ストレスなどさまざまですが、これによりターンオーバーが乱れ、肌は古くなったゴムのように伸びてしまいます。 ハリと弾力が失われた肌は、重力に栄らなくなり頬がたるみ始めます。 10代の後半で約30%、30代後半から40代にかけては約60%以上の女性の肌悩みです。 乾燥肌は冬の悩みの思われがちですが、カラダの冷えストレスからお肌が乾燥し一年中肌の乾燥に悩む方も少なくありません。 そして、お肌の乾燥から頬のたるみが起きてしまうのです。 肌は乾燥すると、ヒアルロン酸が減少します。 ヒアルロン酸は水分をキープするジェルのような成分。 間違ったお手入れや加齢とともに、ヒアルロン酸が減少し、頬や肌がたるみます。 筋肉は、骨を支え、カラダと肌の土台となっていて、エネルギーをつくるとても重要な部分です。 肌のたるみも筋肉の衰えが原因ですが、カラダの中で唯一老化しないのも「筋肉」です。 表情筋のたるみ 顔には30種類以上の「表情筋」と言われる筋肉があります。 筋肉は使わないと、すぐに衰えてしまい「頬のたるみ」の原因になります。 カラダの筋肉は基本的に「骨と骨」を繋いでいますが、表情筋は、「骨と骨」だけではなく「骨と皮膚」「皮膚と皮膚」を繋いでいるため、衰えやすい構造になっています。 この構造が豊かな表情を作る一方、土台の筋肉がたるむと、表面の筋肉、特に頬やフェイスラインも一緒にたるんでしまいます。 猫背たるみ 「猫背」と「たるみ」は全く関係がなさそうですが、実は深い関係があります。 現在は、スマートフォンやパソコンを使う機会が増えて、猫背になる人が増えています。 という仕組みになっています。 猫背になると、重力より大きい力で頬や皮膚を下へ引っ張るため、フェイスラインや頬のたるみ、深いシワの原因にもなります。 頭からのたるみ 顔のたるみの6割は、頭からと言われています。 頭皮の下も筋肉で、顔の筋肉、皮膚と繋がり顔全体を上から支えています。 頭の血流が悪くなり、固くなることで知らず知らずのうちに、老廃物が蓄積され、顔のたるみを引き起こしています。 せっかくダイエットに成功しても、皮膚や頬の毛穴のたるみまで起きてはガッカリしてしまいますよね。 辛いダイエットはリバウンドに繋がります。 今度は急に太り、脂肪を支えきれず二重アゴになり、頬の皮膚が引っ張られて毛穴もたるみます。 02mmでラップ1枚くらいの厚さです。 そんな薄い皮膚で覆われている顔や頬にシャワーの強い水圧を当てると、刺激になり毛穴が開いたり、シワやたるみの原因になります。 お湯が熱すぎる シャワーでの洗顔はお湯が熱くなりがちです。 洗顔の時のお湯の温度はぬるま湯です。 人の体温より少し低いくらいが理想と言われています。 熱いお湯での洗顔は余分な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥しやすくなります。 また、熱さが刺激となり頬にシミができやすくなる原因にもなります。 頬の毛穴のたるみの原因は、顔全体のたるみと深い関係があります。 もっと詳しい 頬の毛穴のたるみの原因については、こちらの記事で解説しています。 毛穴を目立たせるNGスキンケア 毛穴の開きが目立つのは、間違ったスキンケアが習慣になっているからかも! 年齢問わず、気になる毛穴の開きの悩み。 ファンデーションでも隠すことが出来ず、「キレイにしたい!」の一心から、ついついスキンケアをやりすぎたり、間違ったスキンケアを続けたりしている方も少なくありません。 まずは、毛穴開きが目立つ、やってはいけないスキンケアを知ることから始めましょう。 毛穴の開きが目立つNGスキンケア3選 ネットやSNSなどで、情報があふれる現代。 スキンケアを見直したい!と思い、高価な美容液や化粧品を使ってみたり、エステに通ったり・・・ でも、自分に合うスキンケアがかわからない・・・。 そんな経験はありませんか? 高性能の美容液やエステでプロにお手入れをしてもらうのも大切ですが、毎日のスキンケアが一番大切です。 スキンケアを頑張っているのに、悩みが解決しないというときに、見直したいのが「洗う」こと。 美容液は、高価なものを選ぶのに、クレンジングや洗顔は軽視されがちです。 この一番大切なスキンケアの「落とす」を正しくしないと、高価な美容液などを肌に与えてもダメなんです! 肌に悩みがある場合は、スキンケアの「落とす」を見直しましょう。 ゴシゴシ洗う スキンケアの基本の「洗う」 毛穴の開きが気になる方は、汚れや脂が気になり、必要以上に洗ったり、ゴシゴシ力を入れて洗いがちです。 摩擦による刺激で炎症を起こしたり、洗いすぎで必要な皮脂まで落としてしまい、肌荒れや乾燥を引き起こします。 そうすると、肌を守るために、皮脂が過剰に分泌され、Tゾーンは脂っぽくなり、毛穴が開く原因になってしまいます。 朝はお湯だけで洗う 年齢を重ねると、お肌の乾燥が気になり始め、朝はお湯洗いで十分と思って実行している方も多いはず。 でも、人は、寝ているだけでも、皮脂や汗の汚れが出ます。 これらの汚れは、お湯や水だけでは落ちません。 落ちない皮脂などの汚れが溜まり、毛穴の開きが目立つ原因になり、さらに酸化していちご鼻を自分で作ってしまうのです。 クレンジング不足 紫外線が気になるのでUVケアを頑張り、メイクもバッチなのに、クレンジングを適当にしていたり、メイクをしたまま寝てしまったり、スキンケアが怠りがちになっていませんか? 日中はUVやメイクの汚れの他に花粉やほこり、最近は黄砂やPM2. 5などの汚れも肌につきます。 クレンジングの洗いが足りなかったり、メイクをしたまま寝てしまったりすると汚れが残り、毛毛穴に詰まり、毛穴の開きや黒ずみの原因になります。 鼻パック ぺりっと剥がすタイプの鼻パック。 毛穴の角栓や開き、汚れを気にしている方なら、一度は経験があると思いますが、角栓が取れて、目に見えるのでスッキリしますよね! でも、無理やり角栓を取るので肌への負担が多く、必要な皮脂まで剥がしてしまいます。 結果肌へのダメージが大きくなります。 パックで無理やり角栓を取ると、毛穴が開き、そのまま放置すると毛穴は開きっぱなしになります。 これが、毛穴の開きを目立たせる原因になるのです。 角栓を無理やり取る わかっているのに、辞められないスキンケア。 鼻にプツプツある白い角栓。 気になって、無理やり指で押し出したり、毛抜きで無理に抜いたりしていませんか? 無理やり角栓を取ると毛穴が開き広がってしまい、開いたままになります。 何度も繰り返すことで周りは炎症を色素沈着を起こし、黒ずみの原因にもなります。 ふき取り化粧水を頻繁に使う 毛穴の開きや汚れが気になり、ついつい使ってしまうスキンケアがふき取り化粧水。 週に1度くらいならいいのですが、気になるからと、頻繁に使う方は要注意です。 化粧水の成分というよりは、拭きとるという行為に問題があります。 ちなみに、コットンで化粧水をつけている方も要注意です。 拭きとる行為は、コットンで皮膚の表面を毎日ピーリングで剥がしているのと同じ。 毎日毎日、皮膚の表面を削るようなものなので、デリケートな肌は摩擦による刺激などで、角質層が厚くなったり、乾燥の原因に。 結果、皮脂が過剰に分泌され毛穴が開き、色素沈着や酸化で毛穴が黒くなる。 という、トラブルに発展します。 でも、毛穴の開きを気にする方は、Tゾーンの皮脂量が多く、べたつく方が悩みを合わせてお持ちなので、さっぱりとしたスキンケアをしがちです。 自ら肌を乾燥させて、毛穴の開きが目立つ原因を作っています。 油とり紙を使用する 乾燥肌をつくるNGスキンケア、ひとつ目はあぶら取り紙。 メイクを直す時に鏡を見ると、Tゾーンがベタついていて、それを解消するために、あぶらとり紙を使っていませんか? あぶらとり紙などで、必要以上に脂分を取ると、肌は乾燥状態になり、肌を守るために、皮脂を過剰に分泌します。 そして、また脂っぽくベタつき、毛穴が開くということを自分で招いているのです。 乳液やクリームを使わない 乾燥から毛穴の開きを目立たせる、間違ったスキンケアで意外と多いのが、乳液やクリームなどの保湿を行わない。 中には、化粧水の後は、美容液で終わりという方もいます。 今はさまざまな化粧品があるので、美容液で乳液などの代わりに保湿できるタイプもありますが、基本的に美容液は、目的別の美容成分を多く含むもので、乳液やクリームのように保湿をするものではありません。 よくわからないけど、美容液で十分だと思ってた方は化粧水の後は、乳液かクリームでしっかり保湿をして、乾燥により毛穴が開かないように注意してください。 紫外線対策 見落としがちなスキンケアは紫外線対策。 日焼け止めの塗り直しをしない 通勤や買い物だけなのにSPF50を愛用している こんな方は要注意!! 肌の老化の80%は、紫外線によるものと言われていて、スキンケアによる紫外線対策はとても重要です。 でも、SPF値が高くなると、肌への負担も増えて、乾燥や肌荒れを起こしやすくします。 肌の乾燥や肌荒れは、毛穴が開く原因に繋がります。 このように、知らないうちに毛穴の開きを目立たせる、NGスキンケアをしている方も多いはずです。 もっと詳しいNGスキンケアについては、こちらの記事で解説しています。 毛穴に効くアイテム3選 ついつい隠したくなる、毛穴の悩み。 おすすめ商品を使ってみたけど効果を感じられない。 毛穴を目立たなくさせる、スキンケアをしたいけど・・・ どんなケアをしたらよいのか、どのアイテムを選んだらよいか、悩んでいませんか? そんな時に、おすすめしたいのが 「落とす」「与える」「守る」の毎日のケアを見直すこと。 「落とす」は、クレンジングや洗顔 「与える」は、化粧水・美容液・乳液・クリーム 「守る」は、UVケアやファンデーション この3つのポイントとおすすめアイテム3選をご紹介します。 毛穴の悩みを改善!おすすめクレンジング スキンケアの基本は「落とす」である洗顔とクレンジングです。 でも、洗いすぎや反対に汚れが落ちていない、ということからトラブルに発展していきます。 中には鼻の黒ずみや脂分を気にして、W洗顔後に鼻専用の洗顔でもう一度洗ったり・・・。 洗いすぎで、肌に傷がついたり、乾燥したりしていることもよくあります。 反対に乾燥などを気にして、お湯や水だけで洗顔し、皮脂も汚れも落ちず、残った汚れが酸化して黒ずみの原因を自分で作っている方もいます。 汚れが取れないと、化粧水や美容液が浸透しません。 汚れはしっかり落として、肌のは潤いを残して負担をかけないことが大切です。 それにはクレンジング選びがとても重要です。 正しいクレンジング法 おすすめクレンジング法 エステ歴10年の私がおすすめする、クレンジング法です。 「こする力」ではなく、洗顔料の泡が油を吸収して、水で流す時に一緒に落ちます。 力をいれて洗うと、肌への摩擦が炎症を起こし、シミや毛穴の開きの原因になります。 おすすめの正しい洗顔法をご紹介します。 ハリに特化した成分だけを、贅沢に配合しています。 ハリ肌化粧品がなぜ、毛穴ケアにおすすめかというと、肌を育ててふっくらさせて肌にハリを与えるので、毛穴が平らになり目立たなくなります。 もう一つは、一般的はホットクレンジングはテクスチャーが固めなので肌に負担がかかりやすいのですが、この商品は肌への負担を考慮してテクスチャーが柔らかめにできているのでおすすめです。 実は、ハリ肌を作ることが、毛穴レス肌への近道だったのです。 Umiホットクレンジングは美容液成分90%以上を配合した、温感クレンジング。 おすすめポイントはポカポカする温感効果。 これは、エステでスチームを当てている感覚で肌を温めるので、メイクなどの汚れとのなじみもよくなり、毛穴の汚れを浮かして落とします。 お肌のハリに欠かせないミネラル・美容成分や海洋深層水なども配合されていて、肌にハリを与え続けるので毛穴のたるみも改善。 ダブル洗顔不要なので肌への負担も少なく、時短になり忙しい女性におすすめです! 毛穴に効く!おすすめ美容液 美容液にこだわる 美容液とは、肌の悩みに効果が期待できる、美容成分がたっぷり配合されているアイテムのこと。 美白・保湿・ハリなどの目的別や目元・口元などの部位別などがあり、感触も乳液タイプやジェルタイプなどさまざまです。 美容成分の浸透を高めるために、化粧水の後、乳液やクリームの前に使用することが多いですが、最近は導入美容液のように、化粧水の前に使用する商品も増えています。 美容液は肌トラブルが起きてから使うイメージですが、本当は予防のために使うのがおすすめです。 おすすめ美容液|P. CエッセンスH 美容クリニックが本気で「毛穴ケア」を考えた、毛穴専用美容液です。 この美容液のおすすめポイントは、あらゆるの毛穴悩みに対応しているところ。 モニターとして参加した20代~40代の女性のほぼ全員が毛穴が目立たなくなった! と、いう結果がでているので、毛穴の悩みの解決に自信を持っておすすめできる一品です。 毛穴をカバー!おすすめファンデーション スキンケアと同じくらい大切なのがファンデーション選び。 最近は「つや肌」が人気なので、クッションファンデーションも豊富。 でも、リキッドタイプやクッションタイプは油分も多く、皮脂が多く出やすい方は化粧崩れもしやすくなります。 開きや黒ずみを隠したい!からといって、厚塗もおすすめできません。 ファンデーションの毛穴落ち対策 「お肌をきれいに魅せたい」と思って、せっかくファンデーションを塗ったのに、夕方には「毛穴が目立つ」ことでお悩みの方も多いはず。 その一つが、「毛穴落ち」。 これは、お肌の乾燥などで皮脂が過剰に分泌されて、皮脂とファンデーションの油分が混ざり合い、開いた毛穴に落ちて浮いて見える現象。 開きやたるみの方に多いお悩みの一つ。 もう一つが、「毛穴浮き」。 これも、乾燥などの原因で皮脂が過剰に分泌されて、皮脂の油分でファンデーションがはがれて浮いて見える現象。 詰まりや黒ずみの方に多いお悩みです。 「落ちる」か「浮く」かの違いだけで、皮脂が過剰に出ることが大きな原因の一つです。 洗いすぎや摩擦などの肌への負担をさけ、水分と油分のバランスを取り、しっかり保湿するスキンケアがおすすめ。 スキンケアと同じくらい大切なのが、ファンデーション選びです。 おすすめファンデーション|セフィーヌシルクウェットパウダー おすすめはインスタの女王、渡辺直美さんが愛用して話題になったセフィーヌファンデーション。 あの激しいパフォーマンスをしても崩れない!というファンデーションです。 実はテレビや映画などの撮影で「照明が長時間あたっても崩れにくい」と女優さんやモデルさん、メイクアップアーティストの中では以前から話題のファンデーションだったんです。 このファンデーションのおすすめポイントは、軽いつけ心地なのに、化粧崩れしにくいこと。 10時間キープ!で、夜まで安心です。 このシルクウェットパウダーは、シルクと天然素材、22種類の美容成分が配合されています。 さらに、肌の潤い成分である、コラーゲンやヒアルロン酸・セラミドなども含み、メイクをしながらスキンケア効果があり、肌ストレスゼロ。 肌と同じアミノ酸の高純度のシルクを使用しています。 粒子が細かく肌の凹凸に密着するのでカバー力が強いのに、軽いつけ心地で、本当につけているのを忘れてしまうほど! 肌のトラブルは隠したいけど、厚塗りはしたくない方におすすめです。 毛穴を目立たなくさせるスキンケアでおすすめの「落とす」「与える」「守る」の3アイテムのご紹介でしたが、もっと詳しい内容については、こちらの記事で解説しています。 おすすめ毛穴対策 とっても気になる毛穴の悩み。 色々と対策しているのに、いまいち効果がみられない・・・・。 そんなお悩みはありませんか? 「毛穴の悩み」といっても原因はさまざまです。 気になるからとスキンケアをやりすぎて、悪化させているケースもあります。 正しい原因と対策をしり、キュッと引き締まった美肌を手に入れましょう。 毛穴の働き 毛穴に、汗腺があると思われている方も多いと思いますが、汗腺には2種類ありそのうちの1つだけがあります。 汗腺には、 エクリン汗腺と アポクリン汗腺があります。 毛包に付随しているのは、このアポクリン汗腺のみです。 アポクリン汗腺は、思春期になってから発達する汗腺で、わきの下などのごく一部にだけあり、本来は無臭ですが皮膚の常在菌などにより独特の臭いを発します。 ストレスや緊張などで出る汗で、フェロモンの香りという表現もされますが、日本人は好まない香りです。 (上図ではアポクリン汗腺は表記されていません) 一方、エクリン汗腺は、生まれたときから全身にある汗腺で、手のひら、足裏、前頭部に多くあり、上図の【汗孔】はこのエクリン汗腺を指します。 成分は99%水でほぼ無臭ですが、こちらも皮膚の常在菌によって臭いが付くことがあります。 アポクリン汗腺はフェロモンの役割を持っていましたが、エクリン汗腺は体温調節が主な役割になり、厚い時や運動後、辛い物を食べたときやストレス・緊張などで出る汗となります。 もう一つあるのは、皮脂を分泌する【皮脂腺】があります。 皮脂は汗などの水分と混ざり、膜をつくって肌の表面からの水分の蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守っています。 そんな大切な皮脂腺ですが、カラダに比べて顔の方が大きいので目立つ原因の一つです。 汗も皮脂も、肌の柔軟性や保護作用を高めるとても大切役割を持っていて、それが毛包に付随されているのです。 日々のケアをきちんとすることが何よりも対策になります。 クレンジングの基本 クレンジングの基本 こんなことしていませんか?• 洗浄力の強いクレンジングを使用している• クレンジング時にマッサージをしている• メイクや皮脂を落とすためゴシゴシ洗ってる• タオルドライではこすって拭いている ひとつでも当てはまったら、クレンジングの見直しを!! 「落とす」「与える」「守る」がスキンケアの基本。 夜メイクなどの汚れをキレイに落とさないと、与えても受け取れないので肌はキレイになりません。 毛穴の開きの対策にはクレンジングを正しく行いましょう。 収れん化粧水で引き締める 肌を冷水で冷やすと毛穴が小さくなると思っていませんか?冷水などで冷やすと、一時的には引き締まりますが、体温が戻ると元に戻ります。 毛穴の開き対策には「収れん化粧水」が効果的です。 収れん化粧水は皮脂の分泌を抑え肌を引き締めるので、メイクの崩れを防ぐ効果もあり毛穴の開き対策にはとても向いています。 ローションパック 皮脂が過剰に出る原因は、水分不足も考えられます。 水分と油分のバランスが悪くなり、不安定な状態が続くと、肌を守るために皮脂をたくさん分泌します。 これに効果的なのがローションパックです。 化粧水を手で付けるだけではなく、最低でも週に1~2回はローションパックで肌にしっかり水分を与えてください。 そうすると、その後のスキンケアの浸透が良くなります。 ローションパックは毛穴の開き対策以外にもお肌を乾燥から守るので、美肌対策にもぜひ試していただきたいです。 しっかり保湿 毛穴の開きが気になる方は、Tゾーンの皮脂が多く、油っぽいので保湿を怠りがちです。 自分では皮脂を抑える対策として、さっぱりタイプの化粧品を使用したり、鼻周りは乳液やクリームはつけないなんて方もいます。 この間違った対策が肌を乾燥させて、さらに皮脂を過剰に出し毛穴が開くという状態を自ら起こしています。 毛穴の開きの対策として欠かせないのは、しっかり保湿することです。 化粧水の後は「乳液」を使用する方がとても多いのですが、お肌が乾燥している方、毛穴の開きを気にしている方は乳液よりも油分の多い「クリーム」でしっかり保湿しましょう。 普段の生活習慣がお肌に影響を与えていることは、みなさんもご存じだとと思います。 食事で対策 体のエネルギーを作る、三大栄養は「炭水化物」「脂質」「タンパク質」ですが、脂質や糖質(炭水化物)を取りすぎると、皮脂が過剰に分泌され毛穴が開く原因になります。 ストレスと肌 ストレスが多い現代社会では、人間関係や職場、家庭で不安などを抱え心が乱れやすくなっています。 皮膚は内臓の鏡といわれるほど、カラダや心の様々な影響を映し出します。 ストレスが多くなると交感神経のスイッチが入り、血管が収縮し血流が悪くなり肌機能が低下し、肌荒れや乾燥、さらに男性ホルモンが分泌され皮脂が過剰に出て毛穴が開く原因になります。 毛穴の開きだけでなく、美肌つくり対策にはストレスは大敵になります。 毛穴の開き対策は、スキンケアとカラダの内側からの両方のアプローチが大切になります。 もっと詳しい毛穴の開きの対策については、こちらの記事で解説しています。 この肌が生まれ変わるサイクルのことをターンオーバーといいます。 理想的なサイクルは約28日といわれていますが、これは早くても遅くても肌トラブルの原因となります。 ターンオーバーが遅くなると、角質が厚く硬くなり、毛穴を塞いで皮脂や古い角質などが詰まりやすくなります。 そこに、間違ったスキンケアなどで詰まりを解消できないままでいると、毛穴が目立ったり、皮脂が酸化で黒くなったりしてトラブルの要因になります。 皮脂の酸化タイプ 黒ずみで一番多い「皮脂の酸化タイプ」は、皮脂が過剰に出ることが原因なので、皮脂の分泌を抑えることが、一番の対策になります。 その次に、黒ずみの原因となる角栓が出来ないようなケアを心がけること。 スキンケアの基本は「洗顔」です。 毎日の洗顔から見直して、皮脂が過剰に出る原因の一つの「乾燥肌」を作らないようにしましょう。 ホットタオルや酵素やクレイでの洗顔、抗酸化作用のある化粧品でのスキンケア対策がおすすめです。 メラニン色素タイプ 皮脂の酸化タイプの黒ずみは「ザラザラ」しているのに対し、「メラニン色素タイプ」の 毛穴はツルツルしているのに黒く見える、毛穴の周りが黒いのが特徴的です。 原因は、紫外線や摩擦などの刺激で、皮膚に炎症が起きてメラニンが増え、増えたメラニンが色素沈着して 「毛穴ジミ」を作ります。 対策としては、摩擦を起こさない、UVケアと美白ケアをしっかりすることが大切です。 産毛タイプ 毛穴の汚れが黒ずんでいる。 と思っていたら、実は「産毛」が黒く見えていることもあります。 角栓を詰まらせないように、前の「皮脂の酸化」タイプのケアをしながら、血流を良くしてターンオーバーを正常に戻すことが何よりの多作になります。 普段からシャワーで済ませることが多くなり、汚れや角栓が柔らかくならず、蓄積されることが要因です。 入浴で対策 入浴は体を清潔に保つほか、疲労回復やリフレッシュ効果もあります。 温めの入浴で「副交感神経」を優位にして、リラックス効果を高め、じんわり温まることで角栓や汚れも柔らかくなり、毛穴の黒ずみ対策には効果的です。 食事で対策 毛穴の黒ずみには、ビタミンCとビタミンEの化粧品も効果的ですが、食事から摂ることも対策の一つになります。 ビタミンCを積極的に摂ることは、風邪や疲労回復、シミなどの予防対策にもなります。 ビタミンEは、老化、冷え、むくみ、肩こりなどの対策にもおすすめです。 「毛穴の黒ずみ」は原因がさまざまなので、自分の黒ずみのタイプを知り日々のスキンケアを見直しましょう。 もっと詳しい毛穴の黒ずみ対策については、こちらの記事で解説しています。 もともと、毛穴は丸に近い形をしていますが、皮膚がたるみ縦しずく型になり目立つようになり、しまいには、毛穴同士が繋がってしまい帯状になり、さらに目立つようになってしまいます。 皮膚にハリや弾力を与える主成分は、コラーゲンやヒアルロン酸です。 これらは繊維が細胞によって作られますが、肌の乾燥に加えて、加齢や紫外線の影響ではたきが鈍くなり、皮膚の老化(ハリや弾力、水分不足)へと繋がり毛穴のたるみを引き起こします。 約30種類以上ある「表情筋」は使わないと退化しやすい部位でもあります。 体の筋肉は「骨と骨」で繋がっているの対し、表情筋は「骨と皮膚」「皮膚と皮膚」で繋がっているため、衰えやすく、皮膚や脂肪を支えきれなくなり、目元、頬、口もと、フェイスラインまで下がってしまうので、対策には表情筋の強化が大切です。 対策には、ハリや弾力の低下と表情筋の衰えを見直すことが大切です。 毛穴の対策に有効的な化粧品の成分やUVケアについて解説します。 スキンケアで対策 ハリヤ弾力の主成分であるコラーゲンやヒアルロン酸に働きかける レチノールや抗酸化作用の高い ビタミンC、真皮の再生を促す ペプチドなどを配合した化粧品のお手入れがおすすめです。 UVケアで対策 肌の老化の原因は約80%が紫外線によるもの。 紫外線から肌を守るためには、UV対策が効果的です。 毛穴のたるみ対策には、ハリヤ弾力の低下につながる、乾燥を引き起こす「UV-B」、直接シワやたるみの原因なる「UV-A」のどちらも対策が必要となるのでUVケアは欠かさずに行うようにしましょう。 水は細胞の代謝や細胞の形態維持のために重要な役割をしています。 毛穴のたるみの原因でも書いたように、肌は「不感知性発汗」により、肌の表面より1日で1~1. それに加えて、尿などで約1. このことからもわかるように、 飲料水として1~1. 水を飲むことで、肌にも必要な栄養素や酸素が届き、結果、乾燥しなくなり肌のハリや弾力の低下を防ぎます。 表情筋を鍛えて対策 毛穴のたるみ対策には、表情筋を鍛えて皮膚をたるませないことが重要です。 表情筋は全体の約30%しか使われず、約70%の表情筋は使われていません。 毛穴のたるみの原因でも説明しましたが、筋肉は使わないと退化するので、普段から筋肉を使い鍛えることが対策としてはおすすめです。 表情筋の鍛え方で一番簡単なのは、 「食事の時によく噛んで食べる」です。 一口30回以上噛むを意識してみてください。 マッサージも血液の循環も良くなり、ハリやツヤる肌を保つのには有効的ですが、間違ったセルフマッサージはたるみを作る原因にもなるので注意してください。 そこで簡単なのが 「顔のストレッチ」です。 朝晩2回、大きく口を開けてハッキリと「50音」を鏡を見ながら言うだけです。 真剣にやると、顔が結構疲れるはずです。 それだけ普段表情筋を使っていないということです。 上質な睡眠で対策 美肌への一番の近道は質の良い睡眠。 成長ホルモンは、睡眠直後の約3時間がゴールデンタイム。 肌がもっとも活発に生まれ変わる時間です。 人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、肌やカラダを修復します。 睡眠不足になるとターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れて、コラーゲンなどが減少し毛穴のたるみの原因に。 毛穴のたるみだけではなく、美肌やカラダの疲れを残さないためにも上質な睡眠は大切です。 毛穴のたるみは、顔全体のたるみと深く関係していて、毛穴の表面で起こる、黒ずみや開きと違い、深部で起こるため発見が難しく、一度できると改善しにくい性質を持っています。 もっと詳しい毛穴のたるみの対策については、こちらの記事で解説しています。

次の

黒ずみ・開き毛穴に悩む人へ!フェイシャルエステの効果を徹底解説

毛穴 黒ずみ まとめ

[目次]• 鼻の毛穴の黒ずみの原因 鼻の毛穴が黒ずんでしまう理由としては、いくつかの原因があるようです。 順に見ていきましょう。 毛穴につまった角栓• 産毛の色素• 毛穴付近の色素沈着(メラニン毛穴) 鼻の毛穴につまった角栓 毛穴が黒ずんで見える主な原因は、毛穴につまった「角栓」です。 鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。 皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はあるものの必ず分泌されます。 正常な状態であればなにも問題がないのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。 さらに、新陳代謝によって発生した古い皮膚やメイク汚れなどが混ざり合うことで生じる物質が角栓と呼ばれています。 時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、これが空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。 ひどくなると、鼻の頭や小鼻にブツブツと目立ってしまう「いちご鼻」と呼ばれる状態になることもあります。 産毛の色素が濃い 角栓が原因でない場合、肌の産毛が黒ずみの原因になっていることがあります。 特にスキンケアをしても黒ずみが改善されない場合は、産毛が黒ずみの原因になっていないか疑ってみましょう。 普段はあまり目立たないことがありますが、よく見ると肌には多くの産毛が生えていることがあります。 産毛の色素が濃いと毛穴が黒く目立ちやすくなることがあります。 このような場合は、産毛を剃ることで解決することもありますが、自己流で産毛の処理をしてしまうと肌を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があるようです。 適切にケアをできない時には、シェービングができるサロンなどで処理をしてもらうことが望ましいでしょう。 皮脂が酸化し色素沈着を起こす(メラニン毛穴) 角栓や産毛がなくても毛穴に黒ずみがある場合は、毛穴の皮脂汚れが酸化し、色素沈着して黒くなってしまったことが考えられます。 紫外線によって皮脂が酸化すると、毛穴の周囲に活性酸素が発生し、それによりメラニン色素の生成が増えるといわれています。 そのため、「メラニン毛穴」と呼ばれることもあるようです。 鼻の頭は、他の部分に比べて皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいといわれています。 そこにターンオーバーの乱れが加わるとメラニン色素の排出ができず肌にとどまってしまい、さらに毛穴周りが黒ずんで見えてしまいます。 このように鼻の毛穴の黒ずみには複数の原因があり、解消するための方法も異なりますので注意しましょう。 毛穴の黒ずみの正体を見分ける方法 では、毛穴の黒ずみの原因が何なのか見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。 毛穴に角栓がつまっていたり、毛が埋もれた状態の場合、指で触るとザラザラとした感触があります。 角栓による毛穴の黒ずみが気になる場合は、つまりの原因である古い角質や汚れを毛穴にためないよう「角質ケア」を行うことが大切です。 また、産毛による黒ずみの場合、丁寧にシェービングすることで産毛や余分な角質を落として、明るい肌色を取り戻すことができるでしょう。 色素沈着による黒ずみの場合は、表面がつるつるしていたり、毛穴がややくぼんでいることが特徴です。 色素沈着の場合は熱心に角質ケアを行っても効果が出ません。 毎日の正しい洗顔や保湿ケアに加えて、メラニンを作らせない「美白ケア」を取り入れましょう。 次に、毛穴の黒ずみのケア方法を原因別にご紹介していきます。 角栓による黒ずみのおすすめケア方法 角栓による毛穴の黒ずみは、一度皮膚科などで角栓を取ってもらうのもよいでしょう。 自宅でのお手入れとしては、角栓を作らせない角質ケアが大切です。 オイルクレンジング 角栓は皮脂や古い角質のほか、メイク汚れが蓄積されて作られます。 毎日メイクをしている人は、洗顔だけでなくクレンジングでメイクをしっかり落とすようにしましょう。 クレンジング剤にはさまざまな種類がありますが、角栓が気になるときのケアにはクレンジングオイルがおすすめです。 クレンジングオイルはミルクやジェルよりも界面活性剤が多く含まれており、濃いめのメイクや皮脂汚れ、古い角質などもすっきりと洗い上げることができます。 また、オイルで毛穴の周りの皮膚を柔軟にすることで、角栓の自然な排出をうながすことができるようになります。 クレンジングオイルを使用するときは、「乳化させること」が大切です。 オイルを顔全体にやさしく馴染ませてから、少量の水をまぶしてオイルを白くしてから落しましょう。 これによってオイルが「水と油が混じり合った状態」になり、汚れをしっかり落とすことができます。 乳化させたあとは、しっかりとすすぎを行いましょう。 蒸しタオル 鼻の毛穴から角栓を取り除くには、毛穴を開くことも大切です。 そこでおすすめなのが蒸しタオルを使ったケアです。 蒸しタオルは、熱と蒸気で毛穴を開かせるとともに、角質をやわらかくし、毛穴につまった汚れや角栓を浮き上がらせる役割を果たします。 メイクを落とした後、以下の手順で行いましょう。 フェイスタオルを水に浸し、軽く絞ってからおしぼりのように巻きます• 500wか600wの電子レンジで30秒~1分ほど加熱します• 火傷に気をつけながらタオルを取り出し、あごに当てるなどして温度を確認します• 熱すぎない温度まで冷ましたら顔全体にあて、3分ほど置きます• 蒸しタオルを取り、洗顔または化粧水や乳液で保湿ケアを行います 正しい洗顔 毎日、なんとなく顔を洗っているという人は、洗顔方法も見直してみましょう。 角栓を落とそうとゴシゴシ力をいれて肌をこすったり、熱いお湯ですすいだりしていませんか? 洗顔料はよく泡立て、手と肌の間で泡をクッションにするようにして洗います。 皮脂の多い部分からやさしく洗い始め、乾燥しがちな目元や口元は泡を乗せるだけでも十分です。 洗顔後はすぐに保湿ケアをすることも忘れないようにしましょう。 なお、角栓が気になるからといって、洗いすぎるのは逆効果です。 洗顔は朝・夜の2回にとどめましょう。 洗顔の頻度を増やすと肌のバリア機能が低下し、乾燥の原因となることがあります。 乾燥すると肌はよりいっそう皮脂を分泌するため、角栓ができてしまう原因になります。 角栓は無理に押し出さない! 鼻に角栓ができてしまうと、ついつい無理やり押しだしたくなる気持ちになってしまう人が多いようです。 しかし、無理に角栓を絞りだすと、毛穴にクレーター状の穴ができてしまい、そこにさらに皮脂がたまりやすくなってしまいます。 紫外線の影響も受けやすく色素沈着を引き起こしかねません。 無理に角栓を絞り出さないようにしましょう。 色素沈着(メラニン毛穴)による黒ずみのおすすめケア方法 色素沈着による毛穴の黒ずみは、原因となるメラニンの生成を防ぎ、排出を促すことが大切です。 美白ケアのポイントをご紹介します。 生活習慣を整え、ターンオーバーを促す 色素沈着の原因となる過剰なメラニンを体外へ排出するには、肌の生まれ変わり、すなわちターンオーバーを正常化させることが大切です。 質の高い睡眠を取るなど生活習慣を見直すとともに、軽い運動やストレッチを取り入れたり、湯船にゆっくりつかることで代謝を高める工夫をしましょう。 すこやかな美肌をつくるには食生活も大切です。 タンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく取るとともに、美白や抗酸化に役立つ以下のような栄養素を含む食べ物を積極的に取りましょう。 ビタミンC…レモンやトマト、パプリカ、アセロラなど。 メラニン還元作用があります• ビタミンE…ナッツ類、アボカド、えごまなど。 肌の代謝を高めます• L-システイン…大豆、小麦胚芽、はちみつなど。 メラニンの排出を助けます• リコピン…トマトやスイカなど。 活性酸素を除去する作用があります• アスタキサンチン…サーモンやエビ、カニなど。 抗酸化作用やメラニン抑制効果があります• エラグ酸…ざくろやベリー系の果物など。 ポリフェノールの一種でメラニンを抑制します 紫外線対策を忘れずに 紫外線を大量に浴びると、メラニンの生成が促進されてしまいます。 日差しが強くなる季節はもちろんのこと、日ごろからUV機能のある下地やファンデーションを塗る、帽子や日傘を活用するなど紫外線対策を忘れないようにしましょう。 美白化粧品でスキンケア スキンケアでは、正しい洗顔・保湿ケアを心がけるとともに、美白成分配合の化粧品を取り入れてみましょう。 美白化粧品は基本的に「メラニン色素の生成を抑えることによりシミ・そばかすを防ぐ」ことが目的ですが、メラニン毛穴をこれ以上悪化させないためにも活用するとよいでしょう。 ここでは、美容成分の一部をご紹介します。 ビタミンC誘導体…メラニンの生成を阻害し、すでにあるシミを還元。 抗酸化作用、炎症抑制作用もある• アルブチン…メラニンを生成する酵素に働きかけ、シミの生成を阻害• プラセンタエキス…メラニンの生成を抑制するとともに、ターンオーバーを促進 色素沈着の改善に効果があるとされる成分のなかには、主に医療機関で処方されている「ハイドロキノン」と呼ばれる成分もあります。 ただし、別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど漂白成分が強く、誤った使い方をすると赤みや刺激、かぶれなどの症状が生じることもありますので、医師の指導にしたがい、正しい用法を守って使うことが大切です。 詳しくは、をご覧ください。 定期的にピーリングを行う 肌のターンオーバーを促すには、古い角質や老廃物を溶かして肌の再生を促すピーリングも効果的です。 石けんや化粧品などピーリング効果のある商品を活用すれば、自宅でも行うことができます。 ただし、ピーリングは頻繁にやりすぎると肌に赤みがでたり、乾燥が進むなど肌トラブルの原因となりますので、使用法や回数をきちんと守って使うようにしましょう。 医療機関でケアを行う 色素沈着タイプの黒ずみは、皮膚科や美容外科に相談するのもおすすめです。 肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリングや美白成分を肌の奥に届けるトリートメント治療、メラニン色素を除去するレーザー治療などがあります。 病院や使用する機械によって効果が変わってきますので、医師としっかり相談をしながら進めていきましょう。 まとめ 鼻の毛穴が黒ずんで見える原因は「毛穴につまった角栓」「産毛の色素」「毛穴付近の色素沈着(メラニン毛穴)」と複数あります。 それぞれ対処法やケア方法が異なってきますので、まずは自分の黒ずみがどのような原因で起こっているのかを見極めることが大切です。 指で触ってみてザラザラ、でこぼこしているようであれば、角栓か産毛による黒ずみです。 角栓が原因となっている場合は無理にしぼり出そうとせず、正しいクレンジング・洗顔や蒸しタオルなどを活用して自然な角栓の排出を促しましょう。 また、産毛が原因となっている場合は、シェービングをすることで解消することができます。 触ってもザラザラしない場合は毛穴の周囲に色素が沈着する「メラニン毛穴」と呼ばれる症状になっていますので、紫外線対策や美白ケアなどを取り入れながら改善していきましょう。

次の

メンズ専門ゴリラクリニックで毛穴黒ずみやいちご鼻もケア?!評判まとめ│なうブログ

毛穴 黒ずみ まとめ

「ファンデーションやコンシーラーで毛穴を隠すのは、もうたくさん!」 「至近距離で肌を見られるのが怖い…!」 黒ずみや開きといった毛穴のトラブルは、自宅でのケアだと改善するまでに時間がかかってしまい、根気強く続ける必要があります。 しかも、ケアの方法を間違うと毛穴の状態が悪化することも…。 今回の記事では、「自宅のケアでは限界なので、プロの手を借りたい…。 」という方のために、まず フェイシャルエステは毛穴トラブルに本当に効果があるのかを解説します。 さらには、 エステサロンで提供されている施術内容や料金、通う頻度についてもお伝えします。 毛穴レスの美しい肌を手に入れたい方は、ぜひ最後までお読みください! 目次• フェイシャルエステは毛穴のトラブルに効果あり!その理由は? 結論から言うと、 毛穴の黒ずみや開きなどの悩みは、フェイシャルエステで改善できます。 即効性があるものと、回数を重ねるべきものがあるので、で詳しく解説をしています。 本章では、なぜフェイシャルエステが毛穴トラブルに効果があるのかを説明します。 1-1. 専用の機械で、自宅では出来ないケアが可能 フェイシャルエステサロンでは、皮膚に関する専門知識を学んだエステティシャンが、サロン専用の機械を使って施術をするため、 自宅ではできない高度なケアが可能です。 それに加え、エステサロンで使用されている機械はパワーが強いため、自宅で同じ効果を感じることはできません。 例えば、毛穴汚れを吸い取る毛穴吸引機の場合だと、市販のものは吸引力が弱いものですが、エステサロンで使用されている機械は、プロのみが扱える吸引力が高いものです。 そのため、 エステサロンでの施術は自宅ケアよりも効果が高い上、即効性があると言えます。 1-2. プロのアドバイスを受け、受けるべき施術やホームケアが分かる エステサロンでは、毛穴のトラブルを改善する一番の近道を知ることができます。 具体的に言うと、まずカウンセリングでは自分の肌タイプや肌の状態をチェックしてもらえます。 それを踏まえてエステティシャンが一人ひとりに合った施術内容を提案し、トータルケアで肌を最高な状態に導いてくれます。 さらにエステの効果を持続するためのホームケアの方法も教えてくれるからです。 フェイシャルエステの施術内容とその効果 本章では、 「毛穴が気になるけど、どの施術を受ければ良いのか分からない…」という方のために、毛穴の悩み別に適した施術を紹介します。 2-1. 黒ずみ・角栓など毛穴の汚れには「毛穴吸引」・「超音波洗浄」 毛穴の奥に溜まったしつこい汚れを取るのが毛穴吸引で、普段のケアだけだと蓄積してしまうメイクの汚れや皮脂詰まりを取るのが超音波洗浄です。 ・毛穴の汚れが多く、皮脂が溜まりやすい方は 「毛穴吸引」 ・古い角質や化粧カスを取り除き、化粧ノリを良くしたい方は 「超音波洗浄」 を選ぶと、効果を実感しやすくなります。 毛穴吸引 毛穴吸引は、ガラス管を使い毛穴に詰まった汚れを吸引する方法です。 スチームを当てて毛穴を開かせてから行います。 【こんな人におすすめ】 ・毛穴の黒ずみが気になる方 ・皮脂の分泌が多く、鼻周りの角栓が気になる方 【注意点】 ・一時的に肌に赤みが出ることがある ・施術直後は良いものも悪いものも吸収しやすいため、できればメイクを控える b. 超音波洗浄 スクライバーという美容機器を使い、毛穴に毎秒300万回ほどの振動を当て、その乳化作用で毛穴の汚れや皮脂を浮かせて取る方法です。 毛穴の汚れが取れる以外にも、肌のくすみが解消されてトーンアップし、肌にハリが出ることも期待できます。 【こんな人におすすめ】 ・毛穴の黒ずみが気になる方 ・乾燥やターンオーバーの乱れによる肌のざらつきが気になる方 ・肌が弱く負担を抑えたい方 ・普段、化粧ノリが悪いと感じている方 【注意点】 ・吹き出物やニキビがある場合は、その部位を避ける ・極度の乾燥や肌荒れを起こしている箇所は、症状が悪化する可能性があるので控える 2-2. 毛穴のたるみ・開きには「イオン導入・光フェイシャル」 毛穴のたるみや開きは、角栓の詰まりや、加齢や紫外線で肌のハリや弾力が失われることが原因で起こります。 ・皮脂の過剰な分泌を抑え、毛穴を引き締めたい方はビタミンCの 「イオン導入」 ・乾燥による潤い不足からくる毛穴の開き・たるみに悩む方は 「光フェイシャル」 の施術を受けると効果的です。 なお、光フェイシャルはシミ・しわ・たるみといったあらゆる肌の悩みにもアプローチできます。 イオン導入 皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い成分を、微弱電流を流してイオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていく方法です。 コラーゲンの増加や皮脂分泌の低下が期待できるビタミンCのイオン導入が効果的です。 【こんな方におすすめ】 ・毛穴の開き・たるみが気になる方 ・皮脂の過剰分泌を抑えたい方 【注意点】 ・電流を伴うため、ペースメーカー使用者、妊娠中の方、心臓病や不整脈の方は施術を受けられない b. 光フェイシャル 様々な波長の特殊な光を肌に当てて、肌に足りていない紫外線や乾燥により失われてしまった潤いを取り戻す方法です。 光によりコラーゲンの生成が促進され、肌の弾力やハリがアップし、毛穴の開きが改善されます。 サロンによっては、「フォト美顔」、「IPL」、「光エステ」とも呼ばれています。 【こんな方におすすめ】 ・毛穴の開き・たるみが気になる方 ・肌のターンオーバーのサイクルを整えたい方 ・毛穴以外にも、シミやくすみなどの肌トラブルに悩む方 【注意点】 ・光線過敏症の方や妊娠中の方、極度の日焼けをしている方は受けられない 3. フェイシャルエステの料金と頻度。 効果が出るのはいつ? 続いて、毛穴吸引・超音波洗浄・イオン導入・光フェイシャルの料金、施術頻度、効果が出るまでの期間をお伝えします。 3-1. 毛穴吸引・超音波洗浄 料金:毛穴吸引・超音波洗浄の値段は、約9,000円です。 どちらも主にクレンジングと洗顔、仕上げの保湿がセットになった、毛穴汚れに特化した施術内容になっています。 頻度:エステに通い始めたときは2週間に1回、トラブルが改善されてくれば、月に1回のペースで施術を受けるのが理想です。 何故かというと、まずは回数を重ねて毛穴の汚れを取ることが必要だからです。 毛穴の汚れが取れてきたら月に1回のペースにし、それを継続すれば肌の良好な状態が長持ちしやすくなります。 効果が出るまでの期間:自分ではケアしきれなかった汚れを機械で吸引するので、施術直後に効果を感じられます。 3-2. イオン導入・光フェイシャル 料金:イオン導入の値段は約7,000円~10,000円、光フェイシャルは6,000円~10,000円ほどです。 両方とも単体で施術を行っているところがほとんどなく、施術内容にピーリングやパックが含まれているため、料金は少し高めになります。 頻度:イオン導入は2~3週間に1回、光フェイシャルは1ヶ月に1回のペースで通うのが理想です。 イオン導入は、肌に微弱な電流を流す施術です。 エステサロンで使用されている機械はプロが扱うため電流値が高く設定されています。 やりすぎると逆効果になってしまうこともあるので、適切な頻度を守りましょう。 光フェイシャルは肌内部に光(熱)が入るため、肌が熱を持ち乾燥しやすくなります。 適正頻度よりも短いスパンで施術を行うことは、肌にダメージを与える事になりかねないため、月に1回というペースを守りましょう。 効果が出るまでの期間:4~5回施術を受けたくらいから徐々に肌質の変化を感じるはずです。 フェイシャルエステの効果を高めるコツを知りたい方は、 「フェイシャルエステの効果と持続期間は?施術効果を高めるコツも伝授」という記事の3章をご覧下さい。 関連記事.

次の