ネメシス デッキ 遊戯王。 【ネメシスデッキ】カード効果6枚,デッキレシピまとめ

【SRデッキ考察】SR(スピードロイド)デッキで活躍?!ネメシス・コリドー【ETCO】

ネメシス デッキ 遊戯王

自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 1 :「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 1 :「ネメシス・アンブレラ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・アンブレラ」以外の自分の墓地の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 《星義の執行者》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、このターン効果を発動できない。 人間が神に働く無礼(ヒュブリス)に対する、神の憤りと罰の擬人化である。 ネメシスの語は元来は「義憤」の意であるが、よく「復讐」と間違えられる プロートスならこいつ単体でドラグーンのSS制限できるな プロートスで闇指定すれば自身と超雷とドラグーンは耐えてアナコンダは上手いこと処分できて相手のドラグーンに蓋できるね 悪夢みてえな布陣だ プロートス脚が立派でキモいな すごく好みだけどこれ単体で組むの難しそうだな ネメシスは何と組んだら相性いいだろ 種族属性バラけたテーマというとプランキッズとか空牙かな? 別に種族属性バラバラなテーマじゃなくても 手札誘発とかEXの汎用含めればどんなデッキでも出そうと思えば出せそう ネメシスはジェムナイトと混ぜてみたい 除外カードは滅茶苦茶貯まるし下級ネメシスが全部融合素材にできるし ジェムナイトの種族と同じだしなにか関係あるんかねネメシス.

次の

2020.2 恐竜サンドラデッキ考察、ネメシスとドラグーン採用で攻めるデッキに。

ネメシス デッキ 遊戯王

遊戯王ライターの鳩鷺(はとさぎ)です。 【ネメシス】デッキ のカード効果・デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「ネメシス」は、 「」で登場した、属性・種族が統一されていないデッキテーマです。 除外に関する効果を持つモンスターが多く、蘇生・帰還・回収を活かした展開が特徴です。 除外したカードをデッキに戻し、再利用できることから注目され、話題になっています。 このページでは、「ネメシス」のカード効果、デッキレシピを紹介し、【ネメシス】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 このページを読めば、【ネメシス】デッキをどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 【ネメシス】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 1 :「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 1 :「ネメシス・アンブレラ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・アンブレラ」以外の 自分の墓地の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている 自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 《星義の執行者》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、 「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、 このターン効果を発動できない。 スポンサーリンク 「ネメシス」は、「」で登場した、属性・種族が統一されていないデッキテーマです。 「ネメシス」モンスターは、通常召喚可能な下級モンスターと、レベル11の特殊召喚モンスターに大別されます。 レベルが1つ上がる毎に攻撃力が400、守備力は200ずつ上昇しているのもポイントです。 まずは、 「ネメシス」がどんなテーマで、どんな効果のカードがあるのか簡単に紹介します。 下級「ネメシス」モンスターは、同名カード以外の除外されているモンスター1体をデッキに戻すことで手札から特殊召喚できます。 除外されたモンスターを再利用し、最終的に最上級モンスター《アークネメシス・エスカトス》《ネメシス・コリドー》の特殊召喚を目指し、フィールドを一掃・制圧し、戦闘ダメージで勝利します。 《アークネメシス・エスカトス》2• 《ネメシス・コリドー》2• 《ネメシス・フラッグ》3• 《ネメシス・アンブレラ》 3• 《ネメシス・コリドー》3• 《終末の騎士》1• 《ゾンビキャリア》1• 《D-HERO ディアボリックガイ》3• 《V・HERO ヴァイオン》2• 《焔聖騎士-リナルド》1• 《ジェット・シンクロン》1• 《灰流うらら》2• 《星義の執行者》1• 《ワン・フォー・ワン》2• 《おろかな埋葬》1• 《リビング・フォッシル》2• 《真炎の爆発》2• 《抹殺の指名者》3• なし 【エクストラデッキ】(15枚)• 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》1• 《リンクリボー》1• 《聖騎士の追想 イゾルデ》2• 《リプロドクス》2• 《星杯神楽イヴ》2• 《I:Pマスカレーナ》1• 《水晶機巧-ハリファイバー》1• 《トロイメア・フェニックス》1• 《トロイメア・ユニコーン》1• 《ヴァレルソード・ドラゴン》1• 《双穹の騎士アストラム》1 スポンサーリンク 紹介した 「ネメシス」モンスターの使い方を簡単に解説していきます。 《ネメシス・フラッグ》《ネメシス・アンブレラ》《ネメシス・コリドー》の3枚です。 1 :「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 《ネメシス・フラッグ》は、下級「 ネメシス」共通の特殊召喚効果に加えて、「ネメシス」モンスターをサーチする効果を持ちます。 レベルに指定がなく、最上級「ネメシス」モンスターも難なく確保できます。 除外されているモンスターが多数いれば、下級「ネメシス」モンスターをサーチした場合でも、2体をデッキに戻せます。 召喚権を消費せずとも、容易にフィールドに2体並べる手段として有効です。 【ネメシス】デッキの基軸を担う1枚です。 1 :「ネメシス・アンブレラ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・アンブレラ」以外の 自分の墓地の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 《ネメシス・アンブレラ》は、「ネメシス」モンスターをサルベージできる効果を持ちます。 テーマとして墓地にカードを送る手段がないため、効率よく発動するにはあらかじめ墓地送りを行う必要性があります。 しかし最上級「ネメシス」モンスターは、墓地コストで特殊召喚されるため、墓地のモンスターを減らすのはあまり連携がとれていません。 自発的に墓地に送った「ネメシス」を回収し、疑似サーチとして活用できればいいですね。 個人的には、レベル2だったら《餅カエル》のエクシーズ素材に使いやすかったなと、少し残念に思っています。 1 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている 自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 《ネメシス・コリドー》は、同名カード以外の「ネメシス」モンスターを除外ゾーンからサルベージする効果を持ちます。 最上級「ネメシス」モンスターの召喚コストで、除外ゾーンにモンスターを3体溜めすことができるので、発動条件は満たしやすいです。 阻害しない程度か、充分な除外ゾーンを確保してからの発動が望ましいでしょう。 デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。 《D-HERO ディアボリックガイ》、墓地の自身を除外することで同名カードをリクルートする効果を持ちます。 上級モンスターのため手札に来た際は対応が必要ですが、予め墓地へ送ることで、手札やフィールドのカードを消費せずにモンスターを展開できる強みがあります。 本来であれば発動に除外が必要で、2回までしかリクルートが行えません。 しかし、 下級「ネメシス」2種類を特殊召喚する際にデッキに戻すことで再びリクルート効果を使用できます。 特殊召喚後は、リンク素材として有効活用しましょう。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 《ゾンビキャリア》は、手札1枚をデッキトップに戻す事で、自己蘇生が可能なチューナーモンスターです。 こちらは発動後のデメリットとして、フィールドを離れた場合に除外されます。 除外後は、下級「ネメシス」の召喚コストとして活用しましょう。 蘇生効果もターン1制限がないので、手札コストと墓地に送る手段が豊富なら何度でも特殊召喚可能です。 また、《D-HERO ディアボリックガイ》が手札にきてしまった際の対応策としても有効です。 手札の《D-HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻し、リクルート先を補充できます。 リクルートした《D-HERO ディアボリックガイ》とレベル8シンクロモンスターにつなげるのもいいです。 1 :このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 《ジェット・シンクロン》は、手札1枚を墓地に送ることで、自己蘇生する効果を持ちます。 《ゾンビキャリア》同様、フィールドを離れた場合に除外されます。 こちらは、レベル1を活かし《リンクリボー》を介することで、実質単体で《水晶機巧-ハリファイバー》につなげられる利点があります。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 《水晶機巧-ハリファイバー》は、リンク召喚に成功した場合、手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を特殊召喚する効果を持ちます。 特殊召喚したモンスターの効果発動は不可となりますが、永続効果や墓地での効果までは阻害されません。 《ゾンビキャリア》など自己蘇生可能なチューナーを特殊召喚することで、連続リンク召喚につながります。 《ジェット・シンクロン》から《リンクリボー》を介してのリンク召喚可能で、《ジェット・シンクロン》の除外が自然に行え、下級「ネメシス」の特殊召喚条件を満たせます。 リンク素材が確保しやすく、【ネメシス】デッキの展開に大きく貢献できます。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。 このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、 そのモンスター効果も発動できない。 2 :デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。 墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 《聖騎士の追想 イゾルデ》は、デッキから墓地へ送った装備魔法カードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をリクルートする効果を持ちます。 装備魔法1枚を墓地に送り《焔聖騎士-リナルド》を特殊召喚することで、コストにした装備魔法を即座にサルベージし、そのまま発動可能です。 《リビング・フォッシル》なら、《聖騎士の追想 イゾルデ》のリンク素材として使われた下級モンスターを蘇生でき、リンク4のリンク召喚へとつなげられます。 また、リンク召喚に成功した場合、戦士族モンスター1体をサーチできます。 発動ターンには使用できませんが、《V・HERO ヴァイオン》や制限カードの《終末の騎士》などを確保できれば、次ターンの展開がスムーズになります。 リンク素材は戦士族に限定されていますが、《D-HERO ディアボリックガイ》などを使用することで比較的に簡単にそろえられます。 効果破壊耐性。 宣言した属性のモンスターを全て破壊し、次のターン終了時まで宣言した属性のモンスターをお互いに特殊召喚不可• 効果破壊耐性。 《星義の執行者》(速攻魔法) …墓地または除外ゾーンの「ネメシス」を特殊召喚 【ネメシス】デッキの回し方の最後に、 最終盤面で使用するカードについて、使い方を簡単に解説していきます。 こちらでは《アークネメシス・プロートス》《アークネメシス・エスカトス》を紹介します。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 《アークネメシス・プロートス》《アークネメシス・エスカトス》は、フィールド・墓地のモンスター3体を除外することで特殊召喚できる最上級「ネメシス」モンスター です。 《アークネメシス・プロートス》は属性が異なるモンスターを、《アークネメシス・エスカトス》は種族が異なるモンスターを召喚コストに必要とします。 また、フィールドの宣言した種族か属性のモンスターを全て破壊し、次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族か属性のモンスターを特殊召喚できなくなります。 《アークネメシス・プロートス》は属性、《アークネメシス・エスカトス》は種族にそれぞれ対応しており、自身に該当するものを宣言しても確実に生き残る効果耐性も備わっています。 上手く相手フィールドのみ一掃し、ガラ空きになったところを総攻撃していきたいですね。 《終末の騎士》 …闇属性限定の墓地送り• 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》 …《ネメシス・コリドー》の手札効果によるシナジー• 《リプロドクス》 …種族・属性を変更で最上級「ネメシス」の効果をサポート• 《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》 …フィールドのモンスター1体を闇属性に変更可能• 《おろかな埋葬》 …モンスター限定の墓地送り• 《真炎の爆発》 …《ネメシス・フラッグ》の蘇生• 「召喚獣」 …素材を除外して融合、最上級「ネメシス」モンスターにつなげやすい• 「アンデット族」 …墓地除外で展開。 再利用が活かせる• 「オルフェゴール」 …墓地除外で展開。 デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。 《終末の騎士》は、召喚・反転召喚・特殊召喚成功時、デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る効果を持ちます。 レベル制限もなく、最上級「ネメシス」モンスターを送って、《ネメシス・アンブレラ》でサルベージすることで疑似サーチ手段としても活用できます。 メインの動きとしては《D-HERO ディアボリックガイ》を能動的に墓地に送って、その後もリクルート展開を補っていきます。 制限カードなので、《聖騎士の追想 イゾルデ》や《増援》によるサーチが効果的です。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。 2 :このカードが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。 《超雷龍-サンダー・ドラゴン》は、雷族モンスターの効果が手札で発動したターンに、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合、エクストラデッキから特殊召喚できる融合モンスターです。 本来ならテーマに沿って「サンダー・ドラゴン」【雷族】デッキで使わせれますが、《ネメシス・コリドー》を用いることで容易に特殊召喚できます。 条件次第で簡単に手札から効果を発動できる雷族である点を活かし、あえて【サンダー・ドラゴン】へ出張してみるのもいいでしょう。 テーマとして直接のシナジーはありませんが、相手の妨害札として強力な1枚なのは間違いないので採用するのがオススメです。 破壊される際の身代わり効果も、最上級「ネメシス」モンスターの効果から守るのに有効です。 1 :以下の効果から1つを選択して発動できる。 このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。 このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。 《リプロドクス》は、リンク先のモンスター全ての種族か属性を変更する効果を持ちます。 最上級「ネメシス」の一掃効果では、種族か属性を宣言するので自由に変更し、相手を除去または自分の温存を行います。 リンク素材に制限もなく、比較的出しやすいリンクモンスターです。 下級「ネメシス」を特殊召喚し、エクストラモンスターゾーンを目標にリンク召喚していきましょう。 1 :フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 2 :2000LPを払い、 「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》は、フィールドの表側表示モンスター1体をターン終了時まで闇属性にする効果を持ちます。 《アークネメシス・プロートス》の効果で宣言して、効率よく闇属性を除去するのに有効です。 また、リンク素材も緩いのもポイントです。 現環境で流行の《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》をデッキ融合できる《真紅眼融合》《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》を採用してみるのもいいでしょう。 《おろかな埋葬》 Amazonの情報を掲載しています 通常魔法 1 :自分の墓地から守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズに除外される。 《真炎の爆発》は、守備力200の炎属性モンスターを可能な限り蘇生する通常魔法です。 【ネメシス】デッキ展開の要、《ネメシス・フラッグ》は守備力200の炎属性モンスターです。 モンスター効果を無効化するデメリットもないので、1体でも蘇生できれば十分なアドバンテージを稼げます。 エンドフェイズには蘇生モンスターは除外されるので、リンク素材にできなくても、下級「ネメシス」の召喚コストとして利用可能です。 《抹殺の指名者》 Amazonの情報を掲載しています 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :カード名を1つ宣言して発動できる。 宣言したカード1枚をデッキから除外する。 ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。 《抹殺の指名者》は、発動時に宣言したカードをデッキから除外し、同名カードの効果をターン終了時まで無効化する効果を持ちます。 フィールドで発動しているものでも対応でき、速攻魔法なので相手カードの発動にチェーンして同名カードを除外して無効化することも可能です。 《墓穴の指名者》とは異なり、無効効果はターン終了時までのため、次ターンに自分がカードを使用できるのもポイントです。 能動的にモンスターを除外する手段としても有効で、そのまま下級「ネメシス」の召喚コストに利用できます。 ミラーマッチなら、なお活かせますね。 相性の良いおすすめテーマ 「召喚獣」 「召喚獣」は、「ブースターSP-フュージョン・エンフォーサーズ-」でカテゴリ化されたテーマで、で統一され、制圧展開型の融合テーマです。 「ネメシス」では召喚権をあまり駆使せずに展開が可能なので、《召喚師アレイスター》に権利を譲渡しやすくなります。 専用融合魔法の《召喚魔術》は、墓地のモンスターを除外して融合召喚できるので、下級「ネメシス」の召喚条件のサポートとなります。 「召喚獣」モンスターは、全てエクストラデッキのカードなのでメインデッキを圧迫しないのもポイントです。 《馬頭鬼》を筆頭に、除外をコスト・デメリットに蘇生効果を発動するものが多く、エクストラモンスターの素材の確保と同時に、下級「ネメシス」の召喚条件を満たせます。 能動的に墓地に送るカードを多用し、スムーズな墓地効果へとつなぐ構築をオススメします。 除外を活かす「不知火」「ヴェンデット」など様々なテーマが存在し、個性豊かな構築が望めそうです。 展開に墓地効果による自己除外が基盤となり、リンク素材を確保していきます。 ターン終了時まで闇属性モンスターしか特殊召喚できなくなる制約があるので、同ターンでの下級「ネメシス」とのシナジーは少し難しい点はあります。 最上級「ネメシス」モンスターはいずれも闇属性なので、こちらは制約を気にすることなく特殊召喚可能です。 《宵星の機神ディンギルス》で、破壊される身代わりを確保するのも面白いですね。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 《アークネメシス・エスカトス》は、墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターのうち、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できます。 【ハイドランダー】では、スムーズに特殊召喚可能です。 他種族を採用する構築も多いので、比較的容易な部類といえます。 効果破壊耐性を持つのもポイントです。 また、フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊し、次のターンの終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚不可にできます。 お互いに種族が異なれば、相手のみ一掃できます。 特殊召喚制限もかなり強力です。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 《アークネメシス・プロートス》は、墓地・フィールドの属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できます。 《アークネメシス・エスカトス》と異なり、こちらは属性に重点を置いた召喚条件です。 また、フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊し、次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚不可にする効果を持ちます。 自身を対象に闇属性と宣言しても、カード効果で破壊されずに場に残すこともできます。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 《ネメシス・フラッグ》は、同名以外の「ネメシス」モンスター1体をサーチする効果を持ちます。 レベルの指定もなく、自由な選択肢で「ネメシス」モンスターを確保できます。 守備力200なので、《真炎の爆発》にも対応しています。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 そのモンスターを手札に加える。 《ネメシス・アンブレラ》は、同名以外の「ネメシス」モンスター1体をサルベージできます。 《おろかな埋葬》や《モンスターゲート》などであらかじめ墓地送りをしておけば、有効活用できます。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 そのモンスターを手札に加える。 《ネメシス・コリドー》は、同名以外の除外されている「ネメシス」モンスター1体を手札に加える効果を持ちます。 《アークネメシス・プロートス》《アークネメシス・エスカトス》の召喚コストで除外したモンスターを再利用できます。 《星義の執行者》 《星義の執行者》(ネメシス・アドラステア) 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、このターン効果を発動できない。 《星義の執行者》は、「ネメシス」モンスター1体を蘇生か帰還する効果を持ちます。 レベルに指定はなく、最上級モンスターの《アークネメシス・プロートス》《アークネメシス・エスカトス》も特殊召喚可能です。 速攻魔法なのでセットすれば相手ターンでも使用でき、次ターンまで温存させることで《アークネメシス・プロートス》《アークネメシス・エスカトス》の効果を活かすこともできます。 バトルフェイズに追加攻撃する手段としても有効です。 遊戯王の最新情報を「きりぶろLINE」で毎朝配信中です。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 除外されているモンスターをデッキに戻せる、下級「ネメシス」モンスターが登場したことで、墓地効果の蘇生・リクルートが再利用できるになりました。 除外がコスト・デメリットになるモンスターを心置きなくフル活用でき、展開力を補っていきましょう。 相性の良いカードも強力なので、悪用されるケースも増えそうですね。

次の

ネメシス・コリドーカード情報・考察

ネメシス デッキ 遊戯王

「ネメシス」デッキの最新優勝デッキレシピ 【ネメシス】デッキの現在までの優勝デッキレシピ等を紹介しています。 大会情報等はIZAZIN様やツイッターの規約情報を元に行わせていただいております。 削除・優勝インタビューを受けてくださる等のご連絡がありましたらコメントにてよろしくお願いします。 【】 1月13日の遊戯王店舗大会の結果です! 優勝:アスクさん 『シナジー研究中です。 対あり!! 』 2位:寝虎さん です。 — こがきゅんたろう KCardgame また、遊戯王 新テーマ「ネメシス」の《ネメシス・アンブレラ》《ネメシス・コリドー》 《ネメシス・フラッグ》《アークネメシス・エスカトス》《アークネメシス・プロートス》を採用したデッキレシピを紹介します。 【更新情報】「Vジャンプニュース」更新! Vジャンプ3月特大号掲載カードを公開! Vジャンプ3月特大号掲載記事:第4回 『ETERNITY CODE(エターニティ・コード)』の収録カードを公開! — 【公式】YU-GI-OH. 各種属性や種族を利用したコンボや展開を行いアドバンテージを稼ぐ出張型デッキの1つです。 現在は除外するコンボカードの活躍と共にサンドラや恐竜デッキなどの出張パーツとして活躍しています。 ETERNITY CODEでカテゴリ化される「ネメシス」と名のついたモンスター群。 属するモンスターは、通常召喚可能な下級モンスターと、レベル11の特殊召喚モンスターに大別される。 「 ネメシスデッキって何?ってお話ですが、このカテゴリーも出張性能が高いテーマになっていて、『属性・種族を統一したデッキメタ』になっています。 ネメシス アークネメシス アーキタイプ 特徴1 汎用性・出張テーマ 特徴2 除外・除外回収・メタ要素あり 特徴3 召喚権で攻める命削り真竜や、リバース・融合で属性を変えつつ動けるシャドールは完全には防げないものの、サンドラや閃刀姫など『属性が統一されてるデッキに打つことで壊滅的な被害を出せる』新規カードとも言えるでしょう。 ネメシスデッキ自身の効果は『種族属性がバラバラ前提なので出張が必須』ではあるものの、属性を崩したデッキや種族がバラバラなデッキであれば簡単に出す事が出来ます。 例を挙げると【閃刀姫】で 《》と《》は交互に使うことでサーチ&サルベージを行いつつ『属性を3つ墓地へ送る事』も出来ます。 種族シナジーやコンボも多く『多数の除外を回収しつつ下級を出すルート』は超強力。 どのデッキにおいても除外してのコンボもあります。 ネメシスデッキ:2020年のコントロールデッキの主流となるか! ネメシスデッキとして動く際には大型の 《アークネメシス・エスカトス》《アークネメシス・プロートス》を手札に加えるのも簡単なのでどういうアドを取るかで考えるのが大事とも言えます。 ネメシスを単独で採用してもよし。 と、便利な一面ばかりなので今後のキーカードとして注目されるとは思います。 実際に採用してもあまり事故にもならないデッキも多いですが・・・一つだけ注意なのはミラーマッチでの採用。 やってる事はデカイ《》みたいな効果なので『属性種族が整ってる場合はある程度整った動きを封じる事に特化している』分、効果等においても種族・属性を動けなくするのと一緒なので自分にも影響が出てしまいます。 各種ネメシスの効果を活かしたロック+展開を目指したいです 【ネメシスデッキ】回し方・展開解説 【ネメシスデッキ】回し方その1:初動展開はばっちり!下級ネメシスが強い! 「で、肝心のネメシスデッキの回し方なのですが『出張パーツという部分もあって『単独で回すという感じでは難しい』んですよね。 重要なのは『ネメシス自身を特殊召喚出来るか』という事。 例えばネメシスデッキで複数の属性を送る手段としては ・隣の芝刈りなどで大量に墓地を肥やす ・閃刀姫の様に『属性を経由したリンク』などを利用する ・ジャンク・スピーダーのような複数を特殊召喚するカードから素材を確保する などなど。 これらを意識しつつ盤面を作るのが大事なのでネメシスデッキ自体のギミックが結構重要視されそうではあるんですが・・・」 「問題なのは『種族・属性」であればリンク4・5までを経由しておけば結構簡単に出てくるってことよね。 「やぁ。 呼んだ?」 特にネメシステーマに関しては他に色々と活用方法があるんだけど、ネメシスデッキ自身で動くコンセプトが結構強力だから『どのデッキも動き方次第』ではあるわね。 HEROデッキやハリファイバーを活用した動きはそうだけど2020年である程度規制がされるキーカードがほぼ確定してる感じがしてるのが何とも言えないんだけどさ」 「うーむ。 確かにそんな感じはありますね。 ネメシス・フラッグや下級モンスターなどの展開も主軸にする事で盤面を強固にすることが出来るばかりか『ディアボと同時採用で盤面にネメシスとHEROが展開される』という悪夢のような布陣まで召喚権を使用せずに動けるようになりました。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 「 ネメシスデッキの初動でもある炎属性のネメシス・フラッグは『真炎の爆発』に対応しているモンスター。 除外するという部分ではラヴァルなどのコストを回収できるという面に加えてネメシスをサーチすることができるので《D-HERO ディアボリックガイ》を簡単に特殊召喚することができます。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 そのモンスターを手札に加える。 「優秀さという部分では、水属性のアンブレラがレベル2だったらうれしかったんですけどねー 棒 アンブレラの効果は《餅カエル》の効果コストと相性抜群。 今回の深海デッキなどの採用に加えて《餅カエル》や《鬼ガエル》の効果の際に除外されたカード等を回収するとかで役に立ってくれます。 除外されたのはフィッシュボーグ関連を戻すことで持久力がちょっとだけ戻るかな?」 ネメシス・コリドー:サンドラの初動に使える1枚。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 そのモンスターを手札に加える。 またレベル4故にエクシーズで汎用カードを出せるほかに簡易融合等で合わせてシンクロもしやすいなんていうメリットばかり。 ハリファイバーへつないでおけばサンドラの場合光闇風でちょうど属性も3つになるというメリットがある分ネメシスデッキの出張として使えそうな勢いがあるカードです。 除外されてるネメシスモンスターの回収が若干シナジー的につらいものの、ネメシス間れの動きをサポートしてくれるカードってのもあって有用な1枚ですね。 「と、ネメシスデッキはこの下級3枚の効果を使って様々なデッキの起点にするのがポイントです。 例えば《ディアボリック・ガイ》であれば墓地から除外してデッキから特殊召喚しつつネメシス・フラッグで除外されたディアボリックガイをデッキに戻すという動きを行えば何回もディアボリックガイの効果をリンク素材や融合素材に使いつつ盤面を動かす事が可能です。 除外するという部分で利用するのであれば『サンダー・ドラゴンを使用・除外して超雷獣を出した後にネメシスでデッキに戻して再利用』などもありますね。 除外されてしまって動けなかったカードを軽く回収できてしまうので自分のデッキを1回見直してみると面白いかも。 「いい意味でこのカテゴリーの問題はこのネメシスデッキのコンセプトが最上級モンスターと若干噛み合ってなくて除外をデッキに戻して自身を特殊召喚するけど『結果的にこのカードだけでは種族も属性も増やす事が出来てない』のが課題。 ネメシスの大型二枚の紹介です。 ネメシスの最上級モンスター《》《》の二枚はそれぞれ種族と属性の3種類を除外する事で盤面に出す事が出来るモンスターです。 ネメシスの双方は非常に該当する除外条件を指定して特殊召喚させない効果があるので『非常に強力な制圧布陣を敷く』事が出来ます」 「うーん・・・これだったら上記の下級ネメシスを採用しなくても良い感じかな。 このカードたちにはカードの効果で破壊されなかったりと耐性もあるので、ブラックホールとか激流葬。 破壊効果・起動効果があるカードでは倒されません。 身内的な話ではドランシアとかの効果には強いです。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 「現状ネメシスの大型を出す方法は数えきれないレベルで存在すると思うので割愛したい所ですが、表側表示のモンスターを除外できるのでコントロール奪取やコントロールを奪うカードのをコストにする事も出来ます。 「ヴァレルロード・ドラゴンとかもそうだけど、『コントロール奪取』した後も使えるし、打点でも行けるし自由すぎる強さよね」 「しかもネメシスデッキでは『種族などを後で宣言しても良い』ので、2の効果を破壊する部分を空打ちできるかどうかにかかってますが、ある程度展開した後に指定してしまえば展開途中で詰まる事もありません。 効果は速攻魔法の死者蘇生のようなカードで『相手ターンに出してしまえば大型ネメシスも自分のターンで使える』というインフレっぷり。 また大型打点を出せるというのもあって『墓地のカードや除外されてるカードネメシス』を出せるので素材として除外されてしまったカードを帰還させたりもできます。 星義の執行者 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、このターン効果を発動できない。 ネメシスデッキの回し方としては「今まで除外されてしまったキーカードを帰還させることで動きやすくなるカード」を多めに採用出来るデッキと組み合わせるといいかもしれません。 ネメシスデッキと相性がいいデッキ:HERO 「ネメシスデッキとの相性の良さという面ではPSYフレームも見逃せない1枚です。 ドライバーが除外されてしまうデメリットを回収できるほかにリンク召喚の素材につなげられることができるというメリットを獲得することができるようになりました。 地味にレベル4のネメシスを採用することで『PSYフレームクロノダイバーデッキ』などのサポートの恩恵を得れたりも出来ます。 現在だと太陽電池メンや、孤高除獣などを採用してる枠をどう調整できるかがカギって感じでしょうか。 ・ネメシスデッキは『デッキ出張が出来る汎用カード』勢ぞろい!• ・除外カードを戻せる有用さが売り!コンボは任せろーバリバリ• ・ネメシス大型は指定する種族が重要。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 そのモンスターを手札に加える。 星義の執行者 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、このターン効果を発動できない。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の