なら か 前世。 自分の前世を知る方法は不要!不幸な人生とカルマが無関係なワケ

前世

なら か 前世

あなたの癖から導く「前世診断」 結果一覧 前世は高貴な人…貴族のお姫様か女優!? どことなく上品で、人を惹き付けるオーラのあるあなた。 前世のあなたはたくさんの人にかしずかれたり、大勢の人に憧れの目で見られたりしていたようです。 貴族や王族のお姫様、社交界の花。 あるいは女優とか歌姫とか、そんなスペシャルな女性だったでしょう。 現世でも「何もしないのになぜかモテちゃう」なんてことが多そうでうらやましいかぎり。 前世は庶民、いわゆる普通の人 前世も現世も、あまり変わらなそうなのがあなた。 前世で特別な何かだったということはなく、今と同じようなごく普通の一般市民だったようです。 そんなのつまらないと言うなかれ。 普通の幸せって、意外と手に入らないものです。 1日1日を大切に過ごすように心がければ、あなたらしいキラキラした毎日になるはず。 もっとドラマチックに生きてみたいなら、前世は前世と割り切って、精いっぱい努力を。 自分の人生は自分の手で切り拓きましょう。 前世は遊牧民…本能のままに生きる人 お腹が空いたら食べ、眠くなったら眠り、甘えたくなったら甘える…なんて、わりと本能のままに生きているところのあるあなた。 それは、前の人生の名残りかも。 あなたの前世はズバリ、遊牧民。 自由に生きることで、あなたの良さが発揮されるのです。 本能優先、やりたいことがたくさんあるのは、今の人生をめいっぱい楽しむぞ!ということなので、どん欲にいきましょう。 前世は神仏に仕える身だったかも ちょっと浮き世離れしているというか、あまり俗っぽい前世の名残を感じられないのがあなた。 どうやら修道女や巫女さんなど、神や仏に仕える身だった可能性があります。 もしも今、恋に不器用だったり、男性にかすかな恐怖心があるとしたら、前世が影響しているのかも!? なんで私はこんなに恋愛ベタなのと嘆く必要はもうありません。 修道女や巫女さん時代に身についた、純潔さや清潔感こそがあなたの魅力。 そのままのあなたに自信を持って。

次の

前世の記憶はやっぱりあった!記憶を思い出す驚きの方法

なら か 前世

生まれ変わりには、法則があります。 生きている間にしっかり修行をつんだ魂は、亡くなったあとずーっと上へのぼっていき、天国へいきます。 天国へいった魂は生まれ変わりません。 永遠に楽しい時間を天国ですごせます。 ですが修行が足らない魂は、輪廻転生をしてもう一度この世で修行をしなおすことになります。 それが生まれ変わり…ということですが、 このとき、 過去の自分より、 高いレベルの存在には生まれ変われないのです。 生まれ変わるときは、かならず過去の自分と同じレベルか、または低いレベルとなって生まれ変わります。 どのレベルに生まれ変わるかは、過去にどんな生き方をしたかで決まります。 つまり、以下のような図です。 普通レベルの人間が生まれ変わると、普通以下にしか生まれ変われないのです。 レベルが落ちることはあっても、上がることはありません。 また動物が死んだときはもちろん、が亡くなると、魂が重いので上の世界には上がれません。 ふたたび動物に生まれ変わったり、成仏できずにその辺をさまようこともあります。 何でそんなことになるの? と思いますよね。 よく考えればわかります。 なぜなら、前世で修行が足らないからこそ生まれ変わったのですから、前世よりも良い待遇で生まれ変わっては、修行にならないからです。 この世は修行です。 前世で悟りが足らなかったからこそ、もういちど学んできなさい!と言われているのです。 つまり、前世のあなたより、いまのあなたのほうが、優れた人間性や魂をもっているはずなのです。 ただし、いまのあなたが堕落的な生活を送れば、魂レベルが下がってしまい、来世は動物になり下がるかもしれません。 前世はクレオパトラ…とかもありえない よく「あなたの前世はクレオパトラです」とか、有名な人物にたとえますよね。 それも本当の前世占いではなく、お遊びです。 上記の説明でわかるとおり、前世の自分と同レベル以上には生まれ変わらないのですから、 もしいまのあなたが凡人であるなら、前世がクレオパトラであった可能性はゼロです。 (夢を壊すようですみません) もし、いまのあなたが頭がよく、愛嬌があり、誰からも好かれる性格で、才能もある…そんな人物であるなら、前世のあなたは相当頑張ったし、世の中に貢献した人物だった可能性はあります。 また、ですが、そうした人はかならず何らかの才能が授けられているので、努力すれば、大人になるころには凡人以上に幸せになれるようにできています。 もしいまのあなたが幸せなら、あなたの前世は優秀な人です。 もしいまのあなたが幸せでないと思うなら、それは試練を与えられています。 その試練は前世のあなたには克服できなかったことです。 たとえば、前世のあなたはクレオパトラのように美女だったとします。 美人であることに鼻をかけて、男を手玉に取り、それだけで生涯を終えたとします。 すると生まれ変わりは醜い顔になります。 そして「人間は見た目ではない」ということを身をもって知るのです。 そうした悟りをどんどん得て、魂のレベルをあげていくのです。 つまり、いま現世であなたに訪れている苦悩は、前世のあなたでは悟れなかったことなのです。 いまの悩みをクリアすれば、天国に行けるでしょう。 行けなかったとしても、来世では幸せになれます。 ちなみに、いまあなたが天国行きか? それとも地獄行きなのか?は夢でわかりますので、以下のコラムもあわせてご覧ください。 幼少期のあなたは前世を知ってたかも Aさん 女性 が子どものころ、ボーイフレンドのBくんとよく一緒に遊んでいました。 Bくんは病気で若くして亡くなりました。 Aさんが大人になり、男の子を産みました。 その息子が3歳になると、いきなりBくんの記憶を話し始めました。 言葉使いや立ち振る舞いも、まさにBくんそのもので、その態度はもはや息子ではなく、まるで恋人のような目でAさんを見つめる時もあったそうです。 Aさんは怖くなって、息子に「もうその話をするな」と怒鳴ってしまうこともありました。 この息子は年齢があがるにつれて、Bくんの話をしなくなったそうですが、今でも息子を見るたびにBくんと重ね合わせて見てしまうことがあるそうです。 Bくんはもしかすると、あえてAさんの息子を選んで生まれ変わったのではないか?と思うそうです。 また息子のほうも、本当に記憶をなくしたのか、それとも母親に気を使って昔の話をしなくなったのかは定かではありません。 この話は感動的なのか? それともホラーなのか? この相談者の現在の様子はわからないのですが、実際にこうしたケースは珍しくありません。 あなたに子供ができたとき、あなたに関わりのある人物の魂が入ってくる可能性はありえるでしょう。 この国がどうしても気になる、この情景が好きでたまらない、という場所があれば、そこが前世のルーツの可能性があるでしょう。 旅行願望をたしかめる方法 まず、ネットでさまざまな旅行写真を画像検索してください。 国内、海外、できるだけたくさんの写真を見ていきます。 そして気になる景色、気に入った風景を、直観でピックアップします。 この時点で自分が好きなジャンルが大体わかってくるはずです。 その後、それぞれの写真がどこで撮影されたものなのか調べます。 すると、 恐ろしいほどにひとつの国や場所を指していることがあります。 その場所こそが、あなたが前世で生きていた場所かもしれません。 大人になっても前世を思いだせる.

次の

前世の記憶を思い出す方法

なら か 前世

あなたの癖から導く「前世診断」 結果一覧 前世は高貴な人…貴族のお姫様か女優!? どことなく上品で、人を惹き付けるオーラのあるあなた。 前世のあなたはたくさんの人にかしずかれたり、大勢の人に憧れの目で見られたりしていたようです。 貴族や王族のお姫様、社交界の花。 あるいは女優とか歌姫とか、そんなスペシャルな女性だったでしょう。 現世でも「何もしないのになぜかモテちゃう」なんてことが多そうでうらやましいかぎり。 前世は庶民、いわゆる普通の人 前世も現世も、あまり変わらなそうなのがあなた。 前世で特別な何かだったということはなく、今と同じようなごく普通の一般市民だったようです。 そんなのつまらないと言うなかれ。 普通の幸せって、意外と手に入らないものです。 1日1日を大切に過ごすように心がければ、あなたらしいキラキラした毎日になるはず。 もっとドラマチックに生きてみたいなら、前世は前世と割り切って、精いっぱい努力を。 自分の人生は自分の手で切り拓きましょう。 前世は遊牧民…本能のままに生きる人 お腹が空いたら食べ、眠くなったら眠り、甘えたくなったら甘える…なんて、わりと本能のままに生きているところのあるあなた。 それは、前の人生の名残りかも。 あなたの前世はズバリ、遊牧民。 自由に生きることで、あなたの良さが発揮されるのです。 本能優先、やりたいことがたくさんあるのは、今の人生をめいっぱい楽しむぞ!ということなので、どん欲にいきましょう。 前世は神仏に仕える身だったかも ちょっと浮き世離れしているというか、あまり俗っぽい前世の名残を感じられないのがあなた。 どうやら修道女や巫女さんなど、神や仏に仕える身だった可能性があります。 もしも今、恋に不器用だったり、男性にかすかな恐怖心があるとしたら、前世が影響しているのかも!? なんで私はこんなに恋愛ベタなのと嘆く必要はもうありません。 修道女や巫女さん時代に身についた、純潔さや清潔感こそがあなたの魅力。 そのままのあなたに自信を持って。

次の