三井住友カード 昔のデザイン。 価格.com

三井住友VISAカードの審査難易度は厳しいって本当?合否を分ける基準を徹底解説|クレジットカード審査

三井住友カード 昔のデザイン

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング ポイント・マイル ポイント・マイルの貯めやすさ、使いやすさ 1. 76 3. 11 -位 付帯サービス 保険、旅行、ショッピング等の付帯サービス 2. 33 2. 87 -位 会員専用サイト Webサービス、明細、アプリ等の使いやすさ 2. 57 2. 91 -位 申込手続き 申込手続きの簡便さ、審査・発行のスピード 3. 03 3. 30 -位 デザイン 見た目のよさ 3. 59 3. 07 -位 ステータス ステータス・特別感・高級感を感じるか 2. 58 2. 29 -位• 【付帯サービス】 ダイニング関係が充実している。 イベント関係がもう少しあればいいなと思う。 【会員専用サイト】 見やすい。 web明細もidと通常使用で区分されている。 【申込手続き】 ネットから簡単に手続きできる。 【デザイン】 パルテノン神殿がなくなったときはガッカリしたが、今度のデザインは見飽きることがなく先進性と大人のイメージを兼ね備えていると感じるようになった。 【ステータス】 申込制になってもプラチナカードとしてのステータスは保っていると思う。 会費がアップしてもメタルカードを発行すればさらによい。 【総評】 いざというときの信頼感・安心感は流石。 リスクの高いネットショッピングは決済されないし、スキミングが疑われ、確認の連絡がきたこともあった。 不正使用が事前にわかり引き落とされずに済んだ。 日常ではiD決済で気楽に使えるし、プレミアムカードほどではないが、ある程度の金額の決済もストップしたりしないので、高級なシチュエーションでも堂々と使える。 ステータスカードどれか1枚ということであれば、このカードを勧めたい。 以前までは年収500万以上、尚且つ5〜10年位 利用の方がインビ貰えたりしてました。 ここ最近は初めからプラチナを申し込めるし、 私の周りで低属性の方も所持している。 年収で350万位の部下が所持していて少し残念に 感じました。 後、残念な点はプラチナデスクが17時迄な ところと、海外で不正利用された時に私が日本に 帰国しているにも関わらず、中々信じてもらえず 一旦引き落としをされた時は不安でした。 ちなみにアメックス、ダイナースはその経緯を 話したところパスポートの帰国の写しを送り 支払わない様にと、引き落としを止めて貰い、 迅速に対応してくれました。 カードフェイスは所持しているカードの中で 断トツに気に入っているだけに残念です。 あのデザインが使えるうちは解約しませんが、カードの有効期限が切れたら解約します。 かなり以前からこのプラチナカードを持っています。 他のみなさんのレビューにもありますが、以前は審査基準がもっと厳しかったのに、今はほぼ誰でも持てるカードになったようです。 カード会社の「手数料狙い」なのでしょうが、そのおかげでステータスは本当に低くなってしまって残念です。 それに伴って、サービスも細かく低下しています。 ポイントやマイルについても、特にお得という感じはありません。 プラチナコンシェルジュデスクは丁寧な対応をしてくれます。 付帯サービスについては、特に「グルメクーポン」のサービス(2人以上で利用すると1名分が無料になる)がなかなか優れもので、よく利用していました。 しかし今は外注(株式会社ベネフィット・ワンという会社に丸投げ)になり、予約方法も「WEBからの予約で店舗からも返信メールを待つ」という方法に一本化され、そこらのグルメサイトと同じになりました。 しかも店舗側が「利用可能日」を真面目に更新していないのか、利用可能とされる日に申し込んでも「空振り」になることが多いです。 外注になる前にはそのようなことは無かったので、やはり「外注先に丸投げ」に変わったことでサービス内容が大きく劣化したと言わざるを得ません。 会員専用サイトも、以前より手を抜いた作り(Vpass画面の中に表示されるだけ)に変わってしまって、高級感は全く無くなりました。 これも残念な点です。 以上のようなことを総合的に考えて、このカードは、このところ急激に「年会費分の価値が無くなってきた」と感じています。 その昔は「VISAと言えば三井住友VISAカード」でしたし、VISAカードだと使えるところも多いし」と思っていましたが、今はVISAカードにも多くの種類があり、各カードに特色もありますので、この三井住友VISAプラチナカードについては、年会費分の価値は無くなったと言ってよいと思います。 三井住友VISAの他の種類のカードにグレードダウンして持ち続けるか、解約するか、悩ましいところです。 カードの取得が容易って恥じないのかな。 VJAの盟主だそうな、三井住友カードでのフルスペックなカードだそうですが、審査がザルなのは、如何なものか。 カードのデザインはおもしろい。 想像よりつや消しの仕上がりで違和感もあるが財布の彩りとして楽しみ。 自分はプレミアムカードを随分集めてまわったけれど、VISAの決済機能に24時間コンシェルジュ。 特典の類はいい気分でお金を使わせてくれそうで期待している。 1枚だけ残すならということがあればダイナースの平と三井住友VISAプラチナで相当迷いそうだ。 バランスが良く、平均して80点はクリアしている。 年会費52500円が負担にならない方なら満足できるカードに思う。 【デザイン】 以前のカードデザインはダサかったのですが、リニューアル後はエラくカッコよくなりました。 【ステータス】 国内のVISA最高峰ですから、申し分ありません。 【ポイント】 プラチナカードとしては、何気に高還元率です。 基本は0. 現実的ではありませんが、前年度に300万円以利用 V3 し、毎月マイ・ペイすリボの返済額を操作して少額のリボを発生させれば、ギフトカード分込みで最大1. ポイントの有効期限は4年とゴールド 3年 やクラシック 2年 よりも長くなります。 【マイル】 手数料なしで100ポイント 500円相当 を300ANAマイルと交換できます。 【ウェブサービス】 充実していますが、あまり使い勝手は良くありません。 【優遇サービス】 ユニバーサルスタジオジャパンや宝塚歌劇団、その他多くの優遇があり充実しています。 会報誌VISAを無料で購読できます。 年一回、1月下旬頃メンバーズセレクションが送られてきます。 プライオリティパス 名医によるセカンドオピニオン 食の逸品 の中から、好きなもの一つを選択します。 この中で一番お得なのはプライオリティパスです。 パスは家族カードを含めたカード発行枚数分送られてくるので大変お得です。 ただし、本カードと同じ年会費で同様のサービスを提供している「JCB THE CLASS」は3つのサービスの全てを同時に提供しているので、こちらの方がサービス面では優っています。 プライオリティパスは1枚のみとなります セカンドオピニオンは単体で加入すると年5万円程のサービスですが、メットライフやオリックス生命などの一部生命保険会社の医療保険に加入すると無料で付帯するサービスと同じものなので、既にこれらの保険に加入している方には不要なサービスです。 食の逸品は概ね5,000円〜10,000円程度の品物です。 プラチナグルメクーポンを年2回もらえます。 これは2名以上の利用でコース料理1名分が無料になるサービスで、選択できるコース料理は予め決められています。 同じお店で利用できるのは年2回ですが、80店舗以上の登録店があり、それぞれで使えます。 ただ登録店が東京と大阪に集中している上に、殆どがディナーでの利用になりますので、地方在住の方は使う機会が限られています。 プラチナコンシェルジュサービスが提供されます。 これはVISAから提供されるVPCCではなく、「ツーリスト・インターナショナル・アシスタンス・サービス」による外部委託で提供されるサービスです。 その他VISAが提供するプラチナカードの共通特典が利用できます。 ただし、サービス内容ではJCB THE CLASSに負けています。 JCB THE CLASSはメンバーズセレクションでディズニーリゾート1デーパスポート4枚と交換できますから、それだけで29,600円の価値があります。 また、ディズニーの秘密のレストラン、クラブ33での食事券との引き換えも出来ます 今年から抽選になってしまいました。 ディズニー好きなら年会費分の元は取りやすいです。 JCB THE CLASSはインビテーション制ですが、ゴールドデスクから直接申込みをすることも出来ます。 ですから何年も待たなくても取得できる可能性があります。 サービスで選ぶならJCB THE CLASSですが、海外での決済力はこちらのカードの方が遥かに高く、セキュリティも強固なので、決済力やセキュリティといったカードの基本性能で決めるのなら三井住友プラチナです。 基本的にプラチナはゴールドでは決済額が心許ない場合に持つカードで、年会費5万円クラスのカードで元を取ろうと考えると、出張や旅行で頻繁に海外に行くなどしてサービスを多く利用する必要があります。 プラチナグルメクーポンも3人以上で利用したり、ワインを開けたりしたら2〜3割引のクーポンと変わらなくなってしまいます。 ポイントで元を取るには効率よく使っても年間360万円程度の利用が必要です。 プレミアムカードを持つことで大きな満足感を得られる人には最高にオススメのカードですが、お得なカードが良い一般人はゴールドカードからランクアップさせない方がよいです。 三井住友ゴールドは年会費とサービスとの比較では申し分のないカードです。 【デザイン】 渋くて良い感じ、2種類から選べるのが良い 【ステータス】 国内VISAカードの最高峰(と私は思います) 【ポイント】 このカードの欠点はポイントと年会費と思います 【マイル】 マイル目的なら航空会社のカードが良いでしょう 【ウェブサービス】 普通、見つけにくい(探し難い)項目が有る 【優遇サービス】 多数(記載省略)、プライオリティパス 【重視項目】 利用限度額(取得後の話ですが) 【注意事項】 このカードの取得後、無駄使いが増えました 否決覚悟で申し込みました、しかし、 ダイナースを2度否決された私に限度額500万で発行してくれました(感謝)。 (同じころに取得したアメックスの10倍以上の限度額です) 取得が容易で限度額が大きくサービスも充実、良いカードです。 ただ、年会費がべらぼうに高くポイント還元率が悪いので最高とは言えません MUFGプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は21600円 を見習って欲しいと思います。 【その後のレポート】 良いカードですが年会費に見合ったサービスとは思えず、 エポス・プラチナ・カードを取得してこのカードは解約しました。 さすがにこの年会費では維持するメリットは見当たりませんでした。 年会費4320円で維持できる三井住友VISAゴールドが一番良いと思います。 【デザイン】 興味のない人が見ればゴールドのほうがよく見えるかもしれないが、自分はどっちもデザインはいいと思う。 【ステータス】 自己満の世界だけど、カードを出すとき気分はいい。 コンビニで出すのは逆にイヤみっぽいから出さないようにしている。 【ポイント】 ポイントで元を取ることを考える人は持たないカードだと思う。 【ウェブサービス】 改定してから使いやすくなった。 【総評】 初めてのプラチナカード。 主な決済場所は、ゴルフと飲食。 ゴールドの時からゴルフで結構使っていたせいか、ゴールド作って(しかも三井は初めて)1年でインビテーションがきた。 金額だけでなく、決済する場所も関係するんじゃないかと思った。 まわりにダイナースプレミアム・アメックスプラチナを持ってる人が数人いる(センチュリオンも一人いる)ので急にステータスカードが欲しくなったが、さすがに年会費13万は高いので5万円のプラチナカードがある三井ゴールドから始めたって言うのが経緯(クレヒスは事故無だが、ゴールドすら持っていなかったのでいきなりプラチナ申し込みは審査にちょっとビビった)。 海外に行かないなら要らないって言う人もいるが、カードなんて出すときに自分が満足できればそれで十分だと思っている。 使い方なんて人それぞれ。 スペックなんてどうでもいいと思いつつ、コンシェルジュは使ってみた。 他と比べたことはないが、自分には結構役に立つ。 今度はTHE CLASSが欲しくなってきたので、JCBゴールドを同時に申し込んでしまった。 もし2枚持ちになったとしても年会費は10万円だから、まだ13万には届かない。 どちらが自分に合ってるかを使ってみて調べてみたいと思った(クラスが作れるかどうかはわからないが・・・)。 後、2枚持ち前提だが、どちらか海外旅行保険とゴルフ保険で選べるといいのではないかと思った。 プラチナカードにステータスを求める場合にはガッカリすることが多いでしょう。 三井住友カードは認識されますが、プラチナカード自体は認識されません。 ゴールドカードの方が認識されますね。 認識されたとしても特に特別な対応はありません。 数種類のプラチナカードを所持しましたが各社ともに同じようなものです。 プラチナカードの年会費が54000円ですが、カードを作る前に利用する用途があるか考えてから作りましょう。 飛行機に乗らないという人は特典の半分位は利用できません。 コンシェルジュに関しても、時間をお金で買うような感じの人には良いですが、自分で少しでも安いものを検索するという人には不要です。 自分で調べるか他人が調べるかの違いです。 頼んだ方が割高ですしね。 食事の特典に関しても一名無料というのはそもそも割高ですので、違うコースで予約した方が安いということも普通にあります。 まあ元を取るという感覚の人にはプラチナカードは合いませんね。 当然私にも合ってませんけどね。 他サイトでキャンペーンをやっているせいかわずか数カ月で数十件の明らかに利用者じゃないレビューが並んでいますが、そう簡単に作れるカードではありません。 レビューを読めば分かりますが明らかに適当な事を書いているレビューが多いです。 プラチナカードとしては、ディズニーの特典がある分、ザクラスに軍配が上がります。 色々なサービスを削ったエポスプラチナが一番コストパフォーマンスは良いですね。 サービスを利用する予定がないのならば、プラチナカードは財布の肥しです。 プラチナカードはゴールドカードより認知度が低いため、利用してもあまり反応は得られません。 ステータスを求めるのならばそういう事実も認識した方が良いですね。 【デザイン】 以前のデザインの方が良かったです。 以前は黒かシルバーが選べました。 【ステータス】 私が作った頃は年齢制限があり、勧誘が来ないと申し込めませんでしたが、 敷居が下がり、誰でも申し込めるカードになったため 解約しました。 当時も30歳以上だか35歳以上だかとうたってましたが、 20代の時に普通に作れました。 実際中身もゴールドの限度額が多いだけのカードで ステイタスは無いですね。 申し込みができる時点でプラチナを名乗るのは どうかなと思います。 【ポイント】 現在はややマシになりましたが、ゴールドと あまり変わりません。 年会費を考えるとゴールドで十分です。 【マイル】 本気で貯めるなら、ANAーVISAプラチナがおすすめです。 【ウェブサービス】 三井住友のHPなので見やすくて良いです。 【優遇サービス】 保険などはアメックスのゴールドレベルです。 その他はVISAゴールドとほとんど同じです。 ちなみに年に数回食事券が送られた来ましたが 田舎なので使えず微妙でした。 またUSJの優待もありましたが、関東在住で なかなかいけず、微妙な感じです。 都市部や関西在住の方の方がいろいろと特典を享受できると 思います。 地方在住の方には微妙ですね。 【総評】 数年前に勧誘が来て作ったのですが、年会費が 高いだけの限度額が増えたカードでした・・・ VISAのコンシェルジュも使えないし、 デスクの対応も微妙でプラチナとは名ばかりでしたので すぐに解約しました。 17時にデスクが終わりって微妙すぎます(笑) 見栄で持ちたい方は、おすすめできません。 ゴールドで十分で見栄など張れません。

次の

三井住友VISAカードの審査難易度は厳しいって本当?合否を分ける基準を徹底解説|クレジットカード審査

三井住友カード 昔のデザイン

三井住友カードのプロパーカードのデザインが、2020年2月3日より一新されます。 三井住友カードと言えば、「パルテノン神殿」。 僕は、ギリシャへ旅行したことがあり、当然、パルテノン神殿も観光してきています。 日本では考えられないくらい昔の建造物が残っていることにも感動しましたし、パルテノン神殿(アクロポリス)に続く大理石の階段も凄かった。 三井住友カードでは、1990年から、カードデザインにパルテノン神殿を取り入れていました。 三井住友カードのデザインからパルテノン神殿が消える そのパルテノン神殿が、リニューアルするデザインではなくなります。 約30年続いた、多くの方が「三井住友カード」と一目で認識していた、パルテノン神殿が。 上の写真は、新しくなる三井住友カードの一般カードとゴールドカードのデザイン。 カード表面に番号等がないのは、と同じですね。 皆さんは、どう感じました? カード番号等が無くなり、スッキリしたことで、「PLATINUM」の文字に目線が誘導されることとなりました。 以前のカードよりも、このカードがグレードの高いカードであることを支払い時に受け取った方は感じることと思います。 しかし・・・ やっぱり、個人的には以前のパルテノン神殿が好きです。 パルテノン神殿に対して、マイナスのイメージを持つ方はいないでしょう。 格式が高くって歴史もあり、今なお観光地としての人気もあります。 現カードのパルテノン神殿をデザインに採用する案は、三井住友カード株式会社の社内公募で決まったことでした。 三井住友カードのイメージを定着させて認知度を大きくアップする狙いが込められています。 その戦略どおり、そして、長きにわたって同じデザインを採用し続けたことで、多くの方に【三井住友カード=パルテノン神殿】のイメージが定着しました。 今回のデザイン一新については、おそらく三井住友カード株式会社の中でも賛否両論があったように感じますが、カード会員にとっても様々な意見があるように思います。 あくまでも個人的な意見として、リニューアル後のデザインが現デザインより優れているとは感じられないです。

次の

価格.com

三井住友カード 昔のデザイン

ポイント• 年会費 どちらにするか悩んでしまったら、検討する参考にしてくださいね。 ポイント還元率でお得なYOSHIKIデザインカードは? クレジットカードをお得に利用する方法としては、ポイントプログラムは欠かせません。 そこで、4枚のクレジットカードを、付帯ポイントと利用方法で比べてみました。 楽天カード(YOSHIKIデザイン)のポイントに関わる情報 カード 楽天カード(YOSHIKIデザイン) ポイント 100円につき1ポイント ポイント優待 楽天市場など、利用するショップによってポイントアップ ポイントの利用方法 1ポイント1円としてお買い物に利用 表. UNDERGROUND KINGDOカードのポイントに関わる情報 カード UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VISAカードVIP マスターカード ポイント 1,000円につき1ポイント ポイント優待 — 利用金額に応じてポイントアップ — ポイントの利用方法 ・商品との交換 ・三井住友カードiDの利用で、1ポイント5円でキャッシュバック 楽天カードの場合、ポイントは直接ショッピング時に利用する方法がメインになります。 iD専用の三井住友iDカードもありますけど、クレジットと一体型のiDなら1枚でOKですね! 利用方法については大きな差があるので、楽天市場で利用したいのであれば、楽天カードYOSHIKIを選択してはいかがでしょうか。 会員特典でお得なYOSHIKIデザインカードは? 気になるのが、会員特典ですよね。 それぞれの会員特典については、次の表にまとめました。 カード 楽天カード(YOSHIKIデザイン) UNDERGROUND KINGDOM VISA VISA VIP マスターカード 特典 ・YOSHIKI. しかし、年会費が無料な楽天カードYOSHIKIデザインに比べ、UNDERGROUND KINGDOMシリーズは1,250円(税抜)もしくは10,000円(税抜)とかかります。

次の