サービス エリア 休業。 サービスエリア 店舗の一部休業・営業時間短縮のお知らせ

サービスエリア

サービス エリア 休業

中央自動車道• 東北自動車道• 箱根新道• 京葉道路• 常磐自動車道• 関越自動車道• 東京湾アクアライン• 千葉東金道路• 東関東自動車道• 圏央道• 小田原厚木道路• 東名高速道路• 西湘バイパス• 館山自動車道• 上信越自動車道• 富津館山道路• 北関東自動車道• 北近畿豊岡自動車道• 西名阪自動車道• 東名阪自動車道• 神戸淡路鳴門自動車道• 阪和自動車道• 名神高速道路• 中国自動車道• 新名神高速道路• 第二神明道路• 舞鶴若狭自動車道• 山陽自動車道• 湯浅御坊道路• 京都縦貫自動車道• 高松自動車道• 徳島自動車道• 神戸淡路鳴門自動車道• 米子自動車道• 松山自動車道• 高知自動車道• 新名神高速道路• 名神高速道路• 中央自動車道• 伊勢湾岸自動車道• 東名阪自動車道• 東海環状自動車道• 北陸自動車道• 東名高速道路• 東海北陸自動車道• 伊勢自動車道• 新東名高速道路• 釈迦堂PA• 谷村PA• 八ヶ岳PA• 諏訪湖SA• 境川PA• 双葉SA• 初狩PA• 石川PA• 談合坂SA• 大谷PA• 佐野SA• 上河内SA• 都賀西方PA• パサール羽生• 蓮田SA• 羽生PA• 箱根PA• 京葉市川PA• 鬼高PA• パサール幕張• パサール守谷• 中郷SA• 友部SA• 守谷SA• 東海PA• 美野里PA• 谷田部東PA• パサール三芳• 三芳PA• 上里SA• 駒寄PA• 嵐山PA• 赤城高原SA• 高坂SA• 寄居PA• 海ほたるPA• 野呂PA• 湾岸幕張PA• 酒々井PA• 狭山PA• 厚木PA• 菖蒲PA• 大磯PA• EXPASA足柄• 愛鷹PA• 中井PA• 海老名SA• 港北PA• 鮎沢PA• 日本坂PA• 西湘SA• 市原SA• 横川SA• 甘楽PA• 道の駅 とみうら枇杷倶楽部• 道の駅 富楽里とみやま• 笠間PA• 道の駅 但馬のまほろば• 香芝SA• 天理PA• 大山田PA• 淡路SA• 淡路島南PA• 岸和田SA• 紀ノ川SA• 印南SA• 桂川PA• 草津PA• 吹田SA• 菩提寺PA• 大津SA• 黒丸PA• パヴァリエ びわ湖大津• 安富PA• 加西SA• 西宮名塩SA• 社PA• 赤松PA• 勝央SA• 宝塚北SA• 甲南PA• 垂水PA• 明石SA• 名谷PA• 西紀SA• 六人部PA• 三木SA• 龍野西SA• 淡河PA• 吉備SA• 福山SA• 小谷SA• 宮島SA• 権現湖PA• 吉備湯浅PA• 京丹波PA• 豊浜SA• 津田の松原SA• 吉野川SA• 上板SA• 淡路ハイウェイオアシス• 淡路SA• 蒜山高原SA• 大山PA• 石鎚山SA• 伊予灘SA• 南国SA• 立川PA• 馬立PA• 鈴鹿PA• 多賀SA• 尾張一宮PA• 養老SA• 虎渓山PA• 駒ヶ岳SA• 屏風山PA• 初狩PA• 恵那峡SA• 神坂PA• 内津峠PA• 湾岸長島PA• 刈谷PA• 亀山PA• 東郷PA• 御在所SA• 大山田PA• 美濃加茂SA• 賤ヶ岳SA• 日本坂PA• 足柄SA• 守山PA• 富士川SA• 東郷PA• 日本平PA• 浜名湖SA• 新城PA• 美合PA• 赤塚PA• 上郷SA• 由比PA• 駒門PA• 長良川SA• 関SA• ぎふ大和PA• 瓢ヶ岳PA• 川島PA• ひるがの高原SA• 嬉野PA• 安濃SA• NEOPASA浜松• NEOPASA駿河湾沼津• 藤枝PA• NEOPASA清水• NEOPASA静岡• NEOPASA岡崎• 長篠設楽原PA•

次の

【東名・新東名】あのサービスエリアが1位、2位を独占!ドライバーが選ぶサービスエリア・パーキングエリア満足度ランキング

サービス エリア 休業

4月21日、東京・浅草寺《photo c Getty Images》 気になるニュース・気になる内幕。 今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。 ………… 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京など7都府県を対象に「緊急事態宣言」を発令してから2週間が過ぎた。 宣言期間の5月6日まで、外出を自粛して接触機会を8割削減を目指すが、目安となる全国各地の人出はいずれも8割減には届いていないという。 きょうの毎日も1面トップで「人出8割減届かず、緊急事態2週間、解除に慎重論」と取り上げている。 一方、産経は「7都府県、感染勢い鈍る」としながらも「8割減らしても収束には1か月程度かかるとの専門家の試算もある」として「今後も警戒が必要」と伝えている。 やることなすことが後手後手の安倍首相だが、緊急事態宣言を全国に広げた理由の一つとなった大型連休中の人の移動については「いよいよゴールデンウイークも近づいてきたが、家族だけであっても地方への旅行は控えてほしい」と改めて呼びかけたという。 さらに、赤羽国土交通相も記者会見で、地方部の高速道路で普通車以下を対象に実施している土日、祝日の通行料金「3割引き」について「4月29日〜5月6日は適用せず、料金を引き上げる」と表明。 新型コロナウイルス感染拡大防止で広域の移動を抑制するためで、大型連休の期間中はサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)のレストラン、土産店の休業も要請するという。 対象となるのは、東日本、中日本、西日本の高速3社の東京、大阪近郊を除く区間などで自動料金収受システム(ETC)を搭載した普通自動車、軽自動車、自動二輪車。 トラック輸送などの物流に影響が出ないよう、SAなどのガソリンスタンドは営業するそうだ。 たしか、通行料金を引き上げて混雑を緩和させる対策としては、延期となった東京五輪の開催期間中に首都高速に導入する案が検討されていたが、今回の緊急事態の有事の交通量削減とは目的がまったく異なる。 ドライブ好きのマイカー族たちにはしばらく辛抱してもらうことになるが、いっそのこと、中途半端な料金引き上げではなく、高速入り口付近で不要不急の遠出を自粛してもらうような検問などの措置も検討するべきだろう。 福田俊之•

次の

淡路島の臨時休業など 観光施設が新型コロナ対策

サービス エリア 休業

ネクスコ東日本は14日、佐野市黒袴町の東北自動車道上り線佐野サービスエリア(SA)のフードコートなどが、同日未明から営業を休止したと発表した。 運営会社で何らかの労使トラブルがあったとみられ、営業再開のめどは立っていない。 お盆のUターンラッシュを迎える中での突然の休業に、利用客や納品業者からは困惑の声が上がった。 ネクスコ東日本などによると、佐野市内の企業にフードコートなどの運営を委託している。 営業が休止したのはフードコートのほか、お土産を扱うショッピングコーナー、レストラン。 トイレやガソリンスタンドは利用できる。 休業は「テナント(運営)会社従業員の就業拒否」が理由といい、ネクスコ東日本は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。 詳細は調査中だが、営業再開に向けて準備を急ぐ」とした。 一方で、別の会社が運営する下り線のSAのフードコートなどは営業している。 上り線SAから歩いて行き来できるため、誘導員を配置して利用を促した。 上り線SAの運営会社について、東京商工リサーチや帝国データバンクによると、「何らかの労使間トラブルがあったとみられる」という。 Uターンラッシュ真っただ中で、例年この時期は多くの利用客でにぎわう同SAだが、この日はショッピングコーナーに入ることができず、レストランは真っ暗だった。 横浜市戸塚区、会社員男性(62)は「SAが休みなんて考えられない。 前代未聞だ」とあぜんとしていた。 同SAにお土産を納品する県内の業者はこの日、店頭に並ぶ商品の回収作業に追われたという。 担当者は「説明がなかったので非常に困った。 今後の動きを注視したい」と話した。 別の業者も「帰省ラッシュがピークになる時にこういう事態になって残念だ」と肩を落とした。

次の