おすすめのオフライン楽曲。 [2020]音楽をオフラインで聴けるアプリおすすめ11選|iPhone・Android用

【飛行機の暇つぶしオフライン編】Wi

おすすめのオフライン楽曲

この記事の目次• サブスクの音楽サービスで音楽を深く快適に楽しもう サブスクの音楽サービスは、 音楽の楽しみ方を広げてくれます。 定額料金で幅広い楽曲を楽しめ、知らなかった様々なアーティストや楽曲と出会えうことができます。 どれだけ使っても定額なので、楽曲を購入するか否かを毎回悩む必要はありません。 「この曲気になるな」「聴いてみたい」と思ったら、いつでも気軽に再生できるのです。 また、どのサービスも、あなたの趣向に合わせたおすすめの楽曲を提案してくれます。 自分に合ったサービスを見つけて、音楽をもっと深く快適に楽しみましょう。 おすすめの音楽サブスク9選 サブスクの音楽サービスは、それぞれに異なる特徴を持っています。 ここからは、具体的におすすめのサービスを見ていきましょう。 Apple Music 出典: Apple Musicは、その名の通りAppleが提供するサービスです。 6,000万以上の楽曲を聴けることに加え、豊富なミュージックビデオを楽しむこともできます。 iPhoneなどのApple製品との連携のしやすさが特徴で、Siriと連携して手軽に音楽検索もできます。 楽曲数:約6,000万曲• ジャンル:洋楽、邦楽• 音質:最大256kbps• オフライン:対応 Spotify 出典: Spotifyは、世界最大級の音楽ストリーミングサービスです。 洋楽を中心に、多くの楽曲を提供しており、 無期限の無料プランが用意されているのが大きな特徴です。 有料プランで契約すると、音楽のダウンロード、広告スキップなどの機能が使えるようになります。 ランダムでプレイリストを再生する機能もありますので、気分を変えたい時や、仕事中にBGMとして流すなどの使い方もおすすめ。 楽曲数:約5,000万曲• ジャンル:洋楽、邦楽• 音質:最大320kbps• オフライン:対応 Amazon Music Unlimited 出典: Amazon Music Unlimitedは、Amazonが提供するサブスクの音楽サービスです。 配信曲数は6,500万曲にものぼり、世界の様々な楽曲を網羅しています。 オフラインで楽曲を楽しめるほか、 Alexaとの連携により、話しかけることで簡単に曲の再生ができます。 料金プランでは、Amazon Echoシリーズでだけ利用できる定額プランが用意されています。 楽曲数:約6,500万曲• ジャンル:洋楽、邦楽• 音質:最大256kbps• オフライン:対応 LINE MUSIC 出典: LINE MUSICは、 邦楽に強い点が特徴です。 最新曲も比較的早くリリースされるので、邦楽の最先端を抑えておきたいという人には特におすすめです。 また、LINEと連携することで、好きな楽曲をプロフィール画面のBGMなどに設定することも可能です。 楽曲数:約6,200万曲• ジャンル:邦楽、洋楽• 音質:最大320kbps• オフライン:対応 AWA 出典: AWA(アワ)は日本発のサブスクの音楽サービスで、幅広い層からの人気を誇るサービスです。 洋楽・邦楽共に豊富な楽曲を取り揃えていますので、幅広い音楽を聴きたい人におすすめと言えるでしょう。 ユーザーが作ったプレイリストを検索して再生したり、自分が作ったプレイリストを公開したりする、SNS的な要素も楽しめます。 楽曲数:約6,500万曲• ジャンル:邦楽、洋楽• 音質:最大320kbps• オフライン:対応 楽天ミュージック 出典: 楽天ミュージックは、ECサイトやキャッシュレス決済なども手がける楽天グループが提供するサービスです。 1日10曲聴くだけで5ポイントの楽天ポイントをもらえるなど、他にはないお得な特典があります。 邦楽に強く、国内のヒット曲は大抵網羅しているので、主に邦楽を聴く人におすすめです。 決済方法により料金が異なるのが特徴。 楽天ペイ決済に限り、サービス契約後に月20時間だけ利用可能な「ライトプラン(月額500円)」に変更が可能です。 パソコンでは利用不可な点に注意しましょう。 楽曲数:約6,800万曲• ジャンル:邦楽、洋楽• 音質:最大320kbps• オフライン:対応 YouTube Music 出典: YouTube Musicは、Googleが提供するサービスです。 曲名やアーティスト名が正確に分からなくても、 「何のCMソングか」が分かれば検索できる、スマート検索が非常に便利です。 利用する端末によって定額料金が変化するので、事前に確認しておきましょう。 また、Googleが提供する音楽サービス「Google Play Music」は2020年内に終了し、「YouTube Music」へ一本化されることが発表されています。 現在、「YouTube Music」へのアカウント移行ツールの提供も始まっています。 楽曲数:非公開• ジャンル:洋楽、邦楽• 音質:最大256kbps• オフライン:対応 HMVmusic powered by KKBOX 出典: HMVmusic powered by KKBOXは、 K-POPをはじめ、アジアの楽曲に強いのが最大の特徴です。 台湾発のサブスクの音楽サービス・KKBOXが、2019年4月にローソンエンターテインメント傘下のHMVと提携し、現在の「HMVmusic powered by KKBOX」としてサービスをスタートさせました。 音楽専門店HMVのキュレーターによる、独自のプレイリストもならではの魅力です。 楽曲数:約5,000万曲• ジャンル:洋楽、邦楽• 音質:最大320kbps• オフライン:対応 ANiUTa 出典: ANiUTaは、 アニメソングに特化したサービスです。 最新のものから昔聴きたかったものまで、10万曲以上の楽曲を配信しています。 アニメ好きなら「ANiUTa」を選べば間違いないでしょう。 楽曲数:約10万曲• ジャンル:アニメ• 音質:最大320kbps• オフライン:対応 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 無料期間を利用して各サービスを比較しよう 多くのサービスには、無料で使用できる期間が用意されています。 百聞は一見にしかず、 気になるサービスは一度試してみましょう。 比較する際には、楽曲数や提供されているジャンル・アーティスト、スマホでの操作性などを重視するとよいでしょう。 無料で利用できる期間は各サービスで異なりますので、継続利用をしない場合はサービスの解約を忘れないように注意が必要です。

次の

2020年最高に使える!おすすめ音楽アプリ|ダウンロード無料なのに良い!Android/iPhone

おすすめのオフライン楽曲

定額制音楽配信サービスに登録する上でまずはじめにチェックしたい点は、 自分の好きなアーティストの曲がしっかりと取り扱われているかです。 サービス内で収録されている楽曲数が多くても、まずは 自分の 聴 きたいアーティストが広く取り扱われているか必ずチェックするようにしましょう。 確認せずにいざ登録してみると、 好きなアー ティストが取り扱われていなかったり、アルバム一枚分しか楽曲がなかったりということがあるので、注意が必要です。 大抵のサービスには無料で一定期間サービスを体験できるようなプログラムが用意されています。 必ず 無料体験期間を利用し、楽曲のラインナップに満足できてから登録をするようにしましょう。 定額制音楽配信サービスの値段は1,000円前後が一般的。 しかし月々支払うお金だからもう少し安くできないかと悩ましく感じる方もいらっしゃいますよね。 そんな方は、料金プランに自分が利用できるお得なプランがないかを確認しましょう。 代表的なプランとして、 家族で加入することで一人あたりの料金が割安になるファミリープランや、 学生を対象に月額料金を割引してくれる学割プランなどがあります。 プランの利用条件に当てはまりそうな場合は、積極的に活用するようにしましょう。 また、いくつかの定額制音楽配信サービスの中には、一部の機能や音質に制限がかかる代わりに、無料でサービスが利用できるプランもあります。 普段「流し聴き」がメインの方など、ガッツリ音楽を聞くわけではないのであれば、無料プランがあるサービスを選ぶのも手です。 音楽の配信サービスが浸透しきっておらず、楽曲を提供していないアーティストがいます。 特に邦楽好きな方は、 サービスの更新頻度に注意しないと、大好きなあのアーティストがサブスクを解禁したけれど、自分の登録しているサービスには、楽曲が提供されていない!といった事態になりかねません。 そんな事態を避けたいなら、 サービスの楽曲更新頻度の目安として、大物アーティストの楽曲提供をいち早く受けられているのかをチェックしておきましょう。 最近でいえば、嵐やaikoのダウンロード・ストリーミング配信解禁が話題になりましたが、このようなときに、しっかりとリリースに参加しているサービスを選べば楽曲の更新性に関していえば及第点といえます。 各定額制音楽配信サービスや、サービス内のプランによって、再生できる楽曲の音質に差がある場合が多々あります。 しかし、 普段から音質にこだわって楽曲を聴いている方でなければ、 聞いていて大きく差を感じることは、ほとんどありません。 多くの人の場合は、サービスを選ぶ上で音質の際はそこまで気にする必要はないといえます。 また、中には月額料金が少し上がる代わりに、 ハイレゾという超高音質な音源を提供しているサービスもあります。 しかし、 現在多くの方が使用している、Bluetooht通信を用いたワイヤレスイヤホンのほとんどでは、ハイレゾ音源に対応していません。 そのため、もしそのようなサービスに入会するのであれば、 自分の持つオーディオ機器がハイレゾ音源に対応しているかのチェックも忘れないようにしましょう。 今回検証した商品• AWA|AWA• Spotify|Spotify• Google|Google Play Music• Apple|Apple Music• LINE MUSIC|LINE MUSIC• KKBOX|KKBOX• Deezer|Deezer HiFi• Amazon|Amazon Music Unlimited• YouTube|YouTube Music Premium• KDDI|うたパス• 楽天|Rakuten Music• ソニー・ミュージックエンタテインメント|mora qualitas• NTTドコモ|dヒッツ• アニュータ|ANiUTa• レコチョク|RecMusic 「AWA」はサイバーエージェントやエイベックスの共同出資で設立された定額制音楽配信サービス。 無料プランも用意されており、楽曲のハイライト再生のみで月20時間まで配信されている楽曲を聞けます。 今回の検証を通して、プレイリストの面白さについて、 さまざまな視点からお気に入りの楽曲を探すことができると高く評価しました。 一般のユーザーも活発にプレイリストの作成や共有をしている他、音楽エディターや、アーティストが編集したプレイリストも豊富に配信されており、バラエティ豊かなプレイリストのなかから楽曲を選ぶことができます。 プレイリストごとの切り口に注目してみると、個性的なものが多く、 「テイラースイフトが愛した男性」「8曲でわかるグランジ」など興味が湧くものが多数見られました。 また、 レコメンド機能も一定以上の満足感は得られると評価できました。 「AWA」のレコメンドは、機械が視聴履歴を参考にして、自分と好みの近いユーザーが作成したプレイリストや、好みの曲・アーティストが含まれるプレイリストをおすすめしてくれる形式です。 検証を通してその精度を見てみると、プレイリスト製作者の個性との相性に左右はされるきらいはあります。 しかし、 いくつか表示されたおすすめプレイリストを聴けば、バッチリとハマる曲を見つけられるとモニターからもコメントが寄せられました。 また、音楽検索機能も備わっています。 総合的に、ユーザー全体で好みの音楽を発信し合うこのサービスなら、 より幅広い楽曲やアーティストに触れ、音楽を楽しむ事が期待できます。 加入する定額制音楽配信サービスに迷っている方はまずはじめにこちらのサービスを検討してみましょう。 定額制音楽配信サービスのなかでも大きく知名度を伸ばしている「Spotify」。 曲と曲の途中に広告が入る無料プランも用意されており、シャッフル再生のみ、楽曲のダウンロード不可、といった制限はありつつも、しっかり音楽を楽しめます。 検証を通して、総合的な結果では1位の「AWA」と非常に僅差となりました。 レコメンド機能は全体で2番目に高い評価をつけており、 意外性に弱い部分はあるものの、自分の趣向に沿ったアーティストを堅実におすすめしてくれます。 また、 プレイリストに関しても、全体的にはジャンルやランキング、流行りのアーティストなど、定番のラインナップはありつつも、 フェスごとのアーティストのまとめや、「テラスハウスのBGMまとめ」など面白い切り口のものもしっかりと用意はされています。 スムーズな動作とすっきりとした画面のデザインで使い心地も快適で、音楽検索アプリとの連携も可能です。 特別なこだわりがないのであれば、こちらもまずはじめに候補として検討してよいサービスです。 「Google play music」は、Googleが提供する定額制音楽配信サービス。 有料プランに登録すると、「YouTube Music Premium」も一緒に利用できるようになります。 今回の検証では、 レコメンド機能の満足度において、最も高い評価を得ました。 しっかりと再生履歴に準じたおすすめの楽曲が返ってきており、アーティストの偏りもなく、バラエティ豊かに楽曲を楽しむことができます。 新しい曲やアーティストの開拓に適したレコメンド機能だと評価できました。 プレイリストに関しても及第点は超えていると評価。 画面のデザインについてもシンプルでわかりやすく、使い心地も悪くありません。 シンプルなUIが好みの方や、YouTubeプレミアムの併用に魅力を感じる方は、まずはじめにこちらを検討してみても良いでしょう。 「Apple Music」は、Appleが提供する定額制音楽配信サービス。 Apple端末同士での連携ができるため、身の回りの端末をiPhoneやmacなどアップル製品で統一している方には便利です。 また、音楽検索アプリとの連携も可能となっています。 検証結果では、 各項目とも及第点レベルのまずまずな評価に。 プレイリストに関しても、視聴履歴をもとにしたアーティストのプレイリストなどがメインで、一定以上の満足感は得られます。 しかし、その他はジャンル、最新のヒット曲などの ありきたりなものが多く、真新しさに欠ける感もありました。 一方、 レコメンド機能は、同じジャンルをおすすめし続ける一辺倒な傾向にあり、「もう少しバリエーションが欲しい」という声が上がりました。 しかし、基本的に趣向に合わせたおすすめを返してくれるため一定以上の満足感は得られると評価しました。 周囲の機器をAppleの製品で統一している方であれば、加入を検討する余地はありそうです。 「LINE MUSIC」は、世間でも広く認知されるチャット通信アプリLINEが提供する定額制音楽配信サービスです。 気に入った歌はLINEアプリのBGMなどに設定して音楽でのコミュニケーションを取ることもできるとアピールしています。 また、無料プランもあり、月1回ずつ、配信されている曲をフルで再生することができます。 今回の検証では、 プレイリストのラインナップに高い評価をつけました。 「お家リモートワークに最適なEDMヒット」など、時流に合わせたプレイリストや、「帰り道の解放感」と言ったエモーショナルな訴えかけをしてくるものも用意されており、 興味が湧くプレイリストが多く見られました。 レコメンド機能については、「ラインナップに一辺倒さを感じる」という意見と、「好みをよく分析されたおすすめが返ってきている」という意見に分断され、 総合して及第点に一歩及ばないと評価しました。 LINEのBGM設定等をよく行う方であれば、特におすすめできる定額制音楽配信サービスす。 「KKBOX」は台湾発の定額制音楽配信サービスです。 K-POPを始めとしたアジア系の楽曲も豊富に取り扱っている点を魅力としています。 今回の検証では、 サービスの使い心地に高い評価をつけたものの、 レコメンドやプレイリストの満足度に関しては、一定の水準を満たさないレベルと評価しました。 使いやすさについては、 快適な操作性や、柔軟な予測変換など基本的な機能はしっかり揃っています。 更に、音声検索機能や、リアルタイムでアーティストやタレントの選ぶ曲を聞いてコメントできるオンラインDJ機能など、より 毎日の音楽体験の幅が広がるような機能も盛り込まれている点から、高い評価をつけることができました。 その一方で評価を大きく下げたのが、レコメンド機能。 おすすめに出てくる楽曲にはアジア系のヒット曲も多く、 再生履歴を無視した強引なおすすめに感じます。 普段アジア圏の曲をよく聴く方であれば、登録を検討する余地はあるでしょう。 フランスのDeezerが提供する定額制音楽配信サービスが「DEEZER HiFi」。 サービスの魅力に音質の良さをアピールしており、 PCやDeezerに対応している端末なら、CDと同じ音質で音楽を聴けるといいます。 今回の検証では、 レコメンド機能には及第点をつけたものの、プレイリストの面白さに不満が残る結果となりました。 プレイリストは、 ジャンルや、ヒット、新着楽曲といったありきたりな内容が並んでおり、扱っている楽曲も洋楽が多いため、表示されている楽曲に対して興味がわかないと、モニターからも声が上がっています。 サービス全体としての満足度よりも音質を重視する方であれば入会を検討してみてもよいでしょう。 「Amazon music unlimited」はAmazonが提供する定額制音楽配信サービス。 プライム会員や学生に対しての割引など、豊富なプランが用意されています。 プライム会員なら誰でも使える「Prime music」との違いは、視聴できる楽曲数の数で、プライムが100万曲程度に対し、こちらは約6500万曲です。 検証では レコメンド機能については悪くないものの、プレイリストのラインナップが物足りず、その点でややマイナスの評価をつけました。 用意されているプレイリストの数は非常に多く、幅広い選択肢から選べますが、そのラインナップは、今話題のアーティストやランキングなどを切り口とした手堅いものが多く、 新しい曲やアーティストとの出合いは期待しにくいと感じました。 アマゾンプライム会員割引を受けられる方以外は、登録をする積極的な魅力は見つけにくいサービスです。 「YouTube Music Premium」は、 YouTube内に配信されている楽曲を、広告無しで、バックグラウンド再生、オフライン再生できるサービスです。 加入すると、Google play music も利用可能に。 現在音楽ストリーミングサービスを解禁していないアーティストでもYouTubeにアップロードされている楽曲なら視聴可能な点が魅力です。 今回の検証では、 各項目とも及第点に一歩届かない惜しいレベルと評価しました。 レコメンドは、ある程度の意外性は有るものの、重低音の強いダンスミュージック一辺倒のおすすめリストが出てきてしまう場面などがありました。 趣味にはしっかり合っているが、途中から面白みを感じなくなってしまうチョイスです。 プレイリストに関しても、年代別に分けたものを「音楽タイムカプセル」と呼称していたり、遊び心が感じられる場面は有りつつも、やはりジャンルやシーンといった手堅いラインナップで、 新しいアーティストや楽曲の発掘に有用とは言い切れないとモニターからコメントされています。 普段YouTubeで音楽を聴いている人であれば、利便性の面での満足感は得られるかもしれませんが、それ以外に積極的に入会する魅力は見つけにくいサービスです。 「うたパス」は、有名携帯キャリアauで有名な、KDDIが展開する定額制音楽配信サービス。 無料プランも用意されており、30秒間のみ楽曲の試聴ができます。 今回の検証では、 各項目とも、及第点を下回る水準と評価しました。 楽曲を指定しての再生ができないことから、その使い勝手の悪さはもちろんのこと。 レコメンド機能に関しても、基本的にヒット曲や話題のアーティストの楽曲をおすすめしてくるだけで、 自分たちの再生履歴が無視されているのかと感じてしまいました。 おすすめできる人は、サービス自体への満足度よりも、月額料金の安さを最も重視する方に限られます。 「楽天ミュージック」は楽天が提供する音楽配信アプリで、支払いに応じて楽天ポイントがたまります。 ダウンロード不可で30秒間楽曲を視聴できる無料プランがあるのも特徴です。 今回の検証では、 レコメンドとプレイリストの両面で、及第点レベルに一歩及ばないと評価しました。 「よくぞこの曲をおすすめしてくれた」と感じるようなおすすめは、1曲あるかないかといったところで、 ほとんどの楽曲は、おすすめされた理由がわからず、首をかしげるようなものばかり。 用意されているプレイリストに関しても、興味が湧くものは1つか2つ程度で、アーティストやヒット曲がまとめられたありきたりなものしか見つけられませんでした。 楽曲検索のロード時間が長いなど、使い心地に関しても快適とは言えず、楽天ポイントをお得に貯めたい方でなければ、特別に加入するメリットは見つけにくいサービスです。 「Walkman」で有名なソニーが提供する定額制音楽配信サービス。 一部の楽曲でハイレゾ音質の音源を聴ける点が魅力とアピールしています。 今回の検証では、 各検証項目において、満足の行く結果は得られませんでした。 特に レコメンド機能は、視聴履歴に全く関係の無い楽曲ばかりがおすすめされ、ほとんどモニターの趣向に合わないものばかりでした。 「どういうつながりでこの曲がおすすめされたのかわからない」というコメントもモニターから多数挙がっています。 取り扱っている楽曲も多いとは言えず、メジャーなアーティストでも欠けているものがちらほら。 何よりも音質を重視したいという方でなければ、登録するメリットは見つけにくいでしょう。 アニメに関する楽曲を専門に取り扱うサブスクリプションサービスが「ANiUTa」。 キャラクターソングや劇中歌などニッチな分野も取り扱っており、アニメソングレーベルとの提携についてもアピールしています。 しかし 今回の検証を通しては、レコメンド機能がないことから、あまりよい評価とはしませんでした。 ただ、プレイリストの面白さに関しては、アニメ好きのモニターを別途集め評価をしたところ、中毒性、 アニメ作品や制作スタジオ、作詞作曲家など、アニメ好きにとって嬉しいくくりで楽曲がまとまっており、非常に好評でした。 今回の検証を通して言えば、幅広い楽曲やアーティストの発見は期待できず、良い評価とはできませんでしたが、 アニメが好きで、その関連楽曲をどっぷりと楽しみたい方は一度利用を検討してみても良いかもしれません。

次の

Apple Musicから楽曲をダウンロード。オフライン再生で通信量を節約する方法

おすすめのオフライン楽曲

結論から言えば「 」と「」 どんどん増える聴き放題の音楽配信サービスの中、 5,000万曲を超えるのはこの2つだけ。 またオフライン再生にも対応していますし、 無料プランもあります。 こちらを見て下さい。 比較するとこんな感じ。 曲数、6,500万曲以上。 洋楽や邦楽などの曲数が多く、最新の新曲も充実しています。 音楽の種類は、洋楽から邦楽、アニメソングなどの曲が充実しています。 アルバムもあるので、お気に入りのアーティストのアルバムを全て聴くこともできます。 月額料金は980円。 アマゾンプライム会員の方は月額780円です。 Amazon music unlimitedでは、無料お試し体験を実施しています。 今なら4ヶ月無料でお試しできちゃいます。 お試し期間中に解約した場合は、料金はかかりません。 この機会にぜひAmazon music unlimitedを試して、たくさんの音楽を聴いてみてくださいね。 オフライン再生もできる Amazon Musicならダウンロードしてオフライン再生もできます。 公式ヘルプページに記載の通り。 やり方は簡単。 1.ダウンロードしたい曲を選ぶ 2.メニューを開く 3.ダウンロードをタップ たったこれだけ。 ぜひダウンロードしてオフライン再生を楽しんでください。 おすすめポイント 実際にAmazon music unlimitedを使ったおすすめポイントの1つ目は、楽曲が豊富なこと。 私はミスチルや乃木坂46、西野カナ、ゆずが好きなのですが、全てあり、たくさんのアーティストや、アイドルの曲を楽しむことができました。 これだけ楽曲が豊富に聞けて月額980円は、安くて本当にお得です。 こんなにいっぱい聴いていいの?とテンションが上がってしまいました。 2つ目は、好きなアーティストの曲を聴くだけでなく、プレイリストという気分やジャンルに応じた曲がパッケージになっているリストがあり、勝手に次々と色いろな曲を流してくれるリストが豊富なことです。 気分に合わせて選べて、いろいろな曲を有線のように流してくれるから、新しい発見にもなります。 Apple Music(アップルミュージック)とは Apple Musicは、月額980円で 5,000万曲以上の音楽をいつでも聴くことが可能です。 学生向けプランもあり、こちらはなんと月額480円。 対応しているデバイスは多く、パソコンやスマートフォン・タブレット端末などから利用可能。 Apple Musicは音楽だけでなく、動画やラジオなども利用可能です。 オリジナルコンテンツも用意されており、自分に合った楽しみ方を見つけることができようになっています。 また今なら 3ヶ月無料でお試しすることが可能であり、いつでも好きなタイミングで解約できるので完全無料で音楽を聴き放題にすることができます。 解約するには、appleIDの管理画面からいつでも解約することができるので忘れないようにしましょう。 おすすめの使い方 Apple Musicは、5000万曲以上の音楽が配信。 確かにラインナップが豊富なのはいいのですが、音楽を見つけだすには一苦労。 そこでApple Musicに備えられているForyou機能を使って新しい音楽を見つけだすようにしています。 Foryou機能は、自分の好きなジャンルや音楽を選択すれば、その音楽に関連している音楽をお勧めしてくれるサービスです。 Apple Music側が自動でおすすめ曲を提案してくれるため、今まで聴いたこともない意外な曲をおすすめしてくれることも。 このApple MusicならではのForyou機能を使うか使わないかで満足度が全然違うのでぜひ活用しましょう。 おすすめポイントまとめ.

次の