スカーレット 八郎 再婚。 スカーレット ネタバレ【17週】あらすじ「離婚へ?八郎が家出した」|みんなの朝ドラ

スカーレット喜美子と八郎は再婚の可能性が!?結末ネタバレ!|朝ドラマイスター

スカーレット 八郎 再婚

『スカーレット』喜美子の結婚相手は十代田八郎 ヒロイン喜美子の結婚相手は、 十代田八郎(そよだ・はちろう)という人物です。 喜美子の激動の人生を一緒に歩む十代田八郎の役どころをご紹介します。 まずは喜美子が信楽焼きに戻り、丸熊陶業で働くようになったからのお話です・・・。 結婚相手・十代田八郎の役どころ 十代田八郎は、大阪出身で両親を早くに亡くし、京都の美術大学へ進学。 美大で陶芸に魅せられ、陶芸家として独立するために、丸熊陶業の商品開発部に配属され働き始めます。 喜美子が行きたかった美術学校出身や陶芸への情熱という共通点が、運命的なものを感じてしまいますね。 八郎は、一人前の陶芸家になるため、仕事の始まる前と終わった後に練習をするほど真面目な性格の持ち主。 その真面目さゆえ、「付き合うなら結婚前提に」という考えを持っており、喜美子を困惑させます。 舞台『母と暮せば』で数々の賞を受賞した俳優さんで、ドラマにも出演していますが、メインキャストでしかも朝ドラは初出演。 ちなみに本作で、喜美子の母・まつを演じる富田靖子さんとも共演しています。 松下さんは俳優業意外にも、歌やイラストも得意というマルチな才能もあり、芸術に触れてきた経験を生かして陶工・十代田八郎を魅力的に演じてくれそうです。 喜美子が八郎を意識 ある日喜美子が試作品で作った火鉢を八郎に見せると、「愛おしい」と言うのです。 喜美子自身も火鉢を「愛おしい」と感じていたので、同じ感覚を持つ八郎が気になり始めます。 結婚への温度差 八郎が、喜美子のデザインした火鉢を褒めた出来事により、急速に距離を縮めていく二人。 そんなある日、朝夕に八郎が練習している陶芸作業を喜美子が見たいと言いだしますが、「一つの部屋で男女が過ごすことはいけないのでは」と八郎は渋ります。 二人が進展することに臆病になる八郎に、イラついた喜美子は「ほな、付き合ったらええやん」と切り出します。 酒田圭介(溝端淳平)への恋の経験から、大胆になる喜美子(笑)。 しかし八郎は「付き合うなら結婚を前提に。 」と言い出し、喜美子は、「うちはまだ結婚したくない。 」と答えます。 喜美子が結婚を躊躇してしまう理由は、草間(佐藤隆太)にありました。 草間と妻の切ない別れから、男女が一生添い遂げる難しさを知ってしまったからです。 この一件で、八郎と喜美子の恋は、頓挫してしまいます。 お見合い大作戦 そんな中、役場に勤める大野信作(林遣都)が信楽に住む若い男女を集めて、「お見合い大作戦」を企画します。 喜美子も呆れて信作に文句を言いにいきますが、逆に「マスコットガール」を押し付けられ、八郎も頼まれて参加することになりました。 「お見合い作戦」の当日に、喜美子が持つ信楽焼きのかけらを見にきた八郎は、喜美子に「お見合いにいってくる」といって去っていきます。 そんな様子に気づいた母・マツ(富田靖子)は、八郎を追いかけるように喜美子にうながします。 そして 「いかんといて!うちあんんたのこと好きやねん。 」と八郎に思いを告げます。 結婚を躊躇する理由(草間の話)を八郎に打ち明け、「つないだ手を一生つなぎ続けることは難しい」と言います。 喜美子の思いを聞いて八郎は 「僕はつないだ手は一生離さない」と抱き寄せ、二人は結婚への意思を固めるのでした。 八郎のこれ以上ない最高のプロポーズに、女性視聴者はメロメロになりましたが、父の常治の登場で急にコメディタッチに(笑)。 父への報告 二人の交際に周囲の人は賛成し応援してくれますが、一人反対する人物がいました。 喜美子の父・川原常治(北村一輝)です。 常治は「どこの馬の骨とも分からんやつと誰が結婚さすか!」と怒り心頭です。 THE昭和の親父(笑)。 結婚を許してもらえず落ち込む喜美子でしたが、八郎は「一緒に頭を下げよう」と言い、七度も足を運びますが無駄足に終わってしまいます。 そんなある日、川原家に毎日訪ねてくる八郎も来ず、喜美子が帰ってきません。 常治は「結婚を許さないから、二人は駆け落ちしたのでは・・・」と心配しはじめソワソワします。 そんな中、喜美子が八郎に付き添われて帰宅しました。 喜美子は、産気づいた照子(大島優子)に付き添っていたのでした。 結婚するなら「丸熊陶業を辞めないと約束してほしい。 」と言い、親心も分かる八郎は「丸熊陶業を辞めることはしません」と答えます。 しかし、喜美子はこの条件に反発 「二人でもう同じ夢を見てる。 うちがこの人を支えます。 」と宣言します。 常治はそれなら、「賞をとってみい。 受賞祝いと結婚祝い両方してやる」と言い放ちます。 陶芸展出品の準備 陶芸の出品期限がせまるなか、大野 マギー からコーヒーカップの制作依頼を受けることになった八郎。 しかし、陶芸の出品作品がまだ完成していないことを心配した喜美子は、八郎の代わりに自分がコーヒーカップを作ることにします。 そのことを八郎も受け入れ、徹夜でコーヒーカップを完成させます、 初めての陶芸の経験に感動する喜美子は、同時に八郎の結婚後の生活に夢を膨らませます。 そして無事のコーヒーカップも納品し、八郎も陶芸作品を完成させるのでした。 二人の陶芸家の転機 陶芸展発表の当日に照子(大島優子)が八郎に結果を伝えにきます。 結果は・・・八郎はみごと賞を獲得したのです。 そんな中、八郎を訪ねて大阪からある人物がやってきます。 一方、大野が営む、喫茶「SUNNY」の客が喜美子の作ったコーヒーカップを気に入ったと連絡が入ります。 すこし話の前後があるかもしれませんが、結婚までの流れはこの様になっていきます。 このプロポーズから常治に結婚の許しをもらう週は、キュンキュンしそうですね! こんな幸せそうな喜美子と八郎ですが、実話(実在モデル)では離婚してしまうようです・・・。 実在する人物だけに、離婚までの経緯などをそのまま描くかどうかは分かりませんが気になる方は以下の記事をご覧ください。

次の

スカーレット八郎と喜美子は離婚(浮気)ではなく死別?あらすじと三津の役柄から予想!|朝ドラあらすじネタバレ考察

スカーレット 八郎 再婚

NHK連続テレビ小説「スカーレット」より。 熱愛の末に結ばれた喜美子と八郎ですが、次第に喧嘩やすれ違いが増えていき、夫婦は離婚の危機を迎えそうです。 この記事では、夫婦関係の今後の展望、ストーリー予想をまとめます。 若い弟子の登場で川原家が… 昭和44年。 フカ先生の弟子だった池ノ内と磯貝の紹介を受けた松永三津(黒島結菜)が、すでに陶芸家として名声を得ていた八郎に弟子入りを志願します。 この美津の出現が、川原家に波乱を巻き起こすことになります。 三津は、明るく奔放な性格で川原家の空気を変えていきます。 当初の三津は、ともに陶芸家として同じ道を進む喜美子と八郎の夫婦関係をうらやましく眺めていましたが、やがて師匠・八郎への尊敬の気持ちが恋心へと変わっていきます。 陶芸家としてスランプ状態にあった八郎も、自分と似た境遇の美津と仲良くなっていきます。 やがて八郎への気持ちが抑えきれなくなった美津は、お世話になった川原家を壊したくない気持ちもあったのでしょう。 自ら身を引いて、川原家を出ていってしまいます。 一方の八郎も、穴窯の作品作りのためにお金を浪費しまくる喜美子に呆れ、川原家を出ていってしまいます(ここまでが第17週放送)。 【📢追加・出演者発表】 きみちゃんの弟子と出演するのは さん! そして息子👦として出演するのは さん! おやっ!?とお気づきになった方は鋭い。 結婚後、清子さんが陶芸仕事にのめり込んで次第に才能を見せ始めると、夫はその豊かな才能に嫉妬心や焦りを覚えたのでしょうか。 夫婦仲も上手くいかなくなり、夫は住み込みの助手だった若い女性と恋仲になり(ほかにも複数の女性と関係を持ったとも)、やがて家族を捨てて駆け落ちをしてしまいます。 この夫婦関係の崩壊は、かなりドロドロの修羅場だったようですね。 現在のところ、喜美子と八郎が離婚に至るのかは不明です。 そもそも朝ドラで不倫・駆け落ち、そして夫婦の修羅場といったヘビーな内容を描けるのか、そしてNHK期待の女優・黒島結菜にわざわざヒロインの夫の不倫相手役などというネガティブな役柄をやらせるのか、という疑問も残ります。 2月7日(金)のあらすじが、昭和53年現在の夫婦関係を明らかにしています。 以下に引用します。 武志(伊藤健太郎)の作陶を見守る喜美子(戸田恵梨香)。 陶芸家になりたいという武志の気持ちを感じ取り、喜美子は複雑な思いを抱く。 かつて穴窯での窯焚きを成功させたとき、その成果を見に来た八郎(松下洸平)に喜美子は声をかけられず別れることに。 その後、喜美子と八郎が会うことはなかった。 一方、武志は喜美子に内緒で八郎と手紙での交流を続けていた。 高校卒業後の進路に悩む武志は5年ぶりに八郎に電話をかけてみるが… 今後の予告内容を見ると、喜美子と八郎は別離したまま月日が流れており(その間、八郎は川原家に仕送りを送っている)、二人は離婚状態にあるようです。 そして気になるのが、第20週(2月17日〜)の週タイトル「もういちど家族に」です。 この週の放送では、喜美子が八郎の名前を呼んで泣いていたこと、そして信作が八郎を呼んで喜美子に再会させる様子などが描かれる予定。 もしかしたら復縁(再婚??)の可能性があるのかも知れません。

次の

【スカーレット】喜美子と八郎に離婚危機 若き女性助手・松永三津の登場で川原家は混乱

スカーレット 八郎 再婚

【スカーレット】八郎が浮気! 浮気相手は喜美子の弟子・松永三津 の弟子が登場。 などともてはやされてる の人気もこれまでだろうな あんまり喜美子を不幸にせんでくれ 弟子 — 女の子の味方 dxchatearn いきなり結論になってしまいますが、「スカーレット」で 八郎の浮気相手は喜美子の弟子・松永三津だとされています。 三津については「スカーレット」のサイトで以下のように説明されていますが… 喜美子が結婚ののちにかまえた、陶芸の工房に弟子入りする若い女性。 東京の美術大学を卒業後、全国の焼き物の産地を訪ね歩いてきた。 ものおじしない、まっすぐな性格。 三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こすことに。 出典:「スカーレット」公式サイト 「川原家に波乱を巻き起こす」とオブラートに包まれていますが、これは 八郎の三津との浮気を指しているのではないでしょうか。 八郎はズケズケと言いたいことを言ってくる三津に最初は苦手意識を抱いていましたが、 才能のある恋人のそばにいて、劣等感を覚えて苦しくなり別れたという三津に自分の境遇を重ねつつあります。 そして、ついには三津に 「喜美子のそばにいるとしんどい」という本音まで吐露していましたね。 そんな八郎の苦しみは分からなくもないですが、喜美子にしてみれば、夫の浮気相手が自分の弟子なんて、最悪なパターンですね。 喜美子と八郎の離婚については「」もぜひご覧ください。 ここで黒島結菜さんのプロフィールをご紹介します。 黒島結菜さんは 沖縄県糸満市出身、1997年3月15日の22歳です。 2011年、中学3年生のときに母の勧めで応募したウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞の「沖縄美少女図鑑賞」を受賞した黒島さんは、モデルとして同誌に出演。 それがソニー・ミュージックアーティスツの目に留まり、同事務所に所属して芸能界入りし、翌2012年より本格的に芸能活動を開始します。 地元・沖縄の高校に通いながら仕事のために上京する生活を送っていましたが、仕事が多忙になり、東京の高校に転校。 その後、 日本大学芸術学部写真学科に進学しますが、女優業に専念するために、2019年に中退しました。 朝ドラデビューは2014年度後期の「マッサン」で、「マッサン」以来、4年ぶりの朝ドラ出演となります。 「スカーレット」での黒島結菜さんの演技に対する視聴者からの評価は「」でぜひご覧ください。 実は 喜美子のモデル・神山(こうやま)清子さんもその夫・神山易久(やすひさ)さんが弟子と浮気して離婚しているのです。 八郎の浮気や離婚は単なる噂ではなく、モデルの実話に基づいたものだったのですね。 しかも、 神山易久さんの場合、浮気相手の女性と一緒にいるときに交通事故に遭ったことで、2人の不倫関係が信楽の町に知れ渡ってしまったと言います。 「スカーレット」がそこまで実話に基づいて再現するかどうかは分かりませんが、八郎の三津への浮気が原因で、喜美子と離婚することになるのは間違いなさそうですね。 一方、 喜美子と八郎は離婚しないと考える視聴者も! 離婚しない派の意見は「」でぜひご覧ください。 ということで、喜美子と八郎の離婚説はなくなる!! と思いきや、今後のネタバレを調査すると、 2人が離婚する説は本当だったことが分かりました。 喜美子と八郎が離婚に至るまでのストーリーは「」でぜひご覧ください。 スポンサーリンク 【スカーレット】喜美子は八郎と死別するのか? 八郎さんが遠くから背中を見つめてこう言ってくれないと無理。 現在は八郎はまだ若いですし、病気の兆候もなく、死別のサインは見当たりませんが… ということで、先ほどご紹介した喜美子のモデル・神山清子さんの元夫・神山易久さんの実話でヒントを探ることにしました。 神山易久さんは1936年生まれで、80代となった現在もご健在とのこと。 八郎のモデルと思われる易久さんは亡くなっていないんですね。 ということで、 モデルの実話で行くと、清子さんと易久さんは死別していないのですが、「スカーレット」では実話とは異なり、八郎が喜美子と死別することになるのでしょうか。 八郎の死別について、追加情報が分かり次第、追記しますね。 喜美子が死別するのは、八郎じゃなくて武志かも…。 喜美子と八郎の息子・ 武志が病気(白血病)になるという噂は「」でぜひご覧ください。 スポンサーリンク 【スカーレット】八郎苦手派も多数! Twitterでは「 八郎苦手」のハッシュタグも 「スカーレット」で自身の浮気が原因で喜美子と離婚すると言われている八郎。 そんな今後の展開を知ってか知らずか、 八郎苦手派も意外と多いことが発覚しました。 八郎さん苦手なの自分だけかと思ってた。 ドラマ自体は好きで毎日楽しみだけど、夫婦2人のシーンになるとモヤッとしてる。 とりあえず八郎が苦手なんだけどwwwどこがいいの?あと富田靖子どんだけ母親役するの…? — とも yhtcm そして、ついには Twitterで「 八郎苦手」というハッシュタグまで登場。 今日の八郎 見て、やっぱり、イヤだと思った😅 苦笑 — 🍉すいかえる🐸 tigerseagull 八郎なに? 「僕も男やで」なんて言ってたの? きめえぇぇ(笑) なに、え、なにオスになってんの? 超絶キモいんですけどー! — うちカフェ uchicafesiyou 早く離婚して退場してほしいですなー — うちカフェ uchicafesiyou 浮気や離婚うんぬんの前に、これまでの八郎のセリフや性格で苦手とされているようですね。 今後、浮気相手の三津とのイチャイチャや喜美子との泥沼離婚などが描かれると、八郎苦手派が急増しそうです。 八郎苦手派と三津嫌い派は確実に比例しそう!! 三津嫌い派の声や不評な笑い方については「」をぜひご覧ください。 スポンサーリンク まとめ 朝ドラ「スカーレット」で八郎の浮気相手、離婚・死別の噂や八郎苦手派の声をご紹介しました。 八郎の浮気相手は喜美子の弟子・松永三津(黒島結菜)だと言われていましたが、かろうじて三津の片思いで終わりましたね。 喜美子のモデル・神山清子さんの元夫・易久さんは現在もご健在なので、死別するかどうかは実話ベースでは分かりませんが、「スカーレット」のドラマ内で描かれるのかもしれません。 死別については分かり次第追記します。 また、八郎については、これまでも性格やセリフが苦手という視聴者がいますが、浮気や離婚という今後の展開によって、ますます苦手派が増える可能性が高そうです。 朝ドラにしてはドロドロな展開になりそうな今後の「スカーレット」に注目ですね!.

次の