新型コロナウイルス終息はいつ。 収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

医師1,346名が回答!

新型コロナウイルス終息はいつ

医師のともはこのほど、新型コロナウイルス感染症が医療現場にどのような影響を及ぼしているのか調査をすべく、1,346名の医師を対象にアンケート調査を実施、結果を公表した。 同調査は2020年5月1日〜5月6日、20代〜80代のMedPeer メドピア 医師会員を対象に実施した。 設問:新型コロナウイルス感染症の流行について、国内での終息はいつ頃になると思われますか 調査の結果、「2021年7月以降」との回答が圧倒的多数となった。 2021年7月といえば、延期後の東京五輪と開催時期が重なっている。 このまま新型コロナウイルス感染症が終息しなかった場合、五輪の無観客開催など通常とは異なる対応や、さらなる延期が求められてくるのかもしれない。 また、今回の結果では「2020年の夏頃までに終息する」という回答が少なかったが、経済的な打撃を考えると、緊急事態宣言をこれ以上延長するのは厳しい状況。 大切なことは、緊急事態宣言が解除されたあとも、3つの「密」を避けることを中心とした「新しい生活様式」を継続することとなる。 以下に、各回答の中から一部抜粋して紹介する。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

新型コロナウイルスの、感染拡大は、いつ頃終息するのでしょうか?専門家でも難しい予測ですが、終息予測の情報を集めてみました。

新型コロナウイルス終息はいつ

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

医師1,346名が回答!『新型コロナウイルス感染症の国内での終息時期はいつ?』アンケート調査結果発表|株式会社医師のとものプレスリリース

新型コロナウイルス終息はいつ

石井貴士さん、 投資家なので、医学の知識ではなく、 歴史や統計的な数字から今回のウイルス感染の終息を、 スペイン風邪と同じ感染拡大の形態を取る、としたスタンスで予測してます。 第一波が、武漢の感染、第二波が世界的なパンデミックで、それが終息したころ第三波が来ると予測しています。 時間的な経過は、 第二波が3月~9月で終息してすぐ 第三波が来て9月~翌年3月までで終息、というものです。 1928年(スペイン風邪の年)と今の人口や交通機関など人の移動スピードや範囲も相当違うので、微妙ですが、この動画、経済の変化についても語っていて、こちらは説得力あるし面白いですね。 「 大暴落時の地獄待ち」は凄い! このコロナ騒動で経済もピンチですが、石井さんのように、このような ピンチをチャンスだと見る、したたかな投資家もいます。 2、ビル・ゲイツの終息予測 ビル・ゲイツの名は誰でも知っていると思いますが、今のビル・ゲイツは奥さんと 医療財団を立ち上げ、 感染症の防止にも力を注いでいます。 ですから医学について、素人ではありません。 そのビル・ゲイツがTVニュースのインタビューに答えて「 6月頃に元通りになる(最低限の日常)」と楽観的な予測をしていますが、これはちょっと楽観的過ぎかもしれません。 元々経営者で発言に影響力のある人ですから、その辺を考慮して、 盛ってのポジティブ発言かも・・。 根本的に 感染を根絶するには、ワクチンが必要でその開発や普及で 18か月を要するだろうとの予測です。 こちらは真実味があります。 3、SARSの感染歴から予測 同じコロナウイルスの2003年に流行した「 SARS」の感染の経過から、今回の新型コロナウイルスの終息を予測するという情報が多いですね。 全く同じ性質ではないでしょうが、理にかなっているように思います。 SARSは感染拡大から 半年で終息しています。 そこから算出すると 夏ごろまでには終息(8月~9月)といったところでしょうか。 4.気温上昇による変化 気温や湿度の上昇が感染を抑制する、という見方もあります。 インフルエンザウイルスは、気温が上がれば感染が抑制されるというのは事実です。 SARSにしてもその傾向があったとの見方があるようです。 以上のようなことから、今回の新型コロナウイルスも 夏には終息に向かうという見解もあります。 しかし 「新型」でありデータはないので根拠のない予測の域は出ない予測です。 5、一般人の終息予想( niftyニュース、アンケート) 全く専門家でも何でもない普通の市民のアンケートですが、一番多いのが、「 来年1月以降」ですね。 「 終息することはない」と悲観的な人も1割います。 それはいくら何でもないと思いますが・・。 しかし、一般市民が「これは長期戦になるぞ」と覚悟してるいる人が多いってことですが、それは悪いことではないですね。

次の