未来人の言葉。 【日本の言葉】「将来」と「未来」って何が違うの?|日本の言葉と文化

【日本の言葉】「将来」と「未来」って何が違うの?|日本の言葉と文化

未来人の言葉

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

風花未来のプロフィール

未来人の言葉

「将来」とは? 「将来」の意味と使い方について紹介します。 意味 「将来」は 「しょうらい」と読み、 「ある人や組織などに対して、これからやってくるかも知れない具体的な時間」という意味です。 使い方 「将来」は、ある特定の人物や団体がいて、その人にこれから訪れる可能性のある具体的な時間や、その時間の流れの中で経験することを表します。 「将来の夢」 「将来なりたい職業」など、その時間の流れの中で起きることや経験することなどと一緒に使湧割れます。 対象となる人に確実に訪れる時間であり、そう遠くないことを表しています。 人の寿命は80年程度ですので、 「将来」と言えば、多くてその程度です。 「未来」とは? 「未来」の意味と使い方について紹介します。 意味 「未来」は 「みらい」と読み、 「過去・現在の間に位置する、客観的な時間の概念のこと」という意味です。 使い方 「未来」は、この世に漠然とやってくる時間を表します。 特定の人物ではなく、誰に対しても平等に訪れる時間で、 「過去・現在・未来」の様に、一般的な時間の概念としてざっくりと使われることが多くなります。 例えば 「1000年先の未来」など、遥かに遠い先のことを言う場合、 「将来」ではなく 「未来」を使います。 規模が大きいので、人類や世界などに対して使われます。 「将来」と「未来」の違い! 「将来」は、 「特定の人物や団体に対してこれから訪れる具体的な時間のこと」です。 「未来」は、 「漠然と訪れる先の時間のこと」です。 まとめ 「将来」と 「未来」は、時間に対する規模の大きさが違います。 現実的な先のことには 「将来」、曖昧な先のことには 「未来」を使いましょう。

次の

未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略

未来人の言葉

このマガジンは、僕がオーナーを務める、メンローパーク・コーヒー(渋谷二丁目店)との協賛企画です。 米国シリコンバレーで活躍する起業家(や経営者)の言葉を中心に選び、note読者の方に毎日配信することで、「起業家」という人たちがどうやって困難に向き合うのか、どうやって新しい物事を創り出すのかを自然な形で追体験することができるように設計されています。 こうした言葉に毎日触れることで、起業家としての考え方が自然と身についていきますので、起業やベンチャー、スタートアップに興味がある人は、毎日このマガジンに接することをお薦めします。 3ヶ月、6ヶ月と読み続けていくうち、少しずつ物の考え方が変わってくるはずです。 日本時間、毎朝6:00更新です。 「口コミ」を体系的に作り上げる方法について、もう一つ具体例をあげよう。 インターネットブラウザのファイアフォックス創業者のブレーク・ロスが語った話だ。 一九九八年当時、インターネットブラウザに関してはネットスケープが九割近くのシェアを持っていたが、後発であったマイクロソフトのインターネットエクスプローラーは、無料でかつウィンドウズと抱き合わせで販売されていたことから、凄まじい勢いで市場シェアを獲得しつつあった。 このような背景の中で一九九八年一月、ネットスケープは自身のソースコードを公開し、オープンソース化することを発表、そして一九九八年二月、ネットスケープが公開するオープンソースコードを共同開発するために mozilla. org(モジラ)が立ち上げられた。 このモジラから二〇〇二年にインターネットブラウザとして誕生したのが、後のファイアフォックスだ。 少し前置きが長くなったが、このファイアフォックスの創業者であるブレーク・ロスは「口コミ」に関してこう言っている。 『ファイアフォックスのマーケティングは、すべて口コミによるものです。 …私は最初、マーケティングというものは、学位とか正式の経験を必要とするものかと思っていました。 しかし、マーケティングとは、人々が勝手に広めてくれるくらいよい製品を作ることであり、広めるための手段を人々に提供することだということがわかりました。 私が思っていたよりもずっと簡単で自然なことでした。 …製品についての正直なうわさ話(口コミ)を作り上げる方法も学びました。 ファイアフォックスの対象ユーザーはブロガーではありませんでしたが、まずブロガーに届けました。 著名なブロガーに手がかりをつかんでもらうと、PCワールドやCNETなどの中間的なプレス(出版社)が引きつけられていきます。 まだ本来の目的である技術に関心のない一般ユーザーにも届いていませんが、PC雑誌が取り上げているのを大手のメディアが見つけると、大手メディアが取り上げてくれます。 大手メディアが取り上げれば、予言が実現されるような話になります。 大手メディアが「だれもがファイアフォックスのことを話題にしている」と書いたときには、普通のユーザーはファイアフォックスなんて聞いたこともありません。 シリコンバレーには、「Buck's Restaurant」という伝説的なカフェがあります。 自由の女神像や飛行機などが展示されているハチャメチャな店内ですが、世界的に有名ないくつものベンチャー企業がこのカフェで行われたミーティングから生まれたことから、「インターネット産業が生まれた場所」と言われています。 それがベンチャー企業であれ、芸術であれ、新しいことを始めるにあたって重要なことは、「自分にはそれができる」と信じ続けることだと言われます。 そして、そう信じ続けるためには、自分の周りに「あなたならできる」と信じてくれる仲間やコミュニティを持つことが大切なのだそうです。 メンローパーク・コーヒーは、そういう場所でありたい。 僕は、メンローパーク・コーヒーで多くの楽観的なミーティングが生まれ、日本から世界を変える新しい産業が生まれるきっかけになれば良いなと思っています。 コーヒーを売るだけではなく、この場所が楽観性に満ち溢れたよきコミュニティになるように。 「アメリカンドリーム」を日本で実現することができる場所にしたいと思っています。 We are a Silicon Valley Coffee Shop in Tokyo!! 32本 GoogleやFacebook、Appleを生み出した起業のメッカ、米国シリコンバレーに住むと分かることがあります。 シリコンバレー成功の秘密、それはそこに住む人たちの「ユニークな物の考え方」にある。 ここにいると、多くの人たちが、異口同音に同じような話をするのを耳にします。 これはシリコンバレーで生活する際、自然と自分の周囲を取り巻く「空気」のようなものです。 しかし、こうした多くの考え方は、日本にいながらでも吸収し、また真似ることができます。 このマガジンでは、僕がかつて集め、読み、感心した起業家の言葉を毎日読者に届けることによって、日本において起業やベンチャー、スタートアップに興味がある人たちが、自然な形で、ステップ・バイ・ステップで、シリコンバレーの「ユニークな物の考え方」に近づくことができるようになることを意図して発行されるものです。 毎朝6時発行。

次の