花王 の 経理 パーソン に なる。 花王の経理パ-ソンになる / 吉田 栄介/花王会計財務部門【編著】

経理 No.01

花王 の 経理 パーソン に なる

SOLD OUT• 1,550円 税込• 1,000円 税込• 2,600円 税込• 4,000円 税込• 2,000円 税込• 0円 税込• 3,000円 税込• 4,000円 税込• 3,000円 税込• 1,800円 税込• 1,000円 税込• 205円 税込• 1,600円 税込• 2,000円 税込• 1,771円 税込• 1,500円 税込• 2,500円 税込• 2,852円 税込• 1,500円 税込• 2,550円 税込• 1,527円 税込• 13,750円 税込• 13,200円 税込• 1,000円 税込• 1,500円 税込• 3,055円 税込• 1,324円 税込• 12,980円 税込• 2,500円 税込• 1,200円 税込• 500円 税込• 820円 税込• 820円 税込• 複数キャンパスの教科書は同時には購入できません。 お手数ですがキャンパスごとご注文ください(各キャンパスより発送をしています)。 会計はできてしまいますが、発送までお時間をいただきます。 グッズとの同時購入はできません。 グッズ希望の方は教科書を購入後お願いします。 グッズと教科書の同時購入はグッズをキャンセルいたします。 送料は無料です。 univcoop. 大変申し訳ございません。 配送料は、商品代金10,000円以上は無料となります。 それ以下の場合は一律、宅急便最低料金を頂戴しております。 宅急便代金はこちらをご覧ください。 kuronekoyamato. html.

次の

教員紹介 吉田栄介 教授

花王 の 経理 パーソン に なる

その背景には絶えざる革新を行う会計財務部門がある。 現在、その組織を率いるリーダーが青木和義執行役員だ。 最近でも、2011年からグローバル・キャッシュ・マネジメント(GCM)の導入、16年12月期に国際会計基準(IFRS)の適用を行い、グローバル化を進める経営戦略を支えている。 同社の16年12月期の連結純利益は前期比14%増の1,200億円の見通しで、予想ROE(自己資本利益率)17. 2%と好業績。 その要因として経営指標「EVA(経済付加価値)」の存在をあげるのは同社執行役員会計財務部門統括の青木和義だ。 なぜ、できるのか。 そんなチャレンジ精神を評価する組織文化があるだろう。 EVA導入など経営トップの了解を得ながら進めていく革新と、キャッシュレスのように部門主導のボトムアップで組織の効率化のための革新という双方で進めてきた。 確かに自己変革的な部分もある。 他社の思考もわかるので、社内に置き換え「こういうことができるかもしれない」と新しいアイデアが浮かぶ。 こうした取り組みで得た気付きをもとに次の仕掛けを考える。 こういう発想とプロセスを重要視している。 なぜか。 企業価値を高めるという企業の究極の使命に対して、「率よりも額」の方がわかりやすい。 額は高いほどいいからだ。

次の

花王の経理パーソンになる

花王 の 経理 パーソン に なる

教員紹介 吉田栄介 教授 ヨシダ エイスケ 吉田 栄 介 教 授• 学歴(卒業・学位取得): 大学院• 神戸大学大学院経営学研究科• 1997年 経営学修士• 2000年 博士(経営学)[神戸大学] 他の学歴・経歴• 1998年4月〜2000年3月 日本学術振興会特別研究員• 2000年4月〜2002年3月 近畿大学商経学部(現経営学部)講師• 研究室:三田研究室439C号室(内線23190)• E-mail:eyoshida@fbc. keio. jp (@は全角で表示してあります。 半角の に置き換えてご利用ください)• 担当科目:管理会計各論(原価管理論I),管理会計各論(原価計算論),研究会,管理会計特論,会計学演習,会計学合同演習,会計学特殊研究,会計学特殊演習,会計学特殊合同演習• 専門領域:管理会計論,原価管理・計算論,組織変革論• 研究紹介:管理会計システムが組織変革に与える影響についての研究,日本企業における管理会計の神話に関する実証研究,実践的には,日本の製造業における品質問題,工場現場での新原価管理手法の探究,サービス業での業務改革・利益改善を中心に取り組んでいる。 今,最も興味をもって取り組んでいるのは「利益作りこみ」とも言える企業の利益体質の強化に向けた研究・実践活動であり,近いうちに『プロフィット・デザイン論:利益は現場で作り込め』として本にまとめたい。 主要著作・論文 〔著書〕 1.『花王の経理パーソンになる』(共著)中央経済社,2020年。 2.『日本的管理会計の深層』(共著)中央経済社,2017年。 3.『原価企画能力のダイナミズム』中央経済社,2012年。 4.『日本的管理会計の探究』(共著)中央経済社,2012年。 5.『持続的競争優位をもたらす原価企画能力』中央経済社,2003年。 6.『管理会計の基礎[第4版]』(共著)税務経理協会,2010年。 7.『経済・経営のための統計学』(共著)有斐閣,2005年。 〔論文〕 8.Contribution of Japanese Management Accounting to Global Research: Bibliographic Study of English Journals, International Journal of Business Management and Research, 6-5, co-authored, 2016. 10.「原価企画能力を高めて負の連鎖を止めよ:自動車リコール多発の真因」『リスクマネジメントTODAY』2010年7月号,2010年。 ],2007年ハワイ大学経営学部客員研究員(アメリカ)[Visiting Research Scholar, School of Accountancy, UH, U.

次の