サラ番 2 タッチセンサーセリフ。 押忍!サラリーマン番長2 新台 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 スペック 終了画面 設定6 導入日

押忍!サラリーマン番長2 新台 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 スペック 終了画面 設定6 導入日

サラ番 2 タッチセンサーセリフ

AT・ボーナス終了後のシャッターのパターンは3種類。 振り分けは次回のモードによって異なる。 初期セット振り分け 基本 設定5なら4〜5回に1回は2セット以上が選択。 設定 1セット 2セット 3セット 1 92. 設定差もほぼ無いのでサンプルからは除外。 設定 1セット 2セット 3セット 1 — 95. 設定 1セット 2セット 3セット 1 71. 前兆G数 フェイク時 本前兆時 4G — 6. 前兆G数 振り分け 11G 6. 5G 38G 12. タッチセンサーに触れて轟のセリフ「漢の戦いに終わりは無え!いくぜ」が発生で本前兆&ブルーレジェンド確定!• 轟vsパンダの三本勝負!対戦相手がコパンダなら大チャンス!白ナビは当該セットの継続が濃厚。 漢玉 筐体右の玉 に「好機」出現時にレア小役を否定すれば継続濃厚• 白ナビ出現で継続濃厚 各ジャッジ中のチャンスアップ 1戦目 赤文字 2戦目 カットイン 無我の境地 3戦目 轟の攻撃 鏡BB中の演出法則 下記以外 設定 1セット 2セット 3セット 1 92. 稲妻 リール ロック カットイン 期待度 あり あり 白 71.

次の

%page_title%

サラ番 2 タッチセンサーセリフ

セリフ+タッチによるモード示唆(追記) タッチセンサーによるモード示唆解析 「タッチセンサーは液晶のすぐ下にあるよ」のセリフ出現時にタッチすることでボイスが流れる。 そのボイスでモード示唆をするパターンあり。 「そう、それそれ」 通常パターン• 「焦っちゃダメ!」 ガセ含む前兆中に出やすい 前兆中以外に出現で、 モードB期待度アップ• 「ふぬ、おぬし感情線が強いな」 ガセ含む前兆中に出やすい 前兆中以外に出現で、 モードB期待度大幅アップ!• 「あ~そこそこ!きく~!」 本前兆(ボーナス当選)期待度アップ 前兆中以外に出現で、 天国準備以上確定!• 「大丈夫?アツくなかった?」 本前兆中(ボーナス当選)濃厚 ハズレで 天国準備以上確定! タッチパネルによるモード示唆です。 轟AT中 AT中にタッチして曲変化… 上乗せ潜伏100G以上確定• 鏡AT中 上乗せ前兆中にタッチして反応… 上乗せ潜伏確定 VIPルーム中にタッチして反応… BBor絶頂RUSH本前兆確定• 雫AT中 AT状態が通常の時にタッチして曲変化… 上乗せ潜伏100G以上確定 以前まではプッシュボタンなどは押さない派だったのですが、 最近はそうでもないため、ちょっとまとめてみました。 個人的に注目なのは、 AT中に100G以上上乗せ潜伏時にタッチで曲変化するという点。

次の

押忍!サラリーマン番長~タッチセンサーに裏切られ、仁王門に愛され、天国連に恵まれた一日~

サラ番 2 タッチセンサーセリフ

設定6確定 設定4以上確定 設定1・5・6確定 & 設定5示唆 強 設定2以上確定 高設定示唆 ボーナス終了画面に設定示唆が存在する。 まだ確認できてないが、情報が揃い次第記載していく。 なお、 「初代サラ番下パネルの轟(456確)」と 「操&雫(5or6確)」に関してはほぼ間違い無いので注意して終了画面を確認しましょう。 轟天に関しては出現率が低いので何かしらの示唆では間違いないが、出玉的には全く伸びない時もあるので解析待ち。 轟天出現時は基本的に設定5と仮定して打てばいいのだが、本記事に記載してある設定5の特徴と照らし合わせて判別を進めてほしい。 決算ボーナス消化中は画面右側に企業名が表示されるが、黄色文字の企業名が存在した場合は、設定示唆となる。 こちらも情報が揃い次第記載lしていく。 なお、頂総決算ボーナスには黄色文字は出現しない。 実践値から直撃確率を算出したので記載しておく。 一日中ブン回しで通常時を6000回転ほど消化できるため、設定6であればAT直撃を6回引ける計算となる。 通常総G数:41836 G 直撃回数:41 回 AT複数セット(設定6 実践値) 設定6のみ?ATの初期セット数が優遇されている模様。 ちょっとサンプル数が少ないため真偽は不明だが、設定6のAT複数セットスタートの確率を算出してみた。 設定判別する際は頭の片隅にでも置いておいてくれ。 サンプルG数が少ないので参考程度に。 押忍弁当は前作の押忍ベルと同様、入賞後のBETでいつもと違う音で押忍弁当となる。 設定6は半数が通常B以上に移行するが他の設定と比べて (特に設定2と比べて)大きな設定差はない。 参考程度にしよう。 モード移行のみでの設定判別は不可能。 モード判別 レア役を引かずに雫ステージ移行で高確B濃厚となる。 また剛天ステージは移行した時点で 超高確(高確Aと高確Bが重複状態)濃厚なので、高確B滞在も濃厚になる。 100G毎に高確Bへの移行抽選を行なっているため、高確B移行を見抜くことが通常B判別には必要となってくる。 通常Aならば百のくらいが偶数、通常Bならば百の位が奇数G数の前半がチャンスとなる。 移行契機は前作と変わらず。 タッチセンサー 今作もタッチセンサーが備わっている。 筐体右側にある球体(漢玉)がタッチセンサーになっている。 通常時の「右側の玉がタッチセンサーになってるよ」セリフ発生時に漢玉に触れるとボイスが発生する。 前作同様、モード示唆や前兆示唆を行っている。 現状では示唆内容が不明だが、予想として記載しておく。 下記の4パターンは注目。 ロゴ付きだと通常B又は天国のチャンスとなっている。 ロゴが色付きの場合は、天国の可能性がかなり高くなるみたいだ。 色付きロゴが出た場合は100Gまでは消化しよう。 シャッター演出は見逃し厳禁。 シャッター演出のモード期待度 各設定のモード移行率が判明したので各シャッター演出のモード期待度を算出した。 色付きロゴ以外は0GやめでOKという結果になった。 色付きロゴ出現時は、天国確認+100G前半ゾーンの前兆非当選でやめ。 設定1設定2問わず、やめ時は同じ。 高確A当選時は雫ステージに移行し、G数で移行する高確Bと重なると剛天ステージ 超高確濃厚 となります。 2で転落抽選が行われます。 高確A移行率と同様に偶数設定かつ高設定ほど当選しやすいのが特徴。 弱チェリー成立後4〜6G or 11Gでボーナス当選告知がされれば、弱チェリーからの当選濃厚となる。 なお、押忍弁当から特命経由のボーナスは青7確定ではない。 特徴として、青ボーナスの比率、ブルーレジェンド突入率が全設定で比べ一番優れており、 AT中のボーナス当選時の25%で絶頂と出玉の面で優遇されている。 絶頂RUSH突入率 設定5のみ絶頂RUSH突入率が優遇されている。 早い段階で引ければ設定判別の大きなヒントになるかもしれない。 赤7・青7出現率 設定5のみ青7出現率がかなり優遇されている模様。 弁当、押忍弁当、最強チェリー成立時にボーナス当選は青7確定となるのでサンプルから除外し、赤青比率をカウントしよう。 ブルーレジェンド 今作のサラ番でもブルーレジェンドは存在する。 設定5のみ突入率が超優遇されている。 6号機の特性上、有利区間が存在するため 有利区間終了とともにブルーレジェンドも終了する。 天国での青BB当選時はブルーレジェンド突入に期待できるためしっかりATまで繋げたい。 頂クロスラッシュ当選率 こちらも奇数設定優遇かつ、設定5がかなり優遇されている模様。 頂クロスラッシュの突入契機は、以下の通り。

次の