ソフトバンク ホールディングス 株価。 (株)アクセスグループ・ホールディングス【7042】:株式/株価

今後のソフトバンクグループの株価はどうなる?

ソフトバンク ホールディングス 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 株式分割があった場合は、配当利回り、1株配当、株価収益率、1株利益、調整1株益、純資産倍率、1株純資産の各項目を表示しません。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、 、 、 、 、 、 、 からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ソフトバンクグループ ADR株価 PTS株価 複合チャート

ソフトバンク ホールディングス 株価

この記事ではこんな疑問にお答えします。 「ソフトバンクの配当や株主優待に興味があるけど、業績はどうなんだろう?」• 「ソフトバンクの株価は割安?割高?」 ソフトバンクといえば、携帯電話の大手3社の1つです。 通信株は業績が比較的安定しているというメリットがあります。 一方で、ソフトバンクの株価は上場後に長く低迷していて、公募価格1500円を下回った状態が続いています。 今後のソフトバンクの株価はどうなるのでしょうか? 本記事では ソフトバンクの業績や財務内容、株価の割安さなどから、今のソフトバンクの株価は買い時なのか?について私の考えを紹介します。 ソフトバンクの売上高・営業利益• 売上高:右軸• 営業利益:左軸(0からのスタートではないことに注意してください) 2017~2019年におけるソフトバンクの売上高は横ばいに近くなっていました。 スマートフォン市場がすでに成熟期に入っているためです。 一方、2020年に売上高、営業利益が急伸したのは、ソフトバンクが2019年にヤフー(現Zホールディングス)を連結子会社化したからです。 ソフトバンクは飽和しつつある携帯事業で生まれるキャッシュを他事業に充てることで成長しようとしています。 ソフトバンク株の魅力のひとつは業績の安定性の高さ 2016年以前のデータが見られないので、わかりにくいですが、ソフトバンクの主力事業である携帯電話事業は毎月定期的な収入が見込めます。 そのため、ソフトバンク株の業績は 不況に強いという特徴があります(実際、競合のNTTドコモやKDDIの業績はリーマンショック時も比較的安定しています)。 今後も5Gの普及やIoT(モノのインターネット、Internet of Things)の進展によって、通信の需要は高まるといわれています。 ソフトバンクの業績も安定的に推移するだろうと期待できます。 今後の懸念材料は、総務省の介入と楽天の参入 一方、今後の業績悪化懸念としては、以下の2つがあります。 通信費を安くするように、国(総務省)が繰り返し介入していること• 楽天が携帯電話事業に参入すること すでに、国(総務省)の意向を受けて、携帯大手3社では通信料金と端末代金の見直しが行われています。 もしこれらの影響で業績に悪影響が出る場合は、投資を見直すことも必要です。 ソフトバンクのキャッシュフロー推移 特に重要といわれる、営業キャッシュフローは安定的にプラスとなっています。 携帯電話事業は多くの設備投資が必要な事業ですが、それを上回る営業キャッシュフローを稼げています。 ソフトバンクは安定した営業キャッシュフローを見込めるのが魅力 ソフトバンクの主力事業である携帯電話サービスは、毎月一定の収入が見込めるビジネスであり、サブスクリプションモデルの典型例です。 そのため、ソフトバンクの営業キャッシュフローは今後も長期的に安定していると見込まれます。 好不況によらず、安心して保有できるというのは通信株のメリットですね。 ソフトバンクは経営戦略として、借入を活用した事業拡大を選択していることがわかります。 現預金が少なめだが、事業特性上、問題ない ソフトバンクは現預金が少なめです。 支払いが滞ることがないか、不安を感じる方もいるかもしれませんが、問題ありません。 なぜならば、携帯電話事業は安定的なキャッシュフローが見込めるからです。 不況になっても営業キャッシュフローが急減することはないため、不意の変動に備えて現預金をためておく必要性が少ないのです。 ソフトバンクの自己資本比率は低めですが、携帯電話事業の潤沢なキャッシュフローが続く限り、事業の継続性は高いと考えています。 ソフトバンクの実績PBRの推移 ソフトバンクのPBRは上場後、5倍台で推移していました。 一方、ヤフーの連結子会社化に伴う純資産の変化で現在のPBRは6. 7倍に上がっています。 PBRは1倍が解散価値(事業を清算したときに残る、帳簿上の価値)といわれ、下値の目安とされています。 1倍以下なら株価は割安といわれますが、業績がよい企業であれば1倍以上になることも多いです。 ソフトバンクの業績は堅調なので、PBRは1より大きくなるのが妥当です。 とはいえ、PBRが6倍台というのはかなりの成長株でないとあまり見られない水準です。 ソフトバンクのPBRは割高な水準です。 ソフトバンクの株価は理論株価(企業価値)に対して割高 株価の割安さの指標として有名なPER、PBRは一面的な評価であり、企業の実態がわかりにくいという弱点があります。 そのため、私が割安さを判断するときは、 企業価値評価手法によって求めた理論株価を重視しています。 企業価値(理論株価)を計算する手法はいろいろありますので、自分の考え方に合った手法をとるとよいです。 私の場合は、 の財務分析ツールで使われている手法と基本的に同じ考え方であるため、前記ツールを参考値として使っています()。 ソフトバンクの予想配当利回りの推移 2019年5月に配当利回りが上がっているのは、以下の2つの理由によるものです。 通期の配当金額で計算されるようになったから(一時的な要因)• 2020年3月期の増配が発表されたから この結果、ソフトバンクの配当利回りは約6. ソフトバンクの株主優待はない 残念ながら、ソフトバンクに株主優待はありません。 株主優待を楽しみにしている人にとっては、この点はマイナスです。 今後、ソフトバンクの株主優待がどうなるか?(私見) 一般的に、株主優待は株主数を増やすための施策の一つであり、個人投資家に喜ばれるものです。 一方、株主優待は特典の上限が決まっていることが多いため、機関投資家などの大株主にとってはあまりうれしくない施策です(むしろ配当の方が喜ばれます)。 ソフトバンクグループからみれば、 株主優待を実施するよりも配当で支払ってほしいはずです。 したがって、私見ではありますが、今後ソフトバンクが 株主優待を実施する可能性は小さく、できる限り配当金を重視するだろうと考えています。 ソフトバンクは株主優待狙いではなく、 高配当目的で投資するべき銘柄です。 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの売上高・営業利益の比較 3社とも巨額の売上高、営業利益を出していて、優良企業であるのは間違いないです。 通信事業が寡占業種であり、国(総務省)から目を付けられるほど、高収益な事業であることがわかります。 中でもKDDIの売上・利益はともに増加傾向であるのに対して、NTTドコモはあまり伸びていません。 じぶん銀行やauカブコム証券などで金融分野を育てようとしているKDDIに対して、NTTドコモは通信事業からの領域拡大がやや遅れている印象を受けます。 一方、ソフトバンクは2019年までの3年間は売上高・営業利益がともにほぼ横ばいでした。 2020年3月期は大幅に増収・増益の予定ですが、これはヤフーの連結子会社化に伴うものです。 3社ともスマートフォンの普及による業績向上はすでにひと段落した印象です。 各社とも非通信分野の収益を作ることに力を入れています。 投資指標の比較 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの投資指標を比較した結果が以下です(引用:マネックス証券の銘柄スカウター)。 配当金をもらいながら長期保有したいという方に適した優良株です。 一方で、 ソフトバンクの株価はやや割高な水準です。 もし業績が悪化した場合には株価が急落する可能性があります。 配当利回りは少し劣りますが、 同じく高配当で株価も割高ではないKDDIやNTTドコモも選択肢として検討してみるとよいです。 銘柄選定の参考になれば幸いです。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。 あなたにおすすめの投資方法を診断します 長期投資にはいろいろな方法があり、 自分の性格や期待リターン、かけられる時間などによって、自分に適した投資方法は違います。 自分に合った方法がわからなくて、どうやって始めればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで、 自分に合った投資方法を診断するツール「ロイガイド」を作りました。 最大5つの質問に答えるだけで、診断結果と今後必要なノウハウ(当サイトのコンテンツまとめ)が出るようになっています。 これから投資を始めたいという方や、投資がうまくいかなくて悩んでいるという方は、ぜひ診断してみてください()。 おすすめの投資方法診断ツール「ロイガイド」 以下の質問に順番に答えていってください。 前の質問に戻ることもできます。

次の

ソフトバンクは何がやばいのか?〜株価暴落で倒産の危機か・・〜

ソフトバンク ホールディングス 株価

com ソフトバンクグループ<9984>株は、ITバブル時に1,000円以下の株価が1年も経たずに1万1,000円を突破した、ITバブルを象徴する銘柄だ。 ただし2002年11月には137円にまで下落し、ITバブル崩壊も経験している。 しかしその後は徐々に上昇し、2017年には5,000円を回復した。 ITバブル崩壊後、2002年8月には137円にまで下落したソフトバンクG株だが、その後株価は右肩上がりだ。 2006年の新興市場バブル、2013年のアベノミクス相場、2016年にはソフトバンクGが投資会社となり、その後の上昇相場を経て2017年には5,000円を回復した。 2016年からの上昇相場に乗って5,000円を回復したソフトバンクG株だが、5,000円台が定着せず方向性が定まらない状況だ。 チャートパターンとしては拡大波動を描く停滞相場に チャートパターンの一つに、トレンド発生後にペナント(三角)を描き値動きが停滞するペナントパターンがある。 ペナントは頂点に近づくにつれてペナントブレイクが発生しやすくなり、そのブレイクによって再びトレンドが発生する。 株式や為替市場では、トレンドが発生した後に停滞相場が到来し、値動きが膠着するケースが多い。 ペナントは停滞相場の典型的なチャートパターンだが、高値の切り上げと安値の切り下げが進行し、拡大波動を描くこともある。 安倍政権の経済活性化政策はアベノミクスと呼ばれ、株式市場はこれを好感し、アベノミクス相場が到来した。 2012年末より国内株式市場全体が上昇する中、ソフトバンクG株は2013年1月の1,500円台から2014年1月には4,650円まで上昇した。 多くの国内銘柄に恩恵をもたらしたアベノミクス相場だったが、ソフトバンクG株の株価は約3倍にもなったのだ。 孫社長は2006年にボーダフォンから国内携帯電話事業を1. 7兆円で買収し携帯電話事業に注力していたが、AIやシェアリングエコノミー市場の急成長を受け、10兆円ファンドを立ち上げて投資事業に注力すると宣言した。 そして2016年11月に10兆円ファンド(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)を設立、2018年12月に携帯電話事業子会社であるソフトバンク<9434>の株式を上場(IPO)した。 ソフトバンクG株はアベノミクス相場により1,500円台から4,600円台まで一気に駆け上がったが、その後2,000円台まで下落した。 2016年は概ね2,000~3,000円で取引されていたが、10兆円ファンドの設立発表とその設立を経て株価は徐々に上昇した。 株価としては2013年12月の高値4,660円が注目されていたが、2017年6月には完全にこれを上に抜け、10月には5,000円に到達した。 孫社長の経営が携帯電話事業から投資事業へシフトすると同時に、株価も上昇したかたちだ。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの運営は順調であり、現在2号ファンドの設立が準備されている。 ソフトバンクグループの株価動向を予測するポイント アベノミクス相場と投資事業へ転換を経て株価が上昇してきたソフトバンクG株だが、現在の株価は節目価格の5,000円を中心に方向感のない状況だ。 前述のように、ソフトバンクGのチャートは拡大波動を描いており、停滞相場に位置している。 よって、ソフトバンクG株は次のトレンドの発生を待っている状態だ。 ちなみに、拡大波動のチャートパターンの後にトレンドが発生する場合は、以下のようなチャートパターンを描くことが多い。 トレンドラインを上に抜ければ、ITバブル期の株価を目指す展開になるだろう。 一方トレンドラインを下に抜ければ、業態転換期の株価上昇が帳消しになる。 ちなみに、2018年12月末に下のトレンドラインにタッチした後、2019年2月に過去最大の6,000億円を上限とする自社株買いが発表され、それを機に株価は急騰した。 2019年9月時点の株価は4,000円台半ばで、上下のトレンドラインから等距離に位置している。 今後ソフトバンクGの株価が、上下のトレンドラインに対してどのような値動きを見せるかが注目される。 投資事業を主事業としたことで収益の振れ幅は拡大せざるを得ない ソフトバンクGは現在、投資事業を主としている。 携帯電話事業は、事業子会社であり株式公開済のソフトバンクが行っている。 米国株式市場の上昇もあって同社の投資事業は堅調に推移しており、ビジョンファンドの2号ファンドも設立準備中だ。 しかし、投資事業は利益の振れ幅が大きい事業だ。 孫社長の投資に対する目利き力を金融市場は評価しているが、孫社長といえども百発百中ではない。 よって今後の決算では、投資が失敗した案件によって大きな損失を計上する可能性もある。 投資事業への転換によって利益の振れ幅が大きくなった同社の決算を、株価がどのように折り込んでいくかについても、今後のソフトバンクG株を予想するうえでのポイントとなる。 ソフトバンクG株を買うには ソフトバンクG株の9月19日の終値は、4,616円だった。 100株単位で取引される銘柄なので、最低投資金額は46万1,600円だ。 ソフトバンクG株の購入にあたって、比較的手数料を抑えられる証券会社は以下のとおりだ。 com証券またはライブスター証券を利用すれば、手数料は最安で198円だ。 以下、GMOクリック証券の265円、SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券275円、岡三オンライン証券385円と続く。 なお、SBIネオモバイル証券やLINE証券を利用することで、1株単位(4,616円)で購入することもできる。 まとめ ITバブル期のソフトバンク株(現在のソフトバンクG株)の上昇は凄まじく、当時を知る人であれば、ソフトバンクG株にその再来を期待したくなるかもしれない。 ITバブル期ほどではないが、アベノミクス相場以前に1,500円前後だったソフトバンクG株は、現在は当時の約3倍の株価水準だ。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの設立を機に、投資事業に舵を切った孫社長率いるソフトバンクGは、これまで投資事業で満足のいく実績を出してきた。 しかし米中貿易摩擦を契機に世界の景気動向にも停滞感が生じており、米国の株式市場も頭打ちとなりつつある。 その中で、ソフトバンクG株も停滞に甘んじている状況だ。 今後は、現在拡大波動を描いている停滞相場を上下どちらに抜けるのか、そのタイミングと方向が注目される。

次の