いたち やま が くいん。 いたち川の〝ドンドコ〟(富山市)

工石山|1177m|高知市内から1時間で手軽に山岳を満喫

いたち やま が くいん

概要 [ ] 『』、『』「地祇本紀」では 大山咋神と表記し、『古事記』では別名を 山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)と伝える。 と(あめちかるみずひめ)の間の子である。 考証 [ ] 名前の「くい(くひ)」はのことで、大山に杭を打つ神、すなわち大きな山の所有者の神を意味し 、山のであり、また、農耕(治水)を司る神とされる。 『』では、の日枝山(ひえのやま、後の)および(かづの、、現)のに鎮座し、鳴鏑をとすると記されている。 なお、大山咋神は里山に鎮まるとされることから、『古事記』の「日枝山」とは、比叡山全体というより、里山である八王子山(比叡山の一部)を指すとする説もある。 「日枝山」にはが、松尾にはがあり、ともに大山咋神を祀っている。 日枝山と松尾については、共通の祭神を祀る社の存在だけではなく、八王子山と松尾山の両方に巨大なと、古墳群(日吉社東本宮古墳群、松尾山古墳群)が存在し、共通点が多いことが指摘されている。 特に、古墳群については、それらの古墳の埋葬者の勢力範囲と、大山咋神の神域とされる範囲の一致する可能性が指摘されている。 比叡山にのができてからは、によって、天台宗および延暦寺の結界を守る守護神ともされた。 大山咋神の別名 山王(さんのう)は中国天台山の鎮守「地主山王元弼真君」に倣ったものである。 なお、比叡山には、本来、山の全域において、大山咋神の他にも多数の神が祀られており、最澄が延暦寺の守護神として認識したのは、大山咋神だけでなく、その他の「諸山王」を含めた、比叡山の神々全体のことであったとも指摘されている。 天台宗が興したの一派をと言い、後にが山王一実神道と改めた。 がの守護神としてから大山咋神を勧請してを建てた。 江戸時代にはの氏神とされ、明治以降はの鎮守とされている。 神社 [ ] 比叡山の麓の()が大山咋神を祀る全国の日枝神社の総本社である。 日吉大社には後にが勧請されており、大物主神を大比叡、大山咋神を小比叡と呼ぶ。 山王は二神の総称である。 大物主神は西本宮に、大山咋神は東本宮に祀られている。 そのほか、()、()および全国の、で祀られている。 (外宮)のであるは大山津姫命を祀るが、大山咋神が祭神だとする説もある。 大山咋命 おおやまくいのみこと• 大山積神 おおやまつみのかみ• 大山津見神 おおやまつみのかみ• 大山祇命 おおやまつみのみこと• 和多志大神 わたしのおおかみ 賀茂神社 [ ] 『秦氏本系帳』に記載がある丹塗矢の神話によると、上賀茂神社()のは松尾大社の祭神、すなわち、大山咋神とされるという。 賀茂別雷神社の神山(こうやま)には、日吉大社、松尾大社と同様に、巨大ながあり、の影響が強いなど、三社の共通点が指摘されている。 また、日吉大社の山王祭は、大山咋神との結婚を再現しているともされる。 脚注 [ ].

次の

いたち川

いたち やま が くいん

(利用時間にご注意ください。 何度でもレンタル可能。 アヴィレで行くおすすめスポット <富山駅北エリア> 『富岩運河環水公園』 富山駅から北に自転車で5分。 自然と富岩運河の歴史を大切を活かした富岩運河環水公園。 7haの広い敷地内には、芝生や運河が広がります。 「世界一美しい」と言われているスターバックスコーヒーや「フレンチの鉄人」坂井宏之監修のレストランもあり、人気のスポットとなっています。 緑の美しさと、水辺のきらめき、ゆったりと流れる時間が心を癒してくれます。 夜のライトアップも大変幻想的です。 『樂翠亭美術館』 約4,000平方メートルの広大な敷地に1950年代に建築された和風邸宅を改修したアートにあふれたスタイリッシュな空間の美術館。 庭園の美と共に、日本建築の和の空間で日本の匠の技から現代作家の表現までを鑑賞できます。 ミュージアムショップや喫茶スペースも併設されています。 <富山駅南エリア> 『富山城』 富山駅から南に自転車で5分。 掘りや石垣などに当時の面影を感じながら中に入れば、富山市郷土博物館があり、400年以上にわたる富山城の歴史を知ることができます。 また、前田利長が使用したといわれる長さ140cmの兜も見どころです。 また、お堀前のAMAZING TOYAMAモニュメントは記念の写真スポットとしても人気です。 『富山市役所展望塔』 地上70メートルからは、富山市街地、そして天気の良い日には、立山連峰やお隣石川県の能登半島と360度の大パノラマを楽しめます。 「立山あおぐ特等席」に指定されています。 平日、土日祝日ともに無料開放されています。 『松川沿い』 松川沿いにある「松川べり彫刻公園」には、県内外の彫刻家の作品が28点設置されています。 春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪化粧した木々と四季の移り変わりと一緒に楽しめる自然の中の美術館です。 松川にかかる橋には、時折ガラスが使用されており、「ガラスの街とやま」を感じることもできます。 『いたち川沿い・石倉町延命地蔵』 芥川賞作家宮本輝「蛍川」の舞台となったいたち川。 その川沿いの湧水は「万病に効く水」として知られており、多くの人が「延命地蔵の水」を汲みに訪れます。 この長寿の水をいただきに、いたち川を訪ねてみてはいかがでしょう。

次の

石倉町の延命地蔵の水

いたち やま が くいん

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年9月) 伊太地山伝兵衛(いたちやま でんべい、 - )は日本の歌手、ギタリスト。 生まれ 水瓶座AB型。 活動の主をライブとし全国で展開する。 その数は毎年200本を越えるツアーミュージシャン。 慶應大卒、もと銀行員の経歴を経て1994年東芝EMIから『Wesが聴こえる』でメジャーデビュー。 既成概念にとらわれず自由なスタイルで多数のアーティストと共演。 熟した大人の魅力溢れる歌声で、全国に熱狂的な幅広い層のファンが存在している。 2013年11月15日、胆嚢炎から引き起こされた敗血症で死去。 56歳没。 音楽基盤~SOUND STYLE [ ] 、を好んで弾いていた1970年代の思春期、の複雑なコードテンションの響きに魅了され、このボサをきっかけにや等、次第にの世界へとのめり込んでいく。 それらの思春期に触れてきた各ジャンルの要素はその後何一つ削られることなく彼の音楽基盤となり、結果的に伝兵衛ならではの「ジャズフレーバー溢れるサウンドで楽曲を包み込み、親しみのある日本語の歌詞を耳に入りやすいポップな音にのせ、温かくて深いブルージーな声で心に届ける」という、バランスよく実に繊細で多彩な要素を含んだサウンドスタイルとなる。 活動の軌跡~STAGE STYLE [ ] 1985年に上京しギターデュオからのライブ活動が後にメンバーを加え、1987年バンド「」となる。 、、、、 、等と全国各地で共演し、1993年初アルバム「」をリリース。 翌1994年から「WESが聴こえる」でメジャーデビューを果たす。 ディスコグラフィ [ ] Album• 1993 伊太地山伝兵衛商会「Wesが聴こえる」• 1994 伊太地山伝兵衛「Wesが聴こえる」東芝EMI• 1997 伊太地山伝兵衛商会「The Third Period」• 1999 DUST「DUST」• 2000 DUST「西風」• 2001 DUST-PONTA「DUST-PONTA LIVE」• 2002 伊太地山弦楽団「たびのつづき」• 2004 伊太地山伝兵衛「猫にジャズ」• 2004 伊太地山伝兵衛「続たびのつづき」• 2006 伊太地山伝兵衛「伝兵衛、佐山を唄う」• 2008 伊太地山伝兵衛&村上PONTA秀一「伝PON楽団」• 2009 伊太地山伝兵衛「ENCORE」• 2010 伊太地山伝兵衛&石井康二DUO「薄利多売」• 2011 DUST「DUST4」• 2012 伊太地山伝兵衛「続々たびのつづき」• 2012 伊太地山伝兵衛「唄伝兵衛」• 2013 DEPONATION「#1」 Single•

次の