恐縮 する 意味。 「恐縮しております」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉

「恐縮です」は正しい?恐縮の意味とビジネスシーンでの使い方【例文あり】

恐縮 する 意味

普段の生活の中で、「恐縮」という言葉はよく耳にする言葉です。 ビジネスシーンからプライベートでの日常会話の中でも使われる日常用語です。 テレビなどを見ていてもよく耳にするので、耳馴染みのある言葉ではないでしょうか。 この「恐縮」という言葉ですが、日本語としてかなりへりくだった謙譲語表現の言葉です。 頼みごとなどをするような場合や、スピーチをするような場合などによく使われます。 この「恐縮」という言葉は、現代に限った使い方ではなく、日本古来より使われてきた言葉です。 「恐縮」という言葉について、過去にさかのぼってみると「恐縮至極」という言葉で使われていました。 時代劇を見ていると、よくこの言葉が出てきます。 今回は、この「恐縮至極」という言葉について見てみましょう。 「恐縮至極」の読み方 「恐縮至極」という言葉は、冒頭でもご紹介したように、現代の日本では日常的にあまり使われない言い回しです。 少し固い言い回しと感じます。 それでは、「恐縮至極」の意味を見て行く前に、まずは「恐縮」という言葉と「至極」という言葉について意味を見てみましょう。 「恐縮」とは この「恐縮」は、「話しをしている者が、自分の立場や姿勢をへりくだらせて、その身が震えて縮こまるほど恐れ入るような敬意を相手に示す形容表現」という意味があります。 このように説明すると難しい意味のように聞こえますが、簡単に言うと、「相手から厚意を受けたときに感謝する気持ち、相手に迷惑をかけて申し訳ないと思う気持ち」を表す言葉になります。 このことから、「恐縮」という言葉は、「ありがとうございます」や「申し訳ありません」というような言葉のよりかしこまった言い方だと言えます。 「至極」とは この至極は、「これ以上の程度はありえないさま」という意味を持った言葉です。 この熟語を構成している漢字の至という字は「この上ない」という意味を持っており、極という字は「これ以上ない」という意味をもっています。 両方ともに同じ意味を持った漢字です。 この二つの漢字を合わた「至極」という熟語で「これ以上はありえない」という意味になります。 この「至極」という言葉は、単独で使うよりも他の言葉にひっついて使う場合が多い言葉です。 主に別の言葉の前に引っ付いて使われることが多いのですが、後ろに引っ付く場合もああります。 また、同じ言葉でも前後に引っ付いて使われる場合もあります。 例えば、当然という言葉についてですが、至極当然という使い方をする一方、当然至極で使われる場合もあります。 このように、ほとんどの場合、至極を前に付けても後ろに付けても使うことができます。 「恐縮至極」の意味 「恐縮」と「至極」の意味についてそれぞれ確認しましたが、それぞれの単語の意味を合わせると、「恐縮至極」の意味はわかりやすくなります。 この2つの意味を合わせると「この上なく申し訳ないとおもうこと」や「この上なく恐れ入ること」というような感じになります。 「恐縮至極」の使い方 「恐縮至極」の使い方は、日常的にはあまり使うことが無い言葉ですが、ビジネスシーンにおいては使うことがある言葉です。 「これ以上にない申し訳なさ」や「これ以上になり恐れ入る気持ち」をビジネス上であらわしたいときに使います。 この「恐縮至極」の使い方は本当に色々とあります。 ビジネスシーンとしては、「お礼・感謝を伝えたいシーン」、「謝罪・お詫びを行いたいシーン」、「依頼・お願いをしたいシーン」で使うことが多いでしょう。 実際に使う場合、ビジネスシーンで使うことから、敬語での表現をすることになります。 丁寧語で表現する場合の使い方は「恐縮至極です」、「恐縮至極でございます」です。 謙譲語で表現する場合、「恐縮至極に存じます」という表現で使うようになります。 「恐縮至極」を使った例文 「恐縮至極」のビジネスシーンでの使い方には、謙譲語として使う場合があります。 この場合、「恐縮至極に存じます」という使い方をします。 ・身に余るお言葉をいただき、恐縮至極に存じます。 ・温かいお心遣いをいただき、恐縮至極に存じます。 ・このたびはたいそうなお品をいただきまして、恐縮至極に存じます。 ・本日は日和も悪いなか、ご足労いただきまして、恐縮至極に存じます。 私事にて恐縮至極に存じます ビジネスメールで使うことの多い表現になります。 この表現は、「自分や家族のことで本当に申し訳ないのですが」という意味になります。 意味で表したように、私事という言葉は自分自身だけを表すのではなく、家族などの身内に関することも含む言葉です。 ・私事にて恐縮至極に存じますが、本日休業いたします。 ・本日欠勤いたします。 私事にて恐縮至極に存じますが、ご了承の程お願い申し上げます。 ・私事にて恐縮至極に存じます。 1月1日に入籍いたしましたのでご報告いたします。 「恐縮至極」の類語 「恐縮至極」と一文字違いの四字熟語である「恐悦至極」という言葉ですが、この二つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 「恐縮至極」と比較する「恐悦至極」の意味から見てみましょう。 この「恐悦至極」については、「至極」という意味はどちらも同じ意味ですので、「恐悦」という言葉についてみてみましょう。 この「恐悦」という言葉の意味は、「かしこまり喜ぶこと」「ひどく喜ぶこと」「相手の好意などをもったいなく思って喜ぶこと」という意味です。 つまり「恐悦至極」という言葉には、「この上なく喜ぶことを示すかしこまった表現」という意味です。 このことから、「恐縮至極」との大きな違いは、「恐悦至極」という言葉は自分より目上の相手に対して感謝の気持ちを伝えるためだけに使うということで、謝罪や依頼といった意味は含まれていません。 「恐縮至極」という言葉を理解して使いこなそう 「恐縮至極」という言葉について見てきましたがいかがだったでしょうか。 普段のプライベートでは使うことのない言葉ですが、ビジネスシーンでは色々と使う機会の多い言葉です。 この「恐縮至極」という言葉は、むやみに使いすぎると大げさになってしまうというデメリットがあるほか、会話で「恐縮至極」を使うと変に丁寧すぎる印象を与えてしまいます。 そのため、恐れ入るなどの類語を使うようにしてみましょう。 ビジネスメールであれば、シンプルな表現でよりかしこまった印象を与えることができます。 そのため、文章で表現する場合はピンポイントで使うようにしましょう。 このように、大事な場面で使えるように、「恐縮至極」という言葉を理解し、使いこなしてみましょう。

次の

「大変恐縮ですが」の意味、お願い時の使い方、類語・言い換え、英語表現

恐縮 する 意味

「恐縮の限り」という言葉は「恐縮」と「(の)限り」という部分に分けることができます。 恐縮と言うのは「恐れて身がすくむこと、相手に迷惑をかけて申し訳なく思うこと」を指しています。 また「限り」の意味は「そのことの限度いっぱい、限界まで」となります。 総合すると「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という常軌を逸した状態という意味になります。 しかし実際に使われている意味合いとしては「迷惑かけてすみません」といった程度の言葉です。 ビジネスの世界では飾った言葉が好まれる 「恐縮の限り」という言葉は、主にビジネスの場面で使われます。 ビジネスの世界では過剰に粉飾した意味の言葉を使う風潮があるのです。 例えば「貴社のご発展とご隆盛を心より祈念致しております」といった挨拶は過剰な意味の表現ですが様々なところで使われています。 そのため、こういった場面では、「恐縮の限り」といった極端にへりくだった言葉も好んで使われているのです。 「恐縮の限り」は手を煩わせた謝罪の場面で使う 「恐縮の限り」は実際にどのような場面で使う言葉かと言うと、主に「相手の手を煩わせた場合の謝罪」の場です。 「恐縮の限り」という言葉の意味において最も重要な部分は「相手に迷惑をかけてしまって申し訳なく思う」という点です。 例えば相手に余計な手間をとらせてしまった場面で、「今回の件で多大なご迷惑をおかけしてしまい誠に「恐縮の限り」です」というように使います。 謙遜の意味で使えばやり取りがスムーズになる また、もっと軽い場面でも「恐縮の限り」を使うこともあります。 例えばある商品やサービスの不備について報告する際、直接その原因となる人へ連絡できない場面も多々あります。 会社の窓口へ報告するなら、報告を受け取る人はおそらく、そのトラブルに関係の無い人です。 そのため、本来では過度な謙遜を意味するのですが、あえて「お手を煩わせてしまい恐縮の限りです」というように述べると良いでしょう。 相手もこちらへ迷惑をかけている気持ちになっていれば互いに謙遜しあいながら連絡を取ることができ、気分良くやり取りは進んでいきます。 「恐縮の限り」は日常的な謝罪の言葉ではない 「恐縮の限り」という表現を使わない方が良い場面も存在します。 それは日常的な場面です。 「恐縮の限り」というのは一大事や丁寧な応対の際に使う表現であって、日常の謝罪に使うと違和感が生じてしまいます。 例えば上司に「ここ間違えてるよ」と指摘を受け「「恐縮の限り」でございます」と返答したなら妙な目で見られるかもしれません。 基本的には過度な謝罪表現なので日常で使うものではありません。 謙遜の意味で使用するときは言葉に見合う対象が必要 「恐縮の限り」には謙遜の意味も含まれていますが、使わない方が良い場面は色々とあります。 例えば上司に「このグラフの書き方いいねえ」と褒められたときに「「恐縮の限り」でございます」と言ったならキョトンとされるかもしれません。 大きな仕事を達成したときに「よくやった」と言われたら「恐縮の限りでございます」と返答するのは妥当です。 この表現にはその言葉に見合う大きな対象が必要なのです。 「恐縮の限り」には謝罪と謙遜の意味がありビジネスの場面での使用が好まれる 「恐縮の限り」の意味と使う場面について見てきました。 「恐縮の限り」というのは「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という極端な表現です。 ですがビジネスの場面ではこのような飾った表現が好まれるので、良く使われます。 主な意味としては謝罪と謙遜となり、特に「相手の手を煩わせた際」に使う表現です。 大きな失敗の謝罪時や、大きな仕事を達成して褒められたときの謙遜時の表現として使うのが相応しい表現です。

次の

恐縮です の例文10パターン(意味と類語)

恐縮 する 意味

「恐縮」の意味は? 最初に「恐縮」という言葉の意味について紹介します。 「恐縮」は「申し訳ない気持ち」を表す言葉 「恐縮」は、それぞれ「恐」と「縮」が説明する通り「恐れて身が縮まる」という意味です。 そして「相手に対し迷惑をかけた時」「御礼や恩恵を受けた時」などに、「本当に申し訳ない」「感謝しきれない」という気持ちを持って放たれる言葉となります。 「恐縮です」の類語表現は? 最後に「恐縮です」の類語表現について見てみます。 感謝の気持ちを伝える「恐縮」の類語 相手の厚意や優しい心遣いに対して「感謝しています」という気持ちを表す類語表現は以下の通りです。 本当にもったいない話でございます。 誠に恐れ多いことでございます。 感謝してもしきれない気持ちで一杯です。 本当にありがとうございます。 身に余るご厚意に言葉が見つかりません。 相手に依頼したり了承をもらうための「恐縮」の類語 「お願いできますか?」「よろしいですか?」という問いかけの前に置きたい「恐縮ですが」の類語は以下の通りです。 誠に恐れ入りますが• 誠にお手数をおかけしますが(いたしますが)• 大変申し訳ありませんが(ございませんが)• お話し中に申し訳ありませんが(ございませんが) 「恐縮」の正しい使い方と例文 「恐縮」の正しい使い方と例文について見ていましょう。 「恐縮です」の正しい使い方 「恐縮です」は相手に対して「申し訳気持ちで一杯です」という感情を伝えることができる表現です。 ビジネスシーンでは取引先や仕事で関わる担当者に、思いも寄らず迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。 そのような際に「大丈夫ですよ」「心配しないで下さい」という相手側の気遣いに対し「恐縮です」という表現を使い、感謝の意を示します。 「恐縮です」は「ありがとうございます」という言葉に代弁することができ、「本当に身に余る厚意である」という心からの御礼の気持ちも含んでいると言えるでしょう。 会話では「恐縮ですが」を「恐れ入りますが」に言い換える 「恐縮ですが」は普通の会話でも使われる表現ですが、どちらかというと「書き言葉」として活用することが多いと言われています。 ビジネスシーンでも会議や話し合いの際に「恐縮ですが…」と話を切り出すこともありますが、やや堅苦しく相手に冷ややかな印象を与えてしまうことがあるかもしれません。 職場やビジネスシーンでの会話の中では「恐縮ですが」を「恐れ入りますが」に切り替えて使ったほうが良いでしょう。 「恐れ入りますが」は目上の人にも失礼にあたることはなく、ビジネスで好んで使われる表現です。 日常でもビジネスでも、必要以上に身を縮めてコミュニケーションを図る必要はなく、相手が委縮し過ぎてしまわないように、ある程度リラックスできるような会話の運びを心がけることが大切です。 「恐縮です」で感謝とお礼の気持ちを伝える• ここまでしていただいて本当に恐縮です。 お祝いを送っていただき、誠に恐縮です。 送別会をここまで壮大に開いてもらえるなんて、恐縮です。 「恐縮ですが…」で相手に依頼したり承諾を得たりする• 大変恐縮ですが、こちらにサインを頂けますでしょうか?• 恐縮ですが、来週の水曜日にお時間をとっていただけますか?• 誠に恐縮なのですが、今後の予定をメールで送っていただけないでしょうか? 「恐縮の至りでございます」で感謝の気持ちを強調する• 社長直々にご挨拶いただけるとは、恐縮の至りでございます。 入社間もない私にプレゼンの司会を任せていただき、恐縮の至りに存じます。 素晴らしいお祝いの品をいただき、夫婦ともども恐縮の至りでございます。 「恐縮です」の英語表現 「恐縮です」という表現を英語でする時は「感謝」「依頼」「承諾」など、状況や文脈によって異なります。 例を挙げてみましょう。 I am really grateful. 本当に嬉しく、恐縮しています。 あなたの優しさ(ご厚意)に感謝しています。 Would you mind if I ask you something? 恐縮ですが、お願いしてもよろしいですか? まとめ 「恐縮」は通常「恐縮です」「恐縮ですが」という表現で使われることが多い言葉で、「本当に感謝しています」「ありがとうございます」という感謝の気持ちと、「お願いできますか?」「よろしいですか?」おという依頼や承諾のシーンで使わることがほとんどです。 また、話し言葉として使う時は相手が委縮し過ぎてしまわないように、状況に合わせて「恐れ入ります」「恐れ入りますが」と言い換えるようにしましょう。

次の