大阪 メトロ 定期 代 値上げ。 定期乗車券|運賃・料金|泉北高速鉄道

上限運賃の改定申請について|Osaka Metro

大阪 メトロ 定期 代 値上げ

近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。 A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。 セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。

次の

定期券|きっぷ・ICカード|電車・駅のご案内|京阪電気鉄道株式会社

大阪 メトロ 定期 代 値上げ

大阪メトロ民営化で何が変わる? 大阪市営地下鉄が民営化されて 大阪メトロとなることで 何が変わるんでしょうか? ポイントとしては以下の項目があります。 これ、実は大阪市営地下鉄時代から 民営化を見据えてサービス改善を続けて きた結果だそうです。 2013年から運賃の初乗り料金を200円 から180円に値下げしたんです。 また、終電の時間も従来よりも最大42分 延長しました。 こうしたユーザーにとってメリットとなる 部分は継続してやっていくようですね。 変わる部分は、いずれも良くなる方向に 変わるということですね。 事業展開としては、• 天王寺• なんば• 梅田 に2013年〜2014年にかけてオープン した駅ナカ商業施設 「ekimo」 の運営に加え、今後はホテルや高齢者 支援施設、子育て支援センター等の 設置を検討していくということです。 より使用者の利便性を追求したサービス 展開を目指しています。 ありがたいですよね。 更に良い変化としては、高齢者のための 「敬老バス」の負担軽減があります。 敬老バスは7歳以上の大阪市に住民票 がある人が対象です。 料金は、• 年間負担金=3000円• このうち、年間負担金が 2018年7月から なくなります。 敬老バスは、 2012年までは負担ゼロだったんですよね。 それが2013年の改正から年間3000円の 負担金を郵便局に収めに行く必要が。 さらに加えて乗車料金が1回50円に なりました。 タイミングによってはせっかく70歳に なってついに無料だ〜と喜んでいた人が 2年目から負担増になることも。 cocolog-nifty. html それによって利用者は33万人から24万人 に減少。 多くの高齢者が出かけるのを躊躇 するようになったんです。 こうした大阪の自治体寄りの改定から ようやく市民寄りにシフトするということで 高齢者の方々は本当に喜んでいると 思います。 大阪メトロは運賃を値上げする? 大阪メトロは 民営化前後で 運賃の変更はありません。 2013年から民営化を意識して サービス改善に取り組んできた一環で 2014年に初乗り運賃が 200円から180円に値下げされました。 今後はこの水準をキープする方針です。 これまでのサービス改善の動きを見る限り 大阪メトロになってより良いサービスを 追求していくというのが伝わってきますね。 以上、今回は大阪市営地下鉄が 民営化して大阪メトロになった話題でした。 民営化のメリットを最大限に発揮して、 大阪内外のユーザー誰もが大阪メトロ になって良かった、と思えるサービス を目指してほしいですね。 大阪メトロになって変わったロゴマークや キャラクターについては次の記事で 触れたいと思います。 最後まで見ていただき ありがとうございました。 次の記事もお楽しみに。 では!.

次の

IC定期券のご案内|定期券|乗車券のご案内|北大阪急行電鉄株式会社

大阪 メトロ 定期 代 値上げ

大阪メトロ民営化で何が変わる? 大阪市営地下鉄が民営化されて 大阪メトロとなることで 何が変わるんでしょうか? ポイントとしては以下の項目があります。 これ、実は大阪市営地下鉄時代から 民営化を見据えてサービス改善を続けて きた結果だそうです。 2013年から運賃の初乗り料金を200円 から180円に値下げしたんです。 また、終電の時間も従来よりも最大42分 延長しました。 こうしたユーザーにとってメリットとなる 部分は継続してやっていくようですね。 変わる部分は、いずれも良くなる方向に 変わるということですね。 事業展開としては、• 天王寺• なんば• 梅田 に2013年〜2014年にかけてオープン した駅ナカ商業施設 「ekimo」 の運営に加え、今後はホテルや高齢者 支援施設、子育て支援センター等の 設置を検討していくということです。 より使用者の利便性を追求したサービス 展開を目指しています。 ありがたいですよね。 更に良い変化としては、高齢者のための 「敬老バス」の負担軽減があります。 敬老バスは7歳以上の大阪市に住民票 がある人が対象です。 料金は、• 年間負担金=3000円• このうち、年間負担金が 2018年7月から なくなります。 敬老バスは、 2012年までは負担ゼロだったんですよね。 それが2013年の改正から年間3000円の 負担金を郵便局に収めに行く必要が。 さらに加えて乗車料金が1回50円に なりました。 タイミングによってはせっかく70歳に なってついに無料だ〜と喜んでいた人が 2年目から負担増になることも。 cocolog-nifty. html それによって利用者は33万人から24万人 に減少。 多くの高齢者が出かけるのを躊躇 するようになったんです。 こうした大阪の自治体寄りの改定から ようやく市民寄りにシフトするということで 高齢者の方々は本当に喜んでいると 思います。 大阪メトロは運賃を値上げする? 大阪メトロは 民営化前後で 運賃の変更はありません。 2013年から民営化を意識して サービス改善に取り組んできた一環で 2014年に初乗り運賃が 200円から180円に値下げされました。 今後はこの水準をキープする方針です。 これまでのサービス改善の動きを見る限り 大阪メトロになってより良いサービスを 追求していくというのが伝わってきますね。 以上、今回は大阪市営地下鉄が 民営化して大阪メトロになった話題でした。 民営化のメリットを最大限に発揮して、 大阪内外のユーザー誰もが大阪メトロ になって良かった、と思えるサービス を目指してほしいですね。 大阪メトロになって変わったロゴマークや キャラクターについては次の記事で 触れたいと思います。 最後まで見ていただき ありがとうございました。 次の記事もお楽しみに。 では!.

次の