ミスチル zip。 『The song of praise』mobile.360heros.comen (cover)【ZIP!2代目テーマ曲(Short)】

『ZIP!』新テーマ曲が、ミスチルの新曲「The song of praise」に決定!「自分を、誰かを、何かを、讃えようとする歌です」

ミスチル zip

Childrenの新曲「The song of praise」の歌詞はどんな意味を持っているのでしょうか? 人それぞれ解釈の仕方は違うと思いますが、私が「The song of praise」を聴いて感じた解釈や考察をまとめてみました。 自粛ムードが高まり、経済的な問題だけではなく思い出という面にも影響が出ている2020年。 憎しみ合うことで誰かを責めるわけではなく、称え合おうという歌詞にはミスチル櫻井さんの想いがギュッと詰まっているのを感じますね。 ニュースも毎日暗い話題ばかり、子供の学校は終業式や卒業式を目前に休校となり、働きたくても働けない状況の方も多いのではないでしょうか。 コロナウイルスの感染拡大で起きた影響について誰かを攻めたくなる時もありますよね。 ミスチルの櫻井さんはそんな世間の気持ちを感じ取って「The song of praise」を書いたのだと思います。 ZIP! 新テーマソングMr. Childrenで「The song of praise」 — 猫なりさん🐈 nekoninaritai89 コロナウイルスの影響だけではなく、2019年秋に起きた台風の被害、それ以前の自然災害、地震の被害がまだ残っている地域もあるかと思います。 ようやく再生の兆しが見えたと思ったら今度は自粛ムード・・ 踏んだり蹴ったりだとしても、今自分がいる環境を愛することで別の視点が見えてくるかもしれない。 誰かを責めるのではなく、称え合おう。 「The song of praise」はそんな歌詞になっているのではないでしょうか。 スポンサーリンク Mr. これまでの配信スケジュールから考えると、音楽配信サービスでの配信開始はCDの発売日より10日間ほど早くなると思われます。 「The song of praise」も同じになる予想です。 【ダウンロード】 iTunes Amazon Music エンジンモバイル Google Play Music dwango テレ朝サウンド music. jp mora LINE MUSIC レコチョク 【サブスクリプション】 Apple Music Amazon Music Unlimited AWA Google Play Music KKBOX Spotify YouTube Music LINE MUSIC Rakuten Music RecMusic うたパス dヒッツ スポンサーリンク Mr. Children「The song of praise」がZIPの2代目テーマソングに ミスチルの「The song of praise」は朝の情報番組「ZIP」の2代目テーマソングに決定しました。 「The song of praise」は 2020年3月30日(月)の放送から流れる予定です。 ZIP! 新テーマソングMr. Childrenで「The song of praise」 — 猫なりさん🐈 nekoninaritai89 ニュース番組もコロナの話題を避けるわけには行かないでしょうから、せめてミスチルの「The song of praise」で前向きな気持ちになれると思うと嬉しい! Mr. Children「The song of praise」を聞いたファンの反応 やったー!新曲!早起きするぞー! ZIP! 新テーマ曲にMr. Childrenの新曲「The song of praise」|ZIP! |日本テレビ — ひらたま。 hiratama0319 どちらかといえば朝はめざまし派だったが乗り替えるかw ZIP! 新テーマ曲にMr. Childrenの新曲「The song of praise」|ZIP! |日本テレビ — しんいち tripleface4869 うおおおー! 毎朝ミスチル聞きながら 朝をすごせる。 新テーマ曲にMr. Childrenの新曲 「The song of praise」|ZIP! |日本テレビ — アガイ📚本好きブロガー agaikai こんなときの櫻井さんの言葉。 しみる。。。 来週からZIP! 見る!/ZIP! 新テーマ曲にMr. Childrenの新曲「The song of praise」|ZIP! The song of praiseって曲ね。 ZIPがミスチル めざましがヒゲダン ってのがなんか面白いわ。 — 1q1 1q1zin Mr. Childrenの新曲「The song of praise」『ZIP! 』の2代目のテーマ曲として、3月30日の放送から💕 桜井さんからのコメント読みました。 自分を、誰かを、何かを、 讃えようとする歌です。 讃え合えたらと想像する、マイナスな感情は好転していくと思う。 歌詞もそうですが、メロディーからも壮大さを感じます。 スポンサーリンク Mr. Children「The song of praise」歌詞の意味(解釈)まとめ ミスチルの新曲「The song of praise」の歌詞の意味(解釈)や発売日、世間の声についてまとめてみました。 暗いニュースが多いですが、3月30日からは朝の時間が楽しみになりますね!.

次の

【ZIP×ミスチル桜井】テーマ曲にかける思いとは?twitterで話題に!

ミスチル zip

The song of praise ミスチル の動画や試聴音源は?ZIP! 新テーマ曲 まずはフルの音源とかMVなんかを探しましたが、そちらについてはまだアップされていませんでした。 (ミスチルの公式HPやZIP! 公式HP、YouTubeを確認しました。 ) なので、曲の一部になりますが、今日の朝にZIP! 内で発表された音源の動画を載せておきます。 こちらがその音源です。 ZIP! 新テーマソングMr. Children おはようございます。 kinora0302 この桜井さんのコメントは、いまの世の中の状況を言っているように感じましたね。 朝から胸いっぱいにさせられた。 「The song of praise」は直訳すると讃える歌。 自分を、誰かを、何かを、讃えようとする歌。 「あなたがそうであるなら私も」を、あなたが言うのはずるいよ。 音楽を通じ救い合い、讃え合うことが出来るのか。 11の時の「かぞえうた」もそうだけど、こうしたタイミングで新しい楽曲を届けてくれることに感謝したい。 「The song of praise」楽しみです。 皆んなそれぞれの場所でできることをやるしかないね。 まとめ The song of praise ミスチル の動画や試聴音源は?ZIP! 新テーマ曲 今回は「The song of praise ミスチル の動画や試聴音源は?ZIP! 新テーマ曲」と題してまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。 とても勇気ややる気が湧いてくるような曲で、今から実際に聴くのが楽しみですね! では、最後までお読みいただきありがとうございます!.

次の

ミスチルの新曲『The song of praise』がZIPテーマ曲に!発売日や配信は?3月30日から放送

ミスチル zip

概要 、『』で。 1993年発売の4thシングル「」がロングヒットすると、1994年発売の5thシングル「」で初の1位を獲得し瞬く間に人気となる。 その後、6thシングル「」と1996年発売の10thシングル「」はとなるなど 、これまでにシングル10作品でを達成している。 さらに、「innocent world」と「名もなき詩」はオリコン年間チャート1位を獲得している。 アルバムでは1994年発売の4thアルバム『』と1997年発売の6thアルバム『』がトリプルミリオン 、1996年発売の5thアルバム『』と2001年発売のベスト・アルバム『』 がダブルミリオンとなるなど、アルバム14作品でミリオンセラーを達成している。 さらに、2007年発売の13thアルバム『』と2012年発売のベスト・アルバム『』、2017年発売の期間限定配信ベスト・アルバム『』がオリコン年間チャート1位を獲得 するなど、1990年代、2000年代、2010年代においてシングル・アルバムともにヒットしている。 『』をバンドとしては初めて2度受賞している(1994年の「innocent world」と2004年の「」)。 バンド名の由来 「」を「Mr. Children」に改名したのは1988年12月末。 渋谷のに4人が集合して意見を出し合った。 まず、「THE」から始まるバンド名をやめることで一致。 当時4人は「チルドレン」という言葉の響きを気に入っていて、のバンド「THE MISSION」が1988年に発売したアルバム『CHILDREN』や、バンド「The Railway Children」、世界中の飢えや貧困に苦しむ子供を写したの写真集『戦争・平和・子どもたち』など 、好きなものに「チルドレン」を含む名称が多かった。 ただ、大人になった後も「Children」のままでは如何なものかと考え、正反対の「Mr. 」を付けて年が明けた1989年1月1日から使用した。 改名当初は響きを重視していたためバンド名に深い意味合いを持たせていなかったが、メジャー・デビュー後に所属事務所から「もっとプレゼンが上手くならないといけない」と言われ、「大人から子供まで幅広く聞いてもらいたい」という意味を加えた。 バンド名の表記 本来「Mr. 」の後には空白文字を入れるが、「Mr. Children」は空白文字を挿入しない デビュー当初の一部表記には空白が見られた)。 表記については「Mr. Children」が最も多く用いられているが、「MR. CHILDREN」 、「mr. children」 という表記もある。 なお、アマチュア時代はカセットテープ、参加したオムニバス・アルバム、ライブ告知用の、掲載雑誌、所属事務所発行の「御苑プレス」、直筆メッセージなどはすべて「MR. CHILDREN」を使用していた。 1stアルバム『』では「Mr. Children」、「MR. CHILDREN」(表ジャケットと中ジャケット)、「MR. CHILDREN」(スペース有り)、「Mr. CHILDREN」の表記が混在しており、以降の作品や雑誌などでも箇所によって表記が異なるものが存在している。 略称については「ミスチル」が一般的に定着しているが、メンバーが「ミスチル」と略すことは少ないが桜井は音楽ドキュメンタリー『』内で「ミスチルの顔出し看板を作ってほしい」と発言している。 Children LINE UP」を参照。 名前 担当 生年月日 出身地 血液型 ( さくらい かずとし ) 1970-03-08 (50歳) ( たはら けんいち ) 1969-09-24 (50歳) ( なかがわ けいすけ ) 1969-08-26 (50歳) ( すずき ひでや ) 1969-11-14 (50歳) 影響 は「Mr. Childrenはに影響されている」と述べている。 経歴 バンド結成からメジャー・デビューまで 1985年(昭和60年)、関東高等学校(現・)の軽音楽部に所属していたと、桜井が野球部から軽音楽部に誘った 、ドラマーと女性キーボード による5人組バンド「Beatnik」を結成。 1987年(昭和62年)にバンド名を「」に改名した。 1988年(昭和63年)、コンクールのテープ審査を通過したがライヴ審査前にドラマーが脱退。 田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していたの元へ桜井が審査用の曲が入ったテープを持ち込み、ライヴ審査当日までという期限付きの約束で代役を頼んだ。 後日、正式なバンド加入を依頼して鈴木が承諾。 現在のメンバーとなる。 1989年(昭和64年)にバンド名を Mr. Childrenと改名後、ライヴハウス「渋谷La. mama」や「」を中心にライヴ活動を行っていた。 1991年(平成3年)11月にと初対面。 後に小林は初対面時のMr. Childrenを「(雰囲気が)暗いし演奏も決して上手くは無かった」と表現している。 1992年(平成4年)• 5月10日:1stアルバム『』でメジャー・デビュー。 5月19日:初のツアー『'92 Tour Everything』スタート。 5月25日:でデビュー後初となるワンマンライヴ開催。 8月21日:アルバム『EVERYTHING』からのとなる1stシングル「」発売。 の8月度に選ばれる。 9月21日:『'92 Your Everything Tour』スタート。 12月1日:2ndシングル「」、2ndアルバム『』同時発売。 12月7日:『'92-'93 KIND OF LOVE TOUR』スタート。 1993年(平成5年)• 7月1日:3rdシングル「」発売。 9月1日:3rdアルバム『』発売。 9月23日:『'93 Versus TOUR』スタート。 11月10日:4thシングル「」発売。 1994年(平成6年)• 6月1日:5thシングル「」発売。 バンド初の1位を獲得。 9月1日:4thアルバム『』発売。 9月18日:『mr. children '94 tour innocent world』スタート。 11月10日:6thシングル「」発売。 12月12日:7thシングル「」発売。 1995年(平成7年)• 1月7日:『Mr. Children '95 Tour Atomic Heart』スタート。 1月23日:名義でシングル「」発売。 収益金はすべて(Act Against AIDS)基金へ寄付した。 Childrenとしてのライヴ・イベント『 '95 "Acoustic Revolution with Orchestra" 奇跡の地球』スタート。 4月25日:書籍『【es】 Mr. Children in 370 DAYS』発売。 5月10日:8thシングル「」発売。 6月3日:系映画『』公開。 7月16日:『Mr. Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:]』スタート。 8月10日:9thシングル「」発売。 アーティスト印税を義援金として寄付した。 12月15日:・ビデオ『【es】 Mr. Children in FILM』発売。 1996年(平成8年)• 2月5日:10thシングル「」発売。 初動売上120. 8万枚は当時のオリコン歴代1位の記録であった。 4月10日:11thシングル「」発売。 6月24日:5thアルバム『』発売。 8月8日:アルバム『深海』からのリカットとなる12thシングル「」発売。 8月24日:『Mr. Children TOUR REGRESS OR PROGRESS '96〜'97』スタート。 1997年(平成9年)• 2月5日:13thシングル「」発売。 3月5日:6thアルバム『』発売。 3月23日:初のドーム公演『Mr. Children TOUR REGRESS OR PROGRESS '96〜'97 FINAL』をで開催。 ツアーファイナルとなる3月28日の公演をもって活動休止することを発表。 4月25日:集『』発売。 8月13日:中川、鈴木、(当時はメンバー)、()によって結成されたバンド「林英男」が 、難波W'OHOLで開催されたイベント『』に出演。 9月10日:メイキング・ビデオ『』発売。 10月8日:ライヴ・ビデオ『』発売。 1998年(平成10年)• 2月11日:14thシングル「」発売。 10月21日:15thシングル「」を発売し、音楽活動を本格的に再開。 1999年(平成11年)• 1月13日:16thシングル「」発売。 2月3日:7thアルバム『』発売。 でイベント・ライヴ開催。 2月13日:『MR. CHILDREN TOUR '99 DISCOVERY』スタート。 5月12日:17thシングル「」発売。 9月8日:8thアルバム『』()を50万枚限定生産で発売。 2000年(平成12年)• 1月13日:18thシングル「」発売。 8月9日:19thシングル「」発売。 9月27日:9thアルバム『』発売。 10月14日:『Mr. Children Concert Tour Q 2000-2001』スタート。 2001年(平成13年)• 7月11日:『』『』同時発売。 7月14日:『Mr. Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001』スタート。 10月9日:で開催された『』に桜井、田原、小林がユニット「Acid Test」を結成して出演。 の「」(Mother)をした。 後にチャリティーとして同年12月14日から2002年1月31日までの期間限定でダウンロード販売した。 11月7日:21stシングル「」発売。 11月27日:書籍『Mr. Children 詩集「優しい歌」』発売。 2002年 - 2011年• 2002年(平成14年)• 5月10日:10thアルバム『』発売。 7月10日:23rdシングル「」発売。 7月22日:公演延期と大阪でのイベント参加中止を発表していたが、桜井にの疑いがあり、さらなる検査と充分な静養が必要であると診断されたため、予定していたホール・アリーナツアーの開催中止を発表。 12月11日:24thシングル「」発売。 12月21日:にて一夜限りのライヴ『MR. CHILDREN DEAR WONDERFUL WORLD IT'S A WONDERFUL WORLD ON DEC 21』開催。 2003年(平成15年)• 3月26日:ライヴDVD『』発売。 9月1日:「」がラジオ限定でオンエア開始。 11月19日:25thシングル「」発売。 2004年(平成16年)• 1月:小林と桜井が中心となり「」結成。 活動が始まる。 4月7日:11thアルバム『』発売。 5月26日:26thシングル「」発売。 6月12日:『mr. children tour 2004 シフクノオト』スタート。 12月21日:ライヴDVD『』発売。 2005年(平成17年)• 6月29日:27thシングル「」発売。 7月16日 - 18日:『』出演。 9月21日:12thアルバム『』発売。 11月12日:『MR. 2006年(平成18年)• 5月10日:ライヴDVD『』発売。 7月5日:28thシングル「」発売。 7月15日 - 17日:『』出演。 11月15日:29thシングル「」発売。 2007年(平成19年)• 1月24日:30thシングル「」40万枚限定で発売。 3月14日:13thアルバム『』発売。 5月4日:『Mr. Children HOME TOUR 2007』スタート。 5月10日:14thアルバム『』(集)発売。 7月16日:『』出演。 当初は7月14日から16日までの3日間に出演する予定だったが、台風の接近により14日と15日の公演が開催中止となったため16日のみの出演となった。 8月4日:『Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field-』スタート。 10月31日:31stシングル「」発売。 11月14日:ライヴDVD『』発売。 2008年(平成20年)• 7月19日 - 21日:『』出演。 7月30日:32ndシングル「」発売。 8月6日:ライヴDVD『』発売。 9月3日:33rdシングル「」発売。 11月1日:配信限定シングル「」リリース。 12月10日:15thアルバム『』発売。 12月31日:『』出場(演奏曲は「GIFT」)。 2009年(平成21年)• 2月14日:『Mr. Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜』スタート。 7月18日 - 20日:『』出演。 11月11日:ライヴDVD『』発売。 11月28日:『Mr. Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY』スタート。 12月2日:配信限定シングル「」リリース。 2010年(平成22年)• 5月10日:ライヴDVD『』発売。 7月17日 - 19日:『』出演。 9月4日 - 9月17日:東宝系映画『』公開。 11月10日:音楽ドキュメンタリー『Mr. 12月1日:16thアルバム『』発売。 2011年(平成23年)• 2月19日:『Mr. Children Tour 2011 SENSE』スタート。 3月12日・13日:の影響により、当日行われる予定だった大阪公演を延期。 また、和歌山公演(3月20日・21日)、仙台公演(3月26日・27日)、盛岡公演(4月23日・24日)は開催中止となり、大阪と和歌山の振替公演を5月14日・15日にで開催。 4月4日:配信限定シングル「」リリース。 収益金はすべて災害復興支援プロジェクト「ap bank Fund for Japan」へ寄付し、東日本大震災の義援金や復興支援活動に充てた。 7月16日 - 18日:『』出演。 8月20日:『Mr. Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-』スタート。 2012年 -• 2012年(平成24年)• 4月14日:『MR. CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』スタート。 5月10日:ベスト・アルバム『』『』同時発売。 7月14日 - 16日、8月4日・5日、8月18日・19日:『』出演。 8月29日:配信限定シングル「」リリース。 11月28日:17thアルバム『』発売。 12月15日:『Mr. Children [ an imitation blood orange] Tour』スタート。 2013年(平成25年)• 5月29日:配信限定シングル「」リリース。 公式チャンネル開設。 2014年(平成26年)• 5月:が各事業部の分社化を実施。 それに伴い、所属事務所が傘下の株式会社エンジンとなる。 5月24日:配信限定シングル「」リリース。 11月19日:35thシングル「」発売。 2015年(平成27年)• 2月6日 - 2月27日:映画『』公開。 3月14日:『Mr. Children TOUR 2015 REFLECTION』スタート。 5月22日 - 6月15日:パルコミュージアムにて薮田修身写真展「BLACK BOX -Unpainted face of Mr. Children-」開催し、その後は全国巡回開催した。 5月30日 - 6月5日:東京・大阪・名古屋・福岡の4劇場で映画『Mr. Children REFLECTION』アンコール上映。 6月4日:18thアルバム『』発売。 7月18日:『Mr. Children Stadium Tour 2015 未完』スタート。 2016年(平成28年)• 4月15日:『Mr. Children Hall Tour 2016 虹』スタート。 7月30日・31日、『』出演。 2017年(平成29年)• 1月11日:36thシングル「」発売。 3月14日:『Mr. Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ』スタート。 5月10日:配信限定ベスト・アルバム『』『』同時リリース(2018年5月9日までの期間限定配信)。 6月10日:『Mr. 7月26日:37thシングル「」発売。 7月28日 - 30日:『』出演。 2018年(平成30年)• 1月19日:配信限定シングル「」リリース。 7月15日・16日:『』出演。 10月3日:19thアルバム『』、全曲詩集『Your Song』発売。 10月6日:『Mr. Children Tour 2018-19 重力と呼吸』スタート。 2019年(平成31年・元年)• 4月20日:『Mr. 同日、アルバム『重力と呼吸』のサブスクリプション配信開始。 2020年(令和2年)• 3月4日:38thシングル「」発売。 賞・記録 受賞歴• 『第27回日本有線大賞』最多リクエスト曲賞「」 、有線音楽優秀賞(ポップス)「innocent world」• 『』「innocent world」 、優秀賞「innocent world」、ベストアルバム賞『』• 『』優秀作品賞「」• 『』「」 、金賞「Sign」• 『第32回(平成6年度)ゴールデン・アロー賞』音楽賞• 『第9回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5アーティスト賞 、グランプリ・シングル賞「」 、ベスト5・シングル賞「innocent world」「Tomorrow never knows」 、アルバム賞 ロック・フォーク部門(男性)『Atomic Heart』• 『第10回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5・シングル賞「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」• 『第11回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5アーティスト賞 、グランプリ・シングル賞「」 、ベスト5・シングル賞「」「名もなき詩」 、アルバム賞 ロック・フォーク部門(男性)『』• 『第12回日本ゴールドディスク大賞』ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー『』• 『第13回日本ゴールドディスク大賞』ソング・オブ・ザ・イヤー「」• 『第14回日本ゴールドディスク大賞』ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー『』• 『第15回日本ゴールドディスク大賞』ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー『』• 『第16回日本ゴールドディスク大賞』ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー『』『』• 『第17回日本ゴールドディスク大賞』ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー『』• 『第18回日本ゴールドディスク大賞』ソング・オブ・ザ・イヤー「」• 『第21回日本ゴールドディスク大賞』ザ・ベスト10シングル「」「」• 『第22回日本ゴールドディスク大賞』ザ・ベスト10シングル「」 、ザ・ベスト10アルバム『』• 『第23回日本ゴールドディスク大賞』ザ・ベスト10シングル「」「」 、ザ・ベスト10アルバム『』• 『第26回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5アルバム『』• 『第27回日本ゴールドディスク大賞』アルバム・オブ・ザ・イヤー『』 、ベスト5アルバム『』『Mr. Children 2005-2010 〈macro〉』• 『第28回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5アルバム『』• 『第33回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5アルバム『』• 『第13回(1995年)JASRAC賞』銀賞「イノセントワールド」• 『第15回(1997年)JASRAC賞』銀賞「名もなき詩」• MVA 2002 BEST GROUP VIDEO「」()• MVA 2003 BEST ANIMATION VIDEO「」()• MVA 2004 BEST VIDEO OF THE YEAR 2004「」(丹下紘希) 、BEST GROUP VIDEO「くるみ」(丹下紘希)• MVA 2007 BEST VIDEO OF THE YEAR 2007「しるし」(丹下紘希) 、BEST GROUP VIDEO「しるし」(丹下紘希)• 2016 BEST NEW VISION(もっとも革新的な活動をしたアーティストに授与される賞)。 第1回(2009)入賞『SUPERMARKET FANTASY』• MTV VMAJ 2009 最優秀アルバム賞『SUPERMARKET FANTASY』 iTunes Rewind• 『iTunes Rewind 2011』ベストソング「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2011『SENSE』• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2012『Mr. Children 2005-2010 〈macro〉』 、Top Pop Artist 2012• 第31回 主題歌賞(「」、ドラマ『』主題歌) オリコン記録• CD総出荷枚数:約6950. 3万枚(2015年6月現在 ・歴代2位)• アーティスト・トータルセールス(CD総売上枚数):5920. 4万枚(2017年1月時点・歴代2位• CDシングル総売上:約2872. 9万枚(2017年1月現在、歴代3位)• CDアルバム総売上:約3047. 5万枚(2015年6月現在、3000万枚突破アーティストとしては、に続く3組目で歴代3位)• ミリオンセラー獲得数:シングル10作(歴代3位)・アルバム14作(歴代2位タイ)• シングルダブルミリオンセラー獲得数:2作• シングル歴代売上ランキング• 8位「Tomorrow never knows」• 12位「名もなき詩」• ノンタイアップシングル売上枚数:約181. 2万枚(「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」歴代1位)• シングル首位獲得数:32作(歴代8位)• シングル連続首位獲得数・同連続初登場首位獲得数:30作(歴代3位)• シングル連続首位獲得年数:15年(歴代2位)• シングル返り咲き首位獲得数:3作(「innocent world」「Tomorrow never knows」「しるし」歴代1位タイ)• 年間シングルチャート首位獲得数:2作(「innocent world」「名もなき詩」歴代2位タイ)• 年間シングルチャートトップ10獲得作品数:14作(「」含む、歴代2位)• 年間シングルチャートトップ10連続獲得年数:6年(歴代1位)• 男性アーティスト・上半期アルバムチャート首位獲得数:4作(歴代1位)• 同一アーティストによる週間アルバムチャート1位・2位独占回数:2回(歴代1位タイ)• 同一アーティストによる週間アルバムチャート複数週1位・2位独占回数:2回(史上初)• ミュージックDVD連続首位獲得数:11作(歴代1位)• ミュージックDVD連続首位獲得年数:9年(歴代1位)• シングル・DVD・BD同日・同週首位獲得回数:1回(史上初)• オリコンDVDチャート3週連続総合1位獲得数:1回(歴代2位)• DVD・Blu-ray同時総合首位獲得数・男性アーティスト部門:3作(歴代3位タイ) ディスコグラフィ Mr. Children in 370 DAYS 2001年11月27日 Mr. Children詩集 優しい歌 2018年10月3日 Mr. Tambourine Man」 (の) 1991年11月15日 TOO BAD 「I WANT YOU」 (の楽曲) CD TFCC-88017 コーラスで参加。 CD AVCD-93592 映像作品 発売日 タイトル 規格 規格品番 備考 2005年12月21日 DVD(3枚組) TFBQ-18060 ライブ、ドキュメンタリー 2006年12月20日 TFBQ-18068 2008年1月16日 TFBQ-18081 2009年2月25日 TFBQ-18096 2010年4月21日 TFBQ-18108 2011年7月6日 TFBQ-18117 2012年2月29日 TFBQ-18128 2013年3月15日 TFBQ-18134 Blu-ray(3枚組) TFXQ-78100 2017年1月18日 DVD TDV27059D 映画 Blu-ray TBR27058D アマチュア時代 発売日 タイトル 収録曲 媒体 備考 1987年12月3日 ticket• CHILDRENS WORLD• 君の事以外は何も考えられない• 友達のまま• ゆりかごのある丘から• トム・ソーヤの詩 Live Version 製作。 メジャー・デビューへ向けて業界用に配布されたもの。 未発表曲 曲名 備考 1992年 Everything 新曲として『'92 Your Everything Tour』で披露したが、音源化していない。 シングル「」とは異なる曲である。 1994年 のカバー。 シングル「」カップリング曲として収録する予定であったが、お蔵入りになった。 ミュージック・ビデオ 集はに『』が発売されている。 発売のベスト・アルバム『』『』初回限定盤付属のDVDには、ミュージック・ビデオが各10曲ずつ計20曲収録されているほか、にリリースされたライヴ・ビデオ『』の特典である「Mr. Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25」においてソフト化されている。 からは公式チャンネルを開設し、ミュージック・ビデオやライヴ映像を公開。 当初は2012年に発売された2枚のベスト盤に合わせ、収録されているMV20本をフルバージョンで公開。 しかし、2014年前後にはショートサイズのみでの公開となっていたが、より従来の公開されたバージョンに加え、90年代の楽曲や上述ベスト盤以降の楽曲など合わせ、20本が新たに追加された。 これにより、シングル及びアルバム曲のMVが一斉に解禁された。 また、同年のには、6thアルバム「BOLERO」収録曲のミュージック・ビデオが4本新たに追加された。 特典映像としては下記の楽曲がソフト化されている。 曲名 収録作品 シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜 HERO 掌 くるみ and I love you Enhanced CD HANABI Enhanced CD 特典DVD 旅立ちの唄 LIVE Ver. サポート参加ミュージシャン 名前 パート 期間 開始 終了 今村勝巳 ( いまむら かつみ ) TALKING ABOUT THE POP '92 Your Everything Tourの途中 ( はら かずひろ ) キーボード '92 Your Everything Tourの途中 '94 Summer Event 山崎哲也 ( やまざき てつや ) '92 EVERYTHING TOUR '92 Your Everything Tourの途中 酒井聡行 ( さかい としゆき ) '93 Summer Event '94 Summer Event 松本賢 ( まつもと けん ) キーボード '93 versus tour Mr. Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:] ( うら きよひで ) キーボード '94 tour innocent world ap bank fes '06 長田功 ( おさだ いさお ) '94 tour innocent world Mr. Children TOUR REGRESS OR PROGRESS '96~'97 FINAL ( おばた ひでゆき ) サックス '94 tour innocent world Mr. Children TOUR REGRESS OR PROGRESS '96~'97 FINAL 大石真理恵 ( おおいし まりえ ) パーカッション LIVE UFO '95 ROCK OPERA "Acoustic Revolution with Orchestra" 奇跡の地球 Mr. Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:] ( かわさき えつこ ) Mr. Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:] ( こうぐち しゅうじ ) Mr. Children TOUR REGRESS OR PROGRESS '96~'97 ap bank fes '06 ( サニー ) キーボード コーラス ギター MR. CHILDREN TOUR '99 DISCOVERY Mr. Children HOME TOUR 2007 SUMMER SONIC 2013 沖祥子 ( おき しょうこ ) Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- 菊地幹代 ( きくち みきよ ) Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- 四家卯大 ( しか うだい ) Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- 西村浩二 ( にしむら こうじ ) トランペット Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- Mr. Children HOME TOUR 2007 Mr. Children HOME TOUR 2007 -in the field- Mr. Children Hall Tour 2016 虹 Mr. Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY 小春 ( こはる )() アコーディオン Mr. Children Hall Tour 2016 虹 Mr. Children Hall Tour 2016 虹 Mr. Children Hall Tour 2016 虹 島根公演のみ ( せぶ ひろこ ) キーボード コーラス Mr. Children Tour 2018-19 重力と呼吸 タイアップ一覧 フジテレビ系ドラマ『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』で使用された曲については「」を参照 年 曲 タイアップ先 1993年 CMソング アニメ『9 俺とお前のGOOD LUCK! 』主題歌 「」CMソング 系ドラマ『』主題歌 1994年 「」CMソング 系ドラマ『』主題歌 フジテレビ系ドラマ『若者のすべて』挿入歌 1995年 系映画『』主題歌 「'95 の名作100」CMソング 1996年 フジテレビ系ドラマ『』主題歌 フジテレビ系ドラマ『ピュア』最終回挿入歌 「」CMソング 1997年 日本テレビ系ドラマ『』主題歌 1998年 フジテレビ系ドラマ『』主題歌 フジテレビ系ドラマ『』主題歌 1999年 「」CMソング 2000年 フジテレビ系ドラマ『』主題歌 2001年 「Mr. Children 25th Anniversary キャンペーン」コラボCMソング 365日 未発表曲DEMO 抱きしめたい NTTドコモ 「娘の帰り篇」CMソング 2018年 フジテレビ系ドラマ『』主題歌 HANABI 東宝系映画『』主題歌 テレビ朝日系ドラマ『』主題歌 2020年 東宝系映画『』主題歌 The song of praise 朝情報番組『』2代目テーマソング others 「麒麟特製ストロング」CMソング 脚注 [] 注釈• 桜井は「自分達がロックバンドだとは、そもそも思っていない」と述べている。 『MR. CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』の表記など。 「」の表記など。 「ap bank fes 06」、『』での「」、『』での「」と「」などで担当。 アルバム『』収録「REFRECTION」で担当、またNHK「スペシャル Mr. 『』での「」で担当。 『』での「」で担当。 ライヴなどでは他のメンバーに比べてコーラスを担当することも多く、マスメディア等で、ドラム兼コーラスと表記されることがある。 「」と「」で担当。 「林英男」とはメンバー行きつけの飲み屋のマスターの名前に由来。 この映像作品がリリースされるまでの90年代前後のシングルPVは、未商品となっていた。 後に「皮膚呼吸」のタイトルでアルバム『』に収録した。 Billboard JAPAN. 2015年3月1日閲覧。 オール・メディア・ガイド. 2015年3月10日閲覧。 ORICON STYLE 2011年8月18日. 2015年3月13日閲覧。 『』、、2009年1月。 音楽ナタリー. 2018年5月3日閲覧。 ORICON NEWS 2017年7月21日. 2018年5月3日閲覧。 2012年5月1日. 2018年4月10日閲覧。 ナタリー 2017年9月9日. 2018年4月10日閲覧。 ORICON NEWS 2018年3月28日. 2018年4月10日閲覧。 ORICON STYLE 2007年3月19日. 2015年3月10日閲覧。 ORICON STYLE 2012年12月11日. 2015年3月4日閲覧。 ORICON STYLE 2012年6月12日. 2015年3月4日閲覧。 『Mr. Children 1992-2002 Thanksgiving 25』はデジタルアルバムランキングで年間1位。 ORICON STYLE. 2015年3月6日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年3月6日閲覧。 2015年3月2日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年3月3日閲覧。 「Flower」、1993年• クリエイティブマン. 2015年3月13日閲覧。 RO69. 2015年9月8日. 2016年5月7日閲覧。 BOOK・OFF Online. 2016年5月7日閲覧。 広田稔 2009年3月9日. アスキー. 2018年9月10日閲覧。 『』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. 2015年3月3日閲覧。 「」 2011年9月19日• Children. 2018年4月21日閲覧。 ORICON STYLE 2011年5月31日. 2015年3月5日閲覧。 Beats21. リムショット 2002年7月23日. 2015年3月6日閲覧。 ナタリー 2007年7月15日. 2015年3月2日閲覧。 紅白歌合戦ヒストリー. (NHK). 2015年3月3日閲覧。 2015年3月2日閲覧。 Children. 2011年4月2日. 2015年3月2日閲覧。 RO69. ロッキング・オン 2013年5月29日. 2015年3月4日閲覧。 (OORONG-SHA) 2014年5月. 2015年3月4日閲覧。 Musicman-NET 2015年2月24日. 2016年8月30日閲覧。 2016年8月30日閲覧。 2015年5月20日. 2015年6月1日閲覧。 音楽ナタリー 2018年1月26日. 2018年5月10日閲覧。 音楽ナタリー 2018年5月9日. 2018年5月10日閲覧。 BARKS 2018年5月9日. 2018年5月10日閲覧。 Children公式ホームページ. 2019年1月10日閲覧。 音楽ナタリー 2019年4月19日. 2019年4月20日閲覧。 キャンシステム・日本有線大賞運営委員会・全国有線音楽放送協会. 2015年3月1日閲覧。 2015年3月16日閲覧。 1995年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 1996年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 1997年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 1998年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 1999年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2000年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2001年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2002年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2003年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2004年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2005年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2005年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2005年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2006年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2007年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2008年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2008年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2009年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2009年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2012年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2013年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2014年. 2015年3月4日閲覧。 日本レコード協会 2019年. 2019年7月23日閲覧。 2015年3月16日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 ナタリー 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 全日本CDショップ店員組合. 2015年3月9日閲覧。 Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ 2011年12月9日. 2015年3月4日閲覧。 ビルボード・ジャパン 2011年. 2015年3月5日閲覧。 ビルボード・ジャパン 2012年. 2015年3月5日閲覧。 ビルボード・ジャパン 2012年. 2015年3月5日閲覧。 ORICON STYLE 2015年6月3日. 2015年12月17日閲覧。 ORICON STYLE 2017年1月17日. 2017年1月17日閲覧。 ORICON STYLE 2016年8月30日. 2016年8月30日閲覧。 ORICON STYLE 2008年8月5日. 2015年3月10日閲覧。 ORICON STYLE 2007年1月9日. 2015年3月9日閲覧。 ORICON STYLE 2012年6月20日. 2015年3月10日閲覧。 ORICON STYLE 2012年5月15日. 2015年3月5日閲覧。 ORICON STYLE 2012年5月22日. 2015年3月5日閲覧。 ORICON STYLE 2012年12月26日. 2015年3月10日閲覧。 ORICON STYLE 2012年4月24日. 2015年3月5日閲覧。 ORICON STYLE 2013年5月15日. 2015年9月6日閲覧。 ナタリー 2013年5月29日. 2013年5月29日閲覧。 ナタリー 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 イザ! 2020年4月16日. 2020年6月3日閲覧。 Children. 2018年4月22日閲覧。 2015年5月1日時点のよりアーカイブ。 2018年4月21日閲覧。 2002年7月18日. 2015年3月20日閲覧。 2005年9月19日. 2015年3月4日閲覧。 アミューズ. 2015年2月15日閲覧。 2015年3月4日閲覧。 ORICON NEWS 2007年5月8日. 2015年3月5日閲覧。 WESS. 2015年2月15日閲覧。 2008年9月8日. 2015年2月15日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 音楽ナタリー 2008年3月12日. 2015年3月2日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 ORICON NEWS 2010年3月16日. 2015年3月10日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 2015年2月15日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 音楽ナタリー 2013年1月3日. 2015年3月5日閲覧。 クリエイティブマン. 2015年2月15日閲覧。 2015年3月5日閲覧。 2016年8月30日閲覧。 RO69. 2015年4月22日. 2016年8月30日閲覧。 BARKS 2015年4月1日. 2016年8月30日閲覧。 2015年3月14日閲覧。。 18thアルバム『REFLECTION』発売後に行った通算4回目の5大ドームを含むスタジアムツアー• 音楽ナタリー 2015年11月30日. 2016年8月23日閲覧。 2016年8月23日閲覧。 2018年4月21日閲覧。 音楽ナタリー 2016年6月28日. 2016年8月23日閲覧。 2018年8月2日閲覧。 音楽ナタリー 2017年3月17日. 2018年4月21日閲覧。 音楽ナタリー 2017年3月31日. 2018年4月21日閲覧。 ロッキング・オン 2017年5月8日. 2018年4月21日閲覧。 2018年8月2日閲覧。 BARKS 2018年3月22日. 2018年4月21日閲覧。 2020年6月29日閲覧。 2019年8月18日閲覧。 2020年6月29日閲覧。 ORICON NEWS 2020年5月7日. 2020年6月29日閲覧。 音楽ナタリー 2014年10月3日. 2018年5月3日閲覧。 ORICON NEWS 2015年3月13日. 2018年5月3日閲覧。 rockin'on. com 2015年3月13日. 2018年5月3日閲覧。 ORICON NEWS 2015年6月1日. 2018年5月3日閲覧。 ナタリー 2016年8月24日. 2016年8月24日閲覧。 音楽ナタリー 2017年6月30日. 2018年5月3日閲覧。 音楽ナタリー 2017年12月21日. 2018年5月3日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年4月10日. 2018年5月3日閲覧。 ナタリー 2018年6月29日. 2018年6月29日閲覧。 ナタリー 2019年11月19日. 2019年11月19日閲覧。 ナタリー 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 ナタリー 2020年4月6日. 2020年4月6日閲覧。 外部リンク• - チャンネル•

次の