ひよっこ 人物相関図。 竜の道の出演者キャスト一覧と相関図画像!脚本・制作スタッフも調査|無料フル動画

ひよっこ~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】 追記しました

ひよっこ 人物相関図

Contents• 朝ドラ「ひよっこ」角谷三男の恋愛の行方が気になる! 有村架純ちゃんと佐久間由衣ちゃんと。 昨日はひよっこの撮影で仕事納めでした!! 3人の空気感がたまらなく好きです。 お疲れさんでした! — 泉澤祐希 xxxyukikixxx 朝ドラ「ひよっこ」。 茨城と東京を舞台に、ヒロインのみね子(有村架純)の成長が描かれる物語です。 角谷三男(泉澤祐希)はみね子の幼馴染として登場します。 個性的なキャラクターが多い朝ドラ「ひよっこ」の中でも角谷三男は、人気を獲得しそうな人物。 というかすでにもう人気者になっています。 なぜ角谷三男に人気が集まるのでしょうか。 ひよっこガイドブック、ゲット?? 泉澤くんのインタビュー読んでたら ワクワクが止まらない 三男に早く会いたい?? 「マッサン」からの刺客。 部長か。 三男役の子 — 京極ミズハ(シタール弾き) ienomaenigomiga これ全部放送前の口コミです。 ヒロイン以上とは言いませんが、すでに角谷三男の人気ぶりが分かります。 角谷三男役の俳優も気になっている人が多いようですね。 個人的には、 角谷三男の恋愛の行方がものすごく気になります。 角谷三男は、同じくみね子の幼馴染の時子に片思いしています。 二人の恋愛模様がすごく楽しみですね。 助川時子(佐久間由衣) =============== みね子の同級生で幼馴染。 村一の美少女を自称している。 実際に美少女である。 穏やかなみね子とは正反対の性格の持ち主。 しかしなぜか二人は意気投合し親友同士になる。 学校卒業後は、みね子と三男と一緒に集団就職で東京に行く。 実は女優になることを夢見ている。 スポンサーリンク 角谷三男の恋愛はどうなる? 朝ドラ「ひよっこ」で私が一番気になっている角谷三男の恋愛模様。 人物紹介を見ていると、三男が一方的に時子に片思いしている感じがしますね。 村一番の美少女で幼馴染の時子に恋愛感情を抱く三男。 私的には三男の恋愛は叶ってほしい!しかし角谷三男の恋愛模様を知れば知るほど思い出される展開があります。 2015年に放送された朝ドラ。 今となってはいろいろな意味で問題作となっている朝ドラです。 「まれ」の例の二人の恋愛模様といろいろ合致してるんですよね。 となると三男の恋愛の行方は・・・。 嫌な予感しかしません。 朝ドラ「まれ」から予想できる角谷三男の恋愛模様は記事下の方で紹介していきます。 まずは角谷三男役の泉澤祐希さんと、三男が片思いする相手・助川時子役の佐久間由衣さんをサクッと紹介していこうと思います。 是非劇場でご覧ください???? — 泉澤祐希 xxxyukikixxx 朝ドラ「ひよっこ」の角谷三男役の泉澤祐希さんについて、詳しく紹介していこうと思います。 角谷三男は、ヒロイン・みね子(有村架純)の幼馴染役ということで、物語の中でも何度も出てくる役。 角谷三男役の役者について、気になっている方も多いのではないでしょうか。 私はすごく気になっていました。 というのも角谷三男役の俳優を知らなかったので。 私の勉強不足で、見たこともありませんでした。 気になって調べてみたら、実はかなり俳優歴の長い役者でした。 年齢の割にちょっと長すぎるくらい。 しかも 出演本数がとんでもなく多い。 驚くべきことにその出演作品の中には私が好きなドラマが何本も入っていました。 ではなぜ泉澤祐希さんの存在に気が付かなかったかというと、子役で活躍してたから。 私が好きな作品はほぼ子役時代に出演していたドラマでした。 気が付かないのも納得です。 有名作品・人気作品に数々出演しているので、知っているものも多いと思いますよ。 朝ドラ「ひよっこ」の角谷三男役の泉澤祐希さんは、朝ドラ三回目のベテラン俳優でした。 泉澤祐希さんのプロフィールと一緒に過去の出演作品を紹介していこうと思います。 wikipedia. orgより抜粋) まずは簡単に、角谷三男役の泉澤祐希さんのプロフィールを紹介していこうと思います。 泉澤祐希さんは1993年生まれの現在23歳(2017年3月時点)。 若手俳優という位置づけになるでしょうね。 しかし、その芸歴の長さに驚きます。 泉澤祐希さんのデビューは5歳の時。 つまり、20代前半にしてすでに芸歴が20年近くあるんです。 泉澤祐希さんのドラマデビューは、朝ドラ「すずらん」(1999)。 ちなみに、この時のヒロインは遠野凪子さん。 ちょっと時代を感じてしまいますね。 その後も泉澤祐希さんは子役として実績を積んでいきます。 ドラマの過去作はかなり多い。 ちょっとすべては紹介しきれないくらいです。 主なところをいうと「OUT~妻たちの犯罪~」「さらば天国に一番近い男」「昼ドラ 砂時計」「大河ドラマ 功名が辻」などなど。 数多くのドラマに出演しています。 子役デビューの俳優は、子役時代が終わればそのまま消えていく人も多い。 しかし泉澤祐希さんは、子役時代から朝ドラ「ひよっこ」に至るまでその出演本数が全く落ちません。 そんな泉澤祐希さんの出演オファーが止まらない理由は、 演技力の高さにあります。 ある映画では演技力の高さから主演に抜擢されています。 演技力の高さに驚愕「この子はだれなんだ!?」 泉澤祐希さんが主演を飾った作品は、映画「よるのくちぶえ」(2009)。 この映画を見た鶴岡慧子監督は、泉澤祐希さんの演技力の高さに驚愕。 「この子はだれなんだ!?」と興味を持ち、自身の映画「過ぐる日のやまねこ」に抜擢したそうです。 泉澤祐希さんの演技力を絶賛する鶴岡慧子監督のコメント =============== (遠山智子監督『よるのくちぶえ』)それを観た時に「この子はどこの誰なんだ!?」と思ってすごくびっくりして。 泉澤くんに直接会ってみたい、とずっと思っていて、実際にお会いしたらとてもいい方で。 html また、朝ドラ「ひよっこ」の角谷三男役も オーディションで役を勝ち取っています。 男性1149人が参加したオーディションだそうです。 朝ドラ「ひよっこ」での泉澤祐希さんの演技に期待してしまいますよね。 あと三男の恋愛の行方も気になります。 「朝ドラ すずらん」 (1999)• 「OUT~妻たちの犯罪~」 (1999)• 「花村大介」 (2000)• 「おばさんデカ 桜乙女の事件帖9」 (2000)• 「さらば天国に一番近い男」 (2000)• 「世にも奇妙な物語 SMAPの特別編」 (2001)• 「昼ドラ たのしい幼稚園」 (2001)• 「非婚家族」 (2001)• 「ホームドラマ! 」 (2004)• 「白夜行」 (2006)• 「大河ドラマ 功名が辻」 (2006)• 「鉄板少女アカネ!! 」 (2006)• 「昼ドラ 砂時計」 (2007)• 「昼ドラ 愛のうた! 」 (2007)• 「モテキ」 (2010)• 「はつ恋」 (2012)• 「町医者ジャンボ!! 」 (2013)• 「実験刑事トトリ2」 (2013)• 「恋文日和」 (2014)• 「東京が戦場になった日」 (2014)• 「ロング・グッドバイ」 (2014)• 「赤と黒のゲキジョー おばさん弁護士 町田珠子」 (2015)• 「ウロボロス~この愛こそ、正義。 」 (2015)• 「表参道高校合唱部! 」 (2015)• 「朝ドラ マッサン」 (2015)• 「大河ドラマ 花燃ゆ」 (2015)• 「仰げば尊し」 (2016)• 「明日があるさ THE MOVIE」 (2002)• 「天国は待ってくれる」 (2007)• 「よるのくちぶえ」 (2009)• 「TOKYO TRIBE」 (2014)• 「過ぐる日のやまねこ」 (2014)• 「超能力研究部の3人」 (2014)• 「極道大戦争」 (2015)• 「秘密 THE TOP SECRET」 (2016)• 「君と100回目の恋」 (2017)• wikipedia. orgより抜粋 朝ドラ「ひよっこ」の角谷三男役の泉澤祐希さん。 過去に出演した作品をまとめてみました。 上でも触れたように子役時代の出演作が多く、全ては紹介しきれません。 20代前半の俳優の中ではトップクラスに出演本数が多い俳優かもしれません。 多くの出演作品の中で、私が気になったのは子役時代。 調べてみると いろいろな俳優の幼少期を演じていました。 中にはあの人気芸人の幼少期役もありました。 いろんな俳優の幼少期演じてた 泉澤祐希さんが子役の時に演じた幼少期役をまとめてみました。 中でも一番驚いたのが、 ダウンタウンの浜田雅功さんの少年時代役。 2002年の映画「明日があるさ THE MOVIE」で浜田少年役を演じていました。 他にもいろいろな俳優の子供時代を演じているので、まとめてみました。 泉澤祐希が幼少期を演じた俳優たち ===============• 蟹江一平 「朝ドラ すずらん」• 稲垣吾郎 「僕は旅をする」• 山田孝之 「白夜行」• 塚本高史 「鉄板少女アカネ!! 森山未來 「モテキ」• 中村獅童 「エンドロール~伝説の父~」• 浜田雅功 「明日があるさ THE MOVIE」• 清木場俊介 「天国は待ってくれる」 朝ドラ「マッサン」ではどんな役だった? 朝ドラ「マッサン」は私も見ていたのですが、泉澤祐希さんが出演しているとは知りませんでした。 気になったのでその役どころを調べてみました。 泉澤祐希さんが演じたのは、マッサン(玉山鉄二)の甥っ子。 マッサンの姉(西田尚美)の息子です。 マッサンとともに北海道でウイスキー造りを手伝っていました。 なんとなく思い出せましたw。 wikipedia. orgより抜粋) 朝ドラ「ひよっこ」で角谷三男が恋愛感情を抱くのは、幼馴染の助川時子。 そんな時子役を演じるのは佐久間由衣さん。 三男が恋心を抱くのも無理はないくらいの美少女でした。 佐久間由衣さんのプロフィールを簡単に説明しますね。 佐久間由衣さんは、1995年生まれの現在22歳。 角谷三男役の泉澤祐希さんとは1歳違いですね。 泉澤祐希さんとは対照的に、佐久間由衣さんの女優歴はまだまだ浅い。 元々モデルとして活躍されていたようですね。 女優デビューは2014年。 映画「人狼ゲーム ビーストサイド」。 女優歴は浅いものの、その演技力には定評があるようです。 角谷三男役・泉澤祐希さんと同じくオーディションで時子役を勝ち取っています。 オーディションに参加していたのは、1293人もいたそうです。 女優としてのポテンシャルはものすごく高い方のようですね。 角谷三男の恋愛はなぜ実らない? — 2016 11月 27 5:59午前 PST 話を本題に戻します。 朝ドラ「ひよっこ」で注目されている角谷三男と助川時子の恋愛の行方。 残念ながらこの恋愛は実らないような気がしています。 というのも、三男と時子の設定が2015年放送の 朝ドラ「まれ」にそっくりだから。 朝ドラ「まれ」の中の蔵本一子(清水富美加)と、角洋一郎(高畑裕太)との恋愛の設定に似すぎています。 朝ドラ「まれ」を彷彿とさせる恋愛図 朝ドラ「まれ」の一子(清水富美加)は、モデルを目指して地元・能登から上京。 幼馴染の洋一郎(高畑裕太)は、一子に恋愛感情を抱いている。 なんやかんやあって上京。 朝ドラ「ひよっこ」の角谷三男と助川時子の関係に似ていますよね。 「女優(モデル)を目指す」「上京」「片思い」全部共通しています。 結局一子と洋一郎の恋愛はうまくいきません。 朝ドラ「ひよっこ」の 角谷三男の恋愛も同じ結末を迎えるのではないかと思っています。 内容を3行でまとめてみようと思います。 3行まとめ ===============• 朝ドラ「ひよっこ」で注目なのは角谷三男の恋愛の行方• 朝ドラ「ひよっこ」三男の恋愛は、朝ドラ「まれ」に酷似• 角谷三男役の泉澤祐希は若手ながらベテランの域 最後に私の感想を書こうと思います。 なぜ朝ドラ「ひよっこ」で角谷三男の恋愛模様が気になったのか。 それはヒロイン・みね子(有村架純)の恋愛がまだわからないからです。 茨城で恋愛するのか、東京で恋愛するのか、相手役は誰なのか、いろいろと分かっていません。 その代わりといってはなんですが、角谷三男(泉澤祐希)と助川時子(佐久間由衣)の恋愛に興味を持つ人が多いんだと思います。 朝ドラの大事な要素の一つが「恋愛」です。 必ずといっていいほど描かれます。 それはやはり、視聴者の興味関心が高いから。 すごく気になる部分ですよね。 今後みね子の恋愛が描かれることがあれば、また記事を書こうと思います。 ちなみに相手役の候補キャストの目ぼしはついています。 あくまで目ぼしですが。

次の

朝ドラ「ひよっこ」のキャスト相関図や原作のあらすじ、ネタバレ情報など

ひよっこ 人物相関図

2017年4月3日 月 スタート、 連続テレビ小説の第96作「 」 東京放送局制作 の主演者・キャスト一覧でございます。 ドラマの内容としては、東京オリンピックが迫る1964年(昭和39年)秋、奥茨城村で育った女子高生が、東京と言う大都会で働き始め、出会いと別れを経験しながら試練を乗り越えていく物語です。 高校3年生から大人に成長していくヒロインを、子役を用いずにさんが、全編通して演じますので、楽しみですね。 挿入歌「君が好き」の情報も下の方に追記しました。 続編「ひよっこ2」も2019年3月に放送される予定となりました。 3月25日から4話連続との事です、2年後となる1970年の東京・赤坂と茨城・奥茨城村となり、近況報告のような感じらしいです。 30分の放送枠で全4話です。 谷田部みね子の家族 (やたべ-みねこ)—ヒロイン (ありむら-かすみ) 谷田部実(やたべ-みのる)—ヒロインの父 (さわむら-いっき) 谷田部 子(やたべ-みよこ)—ヒロインの母 木村佳乃(きむら-よしの) 谷田部茂(やたべ-しげる)—ヒロインの祖父 古谷一行(ふるや-いっこう) 小祝宗男(こいわい-むねお)—父の弟 叔父 峯田和伸(みねた-かずのぶ) 奥茨城村の人々 (すけがわ-ときこ)—谷田部みね子の幼なじみで、美少女な同級生。 女優に憧れている上京3人組。 上京の3人組。 泉澤祐希(いずみさわ-ゆうき) 助川君子(すけがわ-きみこ)—助川時子の母で、谷田部美代子とは幼馴染で、農作業を手伝っている。 羽田美智子(はだみちこ) 角谷きよ(すみたに-きよ)—角谷三男は母で、リンゴ農家であり、日々の農作業が忙しい。 柴田理恵(しばたりえ) 助川正二(すけがわ-しょうじ)—助川時子の父で、酪農も手がけ奥茨城村の農家としては成功している。 遠山俊也(とおやま-としや) 益子次郎(ましこ-じろう)—集落から街に出るバスの車掌で、谷田部みね子たちが毎日通学に使っていた。 松尾諭(まつお-さとる) 田神学—担任の先生 津田寛治 体育の木脇先生 増田明美 化学の藤井先生 原 扶貴子 村長 久保 晶 東京編 牧野鈴子(まきのすずこ)—赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の主人 おかみさん。 東京に出稼ぎで来ていた、みね子の父・実(みのる)との縁で谷田部家と交流があり、みね子が上京してからも世話している。 宮本信子 (みやもとのぶこ) 牧野省吾(まきのしょうご)—洋食屋「すずふり亭」の料理長。 東京で父を探す、みね子をそっと見守る 佐々木蔵之介 (ささきくらのすけ) 牧野由香—省吾の娘で小さい頃は可愛らしい女の子だった。 母親が亡くなったあとは、わがまま放題な跳ねっ返り娘になったと言う。 井川元治(いがわげんじ)—「すずふり亭」のコックで、よくサボるが後輩の秀俊にはやたら厳しい。 その一方で、涙もろく、憎めない。 やついいちろう 朝倉高子(あさくらたかこ)—「すずふり亭」の配膳担当で、仕事はよくできるが愛想は悪い。 この店で働くようになったのには、ある理由があるとの事。 佐藤仁美(さとうひとみ) 前田秀俊(まえだひでとし)—「すずふり亭」の見習コックで、仕込みから後片づけまで、1日の大半を厨房で過ごし、料理の技と心得を学ぼうと、修業に精進している。 磯村勇斗(いそむらはやと) 綿引正義(わたひきまさよし)—赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官で、茨城県出身。 実の捜索願を出しに来た美代子が同郷と知り、捜索の手伝いを申し出る。 竜星涼(りゅうせいりょう) 永井愛子(ながいあいこ)—みね子が働く向島電機「乙女寮」の舎監。 女子寮で40名ほどの工員の面倒をみている。 和久井映見(わくいえみ) 青天目澄子(なばためすみこ)—福島県出身の同期女工。 家計を助けるために、中学を卒業してすぐに上京してきた。 「乙女寮」では、課外活動のコーラスと、カレーライスを食べるのを楽しみにしている。 (まつもとほのか) 兼平豊子(かねひらとよこ)—青森県出身の同期女工。 体育以外はオール5という優秀な成績だったが、家が貧しく進学できず、中学を卒業して就職してきた。 タイプの違う澄子とはそりが合わないが、休日も勉強に励んでいる。 (ふじのりょうこ) 秋葉幸子(あきばさちこ)—山形県出身の先輩女工。 中学卒業して向島電機で働き始め「乙女寮」の寮長を務めている。 みんなに慕われる優等生で、みね子たち新人をあたたかく迎えたが、悩みも多い。 中学を卒業して上京した、体が弱いので休むことがあるが、仕事はできる。 可憐で可愛らしい雰囲気は、みね子の憧れになる。 気弱な性格であり、常にミスをしないかビクビクしている。 また、愛子に調子を狂わされて困っている。 奥田洋平 アパート「あかね荘」の人々 立花富—すずふり亭の裏手にあるアパート「あかね荘」の大家。 かつては芸者だった。 白石加代子(しらいし-かよこ) 島谷純一郎—佐賀県で大会社を経営する一家の御曹司で東京の大学に通っている。 お金持ちの友人と付き合うのが好きではないと言う性格。 (たけうち-りょうま) 久坂早苗—1階に住むOL会社員。 私生活は謎の永遠の25歳で、常に何かにいらだっている。 坪内祐二—漫画家を目指している青年。 同郷の「藤子不二雄」に憧れて、富山県から新田啓輔と一緒に上京した。 そして5年がたつが、まったく芽が出ない。 浅香航大(あさか-こうだい) 新田啓輔—富山県出身の青年で漫画家志望。 藤子不二雄先生をまねて、相棒の坪内祐二と同じ部屋に住んでいる。 岡山天音(おかやま あまね) 「あかね坂商店街」の人々 柏木一郎—和菓子屋「柏木堂」の店主。 鼻歌を歌ったり面白くないジョークを言ったりするなど、おしゃべりで陽気な性格の持ち主。 三宅裕司(みやけ-ゆうじ) 柏木ヤスハル—柏木堂の一人息子だが、甘い物が大嫌い。 あんこの匂いも嫌い。 店は妻の安江と2人で経営している。 光石研(みついし-けん) 福田安江—夫婦二人三脚で商売をしているが、気が強く、毎日のようにけんかしている。 主人の福田五郎が文句を言ってきても、いつも言い負かす。 生田智子(いくた-ともこ) 竹内邦子—バー「月時計」のおんな店主。 家業であった時計屋を改装してバーを始めたが、省吾とは幼いころからの知り合いで、妹のような存在。 白石美帆(しらいし-みほ) 安部善三—三男が就職した日本橋の小さな米屋「安部米店」の店主。 妻は亡くなっていて、娘・さおりと2人暮らし。 斉藤暁(さいとう-さとる) 安部さおり—父・安部善三と仲が悪く、口をきかない。 いつか米屋をパン屋にしたいと考えている。 (いとう-さいり) 川本世津子—つねに第一線を走ってきた人気女優と言う役柄。 客として「すずふり亭」を訪ねて、みね子と出会う。 菅野美穂(かんの-みほ) 龍二—シシドカフカさんが演じる久坂早苗の運命の人 古市コータロー ロックバンド・THE COLLECTORSのギタリスト 福田茜 ひよっこ2 —福田家の養女で、ヤスハルのことを呼び捨てで呼んでいる。 上杉美風 なお、朝ドラ・ひよっこに関しては、実在の人物や、モデル・モチーフはいません。 『ちゅらさん』『おひさま』を手掛けた岡田惠和さんの書き下ろしによる、独自の創作 オリジナルストーリー となります。 制作統括は、あまちゃんをヒットさせた、NHK職員の菓子浩プロデューサーです。 音楽—宮川彬良(みやがわ-あきら) 作—岡田惠和(おかだ-よしかず) 制作統括チーフ・プロデューサー—菓子浩 かし-ひろし プロデューサー—山本晃久 演出—黒崎博、田中正、福岡利武ほか 語りは増田明美さん、主題歌は桑田佳祐さんに決定しました。 挿入歌「君が好き」 恋のうた みね子と秀俊のラブストーリーの部分などでよく使用される曲・歌は、太田裕美さんが歌う「君が好き」です。 作詞:安田佑子/作曲:宮川彬良の「恋のうた」が正式なのですが、下記のレコチョクにありますので、よければ検索してみてください。 早苗さんが餅を焼くシーンがあったが、疑問が。 もし存在したとしても、田舎(東北)出身の早苗さんの場合、お餅なら実家から送られてきた物を、つまり杵で搗いて包丁等で切ったような手作りの物を食べるのが自然だと思います。 今回の、寮の仲間との同窓会についてですが、良くないです。 「今日はありがとうございます」とか「今日は宜しくお願いします」とかの感謝を述べる方が良いです。 待ちに待った嬉しい同窓会を、すずふり亭の皆さんのご厚意で、殆ど無償で会場および食事を提供してくれるのですから。 しかも休店日に。 休日出勤して。 その後に入ってきた幸子さん達は「こんにちは…。 今日は宜しくお願いします」とまず挨拶していました。 時代考証も含めて考えても、本来これが正しいのでは?と思います。 あの時代の女性で、学校を出て働いている方なら、そのくらい言うのは普通ではないかと。 今の20代の人より、よほど大人だったのではと。 ビートルズ公演の切符を手に入れる為に、歯磨き粉を大量に買い込み周囲の人に売り付けた時もそうでしたが、優しい皆さんの温かい好意に甘え慣れてしまい、みね子は感謝の気持があまり無くなってきているのではと感じます。

次の

べっぴんさん キャスト一覧&相関図

ひよっこ 人物相関図

あらすじ 時は1964年の秋。 東京オリンピックを間近に控えていたが17歳の谷田部みね子にはいまいち実感が湧かなかった。 というのも、茨城のド田舎である奥茨城村で育った彼女にとっては同じ日本でも東京は別世界のように思えたからだ。 みね子の家族は6人兄弟で農業を営んでいるが、父の谷田部実は不作の年に負った借金により現在は東京に出稼ぎに出ている。 彼女は高校を卒業したら家業の農業を継いで家族を楽にさせたいと考えていたが、それは正月に父がついに帰ってこなかったことによって一変した。 東京に行けば父に会えるかもという思いで幼馴染と共に東京に集団就職で上京したみね子。 大都会である東京に翻弄されながら、ひたむきに生きていく。 時には出稼ぎ労働者に待ち構えていた厳しい現実により打ち砕かれそうになるが、仲間が心の支えになっていた。 笑いあり涙あり、東京という見知らぬ地で様々な出会いと別れを経験しながらみね子はしっかりと根を張ってゆく。 ド田舎で育ったためか、性格はのんびりと穏やかな性格。 活発で明るい母のことを尊敬しており、高校卒業後は家業の農業を継ごうと考えていたが、父が帰ってこなかったことにより父を探すために東京に上京する。 東京のトランジスタラジオを製造する工場で働く。 農業は大好きで本当は村で稲作や畑仕事をしたいのだが、出稼ぎ業は忙しく帰郷することはほとんどできない。 ある時期からぷつりと消息を絶ってしまった。 明るくおしゃべりな性格で農業だけでなく洋裁の内職もしているアクティブな女性。 夫の実がいないことに関しては内心寂しく感じながらも子供たちの前では平静を装っている。 消息不明になった時には多大なショックを受けてしまうものの、無事であると信じ続けている。 口調は毒舌であるが、心の中では家族のことを最もよく考えており気遣いもできる。 昔はかなりのモテ男だった。 苗字は谷田部でないのは、奥茨城村から少し離れたところに養子に行ったため。 父が不在であるみね子たちを心配しており、よく野菜などを届けてくれる。 大きな声で笑い、その場の雰囲気を明るくできよく海外に目を向けているが実際まだ東京にも行ったことがない。 弟の進 シン の面倒をよく見ている。 末っ子のためか甘えん坊な性格でよくみね子と戯れている。 現在、8歳になるがいまだにおねしょ癖が治っていない。 のんびりとした性格であるみね子とは対照的に気が強く、今は出稼ぎ労働者であるが将来は女優を目指している。 村では村一番の美少女と話題になっている。 みね子に対して片思い状態なのだがまだその思いを本人に伝えられずにいる。 奥茨城が大好きで農業を継ぎたいと考えていたが、三男であるため不可能で上京して米屋に就職することが決まっている。 東京に行っても3人の関係は続きお互い支えていきながらそれぞれの道を歩むことになる。 2の美人を競っていた。 時子に対しては堅実な道を歩んでほしいと願っており、上京することについては反対している。 とても愛情深い母だが、東京で働く三男が故郷を寂しく思わないようにするためにわざと彼に対してはきつく当たっている。 助川家と谷田部家は古い付き合いで毎年、田植えなどを手伝っている。 基本的に君子の勢いに押されているため、周りからは尻に敷かれた夫だと思われている。 黙々と仕事をこなし、家族がケンカなどで揉めていても一人でそろばんをするなどちょっと変わっている。 しかし、文学が好きで高校生の時は作家を志望していた。 無口でおとなしい性格は災いしてか口うるさい妻・きよの影に隠れる形になっている。 三男に対しては厳しいが聖火リレーでは走る彼を全力で応援する。 村で聖火リレーをやろうという三男の意見に対しては一度否定するものの、やると決まった時には全力でサポートし青年団で培った政治力を存分に発揮して村全体で盛り上げた。 ほとんどの村人と顔なじみで時々会話にも入ってくる。 仕事に対してはとても熱心で生徒への思いも厚いため、みね子が上京したいと相談した時には就職先を探すのに奔走した。 上京当日に東京までついて行ってあげるなど優しい先生である。 戦中一度、空襲により店がつぶれてしまうが戦後立て直し、『本格洋食が手軽に食べられる』と評判になり大繁盛した。 実はみね子の父である実もこの店に通っており、その縁がきっかけでみね子とも知り合い彼女の大きな支えとなる。 洋食の要となるデミグラスソースには強いこだわりがあり、父を探すみね子のことを温かく見守っている。 妻は死別、一人娘は突如結婚し家を出てしまっている。 その上、後輩の秀俊には厳しく仕込みなど面倒なことはすべてやらせようとするが、涙もろくすぐ感動してしまう性格で憎めそうで憎めない人物である。 『若い女』を敵視する傾向があるが、若くてピチピチのみね子から優しくされて正直、複雑な気持ちになっている。 料理の仕込みから後片付けまで様々なことをこなし、一日の大半を調理場で過ごしている。 将来は自分の店を構えることが夢である。 現在、40名ほどが乙女寮で暮らしており中卒・高卒で働き始めた女の子にとっては母のような存在でもある。 みね子と同じく若いころは工場で働いていたが、不器用であったため苦労した模様。 戦争で恋人をなくしており現在も独身を貫いている。 乙女寮の寮長でもあり人望に厚く新人であるみね子たちも温かく迎えてくれる。 現在、音楽家を目指している高島雄大と婚約しているが悩みも多い模様。 とても有能で本当なら工場で一番の成績を収めてもおかしくないのだが、病弱なため時々仕事を休むことがある。 可憐でかわいらしい彼女はみね子のあこがれとなっている。 基本的にマイペースなため、仕事が遅く生産ラインを止めてしまうこともしばしば。 しかし、本人はまったく悪く思っていない。 そのため、今でも高校に行けないことを後悔しており棘のある発言をしてしまうこともしばしば。 性格は正反対の澄子とはよくケンカになり、優子がいつも仲裁している。 勤務時間外も勉強に励むなど勤勉家である。 みね子たちが入ってきた日にはやりくりしてお肉たっぷりのカレーを振る舞う。 乙女寮の舎監である愛子に調子をよく狂わされて困惑することも。。 みね子の母・美代子が夫の捜索願を出したときに同郷のもとだと知り、なんとか力になれないかと尽力してくれる。 爽やかイケメンで乙女寮の工員たちをメロメロにしてしまっている。 寮長の幸子と婚約中で毎週、乙女寮にコーラスを教えにやってくる。 解説としても活躍された方なので期待大です! まとめ いかがでしたか? 本作は有名女優・俳優だけでなく新人に近い役者も採用しておりどんなドラマに化けるのか楽しみでもあります。 朝ドラは出勤前のちょっとした時間で見れるのでいいですね。

次の