中学生 読書 感想 文 書き方。 読書感想文の書き方【中学生向け】短期間で効率的に書くコツとは?|ekuperi

読書感想文の書き方 構成とコツ【中学生・高校生】コピペOK

中学生 読書 感想 文 書き方

リンク 坊っちゃん:主人公。 東京で暮らしていたが、父母が亡くなったのをきっかけに学校へ入学し、卒業後、四国の学校へ数学の教師として赴任する。 江戸っ子で気が短く、愚直な性格をしており、曲がった事が嫌いである。 清:坊っちゃんが東京で暮らしていた時の女中。 老婆であるが、坊っちゃんの事をとても可愛がっている。 山嵐(堀田先生):坊っちゃんの赴任先の教師。 同じ数学を担当している。 逞しい体つきをしており、毬栗坊主の頭をしている。 うらなり(加賀先生):英語の教師。 蒼白い顔をしているが、体格はふっくらしている。 気がおとなしい性格で、弱く見られる。 狸:坊っちゃんの赴任先の校長先生。 あだ名が狸。 赤シャツ:坊っちゃんの赴任先の教頭先生。 洋風を好む。 策略家。 マドンナ:坊っちゃんの赴任先の地域一の美人。 坊っちゃんのあらすじ(簡単な話の内容) 東京で暮らしていた主人公、通称「坊っちゃん」は母と父を亡くし、兄と財産を分け別々に暮らす事となる。 まだ若く、受け取った遺産の使い道の分からないまま、今後の生活どうするか悩みながら過ごしていた坊っちゃんだが、ふと目にした物理学校に入学する事を決め、授業料として遺産を使い果たす。 なんとなく学校に通い卒業した坊っちゃんは、その学校の校長の縁で四国に学校の教師として赴任する事となる。 四国に赴任した坊っちゃんは、赴任先の学校の生徒から嫌がらせを受ける。 また、学校の教頭先生の策略にはまり、散々な目に会う。 東京で共に暮らしていた女中の清の優しさを思い出しながら、嫌な思いをかき消し教師として勤めるが、やがて有り余る生徒や教頭の嫌がらせや人格の悪さに辟易し、同じ気持ちを持った教師と共に反乱することとなる。 辛い日々を過ごしていた坊っちゃんの逆襲が始まる。 女中の清の人間性も一つのテーマ。 清がどんな人物なのかも考えながら読むと良いですね。 本のテーマ(主題・キーワード) ・いじめ ・友情、友達 ・理想の人間 ・夏目漱石 読書感想文の書き方やコツ 明治時代に書かれた物語であり、現代に当てはめると情景や現存しない物質的な物の想像が難しくなると思います。 新潮文庫では注解がありますので参考にしたり、分からない物や名詞はインターネット等で検索して調べると、著者の当時の時代の背景が浮かんで、より感想を書きやすくなると思います。 物語自体は単調で、理解しやすい内容となっています。 また、この物語は、主人公である坊っちゃんの一人称で書かれていますので、坊っちゃんになったつもり、又はなりきって感情移入しながら書いても面白いと思います。 坊っちゃんは気の短い人ではあるが、素直で曲がった事が嫌いな事。 赴任先の学校の生徒や教頭の精神的な幼さや行動について。 女中の清という女性が坊っちゃんの支えになっているということ。 最後は、坊っちゃんとしては学校をやめるという結末になってしまったが、勧善懲悪をおこない晴々とした気持ちになることなど素直な気持ちで書けばいいかと思います。 読書感想文例文(中学生向け2000文字以内) 題名(タイトル):正しい人間の在り方について考える 坊っちゃんは明治時代に書かれた物語なので、現在使われていない用語や表現がたくさんでてくるのでとても読みにくいと思いました。 でも、その時代のことをよく調べて知ると情景が思い浮かんできて、現代でも色あせない物語だと思いす。 例えば、坊っちゃんが天ぷら蕎麦を4杯も食べた姿を思い浮かべると、可笑しくなりました。 いくら好きだからといって天ぷら蕎麦4杯は食べすぎです。 主人公は「坊っちゃん」と呼ばれていますが、実は24歳の青年で四国の学校へ教師として働き始めます。 そこでは、色々な災難が待ち構えていました。 生徒からからかわれてケガをしたり、素直な性格の坊っちゃんはすぐに教頭先生から騙されたり、と大変です。 でも、真面目に働くことが大切だと思っているので、そんな嫌がらせを受けても、騙されてひどい目にあっても懸命に教師としての使命を果たしながら働きます。 また、短気な性格で曲がったことが大嫌いなので、生徒や教頭と向き合って間違っていることを正そうと奮闘しますが、弁舌な生徒たちや教頭に逆に言い負かされてしまいます。 それに対して、坊っちゃん自身も自分には知恵がないと悔しがります。 私なら、転校した先でからかわれたり嫌がらせを受けたりしたら耐えられません。 きっと学校に行くのが嫌になってしまうと思います。 それでも、坊っちゃんはそんな嫌がらせに耐えながら過ごしていきます。 あまり考えず、気にしない性格なので耐えられたのかも知れませんが、きっと坊っちゃんは心が強かったからなんだと思います。 もう一つ、辛い人間関係の中で過ごすことができたのは、東京で暮らしていたときに共に生活をしていた女中の清を思い出していたからだと思います。 清は老婆ですが、坊っちゃんをとても可愛がっていてお小遣いをくれたり、とても褒めてくれたりします。 坊っちゃんは嫌がらせをしてくる生徒や教頭と清を比較して正しい人のあり方は清の方だと言います。 生徒や教頭は知恵や教養があって弁舌も達者ですが、ロクな人間じゃない。 清は、教養はないが人に接する態度が正しい。 と言うような場面があります。 この場面には同感しました。 私が、人間味のある人と思うのは人の痛みを知ったり、人を見下したりしない人だと思います。 坊っちゃんは江戸っ子で言葉遣いも荒く、短気な性格なのでその行動を見ているこちらがドキドキしますが、人間味のある真面目な人だと思います。 物語の中で、坊っちゃんは清からの手紙を受け取ります。 そこには相変わらず坊っちゃんを心配する内容が書かれています。 坊っちゃんは、清の言葉を支えにして四国での生活を続けていたのだと思います。 やがて、教頭先生の策略がますますひどくなっていきます。 坊っちゃんが住んでいる地域で一番と噂のある美人の女性が、坊っちゃんのいる学校で同じ教師として働いている古賀先生の婚約者だったのですが、古賀先生の家の生活状況が苦しくなって婚約は取り消されました。 そこで教頭先生はその女性と付き合おうとします。 その女性と古賀先生の婚約の話を知っている人たちが、女性と教頭が付き合っていると噂になると良い評判にはなりません。 そこで、古賀先生は教頭の策略で九州にある学校へ転勤させられます。 また、堀田先生の正義感が気に入らない教頭先生は自分の弟を先導して、自身の学校の生徒と他校の生徒の喧嘩に巻き込まれるように仕向けます。 その結果、堀田先生は教職を辞めさせられます。 坊っちゃんは自分に対する嫌がらせなら我慢できますが、同じ職場で共に働く教師が教頭先生だけの都合で被害を受けるのは我慢できない性格です。 そこで、坊っちゃんは学校を辞めると覚悟して、堀田先生とともに教頭先生を懲らしめようと計画します。 坊っちゃんの逆襲が始まります。 結果がどうなったかはここでは書きませんが、坊っちゃんを読んでいると人間関係については今も昔も変わらずに大変だということを思い知らされます。 そんな中で自分はどんな判断をするのか。 自分だけの利益を優先して人を騙すのか、人間とは愛や優しさに溢れた人間でなければならないのかと問いかけられているように感じました。 テーマは「正しい人間の在り方」だと思います。 結局、坊っちゃんの本名は物語の中では語られません。 表題が「坊っちゃん」なのは女中の清が呼んでいた呼び名だと思います。 物語の最後も清のことで締めくくられています。 私は、この清こそが坊っちゃんが理想としている人間像なのだと坊っちゃんが気付くために、その対比として四国の学校への赴任が運命付けられていたのではないかと思います。 この物語を読んで、私も正しい人間の在り方を日々考えながら過ごしていきたいと思いました。

次の

中学生向け<<読書感想文の書き方例>>

中学生 読書 感想 文 書き方

タグ 100均 4人以上 アイデア おすすめ お呼ばれ お礼 お礼状 お祝い お車代 お辞儀 お返し クローク ゲスト コーデ ゴールド コツ ゴミ出し ゴミ出しルール コンクール ご祝儀 ご祝儀袋 サブバッグ スーツ スープ スエード スピーチ タイミング デザイン デメリット ドレス ナイフ ナフキン ネイル ネクタイ のり パーティー バブル バレエ ハンカチ ビジネス フォーク フォーマルバッグ ふくさ プレゼント ヘアアレンジ ポイント ポケットチーフ ポニーテール マナー メリット ライス リゾートバイト リメイク ルール レストラン 一人暮らし 上司 上手 中国 二次会 仕事 代用 住所 使い方 便利 傘 兄弟 先勝 入れ方 入学式 兼用 内祝い 処分 出席 到着時間 包み方 午前中 午後 卒業式 印象 参列 友人 友達 台紙 同僚 名前 商品券 基本 夏 大学生 夫婦 女性 妊娠 姪 嫉妬 子供 封筒 平均 年賀状 当日 必要 意味 慶弔両用 成人式 手ぶら 手帳 披露宴 持ち物 持ち込み 指輪 挙式 挨拶 掃除 教会 文書 料理 断り方 新婚 早め 時期 時間 書き方 有給消化 服装 朝 欠席 正式 歴史 母親 法事 注意 注意点 洋食 海外 渡し方 特徴 理由 甥 男 男性 番地 発表会 白 目安 相場 相手 短期 社会人 祝儀 祝儀袋 神棚 種類 簡単 結婚 結婚式 結婚祝い 給料 色 荷物 葬儀 葬式 袋 袱紗 親 親族 言葉 費用 転職 返事 退職願い 連名 連盟 遠距離 選び方 部下 金額 雨 面白い 靴 預ける 食べ方 食べ物 香典 髪型 魚料理 目次• 大学生の読書感想文の書き方のコツは? 大学生になると、読書感想文を書いて提出しなくてはいけないこともあると思います。 その際に、うまくかけるコツのようなものはあるのでしょうか。 大学の読書感想文を提出する際、抑えたいポイントとなることですが、 「メモをとる」ことが大切になってきます。 その本を選んだ理由、その話のどの部分で何をどう思ったのか、その本を読んで思い出した経験などを具体的にメモをとって、書き出していきましょう。 その書き出したものを、うまく組み合わせて構成していくと、良い読書感想文が書けると思います。 また、重要になってくるのは「テーマを決めること」です。 読書感想文を通して、何を書きたいのか、骨組みとなることを決めておくと良いと思います。 言葉の表現に関してですが、同義語を使うと、良い文章をかけると思います。 読書感想文ですが、難しいと感じる人もいると思いますが、自分の経験を書くと、書きやすくなると思います。 大学生の読書感想文で書きやすい書き方のパターンとは 上記では、読書感想文を上手に書くには、メモを取っていくこと、また自分の経験を取り入れると書きやすくなることをみてきました。 次に、大学生で書く読書感想文を書きやすくする、書き方のパターンを紹介したいと思います。 読書感想文ですが、本を読んで、自分が感じたことを適切に伝えることが大切になります。 そして、読書感想文には、二つの構成が必要になってきます。 どうやってその本と出合ったのか、読む前の印象 他の方からのお勧めの本であったり、新聞でみた広告かもしれません。 また、その際に本に対してどのような印象を持ったかを書いていきましょう。 感想 読んでいて、特に印象に残った部分、それ以外の場面の感想を書いていきましょう。 何を学んだか その本から何を学んだのか。 自分の人生に今後、どのように生かせるのかについて書いていきましょう。 大学生のレポートでの読書感想文で高評価を得る書き方 先ほどは、大学生が提出しなくてはいけない読書感想文、どのようにしたら、書きやすくなるのか、その要点をみてきました。 次に、読書感想文を提出しなくてはいけないとなると、評価が気になると思います。 そこで、どうやったら高評価を得る読書感想文を書けるのか、そのポイントをみていきたいと思います。 印象に残った部分について、特に書く• 自分の体験を取り込む 上記の2点について意識すると、読書感想文は書きやすくなります。 一つ目についてですが、同じ本を読んでいても、印象に残る点は人それぞれです。 あなたが「ここが特に印象に残った」という点を掘り下げて書いていくと良いと思います。 二つ目についてですが、あなたの体験を結びつけることによって、あなたらしさがでる読書感想文になります。 そうすることにより、オリジナル性がでるので、あなたの読書感想文が、高評価に繋がっていきます。 読書感想文の書き方で大学が求めるものは? 提出しなくてはいけない読書感想文。 高評価を得るには、自分が印象に残っている部分をより掘り下げて書いていくこと、また自分の体験を組み込んでいくことがポイントになってくることをみてきました。 次に、読書感想文の書き方で、大学が何を求めているのか、大学が求めているものについてみていきたいと思います。 大学側は、確かに中身も気にしています。 でも、それだけではなく、一般常識として、段落であったり、句読点、言葉の使い方が正しいかについても、大学側は、チェックしています。 また、読書感想文で難しい点は、意見を書かないことです。 感想文であるので、自分の意見ではなく、作者の意見に対して、あなたはどう考えるのか、その論点が必要になってきます。 もし、感想文と意見文の違いがわからないようでしたら、学校の先生に聞いてみるか、または本で調べてみたらいかがでしょうか。 レポートの読書感想文を短時間で書き上げるには? 上記では、読書感想文を提出することによって、大学が何を確認したいのか、大学が求めているものを確認してきました。 最後に、大学で提出しなくてはいけないこの読書感想文ですが、どうやったら短時間で仕上がるのか、コツのようなものを紹介していきたいと思います。 読書感想文の本の選び方 有名な本を選ぶ。 そして、ネットであらすじを確認する。 そこで重要になってくるのは、物語の背景です。 物語の背景を読書感想文に取り込むことによって、読書感想文に深みが出てきます。 そして、全部読んでいると、時間がかかるので、あらすじをみて、気になる部分だけ特定して読んでみましょう。 そして、気にある文章やシーンがあれば、その部分をメモにとっておく。 そして、後で組み立てて、構成させていけば、読書感想文が作成できます。 ただ、ちゃんと読むに越したことはありません。 どうしても時間がない時は仕方ありませんが、基本、一日少しづつでも本を読んでいく習慣をつけていきましょう。

次の

読書感想文の書き方のコツ!ワークシートを埋めるだけでスラスラ書ける

中学生 読書 感想 文 書き方

こんにちは。 このブログにお越しいただきありがとうございます。 読書感想文の宿題って難しいですよね。 きっとあなたも…• 読書感想文ってどんな順序や順番で書くの?構成が難しい…。 読書感想文って難しいな…どうやって書くんだろう?書き方のコツや簡単な書き方を知りたい!• 読書感想文を書こうとしてもあらすじになってしまう…。 子どもに読書感想文の書き方を教えたいけど、どうしたらいいの? などのような悩みをかかえていませんか? そこで、この記事では、中学生・高校生向けの読書感想文の書き方を解説していきます! 特に読書感想文の文章の構成について詳しく説明していきますね。 構成が先にできていると、意外と簡単に書けますよ。 この記事を読んで 読書感想文を完成させて、残りの休みをおもいっきり楽しみましょう! それでは、よろしくお願いします。 スポンサーリンク• スポンサーリンク 読書感想文の簡単な書き方は構成を先に決める! 読書感想文の構成を先に決めてしまうメリットは、書く順序が決まることです。 読書感想文の構成要素の「書き出し・序論」「本論」「まとめ・結論」に書くことは、ほぼ決まっています。 ですから、 先に読書感想文の構成を考えて見通しをつけておくと、書く順序に迷うことなく簡単に書き進めることができるのです。 「書き出し・序論」「本論」「まとめ・結論」に書く内容については、この記事の中盤あたりで詳しく解説していきますので、少々お待ちください。 文章構成の前に:読書感想文って何を書けばいいの?書き方は? 文章の構成のお話の前に、下地固めとして書く内容や書き方について簡単に触れておきます。 読書感想文として書きやすいことは次のとおりです。 事件や出来事についてどう思ったのかとその理由• 事件や出来事について 自分だったらどうするかとその 理由• 登場人物が好きな理由や嫌いな理由• もし 自分がその登場人物だったらどうするかとその 理由 基本的には読書感想文は、その本を読んで自分がどう思ったか、どのように感じたかを書きます。 ですから、自分だったらどうするかを考えて書いたり、好きな登場人物と好きな理由や、「いやだな…」と思った登場人物とその理由を書くといいでしょう。 特に理由を書くと、読書感想文の量も増やしやすく、内容もいい読書感想文になりやすいです。 では、これらの内容をいったいどんな順番で書くのかを、つまり構成や書き方について次から詳しくご説明していきます。 読書感想文の構成の基本と各構成の文字数 読書感想文の基本構成 読書感想文の文章構成の基本は次の通りです。 書き出し(初め・序論)• 本文(中・本論)• まとめ(終わり・結論) 小学生のときに作文の書き方の文章構成として、「初め」「中」「終わり」というのを習いましたよね。 中学生や高校生の言い方で言うと「序論」「本論」「結論」という感じです。 「初め」「中」「終わり」も「序論」「本論」「結論」も言い方は違いますが、中身は同じです。 読書感想文も小論文などと同じように、基本的には「序論」「本論」「結論」に段落を分けた書き方をするといいですよ。 また、 本文は長くなるので、段落を2つや3つ程度に分けると書きやすくなります。 同じ内容で書き続けるのは大変ですからね。 書き出し(序論)、本文(本論)、まとめ(結論)の文字数の目安 では次に各文章構成の目安となる文字数・文章量についてお話しします。 宿題に出された読書感想文の 原稿用紙ノルマが5枚として考えてみますね。 書き出し(初め・序論)は原稿用紙半分~1枚ぐらいがいいでしょう。 あくまでも書き出しは全体の導入部分です。 音楽の前奏があまり長くないのと同じように書き出し(初め・序論)は短めにしておきましょう。 本文(中・本論)は原稿用紙3枚~4枚ぐらいになるようにしてください。 本文(中・本論)は読書感想文の本体ですから、ここが一番長くなるように詳しく書いていくとよいです。 また先ほども少々書きましたが、 本文(中・本論)は話題のまとまりごとに段落を2~3程度に分けて書くとちょうどいいでしょう。 まとめ(終わり・結論)は原稿用紙半分~1枚ぐらいです。 まとめは書き出しよりも短くても問題ありません。 原稿用紙半分ぐらいでちょうどいいかもしれません。 自分が得た考えを短くきっぱりと言い切りましょう。 その本を選んだ理由を書く。 読む前の気持ちを書く。 いつ、どこで本を選んだかを書く。 読書感想文を書く前の自分の気持ちを書く。 印象に残ったせりふや人物、出来事を使って書く。 読書感想文の書き出しでは、その本を選んだシュチュエーションと選んだ理由を書くのが一番書きやすいと思います。 自分で本を選んだときの体験をそのまま書けばいいのです。 ちょっと難易度が高いのは印象に残ったせりふや出来事を書き出しに使う書き方です。 ちなみに、書き出しの書き方について解説した記事があります。 上記の内容で書いたときの書き出しの例文なども載っています。 書き出しについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。 物語のあらすじや主な出来事を出来る限り短くまとめる。 事件や出来事についてどう思ったのかとその理由• 事件や出来事について 自分だったらどうするかとその 理由• 登場人物が好きな理由や嫌いな理由• もし 自分がその登場人物だったらどうするかとその 理由• 本論第1段落で書いた自分だったらどうするかに対する想定反論とそれに対する答えを本論第2段落に書く。 まずは、最初にあらすじや主な出来事を出来るだけ短くまとめて書いてください。 読書感想文を読む人(先生)はあなたが読んだ本を知っているとは限りません。 なのでどこから何を読み取ったのか分かるように、その部分を短く要約しましょう。 さて、次ですが「あれ?この箇条書き、どこかで見たことあるような…。 」と思った方は記憶力の良い方ですね。 記事の一番最初に書いた、読書感想文に書くとよいこととほぼ同じです。 本論は読書感想文のメインディッシュですからね。 また、読書感想文は本を読んだ自分の感想を書くので、先ほども書きましたが、 「自分だったらどうするか」を書くようにすると考えやすいです。 さらに 、レベルアップを目指したい人は本論第2段落で反論の想定とそれに対する答えを書くのも一つの手です。 例えば「しかし、~なんて出来るわけないという人がきっといるかと思います。 でも私は次のようにすれば必ず出来ると思うのです。 例えば…」とか「こんなことをする登場人物は嫌いだと思うかもしれません。 でも私はこの登場人物のこの行動の裏に隠された~な気持ちに魅力を感じるのです。 」などのような書き方をします。 この 反論の想定とそれに対する答えを書くことができれば、その読書感想文の説得力はかなり高まります。 論を破綻させることなく展開できれば、 かなりの高評価が狙えるでしょう。 本論の感想から考えた、これからしてみたいことを書く。 登場人物の感想から考えて、自分がこれからどんな人物になりたいかを書く。 本論の感想から得られた教訓を書く。 最後のまとめでは、自分が考えた感想を今後自分の生活にどう生かしていきたいかを書くといいでしょう。 出来事について「自分だったらこうしたい」と書いたのであれば、同じようなことが本当に起こったときやちょっとしたトラブルがあったときに「自分はこうしていきたい」というように書くといいと思います。 「物語ではこんな出来事がありましたが、同じようなことがあったとき、私は~な行動ができるようになりたいです。 そのためにこれから~していくようにしたいと思います。 」というような感じです。 登場人物について本論を書いたのであれば、それを参考にして「自分がこれからこんな人物になりたい」ということを書きます。 「主人公の正義感に感動しました。 私もこんな正義感あふれる人間になりたいと思います。 そのために~なことをしていきたい。 」というような感じです。 また、具体的に詳しく書けないときには人生の教訓的に大きくまとめてもいいでしょう。 「人生必ず壁が立ちはだかるときがあるのを思い知りました。 」みたいな感じです。 まとめ(終わり・結論)は本論を短くまとめて再確認し、自分の考えを再度主張するところなので、内容は本論と少々かぶると思いますがそれでOKです。 まとめ(終わり・結論)の書き方についても詳しく解説した記事があります。 もちろん例文付きです。 まとめ(終わり・結論)についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ。 スポンサーリンク 読書感想文の構成と書き方のまとめ• 序論、本論、結論に分けて書く• 出だし(序論)にはその本を選んだ理由を書く• 高評価をねらうときは、出だしに印象に残ったせりふや出来事を書く。 本論には登場人物についてどう思うかとその理由を書く• 本論には事件や出来事についてどう感じたかとその理由を書く• 本論には自分だったらどうするかとその理由を書く• 本論に想定反論とそれに対する答えを書くと高評価がねらえる。 結論には本論から考えて、これから自分がどうしたいかを書く さて、今回は読書感想文の書き方のうち、文章構成に焦点をあてて、序論、本論、結論に何を書けばいいのかご説明してきましたがいかがでしたか? 読書感想文を書くためには「自分だったらどうするか」ということを考えて書くのが一番のポイントです。 自分だったらとして考えると、不思議といろいろと思い付きやすいんですよね。 それでは、読書感想文の宿題頑張ってください!早めに終わらせて、お休みを思う存分楽しみましょう! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 読書感想文の書き方~関連人気記事 LukasDecember.

次の